レベル
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
level001
第2回「居合抜き北の剣客道場合宿」報告書(最終日)

第2回「居合抜き北の剣客道場合宿」報告書(最終日)

朝8時という早い時間、さらには、平日にも関わらず、東京某所の会議室に、70名もの「地下ソサエティ」メンバーが集結した。 会議室に設置されているのは、2つのスクリーンとプロジェクター。今回いつもと違うのは、それぞれのスクリ […]

続きを読む

level001
孔明長女の「居合抜き」+162万2,299円。実は子供たちの方がウマイかもしれない・・・。

孔明長女の「居合抜き」+162万2,299円。実は子供たちの方がウマイかもしれない・・・。

「居合抜きで本当に稼げるのですか?」 その答えは単純明快で、着実に稼ぎ続けることができる株式投資法である。いつの時代も、いかなる銘柄でも、そこに株式市場がある限り、お金を抜き続けることができる。 その証拠に、デモトレード […]

続きを読む

level001
「剣客商売」第2の必殺技「笠斬り」公開演舞 空売りの「笠斬り」だけで23刀+2万2,288円

「剣客商売」第2の必殺技「笠斬り」公開演舞 空売りの「笠斬り」だけで23刀+2万2,288円

7月10日(月)は、なんと「地下ソサエティ」メンバー70人が集結する中、僕のiPhoneをプロジェクターに映し出す形で、「剣客」としての「公開演舞」を行った。 ・・・しかも、今日披露した演舞は、秘剣北野流第一の型「居合抜 […]

続きを読む

level001
第2回「居合抜き北の剣客道場合宿」報告書(初日)

第2回「居合抜き北の剣客道場合宿」報告書(初日)

東京某所の会議室、日頃各地に散らばり暗躍している、「地下ソサエティ」メンバーが集結した。その数100名以上。 第2回「居合抜き北の剣客道場合宿」。 上がり相場だろうが、下がり相場だろうが、関係なくお金を抜き続けることがで […]

続きを読む

level001
ドナルドトランプ大統領ご自宅「トランプタワー」で財布を無くした真田孔明

ドナルドトランプ大統領ご自宅「トランプタワー」で財布を無くした真田孔明

セントラルパークの目の前、ニューヨークマンハッタンの中でも最も家賃の高く高級な場所の一つ。 ティファニーと、グッチの間に、マシンガンで完全武装した警備員たちが建ち並ぶ、物々しいビルディングがある。 「トランプタワー」だ。 […]

続きを読む

level001
速報!北野会長からの緊急のお電話に立ちすくむ真田孔明

速報!北野会長からの緊急のお電話に立ちすくむ真田孔明

7月6日(木)昨晩深夜、盟友、平城寿@SOHOと共に、「孔明タイム」の公開収録会を行っていた時のことだ。 僕のマレーシア携帯電話に、北野会長から、緊急のお電話がかかってきた。 「孔明タイム」とは毎週一度、僕、真田孔明が約 […]

続きを読む

level001
昨晩時点集計で81名参加表明「居合抜き合宿」7月6日日給:+3万2,182円/日給

昨晩時点集計で81名参加表明「居合抜き合宿」7月6日日給:+3万2,182円/日給

いよいよ今週末は、待ちに待った「地下ソサエティ」のオフでのアクティビティ。 第2回目の「居合抜き北の剣客道場合宿」。 7月9日(日) ・13時半受付開始  14時〜18時の4時間かけてセミナー形式の伝授会    ・18時 […]

続きを読む

level001
「パパそんなに速く押して間違えないの?」

「パパそんなに速く押して間違えないの?」

いつの間にか高速ピコピコの状態になっていたようだ。 7月5日(水)34ピコ+9万5,416円/日給  現代の「剣客商売」には、「努力」という言葉は無用である。逆に、「努力」をすると、前のめりになってしまい、危険度が高まっ […]

続きを読む

level001
場所の自由、時間の自由、人の自由を手に入れ 「好きを仕事に」やりたいことだけをするための「剣客商売」 7月4日日給+8万5,026

場所の自由、時間の自由、人の自由を手に入れ 「好きを仕事に」やりたいことだけをするための「剣客商売」 7月4日日給+8万5,026

場所の自由、時間の自由、人の自由、今の忙しい日常からの自由を欲しいという方々は沢山いるけれど。 もしも「自由」の獲得を、今の労働の延長上で考えているとしたら。根本的な目標と達成のための手段が間違っていることになる。 富士 […]

続きを読む

level001
「居合抜き北の剣客道場合宿」報告書@「地下ソサエティ」

「居合抜き北の剣客道場合宿」報告書@「地下ソサエティ」

家族と共にAirbnbを活用してステイしている部屋のバルコニー。 都会の風を感じながらも、MacBookに向かってパチパチ、相場がお休みの日の朝は、時間がゆったりと流れている気がする。 現代を生きる「地下ソサエティ」の剣 […]

続きを読む