借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
平城寿@SOHO式影響力の帝王学 > 動画平城寿@SOHO『影響力の帝王学』

「離婚届」にハンコを押す瞬間スローモーションになる現象

level006
「離婚届」にハンコを押す瞬間スローモーションになる現象

役場の戸籍課に赴く、妻と夫。離婚届出用紙に、捺印をする瞬間、それぞれの反応は、全く違うものになるという。
  
離婚届にハンコを押す瞬間、まるで時が止まったかのように、スローに見えると離婚経験者たちの間で言われている。
   
けれども、その際、男女それぞれ、全く違うことを考えている傾向が高いようだ。
   
役場の戸籍課の担当者の目の前に立つ2人。

まずは先に、妻の方が離婚届にハンコを押す。このモーションの間はまだ普通に時は流れていて、ハンコはストンと離婚届の上に落ちる。
  
次、夫が離婚届にハンコを押す瞬間、急に時の流れがゆっくりと流れ始める。なんと、当事者たちにとっては、スローモーションのように感じるのだという。
  
その間、2人の出会いから今日までの想い出が、走馬灯のように流れていくのだと。
 
けれども、この時の2人の様子は、対極にあるようだ。
   
夫は目が充血し、涙目になり、人生そのものの敗北が確定したかの如く、絶望的な心境でハンコを押す。
 
けれども、ハンコがゆっくりと離婚届の用紙に落ちてくるタイミングで。妻の顔は明るくなり、ガッツポーズをとり「イエーイ」と叫び・・・たくなるのを、思いっきり我慢して全ての感情を押し殺して、神妙な顔を保とうとする。
     
どうして、時間はこれほどまでに、ゆっくりと流れているのか?
  
妻が目を見開き、夫の手元を追っていると、ようやくハンコは離婚届の上に到達する。
  
その瞬間、妻はすかさず離婚届を手に取る。
   
まるで、プロ野球選手のボールさばきの如く、寸部の狂いも無い手さばきで。。
   
これまでの何年間、何度も何度も繰り返しイメージしていた瞬間なのだから、ミスのしようが無い。
  
離婚届は、迅速に役所の担当者の手に渡される。
 
夫に邪魔されないよう、しっかりと夫に背を向けながら。
 
妻と夫の離婚成立、元妻と元夫の関係になった瞬間である。
  
元夫婦になった最初の言葉を交わす時・・・
  
夫:「一体なぜ?何が悪かったんだよ!」
 
・・・この期に及んで、まだ腑に落ちない様子の夫。
  
声はどんよりと暗く悲しみに満ち溢れて、目からは涙が流れてしまう。 
 
しかし、妻の方は・・・
  
妻:「本当に今までありがとう!!」
 
神妙な気持ちを保とうとしていても、声に出してみると、ついつい力強く大きな声になってしまう。
  
立ち尽くす夫に対して、クルリと背を向ける形で、その場を急いで立ち去る妻。
 
そのままスタスタと半ば駆け足で歩いて行く時、決して後ろを振り返ることはない。
 
すぐさま役場のトイレに駆け込み、鏡の前に立って自分の顔を見てみると、神妙な顔をしていたはずが、抑えきれずに、口元が笑ってしまっていたことに気づく。
  
「ちょっと待て私。これはもしかしたら夢ではないの?」
 
ほっぺたをギューっと思いっきりつねってみると。。
  
痛い!痛い!
 
夢ではない!
 
涙も出てきた!
  
しかしこの涙は、勝利を勝ち取った嬉し涙である。
 
ほっぺたの痛みも、心地よくさえ感じる。
 
これから始まる新しい明日を思い、思いっきりガッツポーズを取り、最幸にハッピーな気分に酔いしれることができるのだ。
 
離婚成立後の友人たちとの飲み会・・・。
   
男性側の友人飲み、どんより「慰め会」的なノリで、慰め合い、励まし合う。
 
一方、女性側の友人飲み、離婚成立を祝福する超ハッピーで明るく楽しい飲み会と化す。
 
仮に、僕たち男性陣が、女性側の飲み会に参加したとしたら・・・。
 
女性:「皆さん聞いてください!!今日は嬉しい発表があります!なんと、夢だった夫との離婚が成立しましたぁぁ!」
  
女性友人たち:「キャー!おめでとう!本当におめでとう!」
 
・・・その光景を目の当たりにした瞬間、会に同席している男性陣は、一体何が起こったのか?
 
一体女性たちは、何を喜んでいるのか?
  
脳が状況を処理できずに、フリーズ状態に陥る。。
 
・・・が、女性本人の満面の笑顔と、周りの女性たちの反応を見渡してみてから、これは「祝福の会」であると、察するまでに3秒間。
   
我に返り、少しひきつった顔で、「おめでとうございます!わー!」大げさな声を出してみる。
 
拍手に参戦しながら、ようやく会の場の雰囲気に溶け込むことができるのだ。

孔明さん、何か「対策」の方法はありますか?

厚生労働省は、2016年12月22日、平成28年の人口動態統計の年間推移について発表した。
 
この統計データによれば、2016年における、日本国内の婚姻件数は約62万1,000件。
 
けれどもその背後には、同年約21万7,000組もの離婚が成立したと言う。
 
実に、結婚した数に対して、34.9%もの離婚者数がカウントされたことになる。
 
今、日本では、結婚した夫婦のおよそ3人に1人が離婚していると言う。
 
さらに、厚生労働省のデータには出てきてない部分であるが。
 
本来離婚できるなら離婚したいと潜在的に考えている妻たちが、既婚女性の8割とか9割とかに登るとか・・・。
  
「そんな大げさな!」・・・と思われる男性諸君も多いかもしれないが、「鑑定」を通して、リアルな声を耳にしたとき、それが大げさでも何でもないと、僕もようやく理解できるようになった。
 
たとえば、平城寿@SOHOとの、「命運の成幸フォト撮影会」で僕が担当している「鑑定」セッションを通して来られる、既婚男女の「問い」では、、

男性側が、夫婦関係の問題について、「鑑定」に来られる場合・・・
 
「妻がエッチ、させてくれないのですが・・・」
 
と相談されるパターンが圧倒的に多い。
 
現役の男性にとって、「愛の交接」が無いことは、死にも等しいこと。
 
仕事も、プライベートも、何もやる気がなくなり、男として生きる自信を喪失。
 
稼ごうとする気力は消え失せてしまうので、深刻である。
  
一方、女性側が、夫との夫婦関係の問題について、「鑑定」に来られる場合・・・
  
「夫と離婚したいのですが、どうやったら離婚届けにハンコを押してくれますか?またその時期はいつになりますか?」
  
・・・と「問い」を投げかけてくださる場合が圧倒的に多い。
 
そして・・・
 
孔明:「兆しを見る限りでは、旦那さんは最低限、20◯◯年までは、◯が巡っていますので、なかなか離婚届にはハンコを押してくれないようです・・・。」
   
・・・などの結果が算出されてしまったりすると、まるでこの世の終わりかのような、ドン底の顔になってしまう。
 
その際、仮に僕が、「夫婦間の改善方法」などというものを、口に出そうものなら、怒りの全てを、僕に対して向けられてしまいそうな、雰囲気も察してしまうので。
 
励ますこともできず、アドバイスすることもできず、僕はただただ、下を向いて沈黙し。気持ちの整理がつき、次の「問い」を待つことしかできない状態。
 
重い静寂が続く・・・。
  
「何か、「対策」の方法はありますか?夫が離婚届にハンコを押してくれる方法が・・・。」
 
・・・その「問い」を受けた後、陰陽五行説、木火土金水、命式、星、命運のシナリオ、色、数、干支、パワーストーン、参拝・・・
 
考えつく限りの方法を、古代華僑の叡智から引っ張り出し、総動員させる形で、夫との離婚を強く切望する
女性クライアントの「対策」を即座に組み立て提案する。
   
その時の僕は、何も考えないように、感情と心を無にして、まるでロボットの如く。。。「時空」との、橋渡しをするだけである。

「オレは妻にいろいろしてあげてますよ!」

男性には、女性の気持ちは分からないようだ。
 
僕、真田孔明もいつの間にか40年間生き続けていて、来月の9月11日には、41歳になる。
  
妻と出会って21年間。結婚17年以上が経過し、アメリカンスクールに留学している14歳と11歳になる、2人の娘たちもいて、女性に囲まれた環境で、マレーシアジョホールバルで一緒に暮らしているが。
 
それでも未だ僕には、女性の気持ちなどというものは分からない。
  
古代華僑の時代から紡ぐ叡智、「男女の陰陽太極図」や「門学」にもとづいて。「女性とはこういうものなのだ」・・・と文字化できたとしても。
  
女性の気持ちを本当に理解してながら綴ることができているわけではないのが正直なところである。。
  
「問い」を受けるときも、「対策」を講じる時も、僕には理解できない、女性の思考に対して、自分の主観や先入観の一切を排除し、時空の兆しを、そのまま右から左にお伝えすることしかできないのだ。
  
その後・・・
 
「孔明さん、ご報告があります!ありがとうございます!お陰様で夫との離婚が成立しました!これで「彼」との恋に専念できます!\(^o^)/本当にありがとうございました!」
  
・・・と、お礼のメッセージを頂戴しても僕はそれに対してどう返答して良いのやら。
   
まるでコンピューターが故障するかの如く、脳がしばらく、フリーズ状態に陥ってしまう。
 
「おめでとうございます!「彼」との新しい人生を謳歌してください!」
 
・・・と返信文を書き始めるのは、我に返った後のことである。
  
けれども、これは僕だけではなく、男性諸君たちも、女性の気持ちが分からないようだ。
  
「男女の陰陽太極図」に基づく、男女間の思考の違いは深い。
 
けれども、分からない以上に、もっと危険なのは。「オレは女性の気持ちがわかる!」と思っているタイプの男性。
 
「オレは妻にいろいろしてあげてますよ!」
   
「オレは妻には、 結婚前から今日まで、いろいろしてやったはずなのに、妻がエッチさせてくれないのです!」
 
・・・と言える状態の男性。
    
このような夫を持つ妻は。「いかに夫と離婚するか?」を毎日考え、夫に対して食事を作ったり、飲み物を出す際も、食事にふりかける塩や醤油の量や、コーヒーの中に入れる砂糖の量を、ついつい多くしてしまったり。
  
塩をもられて高血圧。

砂糖をもられて糖尿病。
 
夫のためにつくる料理にも、自然と「力」が入ってしまうようだ。
  
夫は妻から、死を願われながら、夫婦間の共同生活を送り続けている可能性が極めて高くなるようだ。

シグナルは「愛の交接」が無くなった時か?

「男女の陰陽太極図」に基づけば、一度、恋愛の感情を喪失した女性は、適齢期であったとしても、その対象男性との「愛の交接」が、全くしたくなくなるようだ。

  • 対象男性との「ハグ」や「キス」が無くなる

  • 対象男性との「愛の交接」の回数が突然激減する

  • 対象男性との会話が激減する

  • 対象男性と遊びに行ったり、食事に行ったりする機会が激減する

・・・こういう傾向を経て。
  
終(しま)いには「愛の交接」が、全く無くなり、男女間の関係は終焉を迎えていくようだ。
  
本来適齢期であるはずの女性が男性に対して、
  
「今日は体調が悪いから。」
 
「今日は疲れているから。
 
「今日は眠いから。」
 
「私はもう年だから。」
 
・・・男性との「愛の交接」を断る、言い訳を多く繰り返すようになり。
   
女性が目の前で、スマートフォンの画面ばかりを覗き込む仕草が頻繁に見られるようになった時が兆し。
 
その向こうには、自分以外の新たな男性候補たちがいる。男性である自分に対して、女性の「気」は向けられていない。
 
まるで、一向に止む気配の無い豪雨の中、崖の土が流れ始める様。

土砂が崩れていく・・・。
 
はじめはパラパラと少しずつ。
 
次第にまとまった量が、崩れはじめてしまうと、止まらないどころか、勢いを増して、さらに多くの土砂を巻き込みながら、崩れていく。
  
土砂を止めることができないし、元に戻すこともできない状態。
 
やがて、何もすることができない状態で、土砂はド底まで到達してしまう。
  
その状態からの復旧というものは、この世の中から争い事を無くすのと同じ位難しいことなのかもしれない。

なぜなら、これは今に始まったことではなく、「男女の陰陽太極図」が描かれた時代から、いや、もっとはるか前の時代から、脈々と続く人としての「道理」。
 
もしも、この流れに抗(あらが)えることができるとしたら、人はそれを「奇跡」と呼ぶことであろう。
 
一度、女性から対象男性への恋愛の気持ちが無くなってしまった後。
 
男性に残された選択肢は・・・

  • 「愛の交接」の無い女性と共に、「生きる屍」として、ダメ男化して生き続けるのか?

  • それでも女性に一方的な貢献を続けて行けるのか?

  • 女性を開放してあげ、自分も新しい人生を歩み始めるのか?

  • それとも・・・?

ごくごくわずか、限られた選択肢しか、存在しないようなのだ。
 
けれども、男性というものには、女性よりも強烈な「未練」というものが存在し。簡単に「オレも新しい人生を!」と、考えたとしても、結局は自分の元を女性が去っていったことに対する心身のダメージが後から大きくなり。女性がそうできるようには、うまく舞うことは中々できない。
 
「貧すりゃ鈍する、鈍すりゃ貧する。」
  
女性が新しい男性に対して、満面の笑みを浮かべて、楽しく談笑している頃にも。男性はずっと引きずったまま。ふさぎ込んだまま。これもまた「道理」である。

八方塞がりとも言える状況から脱するためには?

確かに男性にとって、女性との「愛の交接」は、男性として人生を力強く生きぬく力を帯びる「生命の水」にも等しい。
   
しかし、男性が「本能」として心の奥底に抱く、「愛の交接」を切望する強い衝動は、男性が女性の心を分からないように、女性にも男性の心は分からない。
  
「閑さや岩にしみ入る蝉の声by松尾芭蕉」
 
一度「恋愛」の気持ちを喪失した男性パートナーに対して、男性の望む「愛の交接」という男性にとって最大の「餌」が与えられることは無い。
  
しかし、こうして、「愛の交接」が無い期間を積み重ねれば積み重ねるほど。「水を得た魚のよう」とは真逆。「干し魚」のように、干からびて行く。
 
「愛の交接」の無い状態で、時が経つほどに、ライフゲージが急速に減っていく男性。
 
一度、恋愛の感情が無くなった男性に対して、「愛の交接」の気は再燃せず、いつまででも「愛の交接」の無い状態を維持し続けられる女性。
   
この一体一の闘いは、「兵站(へいたん)」の違いによって、男性側の敗北が最初から確定している状態。
    
さらには、その状態になっている時、仮に男性が、女性が本能レベルで望むある条件を満たし続けていないと、高い確率で冒頭に挙げた役場への「離婚届」提出のシミュレーションを頭の中で何度も繰り返している。
 
その先にある、自由な世界を妄想しながら。
  
「干し魚」状態で、更に追い打ちをかけられる状態で、女性に捨てられてしまった男性は、精神的に再起不能な状態まで追いやられてしまうかもしれない。 
 
男性が、この八方塞がりとも言える状況から脱するためには?

女性が自分の元から新しい男性の元に去っていった後。
 
絶望のドン底から再び這い上がるためには?
    
陰と陽。
 
女性と男性。
 
理想と現実。
 
様々な矛盾が混在する中。
 
男性諸君には、自分自身の言動、妻や恋人、パートナー女性の言動、これらを振り返ってもらいながら。男性側が行うべき、「対策」を共に考えて頂きたい。
  
そこで、ご自身なりの回答を、「男女関係の不安と悩みについてのアンケート」を通して綴って頂けると嬉しい。
  
「男女関係の不安と悩みについてのアンケート」
http://hirajoshiki.com/danjyo-nayami-k
※女性の方々からも沢山アンケートコメントが寄せられている。
現在、公開可能な状態に編集して約200件公開中。

追伸1

今日のお話に、思い当たるフシがある男性諸君には、香港で開催される「命運の成幸フォト撮影会」への参加を推奨。
 
平城寿@SOHOと真田孔明と共に、今後の「対策」を共に練ろう。
 
絶望のドン底に落ちてしまう前に・・・。

<『命運の成幸フォト撮影会』今後の開催日程>
・2017年9月9日(土)~10日(日)in 香港
・2017年10月14日(土)~15日(日)in 香港
 
※2017年年内の開催は、この2回の開催のみとなるかもしれない。
 
※もう間もなく、参加費用の見直しも入る予定。
  
<タイムテーブル>
◯1日目(土曜日)
14時~18時ー門鑑定・成幸フォト撮影
18時~22時ー夕食・セッション前半
 
◯2日目(日曜日)
9時~12時ーセッション後半
 
◯開催内容
・門+四柱推命鑑定(真田孔明)
・成幸フォト撮影(平城寿)
・命運調整のための秘伝講義(真田孔明&平城寿)

●『命運の成幸フォト撮影会』資料ダウンロード
http://hirajoshiki.com/seikou-photo

なお、今回平城寿@SOHOのお子様が夏休みということもあり、デスクワークよりも外にいることが多いため、今回に限り、平城寿@SOHOによる『事前の電話相談』を受けさせて頂いている。
 
参加するかどうか迷われていて平城寿@SOHOに直接相談したい場合は、『電話相談希望』という件名で、info@hirajoshiki.com宛まで連絡頂きたい。
 
折り返し平城寿@SOHOから直接連絡が行く。

追伸2

今日の記事に合わせて、こちらの過去記事も同時にどうぞ・・・
  
「星の旦那様」僕たちが嫁さんに「死」を願われる本当の理由
https://sanadakoumei.com/hirajo-photo-33-13974.html


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】ブロガーとして稼ぐために「WEBデザイナー」になる必要は無い

【帝】ブロガーとして稼ぐために「WEBデザイナー」になる必要は無い

「私はパソコンとWEBは苦手です。こんな何にも分からない状態では、ブロガー活動はできないのでは?と、あきらめかけてしまっていま

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
平城寿@SOHOの『影響力の帝王学』映像公開スタート

【帝】平城寿@SOHOの『影響力の帝王学』映像公開スタート

76世代で僕が一番尊敬しているカリスマI.T.経営者、平城寿@SOHOさんに、7月に都内の某ホテルのスイートルームにて、 『影

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
1枚の写真からはじまる物語「一度も会ってない男性から猛烈に求婚される」

1枚の写真からはじまる物語「一度も会ってない男性から猛烈に求婚される」

盟友、平城寿@SOHOとのこの活動をはじめて。気がつけばすでに、かなりの年月が経過しているが。「奇跡」というものは、本当に起こ

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
「カチンコチン」と「男女陰陽太極図」にまつわる秘密のお話

「カチンコチン」と「男女陰陽太極図」にまつわる秘密のお話

「男女陰陽太極図」に基づいた秘密のお話 平城寿@SOHOが月官門立門特級、僕が月財門、人によって門が違うと、時空が違うかの如く



dept