借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

「子どもの教育」とは、子どもたちをシアワセにすること

level001
「子どもの教育」とは、子どもたちをシアワセにすること

今のご時世、先の見えない世の中で。子どもたちが、偶然の、たまたまではなくて、狙って修羅へと成長してもらう方法が明らかになります。

「子どもたちにとっての成功とシアワセとは?」
「年収を目的基準にした子どもの教育とは?」
「将来の職業の選択とは?」

子どもたちが将来22歳を迎えた姿をイメージした時。いろいろな課題・問題がでてくると思うのですが。子どもの教育にまつわるありとあらゆる悩みの解決方法が。マスターヒロさんが構築された「教育論」によって明らかになってしまうのです。

子どもたちに対して教育活動を行う目的基準が、「ミライの修羅」であると、マスターヒロさんが伝授下さったパーツを揃えるだけ。僕たち両親としても迷うことなく、子どもたちの育児から始まる教育活動に臨めるわけなのです。

本当に僕自身も、もしも子どもたちが生まれてきたばかりの頃に「こんな凄い叡智」があったなら、どんなに素晴らしいことだったかなと思って、過去を省みて、後悔しそうにはなるのですが。下を向いてうつむいてしまっていてもしょうがない。

「これからできることはなんだろう」

ということだけを考えて、マスターヒロさんに伝授頂きながら、2人の娘たちの教育活動にも取り組んでいるわけなのです。僕と同じように、後発スタート組でも、大人からスタートする方々と比べれば、圧倒的に有利になるということは確かなのですが。

仮に、もっと早期に、子どもたちが幼い頃から取り組める方々は、本当に、本当に、羨ましいと思います。どちらにしても、将来、かわいい子どもたちが、22歳を迎えて社会に出る時に。

子どもたちが自らの力で能動的に手に入る欲しいモノを手に入れたり、叶えられる願いを叶えてもらったり。そのための手段として、年収基準で修羅になって欲しい。そういう野心・野望を秘め持つ場合、マスターヒロさん直伝の訓えの中でにすべての答えが存在するわけです。

「シアワセ」になるためのコミュニティ

はじめに僕たちが、マスターヒロさんから「地下ソサエティ」を通して教わったことは。まずは、大人として社会で活動している僕たち自身について。

「今、自分はシアワセですか?シアワセになりましょう!」

というお話で。その中でも特に、経済的なものに特化された事柄について。ご指導頂くことが多かったです。その中に、株式投資のお話だったり、不動産投資のお話だったり、会社法人の経営のお話だったり。

具体的なビジネスプランのお話だったりがありました。マスターヒロさんがおっしゃる「必要パーツ」を丁寧に揃えられた方々は。素晴らしい結果がでていることが分かります。

「シアワセ」にするコミュニティですが、コミュニティの仲間たちが、確実にシアワセに近づいていたり、そのシアワセが具現化していたりしていることは確かです。

マスターヒロさんは過去にも、本業のお客様のコンサルだったりを手掛けて来られましたが。常に結果にこだわっていらっしゃいますので。取り組んだ本人が提示された「パーツ」を揃えてくれれば、結果がでないということはありません。

サラリーマン、個人事業主、経営者、投資家に至るまで。皆さん共通して「シアワセになりたいです!」という案件が多い中で。実際に、すごくシアワセになっている方々が、本当に多いことが分かります。

僕自身も、マスターヒロさんの訓えを通して劇的に人生が変わり、経済的なこと、経済的以外のこと、いろいろな意味であきらかに「シアワセ」になっていることが分かります。

欲しいモノを手に入れたり、願いを叶えたり。結果を手に入れた瞬間だけでなく、結果に向かって取り組んでいる間の時間でも。充実だったり、楽しいと感じたりという素晴らしい道を歩むことができていることが分かります。

そして、その「シアワセ」の最上級に「子どもたちにシアワセになってもらいたい!」というものがあるわけなのです。

教育=子どもたちをシアワセにする!

子どもの教育のお話に入る前のこと。大前提の部分ですが。まず、マスターヒロさんが、

「オレのシアワセはこういう形態でオレにとってのシアワセはこういうものだから、あなたたちも同じことをシアワセだと思いなさい!」

というお話は、一切ありません。個人個人、家族単位でも良いですが、「シアワセ」というものは、ケースバイケース。そこに、良いも悪いも無いし、正解も不正解も無いというのが、マスターヒロさんのお考えです。

けれども、その中で、マスターヒロさんや僕と同じように、

「自分のシアワセの一番重要な部分に、子どもたちのシアワセがある」

というシアワセの価値観。ここに似ているようなことを、考えている方々が、対象になってしまうお話ではあります。そもそも、両親が、

「今のままで良いです。何もこれから変える必要はありません。」

という方々は、全く対象にならないだろうし。

「子どもたちも、とりあえずご飯与えて、身体だけデカくなれば良くてあとは全然、あまり興味ありません。」

という方々も、あまり対象になりません。「シアワセ」というのは、すごく大事なものです。

「教育=子どもたちをシアワセにする!」という観念でモノを言うのであれば、子どもたちの前に、両親である自分たちがシアワセであったり、シアワセにむかって進んでいるよ!という状態になれば。

それが「子どもたちをシアワセにする」ということにつながります。

どういうシアワセを求めているのか?

マスターヒロさんのアドバイス通りに考えて行動すれば、上手くいきます。

マスターヒロ:「今まではそうじゃなかったものを、こういうふうに考えて狙ってシアワセになりましょう」
マスターヒロ:「そのためには、こうですよ!」
マスターヒロ:「それでは、こうしましょう!」」

決めて、考える。必要な考え方も、変えて取り組むと、結果は出て当たり前です。その際、両親の考え方というものが必要になってくるのです。両親として、

「まず、どういうシアワセを求めているのか?」
「求めるシアワセに向けて進んでいるのか?」

ということが、すごく大事なことなのです。そもそも論で、夫婦の結婚というのは、人間関係の中での必要なベクトルが統一していなければ、すごくムダなことが発生してしまうし。

「パパの考えるシアワセは右で、ママの考えるシアワセは左ですよ!」

という夫婦がいたら、これは絶対にシアワセに行き着くわけがありません。そもそも、スタート地点から、夫婦それぞれが真逆の方向に進んでしまっているのですから。

だから、「子どもの教育」のスタート地点として一番先に重要になって来ることは。イキナリ歩みを進めてしまうことよりも。

パパ:「ママはどっちがシアワセだと思う?オレはこっちだと思うのだけど。」
ママ:「私はこっちだと思う。」

生まれ育った環境も、性別も別々の他人が、夫婦として一緒になるのだから、当然全てが最初から完全に一致することなどはほとんど無いわけで。シアワセの方向性で割れてしまっていることがあるのならば。

どこの部分が割れているのか?割れている部分を、互いの妥協点を見出しながらも、寄せてから進んだほうが良いわけなのです。これは「子どもの教育」の話になる前に、両親として、夫婦で真剣に考えてもらいたい、取り組んでもらいたいところなのです。

実際に世の中では、周りから見れば「お金持ち」に見える、経済的に豊かな家庭であっても。離婚して、家族がバラバラになってしまっているところも多数あるし。

その原因を見てみると、夫婦それぞれが、自分勝手にしているだけで、そもそものシアワセの方向性、ベクトルが違っていた・・・とか。お父さんは、すごく必死に働き続けて、家族のために頑張っていたのだけど、家族はまったくそう思っていなくて。

この場合は、お父さん何のために働いていたの?ということにもなります。そもそも論で、

「なんで結婚して夫婦になったの?」
「どうして家庭を持ったの?」

というケースも本当に沢山あるわけです。

「自分たちにとってシアワセって何なのか?」

というのを、一緒にしっかりと考えて、夫婦間のベクトルを合わせていくということは、すごく大事。マスターヒロさんからはじめに教わったことでもあります。

僕もその通りに、まずは妻とのベクトルを合わせるところに、全力を尽くすことからスタートした経緯があります。それを大前提として、子どもたちの顔を見た時に。

夫婦一緒に、「この子達には絶対にシアワセになってもらいたい!」」と。自分たちのシアワセの最上級に子どもたちのシアワセが来るかどうか?

「子どもたちをシアワセにする」ということが。両親が狙って絶対に手に入れるものの一つになるわけです。これが、「子どもの教育」おける、スタートラインに立つまでに求められることなのです。

その上で、では、子どもたちがシアワセになってもらうには。どういうパーツが必要なのか?勉強だけではなくて、シアワセを追い求めるために必要なものは何なのか?
「どうやって」の部分のお話へとつながるわけなのです。

追伸・・・
0歳〜18歳の英才教育『ワンチーム』のLINE@コミュニティは、こちらから登録下さい。
『LINE@コミュニティ・ワンチーム』
https://p.kitasociety.com/line


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「剪定ばさみで松の枝をパチン」

「剪定ばさみで松の枝をパチン」僕たちのありたい「お金持ち像」

「剪定ばさみを手に、松の枝をパチンと切って生きている。それが本当の金持ちなんだよ。働いている人間はしょせんは貧乏人。」 若かり

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
東京渋谷某所の安居酒屋、22名の『禁サロ』ナカマが集まってくれた

東京渋谷某所の安居酒屋、22名の『禁サロ』ナカマが集まってくれた

オネエしばりの中、放送禁止用語連発なトークが繰り広げられていた・・・

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「会社勤務のサラリーマン」今月の僕のお給料は95万3,731円でした。

「会社勤務のサラリーマン」今月の僕のお給料は95万3,731円でした。

先月から僕は、とある会社に就職してサラリーマンになった。 待遇は・・・成果報酬での歩合制であるが、今のところは成果に対して、大

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
朗報!アップルストア銀座店までもが「剣客」をサポート!

【帝】朗報!アップルストア銀座店までもが「剣客」をサポート!

風が吹きまくっていると感じる今日このごろ [2015/11/23 18:58:57]平城寿: 「25日はちょうど東京にいるので



dept