借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける > 房中の館「男性限定強化部」

【帝】恋愛の気持ちを忘れた分からない場合恋愛・房中パートナーを探すコツ

level008
【帝】恋愛の気持ちを忘れた分からない場合恋愛・房中パートナーを探すコツ

僕は門使いの四柱推命鑑定士として、門協会本部の中枢で研究が続けられている学問の、実験と検証を現場で行う。

研究員の方に結果をフィードバックする。再現性を確認する。という、役割を担っているが。その中の実験的な鑑定の一つに「年当て」というものがある。

これは、全く過去の情報を聴いていない状態で、鑑定する本人の過去のビッグイベントを年ベースで当てて行くというものだ。ノリが良い時は、月単位でも当てられることがある。

つい先日も、全く何の事前情報もなしに、女性経営者が、5年前に他界された旦那様と、51年前にはじめて出会って恋愛結婚したと、その年をドンピシャで的中させた。しかも、IKI社の足利社長、法友法師と第三者がいる前で公開型である。

基本的に僕は、一対一の鑑定ではなく、公開型で鑑定を行うが。まったく、ここまで「年」を的中させてしまうとは。実は「当てた!」僕が、誰よりも一番驚いている(笑)。

僕としては、いつも

「こんなの決まってたらヤバイでしょう?外れてくれないかな?」

と思いながらやっているのに、どうしても年単位で当たってしまうのだから。門協会本部の研究している学問とは、マジで「禁忌レベル」である。

ちなみに、僕はその時何を見ているのか?

ヒントを少しだけ申し上げると、その方の「束縛の力」や「嫉妬」との関係性を見ている。その力が最も大きく高まる時、向こうから「束縛」「嫉妬」されるのか?自分から「束縛」「嫉妬」するのか?兆しによっても違うが、とにかくこの部分を見ている。

恐らくこれは、古の研究をまとめた本に掲載されている見方とは異なると思う。古の指標では当たらないことが多い。

理由は、おそらくは、親が決めたお見合いや政略結婚が主流だったからなのか?自由恋愛なんかは、許されない時代だったのか?

それは良くわからないが。。僕の両方の祖父・祖母も、自由恋愛で結婚するために、実家を次ぐことを捨てて恋愛結婚を選択して横浜に来た。

つまり、「駆け落ち」であり、当時これは特別な行為だったようだ。しかし、今の時代は、その殆どが自由恋愛によって成り立っている。

つまり、個人個人の「束縛」「嫉妬」の気持ちが、高まるかどうかが、恋愛や結婚に発展するかどうかのポイントとなると、風水的に仮定。

その力が、異性からこちらに、もしくは、こちらから異性に高まる部分を、僕は命理学と推理学、さらに時空の力を借りて、的中させているのである。今のところ、外れたことが無い。

以上の結果を前提として、恋愛・房中パートナーをどうやってつくるのか?という話に発展させて頂く。門学での鑑定的中の実績を、逆説的に考え話を続けさせて頂く。

最近 「房中術」というテーマで、男性陣・女性陣と別れて、語り合っているが、そんな中で、房中パートナー・・・彼氏・彼女ができないという根本的な問題が挙がっている。
この時、男女共に、長らく恋愛をしていない場合、そもそも恋愛ってなんだっけ?と、自分の感情が分からなくなるはずだ。確かにこれは難しい。

「愛はあやふや。恋は恋しい。」

と言われる位、恋も愛も実体の良くわからない曖昧なもの。しかし、曖昧あやふやなものを具現化させるヒントが門学における鑑定結果に存在する。

それは・・・自分が出会った異性に対して、「束縛」「嫉妬」の気持ちが、湧くかどうか?ということをモノサシとすることだ。

自分の周囲の異性。アクティビティで新たに出会った異性。彼ら彼女らに対して、

  • 「束縛」の気持ち?
  • 「嫉妬」の気持ち?
  • 「束縛」「嫉妬」の気持ち?

ほんのすこしでも湧くポイントがあるのなら。。その相手は、自分にとって高い確率で、恋愛に発展できる可能性がある。

メチャクチャ「束縛」「嫉妬」の気持ちが湧くのなら、うまくいけば自分歴史に残る大恋愛に発展するか、嫌われてストーカー的に落ちるか。陰陽一体どちらかの結果になるわけだ。

その延長で、互いが望もうが望むまいが、どちらか剋(こく)し勝って、書類にハンコを押させれば、「結婚」ということにもなる。

そして「房中術」。同志たちの様々な検証の、ヒアリングによれば、「房中術」は基本的に、「束縛」や「嫉妬」、もしくは「束縛」と「嫉妬」これらの感情が多少なりとも湧く相手であるとうまく気が高まり。「束縛」や「嫉妬」の感情が、全く湧かない相手であると、気は高まらないようだ。

ただ単に、気を放出させるだけの、「性命理気」に到達させる交接であれば、「束縛」や「嫉妬」の気持ちがなくても、、、ロジカルに。。。というのは可能であるが。僕たちが求めるところの「房中術」はそういうわけにはいかないようだ。

まとめると。

彼氏・彼女・結婚相手、房中パートナー。。。これらを新たに探す際、長らく恋愛をしていなくて、そもそも「恋愛」という感情自体、よく分からなくなってしまった場合、まずは一度自分の中にある「束縛」「嫉妬」という気持ちに焦点を当てて、パートナー探しをしてみてはいかがだろうか?まずは単純明快にそこから・・・。

ただし、「束縛」や「嫉妬」どちらも負の感情なので、お付き合いした後は、克服するステップに進まないとならないが・・・。

房中の館「男性限定強化部」(審査あり)
https://www.facebook.com/groups/957233411039009/

追伸

そもそも「束縛」や「嫉妬」などの、感情が沸き起こらないという場合は、内臓(肝・心・脾・肺・腎)に問題があると思われる。

その場合はまずは、「肝臓腎臓強化部」に。

「肝臓腎臓強化部」
https://www.facebook.com/groups/620945281256424/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける
【帝】『房中の館「男性限定強化部」』設立!男性だけどうぞ!

【帝】『房中の館「男性限定強化部」』設立!男性だけどうぞ!

『帝王学−房中術−研究メモ1』 「交接」に関する至理(しり)きわめて正しい道理 交接を知らなければ薬は効かない 交接の理はもと



dept