借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 物販大富豪直伝の戦略術(全30話)

【帝】金利生活への近道はヘッジファンドの構築と運営にアリ

level001

僕たちの友人の中にも、金利生活をしている人がいる。

けれども、普通ではなく、それはそれは高いレベルだ。

彼は、かつての僕と同じように、ごくごく普通の会社勤めのサラリーマン。

でも今彼は、巷では富裕層といわれる立場にいるのだ。

いったいどうやって彼は、富裕層とか、資産家と呼ばれる立場の人間に昇り上がることができたのだろうか?

ウォール街に住んでいる投資家たちは、今こうしている間にも僕たちの想像もおよばない、巨億のお金をクリック1つで生み出している。

サラリーマンだった彼。

ウォール街に住んでいる投資家たち。

彼らが今、高みにいられる理由には、とある共通点がある。

それは・・・彼らがとある共通した知識を持ち、実際に使いこなしていることにある。

もしもその知識を持つことで、僕たちもそのような立場の人間になれるとしたら・・・? 

銀行から融資を受けたお金で取り組むことで、ノンリスクで挑戦できるとしたら・・・?

その知識こそが、「ヘッジファンド」なのだ。

ヘッジファンドは特別な人たちだけが参加できる、神々の案件だと巷では思われている。

たとえば、「香港筋のヘッジファンド」などと聞くと、いかにもアンタッチャブルな、神々しい集団をついイメージしてしまうと思う。

でも実は、普通の八百屋のおじさんたちが運営していたり、参加していたりするのだ。

ヘッジファンドは特別なものではない。

実はその仕組みさえ知っていれば、普通の人でも参加したり、構築したりできるものなのだ。

仕組みを徹底的に理解した上で、「僕たちにもできる!」と、一念発起する決意を固めることができれば、ヘッジファンドを自ら立ちあげて巨億の富の構築に挑戦することができる。

ヘッジファンドはちょっとした情報があれば、誰にでもできる類のものなのだ。

その知識を身につけることで、僕たちも資産家の仲間入りに向けて、挑戦することができる。

みらい、僕たちの日常会話のレベルが変わる

近い将来、僕とあなたの間で、こんな会話が交わされるかもしれない。

あなた:「孔明さん、先月はデスで3,000万円ほど儲かったから、今日はおごらせてください!」

孔明:「またデスやりましたか(笑)」

あなた:「そうですね。実働は3日といったところ、日給1,000万円も悪くはありませんね」

また別の日には・・・

あなた:「孔明さん、『神』の構築した再建プログラムのおかげで、元手1,000万円で1億円以上の利益を上げられましたよ。あらかじめ標準化されているから、楽に仕事ができますね!」

孔明:「ビークルで情報獲得されたのですね」

あなた:「はい、そうです。でも、周囲の人たちからは、華僑やユダヤの秘密結社のような、特別な情報網でも持っているのかと勘違いされますね(笑)」

・・・今この講座を受講しているあなたと、僕は近い将来、日常的にこんな会話をしたいのだ。

偶然か?

必然か? 

こうして講座を通して、出会うことができた僕たち。

共に、巷にはびこるインチキな投資話の類からは、卒業しよう!!

これからは、本当の投資とはどんなものなのか?

徹底的に勉強し、追求していこう!!

たとえば近い未来、僕たちが勉強会を開く時には、次のような内容の勉強会になるはずだ。

【近いみらいの僕たちの勉強会内容】

それでは、本日の勉強会を開始しましょう!本日のテーマは「パイプ(PIPE)」です。

プライベートインベストメントパブリックエクイティですね。

最近日本の大富豪たちの間でも、儲かるスキームとして注目されはじめています。

このパイプを理解する前に、まずはリバースマージャーという仕組みを知る必要がありますね。

―――――――― 中略 ―――――――――――

・・・ということで、このパイプで資金を増やすには、まずブロック投資を4掛けで行います。

次にこのリバースマージャーをかけると同時に、アメリカの証券会社に5掛けで売り抜けを依頼します。

ここで、満額でブロック売りをするかを選択する必要があります。

僕たちの判断ポイントは、やはり満額まで持って、ブロック売りをする手法ですよね。

こうすれば、かなりの低リスクで、短期間に資金を2.5倍にすることができますからね。

だいたい規模的にいうと、数千万円でも十分にできますので、たとえば2,000万円を投資して数か月でそれを5,000万円に増やすといったイメージですね。

このディールの際の注意点ですが・・・。

―――――――― 後略 ―――――――――――

このやり取りを聴いて何か感じるものはあっただろうか?

現時点では意味がわからないかもしれないが、近い未来では、これが僕たちの日常会話となるのだ。

あなた:「難しいことはやりたくないです~!」

そういう、どこかのテレビ番組に出てくる女子高生風の発言は、お互いにもうやめにしよう!!

僕たちが本当に上の世界を目指すからには、逃げ場はないのだ。

現代の帝王学、「物販大富豪の戦略術」のファイナルステージ。

「金融工学」のステージ。

銀行から融資を受けた、ノンリスクのお金を種銭に上を狙うために、共に僕たちが身につけなければならない知識。

それが「ヘッジファンド」なのだ。

時として、2、3年・・・3、4年で、5倍から10倍を狙っていく手法。

金利生活が可能なほどの、超資産家になるハウツゥー。

それはすべて、このヘッジファンドの中に、秘め隠れているのだ。

金利生活実現の近道はヘッジファンドにあり

金利生活を実現するための近道は、ヘッジファンドにある。

未来の金利生活を目指すべく僕たちが一丸となり、仲間内で日本最強のヘッジファンドの構築を目指したい!

あるいは僕たちと直接仲間としてヘッジファンドに臨まなくても、ご自身の力で、ヘッジファンドを構築できるようになってもらえればと思う。

どちらにしても、これからの大きな課題の1つとして、本業物販からの銀行融資獲得スキームと並行して、ヘッジファンドについてその叡智を徹底理解していこう。

巷にはまったく流れていない類の情報、まったく次元の違う本物の専門的な情報という形になるが、ビジネスの真理が銀行融資にあったように、投資の真理もヘッジファンドにある。

たとえば、これから僕たちが共に、ヘッジファンドについて具体的に学ぶことは・・・。

  • 【過去について学ぶ】現在金利生活している億万長者系ヘッジファンドに参加された方々が、5年前、10年前にそれぞれしていたこととは?
  • 【近い未来について学ぶ(最新)】簡単に会社を上場できるスキームは本当?しかも、仕掛けに参加した全員が儲かる方法って?? 
  • 【今僕たちができることについて学ぶ】ちょっとしたお金が、ミドルターム(2~3年、または3~4年)で10倍になる。1億円が瞬間に5億円に化ける瞬間にやっているバランスシートマジックとは?
  • 【上場企業のオーナーになる方法を学ぶ】上場企業に就職して社長を目指すのは針の穴、企画書から上場企業を創る創業者は天文学的数字・・・どちらもまったく報われない。正攻法では誰も報われない。その唯一報われる方法がヘッジファンドとして上場企業のオーナーになる方法。

ヘッジファンドの全てを理解した僕たち仲間内でヘッジファンドを組み、全員一丸となって金利生活を目指すのだ!!

世界にあるどんなに巨大で巨億なヘッジファンドも、スタートの駈け出し段階では小さな小さなヘッジファンドからだった。

さらには、僕にはこのヘッジファンドの世界にも、本物の後ろ盾ともいえる御方が控えている。

ヘッジファンドにまつわる、法律、政令、ロジック、すべてをマスターされた、金融業界の神と呼ばれる御方。

あなたにとって重要なことは、「物販大富豪の戦略術」に基づき、銀行融資を計略的、効率的に獲得していくこと。

まずは何よりも優先させて、銀行融資に全力投球していただくことにある。

しかし、上を目指す限りは、その先にある、融資を受けたお金の再投資のステージ、ファイナルステージのに到達した際には、ヘッジファンドというものを、避けられなくなると思う。

ヘッジファンドを通して、僕たち信頼できる仲間内で

  • 「ミドルリスク・ハイリターン」の案件
  • 「ローリスク、ハイリターン、ミドルターム」の案件

に共に臨んでいこう! 

約300万円ユニットで、複数に分散させながら、2~3年、もしくは3~4年をめどに、大きな回収に挑戦していくのだ。

だから今の段階ではまず、この先にある姿・・・ファイナルステージにある「ヘッジファンド」を、まずは認知して頂きたい!

追伸

【伝説のヘッジファンドへの門 VSニート株式会社】

今日は、僕たちが立ち上げたばかりの、自称「伝説のヘッジファンド」への参加方法を公開する。

僕たちのライバルは今のところ、ニートが166名集まった「ニート株式会社」、これから、様々な事業を手がけて、暗躍して行きたいと思う!

(あ、ニート株式会社がライバルは嘘だ。わかりやすいイメージとしてのたとえ。笑)

実際「物販大富豪」のお金の再投資先の一つに。「私募ファンド」の類が挙がっていた。

2006年に発覚した、名だたる上場企業の株を軒並み5%以上獲得。

総運用額4,444億円と言われた伝説のファンド「村上ファンド」もその一つ。

「物販大富豪」も参加されていたようだ。

これらのような、自分たちで仕掛ける類の「私募ファンド」。

僕たちも挑戦していく必要があるわけだ。

ローリスク・ミドルターム・ハイリターン。

2、3年とか、3,4年とかの、ミドルタームで、5倍、10倍、大きな利益獲得を狙える案件。

大手証券会社に上場していない「私募ファンド」である、「ヘッジファンド」というものに挑戦して行くわけである。

ただし、この手の「私募ファンド」は、僕が一撃1億7,000万円飛ばしてしまった経験などから。

見ず知らずの第三者がやっている、裏側が見えてこない、不明点の多い案件ではなく。

あくまでも自分たちが、自分たち仲間内の力で組成した、事業投資の類が良いことは、ハッキリと分かっている。

あれから、僕と同じ「志」を内に秘めた、仲間たちの熱い思いが集結する形で。

一部の仲間たちと一緒に、僕たちも「ヘッジファンド」と言うものを、組成するに至った。

通称「藤原ヘッジファンド」。

今日時点ではまだ、小さな小さな弱小ファンドだが。

いずれは、あの「村上ファンド」に勝るとも劣らない。

「伝説のヘッジファンド」として、密かに暗躍できるようにと、仲間たちと共に水面下で密かに企んでいるわけだ。

「ヘッジファンド」という仕組みは、自分たちで用意した会社に、一口出資をする形で、就労義務と情報開示義務の無い会社の役員になる。

役員として社内事業に出資参加する形で、社内事業ファンドをとり行う。

早速今、僕たちの水面下の動きに気づいた、志のある仲間たちが一人、また一人・・・。

意思の下に集結してきている。

僕たちの「藤原ヘッジファンド」は、あの「全員がニートで、全員が取締役!」の、ニート株式会社(仮称)とはわけが違う。

何をやるのか決まっていない人たちが、単に166名集結して成り立っているのとは違うのだ。

僕たちには「日本最強のヘッジファンドを目指す!」という高く強く熱い「志」があるのである。

「志」というのは、本物を呼び寄せる!

「志」を実現し得る力を秘め持つ仲間たちも集結して来ている。たとえば・・・

  • 証券会社や、ベンチャーをはじめ約70社以上の企業顧問を努め1,000ものM&Aを手がけて来たスペシャリスト。
  • 1億から数百億円規模の100のヘッジファンドの組成を担当して来たスペシャリスト。
  • 金融工学を極限まで極めたスペシャリスト。
  • 某有名ファンドの実行者たちに精通しているスペシャリスト。
  • 金融庁や法律・コンプライアンスに精通しているスペシャリスト。
  • 事業投資のスペシャリスト。
  • 海外事業のスペシャリスト。
  • 不動産ビジネス・投資のスペシャリスト。
  • 物販ビジネスのスペシャリスト。
  • アジア貿易のスペシャリスト
  • 中国生産のスペシャリスト。
  • シルバー事業のスペシャリスト。
  • 日本で一番PPCとキーワード広告で稼ぐI.T.ビジネスのスペシャリスト。
  • ビジネスの中での実践税務とディフェンスのスペシャリスト
  • 物販大富豪の戦略術の実行者たち。
  • そして後輩たちを育てることに意義を感じている大富豪たち!

続々とこの「志」の下に集結して来ている。

専用の会社法人に、一口出資をして役員になってくれている。

これからこの通称「藤原ヘッジファンド」が、どこまで成長できるかは分からないが。

まずはメンツだけは、揃いに揃って来た感じ。

ちなみに、この手の「ヘッジファンド」に、役員として参加できる合計人数はMAXでも499名。

「共に日本最強のヘッジファンドを目指す!」という「志」のある人たちだけに、参加してもらう形をとっているが、2014年2月現在すでに200名を超える方々が役員として参加している。。

「志」を胸に秘めた仲間たちと共に、「藤原ヘッジファンド」として、日本国内、国外問わず、国内外の上場企業の買収含めて、積極的に事業を仕掛けて行きたいと思う。

次に挙がって来るのが、日本銀行を中心に、日本が今行っていること。

「次元を超えた量的質的金融緩和」の意味を知り、その流れに沿う形で僕たちは投資して行くことだ。

つまり、僕たちは外貨で海外にも積極的に投資をして行く。

基本、専門のfacebookグループが社内役員室。

そこで、出資して役員になったメンバーだけが閲覧できる形になる。

その中で、「藤原ヘッジファンド」としての社内プロジェクトのありとあらゆる情報が回覧できるわけだ。

もしも、これからも僕と一蓮托生!と考えて、現代の秘密結社に例えられる「藤原ヘッジファンド」に参加したい場合は、まずは以下のPDFファイル資料を熟読して頂きたい。

【全員が役員の禁断の秘密結社「藤原ヘッジファンド」10の秘密(PDFファイル形式レポート)】

【オフィス内でコッソリ確認する時などには「30日メール講座」版が便利】

【物販大富豪直伝の戦略術第29話/全30話】


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】物販大富豪直伝の神語録を無料プレゼント

僕が「北の物販大富豪」から、戦略術を直接伝授された時に頂戴した。 「北の物販大富豪の神語録」だ。 プリントアウトして、書斎の周

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】銀行に愛される経営はじめての銀行融資

銀行融資についてより実践に基いてお話させて頂く。 銀行に愛されるはじめての銀行融資というところだ。 ここまで、「物販大富豪の戦

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】これから先駄目な新興国、大丈夫な新興国を見定める

アジア振興各国についての投資戦略について、K先生からお話を頂戴する。 K先生は、年間にあたり約5,000社。年間あたり3兆円ほ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【帝】役員や支店長も中身は知らない銀行融資のブラックボックス

本日も引き続き、元・銀行支店長経歴の法人審査部門長、K先生からお話を頂く。 年間にあたり数兆円ほどを、銀行として、会社法人に対



dept