借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 水輝ハニーと挑戦する「北のセオリー」

「ボクの実力」で稼いでると勘違いしてる男が多すぎる件

level001
「ボクの実力」で稼いでると勘違いしてる男が多すぎる件

「嫁さんがボクを認めてくれないんです。ボクの実力で稼げるようになったのに!」
 
・・・という類の、言葉を発してしまう男が多い。
 
けれども、矛盾の世界の陰陽太極の観点から分析させて頂くと。そもそも論で、「ボクの実力」とか、発してる時点で、その男が、1%未満の「修羅の領域」の住人であり続けることは不可能に近い。

たまたま、「偶然の成功」的に、

  • ネットバブル
  • 仮想通貨
  • 友だちの支援
  • 時流に乗った仕組

などなどの大きな流れに乗ることでたまたま当たって、大きく稼げるようになった。
 
「修羅の領域」に足を踏み入れることができた・・・という方々もいることは確かだけど。それでも、根本的な思考の概念を変えない限り「必ず堕ちる」。
 
その後その男が、「ボクの実力」とやらで、生き残り続けることは出来ないし、再び這い上がれる確率は滅茶苦茶低い。
 
そもそも、そういう単語を口にしている男は、

  • 奥様からは愛想をつかされ
  • ビジネスパートナーは寄ってこなくなり

「自分の実力」とやらが、数年も経てば通用しなくなり、「継続的」に稼げなくなって、すぐに99%の
ルールとマナーの領域へと落ちていってしまう。

「ボクの実力」が影響なくなってくる領域

 
年収2,000万円というのは、「金融資本主義」のピラミッドの中で大きな節目と言える。
 
年収2,000万円以上獲得できる人は、全就労人口の中の、たった0.4%しか存在しない。

  • サラリーマン:大企業の部長・役員職
  • 物販ビジネス経営者:年商6億円~10億円
  • 飲食系経営者:1日500杯~1,000杯
  • ネットインフォ系経営者:年商1億円

・・・レベルを達成して、ようやく到達できる領域。
 
そのレベルになると、「ボク1人」で結果を出すことは、かなり難しくなって来て。

ビジネスパートナー
スタッフ・部下・同僚
取引先
お客様
 
・・・などなど、沢山の人間に関わって頂くことになる。
 
より、良好な周囲との「人間関係」を維持継続することが「要(かなめ)」になってくる。
  
「ボクの実力」とやらがほとんど影響をなさなくなってくる領域。
 
そんな中で、「ボクの実力」というものに思考の「軸」を置いている時点で。自分と関わって下さる「周りの方々の努力と実力」を認めていない思考の概念を持っていることになるから。自ずとそういう人のところには、誰も寄り付かなくなって来る。
 
会社組織のサラリーマンの中でも、経営者としてのビジネスの中でも、「1人ぼっち」になる流れの中に入ってしまう。
 
すると、必然的に「収入レベル」も、1,000万円未満の領域へ・・・400万円未満の領域へ・・・ドンドン下がって来てしまう。
 

「ボク」は自分の中に存在しない

 
僕たち人間は、全てが他人との関係性によって成り立っている。
 
他人との関係性があるから自分が存在できる。
 
自分1人がいるから、関係性が発生するのではない。
 
自分とは、他人との関係性について語ることしかできない。
 
自分を定義すればするほど自分のことから離れて行く。
 
・・・これは、例えば自分の「プロフィール」を言語化してみると良く分かることであるが。
 
「プロフィール」で書けること

  • 周りの人間との関係性
  • 時間軸との関係性
  • 場所との関係性
  • 施設との関係性
  • 趣味との関係性
  • 仕事との関係性

自分を言語化すればするほど他人や第三者基準の事柄との関係性しか言語化できない。
 
それぞれの関係性の中心に自分が発生する。
 
だから、サラリーマンにしても、経営者にしても、
 
「ボクはこう思います!」
「ボクはこれで良いと思います!」
「ボクはこれがやりたいです!」

とか、「ボク基準」のお話はどうでも良いことで。自分以外の第三者から求められる自分の使命・役割の方が、重要になって来る。

  • 自分が演じたい使命・役割
  • 第三者から求められる自分の使命・役割
  • 第三者から求められる数

・・・3点が一つの三角形を構築できる時。ビジネスの世界での自分が発生して、その状態を維持継続させることで、ビジネスがうまくいく。
 
「本当の自分」というものは、存在していない。
 
自分の心の中に、自分がいるのではなく。自分以外の第三者の心の中に、自分が存在している。
 
そんな中では、「ボクの実力」だとかは、本当にどうでも良いことなのだ。
 
この理解無しに、「ボク」を追求したところで、ビジネスは絶対にうまくいかない。
 
たまたま、一時的にうまく行っているように見えたとしても。間違いなく、時空から弾き飛ばされるように、数年も経たない間に、うまくいかなくなる。
 
「修羅の領域」では、絶対に生き残り続けることはできない(キッパリ)。
 
だから、自分を一番長い時間、間近で見続けて下さっている。奥様1人に対してさえ、「ボクの実力」を主張してしまってる時点でアウト。
 
「嫁さんがボクを認めてくれないんです。ボクの実力で稼げるようになったのに!」
 
・・・と、つい言語化している男は、絶対に「0.4%の修羅の領域」の住人であり続けることはできない。

楽してお金持ちになるために・・・

  
「楽してお金持ち」になる方法を突き詰めるほどに。問題の争点は、「ボクの実力」とは、かけ離れたところに発生してくる。
 
自分と性愛の関係で、関わって下さる「配偶者」。そこから派生する形で、人間と人間との「関係性」の問題へと連鎖して行く。
 
そんな中で、「楽してお金持ちなりたい!」と、ビジネス・投資にまつわる、枝葉のテクニック・スキルなどにまつわる情報を。沢山仕入れてきて、勉強を続けても。絶対に、「楽してお金持ち」になることはできない。
 
まずは、根幹に当たる「第三者との人間関係」に焦点を当てて。その原理原則や概念を、徹底的に理解。ご自身の「OS」に、インストールする必要がある。
 
たとえば、来る11月17日(土)、水輝ハニーさんと一緒に、「トークライブ」を開催。

《健康》《満足な収入》《良好なパートナーシップ》《心の安定》《日々の充足感》の獲得に向けて。
 
「氣」「陰陽対極」「性愛房中術」「通貨発行権」「陰○論」「宇宙人」などなど、

ハニーさんと僕がブログには絶対に書けないこの世の陰陽、矛盾の世界の裏話・裏技をこっそりお話させて頂くが。これも、今日のお話の「それではどうすれば?」の答えに当たる、

  • どう配偶者との関係性を構築するか?
  • どう周囲の人間との関係性を構築するか?
  • どう世の中との関係性を構築するか?

・・・ここに直結してくる部分。
 
「楽してお金持ちになるためには?」
 
なぜ、大富豪ファーザーが、「運は8割、実力1割、勘と根1割」と言語化されるのか?
 
「ボクの実力」を追い求めれる前に、男の視点から、女性の視点から、立体的に、「周りとボクとの相対関係」を熟考してみるとても良い会だと思う。
 
絶対に他では聞けない『秘密のハナシ』トークライブ 2018年11月17日
https://www.facebook.com/events/470875416733332/

追伸

昔のベジータ。。チェリー感漂う発言連呼

「ボクの実力」で稼いでると勘違いしてる男が多すぎる件

「ボクの実力」で稼いでると勘違いしてる男が多すぎる件


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
この陰陽によって描かれるのは壮大な「絵画」

この陰陽によって描かれるのは壮大な「絵画」

もともとの僕は、自分の意思で立ち上がって、一人で前線に出て行動するのは苦手。     ミライを感じることもできないし、直感や感

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
あなたが最も確実に「シアワセ」を掴み取る方法を教えよう!

あなたが最も確実に「シアワセ」を掴み取る方法を教えよう!

「ワン、トゥ、ツリー、マッソー!ファイヴ、シックス、セブン、マッソー!」   「ハローエブリマイボディ!マッソー真田です。」

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「神」は神社やお寺にいない。家の中に!女性は生まれながらにして「神」な存在

「神」は神社やお寺にいない。家の中に!女性は生まれながらにして「神」な存在

「まさか今さら。旦那にこんな「才能」があったなんて・・・ダメなやつだと勘違いしていたようです。 最近、私のお話はよく聴いてくれ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
楽して「お金持ち」になりたければ「女性たちの意見」にしっかりと耳を傾ける

楽して「お金持ち」になりたければ「女性たちの意見」にしっかりと耳を傾ける

僕たち男が、「金融資本主義」ピラミッドの頂点、「年収2,000万円以上を10年以上継続」   「生存率2万5,000分の1未満



dept