借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
四柱推命が示すビジネス投資の覇道 > 四柱推命が成り立つ理由が解明した

【帝】嫁さんバレ注意!僕たちと同じ人間たちは同時に何人も存在する

level009

「あなたと全く同じ人たちは、同時に何人も存在するんだよ!」

間違っても嫁さんに向かってこんなことを言ってしまってはならない。

仮に僕がこんなことを言っているのがバレてしまったら、言葉でフルボッコされてしまう。

それは、「僕の頭がおかしくなった」・・・というポイントではなく。

「それってどういうこと?私は特別じゃないの?私と同じ女性が他にも何人も存在するってこと!?」

物事は、本質とは大きく逸れて、別のややこしい方向に向かってしまうことになるはずだから・・・(汗)。

「あなたと全く同じ人たちは、同時に何人も存在するんだよ!」

僕たちがこの事実を知ってしまったとしても、それは僕たちだけの共通の秘密としなければならない。

お互い嫁さんの前では大きな声では言えないけれど、僕は今同時に何人も存在するし。あなたも今同時に何人も存在する。

しかも、現代だけじゃなくて、過去へ、未来へ、時間軸に見ていっても、何人も存在してしまっている。

僕が知ってしまった事実だ。

▼過去も現代も未来も「僕」は沢山存在する・・・

手の平の皮膚の細胞クンに目を向けてみた。再び一番分かりやすい手相のところへ。

そうするとまた新しいことを理解するに至った。

僕が手のひらの手相のところの細胞クンの一人だったとした場合、周りとの相対関係の中で、そこに来たやつが必ず僕になる。

僕が死んでも、物質がそこにドンピシャで来れば再び僕が誕生する。

周りとの相対関係の中で、同じ条件が整えば、、、常にその場所に来たやつが僕になり続けるという法則だ。

時間軸に見て、過去も、現代も、未来も、、、、ずっとそこに来た物質が、僕という細胞クンになり続ける。

ところはこれは、時間軸の話だけじゃなかった・・・。

実は、、、同じパターンが、何十、何百セットも存在してしまっているのだ!(ドドーン)

周りとの相対関係が一致すれば・・・時間軸だけじゃなくて、同じ時間軸の横軸にも・・・何人も、僕と同じ人たちが誕生していることになる。

僕たち人間も、マジで僕たちの手の平の皮膚の細胞クンたちと、同じような感じに過ぎなかったというわけだ。

僕たちの全身をカバーしてくれている皮膚の細胞クンが、どこを見てもほぼ同じ配列でキチンと並んでいるように。

地球の表面に生息している僕たち人間も・・・周りとの相対関係と共に規則正しい配列で誕生して行く。

だから、その配列の中に誕生した僕たち一人ひとりは、同時に何人も存在してしまうというわけだ。

皮膚の細胞クンたちがそうであるように。

視覚化するとこんな感じ。

たとえば、僕が01~100までの数字の内、「77番」だとする。

01|02|03|04|05|06|07|08|09|10
11|12|13|14|15|16|17|18|19|20
21|22|23|24|25|26|27|28|29|30
31|32|33|34|35|36|37|38|39|40
41|42|43|44|45|46|47|48|49|50
51|52|53|54|55|56|57|58|59|60
61|62|63|64|65|66|67|68|69|70
71|72|73|74|75|76|77|78|79|80
81|82|83|84|85|86|87|88|89|90
91|92|93|94|95|96|97|98|99|100

それが・・・横軸に広がって行くと・・・

01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10
11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20
21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30
31|32|33|34|35|36|37|38|39|40|31|32|33|34|35|36|37|38|39|40
41|42|43|44|45|46|47|48|49|50|41|42|43|44|45|46|47|48|49|50
51|52|53|54|55|56|57|58|59|60|51|52|53|54|55|56|57|58|59|60
61|62|63|64|65|66|67|68|69|70|61|62|63|64|65|66|67|68|69|70
71|72|73|74|75|76|77|78|79|80|71|72|73|74|75|76|77|78|79|80
81|82|83|84|85|86|87|88|89|90|81|82|83|84|85|86|87|88|89|90
91|92|93|94|95|96|97|98|99|100|91|92|93|94|95|96|97|98|99|100
01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10
11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20
21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30
31|32|33|34|35|36|37|38|39|40|31|32|33|34|35|36|37|38|39|40
41|42|43|44|45|46|47|48|49|50|41|42|43|44|45|46|47|48|49|50
51|52|53|54|55|56|57|58|59|60|51|52|53|54|55|56|57|58|59|60
61|62|63|64|65|66|67|68|69|70|61|62|63|64|65|66|67|68|69|70
71|72|73|74|75|76|77|78|79|80|71|72|73|74|75|76|77|78|79|80
81|82|83|84|85|86|87|88|89|90|81|82|83|84|85|86|87|88|89|90
91|92|93|94|95|96|97|98|99|100|91|92|93|94|95|96|97|98|99|100

こんな感じで4倍の範囲で、「77番」の僕が4人も存在することになる。

さらに広がっていくと・・・。

50人、100人、500人、1,000人、2,000人・・・

僕と同じ人間は、規則正しい配列に基いて、何人も同時に誕生して行った結果、、同時に何百人、数千人とか存在していたりする。。。

規則正しい配列・・・政府発表の統計を見ていると、本当に僕たち人間というのは、何かの法則に基いてキチンと誕生し続けていることが理解できる。

たとえば一番分かりやすい数字としては、毎年の出生数と、男女別の出生率などが挙げられる。

この数字の背景には、それぞれの男女が、運命的な恋愛とか結婚とか、、、時にはそうじゃないのも経て、特別なエピソードの中で、子供を産んでいるはず。

けれども、統計で見てしまうと、ビッチリ同じような数字になってしまう。。。

たとえば、1899年から2009年までの出生率と出生性比というものを見てみると・・・。

年 出生数 出生性比
1899 1,386,981 105.9
1900 1,420,534 105.1
1901 1,501,591 105.1
1902 1,510,835 104.8
1903 1,489,816 105.2
1904 1,440,371 105.1
1905 1,452,770 102.7
1906 1,394,295 108.7
1907 1,614,472 102.7
1908 1,662,815 104.6
1909 1,693,850 104.1
1910 1,712,857 103.9
1911 1,747,803 104.0
1912 1,737,674 104.1
1913 1,757,441 104.4
1914 1,808,402 104.9
1915 1,799,326 104.2
1916 1,804,822 104.3
1917 1,812,413 104.2
1918 1,791,992 104.3
1919 1,778,685 104.9
1920 2,025,564 104.5
1921 1,990,876 104.5
1922 1,969,314 104.0
1923 2,043,297 104.4
1924 1,998,520 104.2
1925 2,086,091 103.5
1926 2,104,405 105.8
1927 2,060,737 103.7
1928 2,135,852 104.4
1929 2,077,026 104.0
1930 2,085,101 105.3
1931 2,102,784 104.3
1932 2,182,742 105.0
1933 2,121,253 105.2
1934 2,043,783 104.2
1935 2,190,704 105.2
1936 2,101,969 104.9
1937 2,180,734 104.8
1938 1,928,321 105.7
1939 1,901,573 104.9
1940 2,115,867 105.1
1941 2,277,283 104.8
1942 2,233,660 105.2
1943 2,253,535 105.3
1944 NA
1945 NA
1946 NA
1947 2,678,792 105.8
1948 2,681,624 105.8
1949 2,696,638 104.8
1950 2,337,507 106.1
1951 2,137,689 104.9
1952 2,005,162 105.2
1953 1,868,040 105.2
1954 1,769,580 106.2
1955 1,730,692 105.8
1956 1,665,278 105.8
1957 1,566,713 105.7
1958 1,653,469 105.5
1959 1,626,088 105.8
1960 1,606,041 105.6
1961 1,589,372 105.9
1962 1,618,616 106.1
1963 1,659,521 105.7
1964 1,716,761 105.9
1965 1,823,697 105.3
1966 1,360,974 107.6
1967 1,935,647 105.3
1968 1,871,839 107.1
1969 1,889,815 107.2
1970 1,934,239 107.1
1971 2,000,973 106.7
1972 2,038,682 106.5
1973 2,091,983 106.2
1974 2,029,989 106.4
1975 1,901,440 106.2
1976 1,832,617 106.2
1977 1,755,100 106.1
1978 1,708,643 106.0
1979 1,642,580 106.2
1980 1,576,889 106.0
1981 1,529,455 105.9
1982 1,515,392 105.5
1983 1,508,687 105.7
1984 1,489,780 105.4
1985 1,431,577 105.6
1986 1,382,946 105.9
1987 1,346,658 105.8
1988 1,314,006 105.6
1989 1,246,802 105.6
1990 1,221,585 105.4
1991 1,223,245 105.7
1992 1,208,989 106.0
1993 1,188,282 105.6
1994 1,238,328 105.6
1995 1,187,064 105.2
1996 1,206,555 105.6
1997 1,191,665 105.2
1998 1,203,147 105.4
1999 1,177,669 105.6
2000 1,190,547 105.8
2001 1,170,662 105.5
2002 1,153,855 105.7
2003 1,123,610 105.5
2004 1,110,721 105.2
2005 1,062,530 105.3
2006 1,092,674 105.3
2007 1,089,818 105.6
2008 1,091,150 105.2
2009 1,070,035 105.4

本当は、特殊出生率や男女別の死産数なども入れたり。折れ線グラフ化してみたりすると、1906年、1996年の「ひのえうま」という時に、死産数がピークになるグラフが出来上がったり、もっと分かりやすい規則正しい配列が見えてきてしまうのだが、この記載は辞めておこうと思う。。

とにかく、僕たちそれぞれは、それぞれが特別でオンリーワンな人生を歩んでいるはずなのに、統計という観点から見てみると、超規則的な法則へと集約されていってしまう。

男女の出生比率が、毎年何者かの存在に操作されている如く一定のように。

僕たちと全く同じ人間が、同時期にも・・・。過去にも、現代にも、未来にも、何十人、何千人と誕生してしまっているというわけだ。

僕たちの皮膚の細胞クンがそうであるかのように。

▼徳川家康の生まれ変わりも沢山存在する

「オレは◯◯の生まれ変わりだ!」と口に出す方を、たまに見かけることがあるが、実は彼らの言い分はあながち間違っていなかったりする。

「前世を見ると、どこかヨーロッパの古城で騎士として・・・」と、日本と全く違う場所の人が、前世だった・・・なんて言う人たちまでいるが。これもあながち間違っていなかったりする。

なぜなら、自分は一人ではなく、過去も現在も未来も、何人もいるのだから。僕たちの手の平の皮膚の細胞クンたちのように。

たとえば、「オレは徳川家康の末裔だ!とか、生まれ変わりだ!」という人たちも、実は本当に沢山いたりする。

特に勝利して残った系の有名人は、進化の合理化によって、「優勢」だと勝手に判断されるはずなので、沢山出現するはず。クローンのように。

たとえば日本の社長さんたち・・・徳川家康のイメージのような、タヌキおやじ的な人たちがやたら多い。

僕も四柱推命や桜龍易占術によって、とある歴史上の有名な武将・・・「◯◯◯◯」の転生パターンの直系だと、グランドマスターから指摘頂戴したけれど、実は僕と全く同じパターンの人たちも実は日本に何百人レベルも存在する。

でも、実際は徳川家康とか、古の英霊たち自体・・・沢山いる同じパターンの人間の中で、周りとの相対関係、時代、場所、機会など、全てがドンピシャで重なり、大成功した奇跡の一人に過ぎないのだが。。。

この話は一度おいておいて、

こういうことは、メルマガ、ブログ、SNSなどを駆使して、何万名を相手に、ブロガー活動を行っていると、ごくごく普通に体感できることだったりする。

問合せのタイミング、名前、問合せの中身・・・などを横に見ていくと、・・・この人は恐らく僕と同じ「◯◯◯◯」のクローン系だ・・・と思える人たちには何人にも遭遇する機会がある。

もっと彼らを現実世界で知ろうとして、過去を聞いていくと、歴史上の英霊だけでなく、今の僕ともまったく同じようなパターンで、成功とか勝ち方を見出している。。。怖いほどに。。。

しかも、失敗するパターンまで似てきてしまう。

ブロガー活動をやっていたなくても、とあるツールを活用することで、今すぐ確認できる。

それは、グーグルアドワーズの、キーワードプランナーを使う方法。キーワードプランナーで算出できる、キーワードごとの月間の検索回数。

同じ複合キーワードを毎月同じように調べている人たちがいたり。。。眺めているだけでも面白い。

徳川家康として生まれながら織田信長をフォローしてしまうとバグる

ただし・・・仮に自分自身が徳川家康の直系のクローン系の人間だったとしても。

おかれている環境や、宿命を生かすことができたかどうかによって、生きている人生の中で、徳川家康的のようなパフォーマンスが送れるかどうかは決まる。

たとえば、徳川家康的な人間なのに、無理矢理自己啓発セミナーとか行って、織田信長的な人のライフスタイルを教わってしまい、織田信長的な生き方とかを真似しても、まったく生かしきれなくなるわけだ。

皮膚の細胞クンとして生まれたのに、爪の細胞クンになろうとするのと同じように、単なるバグ細胞クンに陥ってしまうパターンである。

特に今の時代は情報が多すぎて、せっかく徳川家康的な細胞クンとして誕生できたにも関わらず、織田信長どころか、一介の軍師とかに憧れたり興味が湧いてしまったりで、横道逸れてしまう人たちも沢山いる。。。

今の時代の中では、大将軍とまでは行かなくても、従業員100名位を率いる中小企業の社長位にはなって活躍できたりするのに、大企業のサラリーマンとして部長を目指してしまったり。。宿命を知らない可哀想な徳川家康クン的細胞クン状態になった人たちも本当に多いのだ。

実はこういう宿命とか、細胞クンとしての属性を確認するのに、陰陽五行説を元にして構築された、四柱推命などを活かすことができる。

自分は皮膚の細胞クンとして生まれたのか?爪の細胞クンとして生まれたのか?

皮膚の細胞クンとして生まれたのなら、どんな役割を担って生まれたのか?暑いところ仕様の皮膚の細胞クンか?寒いところ仕様の皮膚の細胞クンか?

などなど、古の中国の歴代の皇帝たちの命によって、ずっと記録がつけられ続けてきたこともあり、高い確率で自分が何のために生まれた細胞クンなのか・・・それが分かってしまうのだ。

そして、四柱推命の理論が見えてきた時に、自分と全く同じ人間が、同時多発的に・・・過去も、現代も、未来も、存在し続けることが、具体的な数字と共に理解できてしまう。

誕生した、年、月、日、時間という四つ柱の情報を調べることで、超詳細に渡ってデータを確認できてしまう。

さらには、出てきたデータを元に、起こりうることを予測しながら、事前に対策したり、調整したりすることもできてしまうというわけだ。

僕が2013年に陰陽五行説を知り、四柱推命と桜龍易占術によって運命調整をしたのをキッカケに、この道にハマってしまって理由。。。

そして、これらの情報が、一体どれだけビジネスや投資などの活動に活かすことができるのか?

タイムリーに体感し続けている、僕のワクワク、ドキドキは止まらない。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
四柱推命が示すビジネス投資の覇道

【帝】人間界における転生とか、現世・来世とかの原理・原則も解明した

神と僕たち一人ひとりの距離感を妄想してみる 自分の手のひらの細胞クンたちを見ながら想像していると、実は僕たちの誕生に関して、「

四柱推命が示すビジネス投資の覇道

【帝】四柱推命の生まれた年・月・日・時間で宿命が算出できる根拠

四柱推命や陰陽五行説、前世・来世論がなぜ成り立つか?その根拠を解明することができた。 今日は、四柱推命になんで時間軸が関係する

四柱推命が示すビジネス投資の覇道

【帝】四柱推命と桜龍易占術を元に行動したら日銀と政府と法律を動かした件

四柱推命とは、中国本土で歴代皇帝によって生み出された占術。 あまりの的中率の高さから、「占術の王」ともたとえられており。現代の

四柱推命が示すビジネス投資の覇道

【帝】四柱推命が成り立つ理由が2014年1月に解明してしまった

四柱推命や陰陽五行説がなぜ成り立つのかが解明した。。 実は、2014年のお正月に、突然ふって来たように、僕は理解できたのだ。。



dept