レベル
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
level001
【帝】日本政策金融公庫から頂戴したお手紙に興奮

【帝】日本政策金融公庫から頂戴したお手紙に興奮

「日本政策金融公庫」から1枚のお手紙が、孔明弟の会社に届いた。 お手紙の「表面」には、次のようなことが記載されていた。 ・・・以下抜粋・・・ 「日本政策金融公庫」はお客様の経営をサポートします! お客様に寄り添い、お客様 […]

続きを読む

level001
【帝】松尾芭蕉「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の考察の中で・・・

【帝】松尾芭蕉「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の考察の中で・・・

北野会長:  『閑さや岩にしみ入る蝉の声』  松尾芭蕉の詠ったこの俳句の意味を理解すれば、ビジネスも株式投資も不動産投資も、理解できるようになる。」 ・・・2016年6月東京銀座の地下中華レストランで開催された、「地下ソ […]

続きを読む

level001
【帝】一撃「3,400万円」の注文書を特別に公開

【帝】一撃「3,400万円」の注文書を特別に公開

2016年11月18日(金)、マレーシアジョホールバル自宅コンドミニアムの中で、シンガポールに行く準備をしていると、突然一通のメールが入り、僕の目に留まった。 そのメールの中身を見て、僕は硬直することになる。なぜならメー […]

続きを読む

level001
【帝】「先生!」と前のめりに灼熱の炎になる傾向が一番危険『サッチェルSOS』でも「辞めたほうが良い」と回答される

【帝】「先生!」と前のめりに灼熱の炎になる傾向が一番危険『サッチェルSOS』でも「辞めたほうが良い」と回答される

「熱しやすく冷めやすい」・・・これはまだ良いと思う。 なぜなら、熱くなったものが冷めるだけであれば、ただただそこに、あり続けることもできるから。 けれども、問題なのは、ものすごく前のめりになるほど灼熱の炎のように熱した後 […]

続きを読む

level001
【帝】発覚!47.3%が女性の実績という異常値「北のセオリー」の登竜門

【帝】発覚!47.3%が女性の実績という異常値「北のセオリー」の登竜門

しかも、76%が「物販ビジネス未経験者」 孔明:「な、なんと・・・本当ですか?これは凄いですね!女性の再現率が凄い!」 サッチェル:「はい。ボクも改めてまとめてみて、ビックリしてしまいました!」 北の物販大富豪こと北野会 […]

続きを読む

level001
【帝】地下にある温泉つかり旅振り返る仁川国際空港の地下「温泉」でまったり

【帝】地下にある温泉つかり旅振り返る仁川国際空港の地下「温泉」でまったり

どうも僕は「地下」に縁があるようだ。 なんと、仁川国際空港の地下を彷徨っていると、激安温泉施設を発見してしまった。 夜の22時まで、何時滞在しても、たったの15,000ウォン(約1,400円)。時間はタップリとある。僕は […]

続きを読む

level001
【帝】「サッチェルSOSゴールド」自分が情報を活用できるかどうか?

【帝】「サッチェルSOSゴールド」自分が情報を活用できるかどうか?

北野会長を中心に秘密裏に結成された『地下ソサエティ』。 「生ける伝説」北野会長訓えの下、物販ビジネスを本業として営む者たちが、「北のセオリー」物販ビジネス・株式投資・不動産投資で獲得した収益を原資に、「南のセオリー」納税 […]

続きを読む

level001
【帝】『立ち枯れの夜道を照らす月明かり』ドン底の目の前に降臨されたあの御方

【帝】『立ち枯れの夜道を照らす月明かり』ドン底の目の前に降臨されたあの御方

正直、あの頃の僕は、再びビジネスと投資を行うことが怖くなってしまった・・・。 手がけたビジネス・投資が、ことごとく失敗に終わってしまったからだ。 2010年12月末に、約12年間サラリーマンとして勤務していた会社を退社後 […]

続きを読む

level001
【帝】『秋空に雨雲見えて傘を斬る』「トランプ大統領当選情報」のお陰で日給+7万5,782円

【帝】『秋空に雨雲見えて傘を斬る』「トランプ大統領当選情報」のお陰で日給+7万5,782円

米国ダイスとのミーティング中のこと。 米国ダイス:「アメリカのスポーツブックでの、大統領選挙のオッズでは、ヒラリーさん圧勝の流れがでて来ています。  ヒラリーさんのリードがどんどん広がっていて、ヒラリーさんのオッズ:+0 […]

続きを読む

level001
【帝】『名月に心躍ればまつりごと』40歳ではじめて「政治経済学」に興味を持つとは・・・

【帝】『名月に心躍ればまつりごと』40歳ではじめて「政治経済学」に興味を持つとは・・・

中学校の頃から僕は、学校で習う「政治経済学」という教科が、とてもとても苦手だった。 ・・・と言っても、もともと主要五教科の内、まともだったのは「国語」しか無く、全部嫌いだったが。その中でも特に、「政治経済学」が「超」がつ […]

続きを読む