借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

サントリー新浪剛史社長の『45歳定年制』発言に対する考察

level001
サントリー新浪剛史社長の『45歳定年制』発言に対する考察

サントリーホールディングスの新浪剛史社長が、『45歳定年制』が必要という趣旨の発言を行ったことが波紋を呼んでいます。ネット上で炎上したことで新波社長は、その後発言を修正しましたが。

「45歳以上の社員は必要ない」というのはおそらく経営者としての本音だと思います。これに対してあなたはどのように思いますか?僕なりの考察をさせて頂きます。

サントリー新浪剛史社長『45歳定年制』発言

2021年9月9日、オンライン上で開催された経済同友会のセミナーにて。サントリーホールディングスの新浪剛史社長が、

「『45歳定年制』にして個人は会社に頼らない仕組みが必要だ」

と述べました。この発言に対して、SNSを中心に炎上したことで。翌日には、

「定年という言葉を使ったのは、ちょっとまずかったかもしれない」

として、

「『首切り』をするということではまったくない」

という発言を修正しました。僕のような、叩かれても何の痛みも感じない個人ブロガーと違い。上場企業の看板を背負った社長さんは言いたいことも言えず大変ですね。。

約12年間のサラリーマン生活を経て「起業・独立」した僕としては。新浪剛史の『45歳定年制』に同意します。というか、そういう制度をあえて用いなくても、東証一部に上場している優良な大企業ほど、既にそのような現実になってしまっていると思います。

なぜなら、サラリーマンとして活動する中で。45歳にもなれば、既に「勝ち負け」の決着が完全なまでについているからです。サラリーマンとしての「勝利」の基準のひとつとして。

「45歳で部長になれているか?」

というものがあります。まず、年収基準で考えてみましょう。サラリーマン単体で、目標年収1,000万を達成しようとすると。一部の高給企業を除いて。平均的には「部長」になることが求められるからです。

「部長」の年収
・全企業:1,064万円
・大企業:1,219万円

世の中では、部長になってようやく高年収帯の仲間入り。「おとなの偏差値68」就労人口の3.8%年収1,000万の領域に突入できるのです。

この部長には、最短の平均で40.1歳。全部長の平均で47歳です。大体45歳位には、サラリーマンとして勤務している会社組織の中で自分が「部長」以上になれるかどうか?勝敗が決まってしまいます。

サラリーマンの仕組み的に、平社員から、ある日突然ジャンプアップして「部長」になるわけではありません。順当に、主任→係長→課長→次長などの中間管理職を経て部長になります。

「部長」以上になれる人材は必ず。40歳ごろまでは、社内の誰しもが認める形で課長や次長位の座にはついています。その中から、誰が「部長」以上に上がれるのか?40歳〜45歳位が勝負の山場となる。

ここで無事に勝利して「部長」以上になれば、社員側というよりは、部長=執行役員など、経営陣側の仲間入りをすることになります。

それでは、この出世競争に破れてしまった大多数の人たちは?順番を待てば部長になれるかと言うとそんな簡単な話ではありません。毎年毎年、優秀な社員たちは、タケノコのように、下の代から生えてきますからね。

同程度の能力であれば、年寄りを登用するよりも、若い人たちを登用した方が、ミライの有能な経営陣の早期育成にもつながるので。近年では、優良企業ほど、若い人を登用します。

出世競争に破れた人たちは「リストラ」

出世競争に敗れてしまった人たちはどうなるのか?僕がリアルに見てきたサラリーマン世界では。間違いなく、リストラされます。子会社出向や転職を余儀なくされてしまうか。もしくは、永遠に役職もお給料も上がらない、手足を動かした単純労働系のお仕事に従事し続けることになります。

僕が勤務していた企業は、創業オーナー一族が経営していたころは。古い社員も残れるような環境だったのですが。その結果、実は会社が傾きかけていました。僕の入社と同時に銀行から来られた方が社長に就任。

その流れを断ち切りたったの数年間で変えてしまいました。すごい年では、たったの1年間で、全社員の3分の1がリストラされました。その時は、

「サラリーマンって恐ろしい。。。」

社会人としてはひよこ状態だった僕はガクガクブルブル怯えていることしかできませんでした。僕が、勤務していた会社に内緒で、副業としてビジネスを起業したキッカケでもあります。

その後、会社は中堅の人材を大量放出して、会社が大変なことになったのか?むしろ逆です。やばかった状態から、復活して優良企業へと進化成長を遂げました。

そして「昭和時代」発の企業にも関わらず、今なお就職人気ランキングでは上位にいるのです。後から振り返って冷静に分析してみると。リストラ対象となったのは、30代後半〜40代の方々の中でも、

「まあ、そのまま勤務を継続しても部長や経営陣になることは絶対にないだろう」

という方々ばかりでした。あの時社長がリストラに踏み切らなければ逆に会社の方がやばかったのだと思います。正直・・・出世競争に敗れるには、敗れるなりの、「明確な理由」が存在しています。

仮にそんな、30代後半〜40代の人たちが社内にうろつかれて、中途半端に部下後輩たち、若手社員たちに業務指示や説教をたれてしまうと。その部下・後輩たちは、わけのわからない指示に困惑することになります。

リストラされた方々が、どれだけ「もっと働きたい」と考えていても。「考え方」も「言動」も会社と若手社員たちの成長の妨げにもなりますので。会社にとっても若手社員たちにとっても「百害あって一利なし」。

会社にとっては、模範となるような、出世競争に順当に勝ってきた、部長=船長からの指示があれば十分なのです。とにかくイケイケモードでTVCFを大量に投下して、マンパワーでガンガン営業かければ企業の利益が上がる・・・という時代でもありません。

10人の駄目な中堅が束になっても、駄目なものは駄目。たった一人の有能な「考え方」を持った船長と、その業務指示を素直に聴いて自らの意思で能動的に業務遂行できる若手社員がいたほうが勝てる。そんな時代です。

上からも下からも、邪魔にしかならない中堅が社内にはびこり続けてしまうと。全てが総崩れにも成りかねません。

既に現実は『45歳定年制』

クリティカルに現実を見てみると。『45歳定年制』をわざわざ発令しなくても。実は既に『45歳定年制』なのです。だから、サントリーホールディングスの新浪剛史社長は、「現実」を言語化したに過ぎないと思います。

今日時点において、「45歳」で部長〜経営陣になれる有能な人たちには、会社側としても、その部下後輩としても懇願してでも会社に残って欲しいし。「45歳」で「出世競争」に破れた=会社にとって不要な人材は、一刻も早く出ていって欲しい。

もう、すでにそういう現状になっているのです。逆に、45歳以上の既に組織にとって不要だと確定しているはずの中堅社員を。いつまでも雇用し続けている企業は。

今後、移り変わりの早い世の中で、どんどんと海の底に向かってゆっくりと斜めに沈んでいくことになると思います。会社自体が淘汰されてしまうのです。どちらにしても、そんな企業で働き続けようとしても、ミライのお仕事はなくなります。

そんな中、サラリーマンの方々も、40歳になった時点で、自分がどの位置にいるのか、クリティカルに判断するべきだと思います。自分が、45歳を迎えた時に、「経営陣」側で活躍できる人材なのか?

中途半端な中堅としてしがみついて、部下後輩たちの成長を妨げるおじゃま虫としてはびこり続けることになるのか?

もしも前者だとしたら、そのままサラリーマンとして、部長(執行役員)、役員など経営陣側として働き続けることを「役職定年」を迎えるまで続けても良いと思いますが。

もしも後者だとしたら、会社にとっても、部下・後輩にとっても自分にとっても、誰のためにもなりませんので、『45歳定年制』があろうがなかろうが、40歳を迎えて勝負が見えた時には真剣に「起業・独立」から始まる自力で生きていく道を歩む想定と準備を開始するべきだと思います。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
サラリーマン副業投資・ビジネスの落とし穴まとめ

サラリーマン副業投資・ビジネスの落とし穴まとめ

今日のお話の目次 ・時間をかけずに投資でお金を増やす方法の穴 ・サラリーマンのFXと仮想通貨の落とし穴 ・サラリーマンの株式投

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
知の円循環~修羅の美学~

知の円循環~修羅の美学~

修羅にとって知の本質は「円」に象徴されます。

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】別名「教祖&講師の会」物販ビジネスのための「地下ソサエティ」

【帝】別名「教祖&講師の会」物販ビジネスのための「地下ソサエティ」

「地下ソサエティ」の謁見前・・・。再びメンバーたちだけの分科会。「地下ソサエティ」メンバーに関しては、僕よりも熟練のビジネスマ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
子どもたちと過ごす約20年間を一日足りとも無駄にすることなく

子どもたちと過ごす約20年間を一日足りとも無駄にすることなく

子ども1人が22歳を迎えるまでに、教育費を約2,000万は見ておくことになります。教育費の部分では、子どもに費やしたお金は、「



dept