借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】ユダヤ人のペニシリン熱型うつ病に効く参鶏湯(サムゲタン)

陰陽五行説に基づく東洋医学によるうつ病はたったの2種類、

・熱型うつ病
・寒型うつ病

そして各々の特徴や見分け方もわかった。

セルフ診断がついた後はセルフヘルプでしょ。うつ病セルフヘルプでもその土台となる食事からお話ししたい。

土台と呼んだのはまさにその通りだからで家の建築において土台がダメだとのちのちどんなに頑張ってもダメな物件。

うつ病セルフヘルプもそれと同じ、まず食事ありきなのだ。なので、もう愚直に食事というところに絞っていきたいと思います。

結局、そこを変えないとどんなに漢方を飲んでも、どんなにアロマセラピーをやっても無駄。食事を何にも気をつけず漢方だけ飲んでも全然効かないということ。

私木村隆は漢方歴は長いけど漢方は効かないとあきらめていた、グランドマスターに出会うまでは。彼に出会って食事がベース、その上での漢方と教わってようやく納得できた。

という前置きをしておいて最初は熱型うつ病の食事。具体的にどういうものを食べると熱型うつ病はセルフヘルプできるのか。

まずはズバリ「鶏肉」。鶏肉といっても鶏のから揚げやケンタッキーは全然ダメですよー。鶏を骨ごと煮込んだチキンスープがいい。

蒸し鶏も悪くはないけどやっぱりエキスを一番逃がさないのは煮込んだスープになる。この鶏肉にも根拠がある、陰陽五行説における理論が。

五行というのは肝・心・脾・肺・腎。その五行に対応する森羅万象の事象はいろいろあってその中に五畜がある。

そして肝に対応する五畜が「鶏」になるのだ、ちなみに腎は「豚」。なので熱型うつ病は肝に熱が帯びている病態なのだから鶏肉がいいというわけ。

チキンスープは東洋医学だけでなく世界的にも効果が知られている。ユダヤ人は古くからこのチキンスープを病人食や民間療法として伝統的に用いている。

チキンスープは「ユダヤ人のペニシリン」とも呼ばれるくらいだ。とは言っても骨ごとチキンを煮込むって家庭じゃ大変。

まして自分は料理が苦手、いっぱい余っても困る、という状況かもしれない。そんなあなたにおすすめなのが参鶏湯(サムゲタン)。

サムゲタン?何それ?私も以前はそう思っていた。サムゲタンは韓国料理で鶏肉に高麗ニンジンやもち米などをいれて煮込んだチキンスープである。

チキンスープである上に骨や軟骨まで柔らかく煮込んであり一緒に調理しているものも体にいい。まさにサムゲタンは熱型うつ病に理想的な食事なのだ!

サムゲタンはそもそも韓国宮廷料理で王様とかが食べていた。サムゲタンは肝にいい、肝は勇気や決断力とも密接に関係。だからこそ王様はサムゲタンを食べて民衆を治めていたわけだ。

ここでいくつか注意点。まずサムゲタンがいいと言ったのに韓国料理がいいのか・・・と勘違いするパターン。

これは本当に大間違い、サムギョプサルやキムチチゲが肝にいいはずがない。やっぱり人気があって美味しいものはダメなのだ・・・。

すべてはセルフヘルプのため、薬の代わりと思ってあきらめてほしい、サムゲタンはれっきとした薬膳でもある。

もう一つの注意点は薬味や小皿である。例えば最近だとサムゲタンはコンビニとかでも売っている。でもこれはダメ、白唐辛子を加えてあったり塩分が多く味が濃い目であったり。やっぱりあっさり味のサムゲタン、これが一番効果的。

はじめは味が薄いと感じるけどだんだん味わいに感じられるようになる(笑)。もしサムゲタンをお店で注文するなら塩分控えめで、とか塩抜きで、とか言ってほしい。

熱型うつ病ならば、何も考えずにとにかくこれが主食!熱型うつ病のセルフヘルプはこんな感じで克服していくのだ。

何だか自分にもできそうじゃないだろうか?明日に続くので、また読んでほしい。

 


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】学会で取り上げられない事実うつ病の原因は食事だった・・・

「うつ病の原因はいったい何なのだろう?」 物事はある現象が起きたとき、「その原因は何?」と必ず聞くのが人の常である。それは病気

【帝】うつ病治療法をはじめた者がうつ病に泣く

うつ病の治療は実際、どのようなものが行われているのであろうか? 薬物療法 認知行動療法(CBT) 対人関係療法(IBT) 電気

【帝】うつ病克服上級編ツボ押しで経穴を愚直に押し続ける

うつ病を病院に行かずに、自分・家族・恋人の力で自ら克服する。これこそが陰陽五行説に基づく東洋医学によるうつ病セルフヘルプの真髄

【帝】この中に非定型うつ病の治し方が隠れています

非定型うつ病ってどうやって治るんですか?、ある患者さんのご家族が後輩の精神科医に聞いたようだ。 後輩の医師:「適切なお薬を選び



dept