借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
門で本当の己を知ると人生は変わる > 「門」で己を知り己を使いこなす秘訣

【帝】「英雄と凡人」アムロレイも時代の変化でニュータイプに成り上がったり自宅軟禁されたり

level005

宇宙世紀0079年9月18日、地球連邦軍の新造艦ホワイトベースを追ってジオン公国軍の巡洋艦ムサイが周辺空域に侵入。

ザクによるコロニー内への強襲に遭遇する。

そんな時、当時15歳の少年だったアムロ・レイは、避難の最中に「V作戦」の極秘ファイル(ガンダムの操縦マニュアル)を偶然入手。

アイドリング状態だったガンダムに乗り込み起動。強襲を仕掛けてきたザクを初陣にして2機撃破する。

民間人でありつつもホワイトベースの乗組員としてガンダムに搭乗。

ホワイトベース地球降下を阻止すべく執拗につけまわすジオン軍のエースパイロットシャア・アズナブルの追撃を払い除ける日々が始まる。

まともにガンダムを操れたのはアムロのみであった事から、何時しか地球連邦軍の正規パイロットのように扱われる。

ホワイトベースの救援に駆けつけた連邦士官マチルダ・アジャンより「エスパーか」とも評されたアムロは、ラル、黒い三連星等、数々のジオンの戦士との死闘を経ていつしかニュータイプとしての覚醒を見せ始める。

ジャブローでは、再びあいまみえたシャアと互角以上の戦いを演じた。

ジャブローから再び宇宙に上がってからも、ドレン大尉率いるキャメルパトロール隊のムサイ3隻を撃沈。

コンスコン機動艦隊との交戦では、敵艦隊擁する12機のリック・ドムのうち9機を3分で撃破した上に、コンスコンの乗る旗艦チベまでも撃沈して見せた。

それ以降もアムロのニュータイプ能力は拡大し続け、ソロモン攻略戦など、幾多の戦闘で大きな戦果を挙げる。

ジオンからは、「赤い彗星」シャアと対比して連邦の「白いヤツ」と恐れられるようになる。

アムロのニュータイプとしての成長に伴い、その超人的な反応速度に反応しきれなくなったガンダムは、マグネット・コーティングを施される。

その頃にはシャアのゲルググを、通常のパイロットではありえない距離から正確に狙撃する鬼神の如き働きを見せる。

最終決戦となったア・バオア・クー攻略戦ではシャアの駆るジオングと交戦。

両者は相打ちとなり、ガンダムは破壊されるものの最終的に一年戦争を戦い抜く。

地球連邦軍が勝利する一翼を担った英雄としてアムロは軍の歴史教科書に載るなど、伝説的な存在となった。

そして・・・

一年戦争後の23歳。彼に注目した多くのジャーナリストから「ニュータイプとは何か?」と取材を受けることになるが、

彼の発言は大衆にとって抽象的で難解なものとしか理解されなかった。

やがて大尉に昇進し、北アメリカのシャイアン基地に勤務。

しかし、地球連邦政府のニュータイプを危険視する思惑から事実上の軟禁状態に置かれ、鬱屈した生活を送っていた。。。

当初・・・どう考えても「闘い」などには向いてなかったであろう、「メカオタク」で内向的な「凡人」の少年だったはずのアムロ・レイ。

モビルスーツを主流とした闘い方に時代が変化を遂げた瞬間「英雄」へと変化を遂げる。

けれども、闘いが一段落して、必要とされなくなってしまった瞬間、「凡人」へと逆戻りをする。

それどころか、厄介者扱いにされてしまう。

日本中のファンを魅了し続ける、『機動戦士ガンダム』の主人公、アムロ・レイ一人にスポットライトを当てて見ても分かることがある。

時代が変わり、主流となる戦い方が変わる時に、往々にして「凡人」と「英雄」が逆転現象を起こすことがある。

「英雄」が「凡人」に成り下がることがある。

「凡人」が「英雄」に成り上がることがある。

仮に全く同じ四柱推命の命式を持った人だとしても、時代の変化に伴い、人は「英雄」にも「凡人」にも成る。

舞台を現実世界に戻し、人類史の過去を見ても、これは何度も繰り返し起こってきたことだ。

時代の幅を、もっと大雑把に引き伸ばして見た時にも、時代と共に、戦い方の意味が変わると、「凡人」が「英雄」に成り上がったり、「英雄」が「凡人」に成り下がったり、大きな変化を遂げてきた。

たとえば、「生存ゲームの時代」

地球上の動物 VS 人の生き残りをかけた闘いの時代。

人は他の肉食動物に捕食されないように闘いながら、オスとメスが生殖活動をして生き残ってきた。

その次代にも、「英雄」と「凡人」がいて。主流の「敵」となる動物が変化を遂げる度に、「英雄」と「凡人」が入れ替わってきた。

たとえば、「殺人ゲームの時代」

ヒト VS ヒトの生き残りをかけた闘いの時代。

地球上の良い土地には限りがあることが判明。ヒトとヒトの戦いの中で殺されないようにしながら、相手を殺しながら、生き延びてオスとメスが生殖活動をして生き残って来た。

その次代にも、「英雄」と「凡人」がいた。敵の「ヒト」を殺すための戦略術が変化を遂げる度に、「英雄」と「凡人」が入れ替わってきた。

たとえば、「資本主義がはじまった昭和の時代」

社会秩序を構築しながら、集団の中で少しでも高い序列を手に入れながら生きる。物質世界の中で、カネと所有権のシェアを奪い合った。

その次代にも、「英雄」と「凡人」がいた。「資本」を獲得する方法が変化を遂げる度に、「英雄」と「凡人」が入れ替わってきた。

時代が変わると「英雄」と「凡人」が、大きく入れ替わることがある。

当然ながら、大きな時代の流れが変わっても、「英雄」と「凡人」が大きく入れ替わることがある。

たとえば、「殺人ゲーム」の時代の「英雄」たちは・・・敵の男は皆殺しにしまくり、女は慰めものにしまくれる者。

けれども、「殺人ゲーム」の時代の「英雄」たちと、同じ資質を持つ者たちは、

「昭和の時代」以降、かつてと同じ方法で活躍をしようとすればするほど、殺人者や犯罪者として、刑務所にぶち込まれるようになり、「凡人」以下の「犯罪者」というレッテルを貼られる。

「殺人ゲーム」の時代の「英雄」の姿は無くなった。

「昭和の時代」では、「殺人ゲーム」の時代に「英雄」の下で、奴隷のように扱われていた拳の力なき「凡人」たちが、拳の代わりに頭脳を使い、「経済」というフィールドの中で、「英雄」となり、マネー・法律・規則の力で、かつての「英雄」だった、殺戮の力だけを持つ「凡人」たちを無力化させ、奴隷のように扱うようになった。

「情報・金融工学」の時代の「英雄」に成り上がれるか?

僕たち人類は再び、新たな時代に突入している最中である。

「資本主義」のはじまりの象徴だった、「昭和の時代」の終焉後。

1995年の「ウィンドウズ95」の誕生。

1998年の「日本銀行」の政府からの独立。

これらの大きな「事件」とも言える大きな変化を皮切りに、「資本主義」が次なる時代の形へと、大きく変化を遂げていった。

新たに到来した新しい時代。

それは、「情報・金融工学の時代」。

「情報工学」を使いこなせる者は、その場から一歩も体を動かすこと無く、誰一人として現実世界で出会うことも無く、多くの人たちから、「資本」獲得できる仕組みを構築するに至った。

「金融工学」を使いこなせる者は、少しだけ稼いだ「資本」を下にして、さらに大きな「資本」を「創造」できるようになった。

時代の流れと共に、主流と成る闘い方が大きく変わり、今、まさに、「凡人」が「英雄」に成り上がり、「英雄」が「凡人」に成り下がる。

「逆転劇」がアチラコチラで行われている。

そんな中で、僕たちは改めて自分自身に問わなければならない。

この大きな時代の変化に対して、僕たち自身はどう対応して行くのか?

僕たちは「凡人」として甘んじ続けるのか?

それとも、変化を機会と捉え成り上がり、「英雄」として活躍をするのか?

今一度、新しい時代の中で、僕たち自身の方針というものを見定めて、必要な知恵を取り入れ、実際の行動に生かさなければならない。

時代の流れの変化や、闘い方の変化は、僕たち「凡人」にとっては、新たなる「英雄」に成り上がれるかもしれない、大きなチャンスでもあるのだから。

「情報・金融工学」の時代の闘い方を凝縮した「黒い奴」

「情報・金融工学」の時代に僕たちは、一体どのように闘っていけばよいのだろうか?

実は「昭和の時代」の「資本主義」下での戦い方と、「情報・金融工学」の下での闘い方は全く異なっている。

豊かな社会では、実質的に人類の「生存」に関する不安は解消されている。

そんな中で、金融とI.T.テクノロジーの進化によって、物的世界では触れることのできない無限に広がる仮想空間が戦いの主流になってしまった。

法律・コンプライアンス、新しい時代のモノへと激変を遂げた。

このまま「昭和の時代」の延長上で、戦うための戦略術を立ててしまったとしたら。

高い確率で、「英雄」として活躍することなどできない。

「昭和の時代」に通用した方法だからといって、そのまま「情報・金融工学の時代」に活用してしまったとしたら、戦いに勝てるどころか、法律・コンプライアンス違反として、警察に逮捕されてしまう恐れさえある。

たとえば、一例にすぎないが、「昭和の時代」では、訪問販売によって巨億の富を獲得した者たちがいる。けれども、この方法の大部分は、今の時代に通用しない。

何かしらの商品を販売しようとする時、「四輪自動車」の販売活動以外、アポイント無しの状態で、勝手に飛び込み訪問販売をして、売り込みをかけてはいけないからだ。

このように、規則・政令・法律しかり、許認可しかり、金融商品取引法しかり、「昭和の時代」にできて、今の時代にできなくなってしまうことは、山のようにある。「私募ファンド」における直接金融のルールなんていうのも、この代表的なものだ。

こうして、時代の流れとともに、戦い方が変わって行く。

戦い方が大きく変わることで、「昭和の時代」の「英雄」が、今の時代では「凡人」に成り下がることがあり。

「昭和の時代」の「凡人」が、今の時代では「英雄」に成り上がることがある。

そんな新たな時代に、僕たちはどう戦って行けばよいのか?

実は、その答えである、「情報・金融工学の時代」の戦い方。

戦略術、法則、原理原則として記されているのが、

通称「黒い奴」こと、「KADOKAWA/角川学芸出版社」より出版させて頂いた、僕、真田孔明著の書籍、『他では絶対聞けない!お金を増やす究極のしくみ』なのだ。

僕が、「門」で言う「月財門」の資質をフルに発揮して、世の中の「神々(凄い方々)」から直接伝授頂いた、数々の教え。

「情報・金融工学」の時代の「英雄」として、あり得ないレベルでの成果をたたき出している彼らの、とんでも無い神レベルの叡智を、僕たち凡人でも再現できるように、できるレベルのことに集約して、「吟遊詩人」として語らせて頂いているのが、「黒い奴」なのだ。

「情報工学」を活用した戦い方。

「金融工学」を活用した戦い方。

これらの基礎中の基礎とも言える、僕たちがゼロスタートで、再現できるレベルの方法に集約させて公開されているのが「黒い奴」なのだ。

僕には使命がある。

「神々(凄い方々)」から授かった叡智を、仲間たちに授け、兵器として使いこなしてもらう使命が。

この使命を、最も効率・効果的な方法で果たすために、「KADOKAWA/角川学芸出版社」のご協力を得て、書籍という形で発売させて頂いたのが、「黒い奴」なのだ。

すでに「黒い奴」を入手しているとしたら、今一度、僕たちが今「情報・金融工学の時代」に生きていることを再認識した上で、もう一度繰り返し読んで頂きたい。

まだ「黒い奴」を入手できていないとしたら、今すぐAmazon(アマゾン)か、書店で「黒い奴」を入手し、何度も繰り返し読んで頂きたい。

「情報・金融工学の時代」に、あなたなりの勝てる方法というものが、具体的に見つかるかもしれないから。

【『黒い奴』は、もう一つの兵器『門』と一緒に・・・】
→ https://sanadakoumei.com/lp/shura/

追伸
2

「黒い奴」・・・連動する形で運営されている、秘密組織『現役サラリーマン修羅の会』のメンバーの調べによると、

以下の書店で、販売されているのが、確認取れている。

紀伊国屋札幌本店

紀伊国屋新宿本店
紀伊国屋新宿南店
紀伊国屋渋谷店
八重洲ブックセンター 本店
有隣堂ヨドバシAKIBA店
ブックファースト渋谷文化村通り店
丸善 丸の内本店
ブックファースト新宿店
ジュンク堂書店池袋本店
文教堂市ヶ谷
文教堂書店渋谷店
リブロ池袋
有隣堂秋葉原
啓文堂書店渋谷店
啓文堂書店九段下店

紀伊国屋横浜店
有隣堂 横浜駅西口店
紀伊国屋ららぽーと横浜店
紀伊国屋横浜みなとみらい店
天一書房日吉店

紀伊国屋北千住マルイ店
紀伊国屋さいたま新都心店
みらいや幕張店
紀伊国屋前橋店

紀伊国屋梅田本店
紀伊国屋グランフロント大阪店
ジュンク堂書店大阪本店
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店
ブックファースト梅田店

紀伊国屋長崎店
紀伊国屋福岡本店
未来屋鹿児島店
ジュンク堂書店福岡店


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
門で本当の己を知ると人生は変わる
【帝】2016年旧正月人生の転機となった香港に家族と共に

【帝】2016年旧正月人生の転機となった香港に家族と共に

僕たち「門使い」にとっての新年とは、1月1日の元旦に非ず。 たとえば今年2016年だと2月5日(金)から、丙(ひのえ-陽の火-

門で本当の己を知ると人生は変わる
【帝】自分と他人「人間関係」にまつわる問題の言語化に挑戦 ブッダの「諸行無常」の帝王学的な真意とは

【帝】自分と他人「人間関係」にまつわる問題の言語化に挑戦 ブッダの「諸行無常」の帝王学的な真意とは

僕たちが人生の中で、最も強烈に悩むこと。それは、他人との「人間関係」。 ささいなことがキッカケで、愛情はすぐに憎しみに転落し。

門で本当の己を知ると人生は変わる
【帝】実力偏差値50以下→結果偏差値70の高校合格裏舞台

【帝】実力偏差値50以下→結果偏差値70の高校合格裏舞台

キッカケは1年時に保健室で入手した一つの情報だった・・・ 問い合わせ:「孔明さん、一体何をどうやったのですか?」 「孔明さん、

門で本当の己を知ると人生は変わる
「門」の起源と「門」を通じ己(おのれ)を知ることの意味

「門」の起源と「門」を通じ己(おのれ)を知ることの意味

KADOKAWA(角川学芸出版)社から発売された僕、真田孔明の処女作・・・ 『他では絶対聞けないお金を増やす究極のしくみ』 通



dept