借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

「年収」を上げることと「成長」することの相対関係

level001
「年収」を上げることと「成長」することの相対関係

「変わりたい!」

そう、おっしゃる方は多いですが。

「変わって、悪い方向に堕ちていきたい!」

などと言う人は、いないと思います。

「今はこんな状態だけど、あんなモノが手に入ったり、こんな願いが叶えられたり、今よりもっと成功=シアワセな人生を送れるようになりたい!」

ということが、「変わりたい!」の一言に集約されているはずです。これを大前提に、「お金」「年収」「資産」の部分で「変わりたい!」のであれば、

「変わる方法はありますよ。真剣に取り組めますか?」

という部分が、問われている部分なのです。学校の勉強にしても、部活や習い事にしても、そうだったと思いますが。スタート地点よりも、高いところにある「目標」に到着するために。自分が「成長」することが求められる。それは「お金」の世界でも、当然同じなのです。

できなかったことが、できるようになる「成長」体験

最初はできなかったことが目標を掲げて、成長することでできるようになることの例として。「縄跳び」の「二重跳び」を例に挙げてみましょう。生まれながらにして、「縄跳び」の「二重跳び」ができる天才は、ただの一人もいません。

誰しもが、「縄跳び」専用の「縄跳び」を両親に買ってもらうところからが始まりで。「二重跳び」の「やり方」を、学校の授業なり、両親なり、友だちなりから教わって。手順に沿って、「縄跳び」の練習を続けることで、「二重跳び」ができるようになるわけです。

「二重跳び」が1回、2回とできるようになれたら。次は、10回、50回、100回と、何回連続で繰り返し飛べるのか?連続回数に挑戦するために、色々工夫をしながら、何度も挑戦しながら練習して行くわけですね。その際、

「こういうふうにすると、もっと簡単に「二重跳び」ができるようになるよ。「二重跳び」が、50回、100回、もっと継続できるようになるよ。」

「やり方」を教わって、知っておくことで。より無駄なく、早期に、「二重跳び」が飛べるようになったり。「二重跳び」が50回、100回連続で飛べるようになったり。いつしか、「二重跳び」で100回飛べることが「当たり前」になるのです。

しかしこの時、いくら凄い「やり方」を教わったところで。そもそも「二重跳び」を飛べるようになりたい!「二重跳び」で50回、100回飛べるようになりたい!と思うことが求められます。

さらには、練習を繰り返す必要があります。また、この際、誰がどれだけ練習をすれば、「二重跳び」が飛べるようになるのか?「二重跳び」で50回、100回と繰り返し飛べるようになるのか?

それは、人によって個人差がある部分なので、一概に言えない部分です。足を怪我していたり、不自由だったりしないことが前提条件にはなりますが。真剣に「二重跳び飛びたい!」と思って練習に取り組めば。

必ず「二重跳び」が飛べるようになりますし。50回、100回と、繰り返し飛べるまでに至れます。仮に「二重跳び」が出来ないのだったら。

  • 飛びたいと思えなかったのか?
  • 練習をしなかったのか?

どちらかの理由だけですね。公立小学校では、全校生徒が休み時間に練習をしたり、検定を受けたりする環境が完備されてましたので。良く分かります。そして、これは「二重跳び」のお話だけではなく、大人の「お金」の世界でも、同じことが発生しているのです。

始めから「お金を稼げる」人はいない

生まれたばかりの赤ちゃんの頃から既に「お金持ち」。完全なる「ギフテッド」なので、ちょっとここでは、お話の対象から除外させていただきます。しかし、生まれながらにして、お金を稼いだり、お金を創ったり、お金を増やしたりできる赤ちゃんはいないので。

この部分は全て、生まれた後の「後発的」な部分です。誰しもが、全く「お金」を稼いだり、創ったり、増やしたり出来ない状態からスタートで。

「後発的」な取り組みによって、稼げたり、創れたり、増やせたりできるようになって、「年収基準」で高みに向かおうとするわけですが。

やはりここでも、「二重跳び」と同じように、効率的・効果的な「やり方」は存在します。

「やり方」の一例
・ビジネス:「お金」をどうやって稼ぐか?
・会社法人+銀行融資「お金」をどうやって創るか?
・投資:「お金」をどうやって増やすか?

けれども、どんなに優れた「やり方」が存在していたとしても。
・高い年収を取りたいと強く思えるか?
・実行できるのか?

どちらかが欠けていると、「成長」ができませんので、結果的に、「年収」を上げることはできません。問題は、僕たちが22歳を迎えて社会に出た後。「二重跳び」が出来なくても、全く生活に支障はありませんが。

「年収」が低いがために、「お金が無い」と、生活そのものに支障をきたすところです。欲しいモノがあっても、「お金」が無いと手に入らない。叶えたい願いがあっても、「お金」が無いと叶えられない。

世の中100%全てが「お金」とは言えませんが。およそ95%は、結局は「お金」が無いと手に入らなかったり、願いが叶えられなかったり、というのが現実です。

「年収基準」が低いままだと、住みたくても住みたいところに住めない。乗りたくても乗りたい車に乗れない。結婚したくても結婚できない。

・・・などなど、「選択肢」がドンドン減ってくるので、不自由極まりない人生を歩むことを余儀なくされてしまいます。「やり方」が分かっても、

  • 高い年収を取りたいと思えない
  • 実行できない

すると、「年収」は勝手に上がってくれるわけがないので。その時点で、「選択肢」の無い、詰みまくる人生を歩み続けることが、ほぼ、確定してしまうのです。

「年収」が高くなると「選択肢」が増える

「年収」が低くても、それはそれで、楽しい人生を送る方法があるのかもしれません。例えば、「選択肢が乏しい」と言っても、新聞折り込みチラシなどに掲載されている。「お肉◯◯円」「野菜◯◯円」「果物◯◯円」こういうモノを見ては、イトーヨーカドーやイオン、スーパーなどに走り。「お目当ての割引商品」を購入する。

購入した食材の中から、工夫をして、作れるモノを作って食す。チラシを見て、購入する割引食材を「選択」する程度の自由。購入した食材の中から、何を作ろうか?「選択」する程度の自由。

確かにそこにも、「選択」する自由は存在しているのですから。限られた予算内で、住めるところだけに住み。限られた予算内で、乗れる車に乗ったり、車を諦めて公共交通機関だけを利用したり。

子どもたちにも、限られた予算内で、通える学校だけに通わせる。そういう中にも、確かにある程度の「選択」の自由はあるわけなのです。

「私は生涯に渡り、そういう小さな選択の自由を楽しみたいのです。お金持ちになる必要はありません。現状維持で大丈夫です。」

実際に、世の中では、こう考えている方々は、非常に多いのかも知れませんね。

「お金持ち」になるための「やり方」と「成長」

なんで、僕が「お金持ち」を目指し、例えスタート時点が、貯金10万円の底辺でも、そこから高みを目指して、取り組み続けられたのか?それは単純明快です。

漠然と「お金持ちになりたい」というのではありません。折込チラシを片手に、割引表示されている食材だけを買って。その範囲で作れる料理を作るなんていう屈辱に耐え続けることを余儀なくされるのだけは絶対嫌だ!

値段が高かろうがなんだろうが、食べたいモノを食べれるようになりたい。他にも、住めるところに住むのではなく、僕が住みたいところに住む。乗れる車に乗るのではなく、僕が乗りたい車に乗る。

子どもたちに通わせられる学校に通わせるのではなく、通いたい学校に行く。そのためには、「年収UP」というものが、求められたからです。

しかし、22歳を迎えて社会に出た時点の僕の、貯金は10万円。月収は初任給の19万ちょっと。その状態スタートで、全てを手に入れたり、叶えたりするためには、それ相応の「年収」になることが求められたからです。

当然、当時の低い位置にいた僕から見れば、かなり高みにある「目標」になってしまいましたが。「やり方」があるのなら、それを実行するだけ。「成長」しなければならないなら、「成長」するだけ。

たったそれだけのことをすれば、「お金」があれば手に入る欲しいモノ、叶えたい願い。「全部手に入れましょう!」そう決意を固めて取り組むに至ったわけです。「やり方」さえ分かれば、完全攻略本を元に、「ドラクエ」や「FF」をプレイするのと同じで簡単。

最終的に「大魔王」討伐による「世界平和」の実現。途中でその配下の「中ボス」を倒す。そのために、そのステージごとに必要な「到達推奨レベル」に到達するために。「レベリング」するところは、しっかりとやりながら。

「必ず無いと先に進めないアイテム」
「あると有利になるアイテム」
両方を集める。自分を「成長」させる。

「大魔王を倒す!=お金持ち」
この単純明快なことを、繰り返した結果。実際に、食べたいものを食べれる状態。住みたいところに住める状態。乗りたい車に乗れる状態。家族に対して、お金を使って手に入るモノは手に入れられる状態。この状態を、実現させることができたのです。

当然、「お金の世界」は、「縄跳び」の二重跳びや、「ドラクエ」全クリと比べて、学んだり、実行したりする部分で、大変なこともあるかもしれませんが。

それでも、「やり方」が分かっているのなら、「お金」によって、選択できるようになることの価値が、僕にとってあまりにも大きい。だから、「逃げずに取り組める」ということになったわけですね。ということで、今一度考えて見てくださいね。

今の「年収」で満足なのかどうか?満足と言えないのだとしたら、何のために、どこまで「年収」を上げたいのか?期限内に「年収」を上げるための「やり方」はあります。当然、今よりも高い「年収」になるためには。目標値に応じたあなた自身の「成長」は求められます。

後は、「大変だからやっぱり成長しなくて良いや!」なのか?「やり方があるのなら成長してみせます!」なのか?ただこれだけのことです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」ご先祖様とお墓参り

【帝】剣聖北野会長流「運引き寄せの法則」ご先祖様とお墓参り

「居合抜き」日給+28万3,837円 たったの5年間で、経営者の5人中4人が事業をたたみ。さらに5年間で、5人中4人が事業をた

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
『修羅の中の修羅』集う『サンクチュアリ』

『修羅の中の修羅』集う『サンクチュアリ』

「日本中枢」と40年以上「つながり」のある「大富豪ファーザー」。    その後ろをお供させて頂く形で。今年も東京の中枢某所で、

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「戦略・戦術・兵站(へいたん)」

絶対失敗しない独立起業のための「戦略・戦術・兵站(へいたん)」

僕たちはいつも「ビジネス」を戦(いくさ)に重ね合わせる。目標「いつまでに目的地に到達したいのか?」を「戦略」と、手段「具体的に

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
明日の「5ポケッツ」勉強会@渋谷会場は満席で追加不可能

明日の「5ポケッツ」勉強会@渋谷会場は満席で追加不可能

お金をもらう、稼ぐ、増やす、創る、回すを共に学びましょう! 懇親会は20名規模で開催することになりました(^o^)



dept