借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

独立後「成功=シアワセ」であり続けるための「起業」セミナー

level001
独立後「成功=シアワセ」であり続けるための「起業」セミナー

「本当の自分」のやりたいことは何ですか?叶えたかった願いは何ですか?「独立」後に「成功=シアワセ」であり続けるための「起業」を実現しましょう!私もいつかは「起業」を経て「独立」したい!「サラリーマンの内に副業として「起業」したいです!」

それでは、いつまでにどうやって「起業」をしたいですか?「起業」の目的とは具体的に何なのでしょうか?「いつか私も「独立」して自分の城を持ちたいです!」それでは、いつまでにどうやって「独立」をしたいのですか?「独立」の目的とは、具体的に何なのでしょうか?

シルバーコース
『起業と独立』編セミナーでは、その問いに対する答えを知ることができます。

  • 退職後も自力で食べていきたい
  • 在宅でお仕事がしたい
  • 本当の自分がやりたかったことをやりたい

もしもあなたが、今サラリーマンとして就労している状態を上手に活かしながら、まずは副業として「起業」。その後「独立」を果たしたいとしたら・・・。そのために、どんな「設計図」を武器として採用して、どのように取組むのか?約3時間のセミナーの中で答えを知ることができます。

「起業・独立」セミナーの内容

(1)「本当の自分」と巡り合う方法

  • 欲しいモノ・叶えたい願い
  • リストラされゆくサラリーマン
  • 望んでいた日常なのか?
  • 独立後まずはじめにやったこと
  • 何のために起業するのか?
  • 独立から逆算した起業とは?
  • 思考停止状態から脱出する方法
  • 10時間、8時間、4時間の法則
  • 大切な人を犠牲にし続ける日々
  • 地図なく走り始める人たち
  • 本当に失敗から学べるのか?
  • 起業と独立の本質的な違い 他

(2)「独立」後、生き残り続ける方法

  • 望まずとも発生する災難
  • 売れるモノが売れなくなる環境変化
  • 手離れの良いビジネス選択
  • 必死になると必ず死ぬ
  • 何のために起業するのか?
  • 何のビジネスで起業するのか?
  • だから凡人のままなんだ!
  • 無敗神話の秘密とは?
  • 普通の物販が無敗に変わる時
  • 無敗神話の主人公になる日
  • 創った資金を活用する方法
  • 絶対手を出してはダメな案件 他

(3)失敗しない『起業と独立』の設計図

  • 設計図を元に取組む方法
  • 確実に資金を増やすビジネス
  • 学歴・職歴・性別・年齢・才能不問
  • 本質的な会社法人の仕組と経営方法
  • 銀行を活用してお金を信用創造
  • サラリーマンでも活躍する方法
  • 法律に基づき法人という幻を具現化
  • お金を創る9-8=1、5-4=1の方程式
  • 国内仕入・国内販売の転売法
  • 国内仕入・海外販売の転売法
  • 信用創造で何度でも復活可能
  • 誰しもが確認できる根拠 他

8月18日(水)21時〜 独立後「成功=シアワセ」であり続けるための「起業」セミナー
https://joinnow.live/s/sDjbeI

10年生存率「100分の1」の「独立」後の世界

僕自身、現役サラリーマン時代、副業としてビジネスを「起業」しました。約12年勤務した中で、10年間「2足のわらじ」生活をしていた元「副業サラリーマン」です。その後、「独立」をキッカケに、マレーシアジョホールバルに移住。

「自営業者」の活動を10年以上継続して今に至ります。ミライに怯えるサラリーマン時代。副業「二足のわらじ」時代。独立後の自営業者時代。それぞれを、ジックリと年月を費やして実際に経験したからこそ、分かることがあります。

それは、サラリーマンとして活躍すること。「独立」して自営業者として活躍すること。「道(みち)」が全く違うということです。決定的な相違は何なのか?「独立後」に生き残り続けながらも、経済的な面で恵まれている状態であり続けるために、本当に「必要なパーツ」は何なのか?

これが曖昧さの全てを排除して、クリティカルに分かっていない状態で、イキナリ勢いに任せて「独立」をしてしまうと、大変なことになります。

現にこれまで、2004年から始めたインターネット上の活動を通して、沢山の「独立」後の世界に夢や希望を抱く方々と、交流を重ねて来ました。

しかしその大多数は、モノ、サービス、情報のビジネスを「起業」して、商売が上手く行けば、そのまま「独立」できると勘違いして。副業として立ち上げた「ビジネス」が軌道に乗った後で、勢いに任せて「独立」。

しかし、夢や希望は失望に変わり、絶望に堕ちる。サラリーマン時代の給与収入の水準さえ維持継続することができず。退場を余儀なくされています。

巷では、サラリーマンから「独立」した方々の内、100人「独立」したとしても、最初の5年で、10分の1の10人だけが残り、90人が退場。次の5年で、10分の1の1人だけが残り9人が退場。実に最初の10年生存率が、「100分の1」だとも言われている過酷な世界なのです。

「独立」のリアル
100人独立
  ↓
 5年後
  ↓
 10人生存(90人退場)
  ↓
 5年後
  ↓
 1人生存(9人退場)

※以降、10年以上生き残れた「自営業者」の生存率は高い。

今まで、会社に就労し続けている中、仕事が上手く行こうが、上手くいくまいが、10時間以上労働の対価に安定・安心のお給料をもらい続けることができた。

ある種の「ぬるま湯」的なものに浸かり続けて来たサラリーマンが、果たして、最低限「必要なパーツ」でさえ揃えていない状態で。先の見えづらい、「独立」後の世界で、生き残り続けることなどできるのでしょうか?

精神的な面で耐え続けることができずに、自爆的に退場し続ける方々も後をたたないのです。

サラリーマンと「自営業者」は根本から違う

サラリーマンでは、平社員、リーダー職、管理職、共にお給料のことだけ考えていればOK。

営業なら営業、生産なら生産、総務なら総務、経営管理なら経営管理、沢山あるお仕事の中から、自分が担う役割の部分だけ、考え行動していれば、お給料がもらえてしまいます。

副業としてビジネスを起業したとしても、多くの方々は、サラリーマンのお給料がベースとしてあるので。+αのお小遣い的に考えて、ノンビリと取り組むことができます。

ところが、「独立後」の世界では、始めはみんな、自分が株主兼、社長という形で、会社法人を立ち上げますが。基本的には、「ひとり社長」状態からスタート。

自分が、株主であり、社長ではあるけれど、労働も自分が担う。社員、パート、外注を雇用したとしても。自分の代わりに、全てのお仕事を考えて行動してくれる人たちなどは皆無。

全ての経営責任が、自分一人の両肩にのしかかります。「会社経営」が上手く行けば、全て自分の懐(ふところ)に入りますが。「会社経営」を失敗してしまうと、その全ての責任が、自分一人だけに重くのしかかって来て。

100%全ては自己責任、他の誰のせいにもできません。自分と家族が、露頭に迷う・・・ただそれだけの現実に直面することになります。

これを前提に、「独立」後の世界で、生き残り続けるためには、モノ・サービス・情報などの「ビジネスで稼ぐ」という部分だけでは「パーツ」が足りません。

仮にビジネスで利益だけを沢山出すことができても、沢山税金を納付することになるからと。「節税」という単語と共に、次年度への「先行投資」的に、運転資金や設備投資に、利益を再投資して、利益が残らないようにする。

けれども、「先行投資」と言っても、実際に利益を削ってしまい資金が減ることになりますし。「先行投資」が、必ずしも上手くいくとは限りません。

こうして、「ビジネス」で頑張り続けられたとしても、毎年の決算時には、何も手元に「資金」が残らない状態が、毎年続いてしまう。これを「自転車操業」と言います。

「独立」後の「自営業者」の「道」で重要になってくるのが、サラリーマンのお給料や、サラリーマンの副業とは異なる、「資金の活用」という、サラリーマンにとっては新しくゼロイチで勉強することになる概念です。

「会社法人」を中心に、どうやって「資金」を創り続けるか?どうやって「資金」を残し続けるか?どうやって「資金」を増やし続けるか?

「資金」の活用方法を、「会社経営、銀行融資、ビジネス」という3種類の手段を通して、基礎から学び、完全に理解する必要があります。

ここまで全て理解した上で、できる限り少ない「資金」の活用だけで、「資金」を増やすことができるのか?ようやく物販、サービス、情報などの「ビジネスで稼ぐ」という創り出した「資金」を増やす方法を組み込んでいくのです。

このような基礎を知ることなしに、「ビジネス」だけをかじっただけで、サラリーマンから「独立」して、「自営業者」の「道」に足を踏み入れてしまうと。10年生存率1%の中に入れません。

すなわち、途中で「資金」が尽きて、「飛んでイスタンブール」です。今回、このA〜Zの「基礎」を、セミナー形式で講義で、その根拠と共に解説します。

圧倒的な「場所・時間・お金の自由」

サラリーマンから、「独立」して「自営業者」の「道」に足を踏み入れること。当然デメリットだけではありません。むしろ、その「道」で、生き残り続けることが、できるのなら。

これほど、自分の努力の全てが報われる「道」は無いと思います。「独立」後の「自営業者」の「道」には、圧倒的な「自由」があります。^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

自分が「船長」なのですから、自分のお仕事のあり方を、100%自分で決められます。

事務所を構えて、朝出勤するのも「自由」。自宅兼オフィスとして、自宅でそのままお仕事をするのも「自由」。おしゃれカフェや、旅先の高級ホテルのラウンジで、お仕事をするのも「自由」。圧倒的な「場所の自由」があります。。

朝早く起きて、お仕事をするのも「自由」。お昼からお仕事をするのも「自由」。みんなが寝静まった後で、お仕事をするのも「自由」。圧倒的な「時間の自由」があります。

そして何よりも、積み上げて、増やした「資金」から、自分がいくら「給与所得」として取るのか?「会社経費」として使うのか?100%全て、自分で決められますし。

自分の頑張り次第では、もらう「給与所得」や、使える「経費」に上限というものは、ありません。圧倒的な「お金の自由」があります。一度、この「自由な世界」を知ってしまった後。会社勤務のサラリーマン特有の不自由。

毎日、満員電車に揺られて指定された場所に出勤。毎日、決められた時間に出勤し、10時間以上の拘束時間に加えて、サービス残業を積み重ねる。どれだけ、会社で成果を叩き出しても、そうそう毎月のお給料が上がるわけではないし、ボーナスが爆増するわけでもない。

「場所・時間・お金」の不自由しかなかった、サラリーマンには、二度と戻れない身体になってしまいます。「場所、時間、お金」の自由。この「自由度の高さ」は、サラリーマンである限り、永遠に体感出来ないものです。

オンラインを通して、僕と仲間になってくれた方々には、是非とも体感頂きたい「道」でもあります。

60歳まで後何年残っていますか?

残念ながら、僕たち人間の人生は、永遠ではありません。まともに僕たちが、働けるのは、22歳を迎えて社会に出た後。60歳までに、たったの38年間しかないのです。38年間 – (今の年齢) = 残りお仕事可能年数

もしもサラリーマンから「独立」して、「自営業者」の「道」を歩むのであれば。できる限り、早期の内に決断して、真剣に準備を始めなければ、難易度がドンドン上がります。

なぜなら、サラリーマンとして、何年経験を積み上げようとも。「独立」して、「自営業者」の「道」を歩む時には、ゼロから学び始めることが沢山あるのです。「独立」後は、再び「1年生」「新人」から再スタートなのです。

新人、5年戦士、10年戦士、20年戦士・・・当然、それぞれの力量には圧倒的な差が生じてしまいます。いくつも新しいことを学んで、理解して、使いこなせるようになることが求められるのです。

当然ながら、心身共に若い時の方が、有利に決まっています。ですから、本当に「独立」後の「自営業者」の「道」を真剣に歩もうとするのなら。

「いつかやろう・・・」

と先延ばしにするのではなく、できる限り早期の内に、準備を開始することを推奨させていただきます。そんな決意を固めた場合、または、今後の行く末を模索中の場合、物販大富豪直伝の、場所、時間、お金の自由を手に入れるための方法。

「地下ソサエティ」の説明会を兼ねた「起業・独立編」のオンラインセミナーを開催しますので。今回のイベントを是非活かしてくださいね。

8月18日(水)21時〜 独立後「成功=シアワセ」であり続けるための「起業」セミナー
https://joinnow.live/s/sDjbeI


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
屈辱か・・・

屈辱か・・・

長いこと散々味わって来たでは無いか。 流浪の身となり辛酸をなめ尽くし、ようやく手に入れた足場。 守るためなら婿入りし20代の孫

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】人類の進化成長は「音楽」の価値を奪い「数学」の価値を奪った。

【帝】人類の進化成長は「音楽」の価値を奪い「数学」の価値を奪った。

「音楽」が楽器演奏者の手を離れ落ちた日。 「算数」が生きるために必要無くなった日。 指揮者が棒(タクト)を振り下ろす。バイオリ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【金サロ】12月13日花金「札束の会(飲み会)」

【金サロ】12月13日花金「札束の会(飲み会)」

満員・締切と事務局サブロー君より連絡アリ。 今さらですが当日は元祖オネエのリンオネエさまもお越しになるので男子全員「オネエ言葉

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
綺麗な歩き方でゲートオープンと同時にダイヤモンドヘッドハイキングに臨むとお金持ちになれる?

【帝】綺麗な歩き方でゲートオープンと同時にダイヤモンドヘッドハイキングに臨むとお金持ちになれる?

元々ハワイに来ようとする人たちの属性が、スポーツ好き・健康属性なのだとは思うが、その中でも特に健康優良児らが集うアクティビティ



dept