借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】自分のこだわりよりも相手の喜びを重視するのがモテる男

目がぱっちり開き、生命力・行動力ともに抜群のチャッカさんは、37歳にして住居圏カフェをオープンした。

チャッカさんは海外で仕事がしたいと、英語もろくにできないのに20代前半で単身ニュージーランドに渡り、ニュージーランドで暮らす人達の様子を見るうちに、コーヒーが文化になっている事を感じ、ニュージーランドでコーヒーに関わる仕事についた。

数年後、ニュージーランドで出会った日本人と結婚し、熊本出身の奥様の意向で熊本に移住。

日本に帰国後は、数年間デスクワークのサラリーマンを勤めたものの、コーヒーへの想いは消えず、一念発起して会社を退職し、250万円でコーヒー抽出機を購入。6ヶ月かけて自宅兼カフェを自らデザインし、立ち上げた。

自分のこだわりより相手の喜びを重視する男

ドリップコーヒーを注文すると、コーヒーの解説がはじまった。グアテマラ産のコーヒーで、始めは柑橘系のやや酸味を感じるが、後からまろやかな味に変わっていくという事。確かに少し酸味がありつつ、途中からまろやかに変わる。

チャッカさん曰く、ファミレスなどいわゆる普通のコーヒーはコスト削減もあり、味を一律にするためにあえて焙煎に時間をかけ、味や風味を飛ばして販売されているが、コーヒー豆は、本来はワインの様に奥深く、産地によって味は変わり、年によっても味は変わるので、お客さんの要望やイメージに合わせて、お客さんが一番喜んでくれるコーヒーをつくっていきたいそうだ。

自分のこだわりよりも、お客さんが喜んでくれる事を重視し、仮に缶コーヒーが一番好きなお客さんがいたら、缶コーヒーを出してもいいかもねと笑いながら話す。

モテる男は自分の人生を目一杯楽しめる

チャッカさんはいつもエネルギッシュで、周りの人を笑顔で巻き込む。自らデザインした自宅兼カフェはとっても可愛らしく、イベントスペースにアトリエもあり、寝転がれる場所もあり、とてもアットホームな作りで、チャッカさんの人柄が表れている。

海外生活には困難がつきまとうが、チャッカさんは全てを笑い話に変え、前進し続けてきた。20代でニュージーランドに向かった事が物語るように、生まれ持った才能か、彼は強烈に『肝』『腎』が強い。自分の人生を目一杯楽しんでいる人達の共通点。それは、内臓が強い事だ。

PS.コーヒーは身体を冷やすので、飲む量はほどほどに。モテる男は嗜好品としてあくまでも嗜(たしな)む程度にとどめておこう。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

※内容はすべて、東洋医学の権威でもあられる、三賢者の一人グランドマスターの監修済みである。

・グランドマスター・先生(通称:グランドマスター)
禁忌レベルの学問「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」と「参の禁忌:覇王のための運命調整学」の鍵を握る「禁断の賢者」。四柱推命鑑定を元に体の問題を全て洗い出し、西洋医学の世界では難病とされている、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血、白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝硬変、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、がん、など、数々の難病を指先の気功施術と生薬の配合のみで治療してしまう天才的なTCMドクターであり。四柱推命をはじめとした世界各国の占術を極めたグランドマスターでもある。

・青木四郎
「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」の一つ『気功法』を使いこなす「勇者」。真田孔明と共にグランドマスターから「気功法」を直接伝授された。『気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかったが。『気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。現在は、『気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『気功法』の伝達に日々努めている。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

・「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ: http://on.fb.me/1nhjKLd


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】モテる男はロマン語りで終らせず実現させる

先日、友人の呼びかけで、全員同い年、たった4人の男だけの食事会に参加した。 参加者は僕と、 新婚子持ちの農業系個人事業主 独立

【帝】モテる男の日常:沸き上がる情熱とKY(空気よめない)クン

『気功法』を習得して2ヶ月程経った時の事。 会社での付き合いで近くの焼肉食べ放題について行くハメに。会社補助がでるためか予算も

【帝】モテる男の気功「双龍門気功法」の起源は戦闘集団のための奥義

大事な事をお伝えしておきたい。モテる男の気功強化部で扱っている、『気功法』の起源を。 時は今から約1,800年前。 後漢の王朝

【帝】モテる男に『サザエさん(日曜日18:30枠)』症候群はありえない

もてない男だったある夏の日。化粧を覚えたての小学生のような、真っ白ファンデに真っ赤なチーク、真っ黒眉毛に真っ赤な口紅のメイクが



dept