借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】モテる男はハッタリをガチで本気を出して回収する

新人の山下君の口癖は「大丈夫です!」だ。会議に使う為のデータ収集を山下君に依頼した時の事。数時間後でてきた書類はどうも要素が足りない。

「このデータ間違いじゃない?」

「大丈夫です!」

「ここのセルが空白っておかしくない?」

「大丈夫です!」

「本当?元のデータしっかり見た?」

「大丈夫です!」

「じゃあちょっと元のデータ見せて。」

「大丈夫です!」

「・・・やっぱり数字入ってるよね。」

「・・・そうですね!」

新人の山下クンはいつもこんな調子だ。

モテる男はハッタリを回収する

男がロマンを語る時、それは往々にしてハッタリだ。

「ホノルルマラソン完走!」というロマンを立てるのは自由。その勇気は男らしい。ただ、言った時点ではそれはただのハッタリだ。

それからどうやって出発地点に向かうか、どれくらい練習が必要か、そのためにどれくらい時間を確保するか、食事管理に必要な持ち物等、考えなければいけない事はたくさんでてくる。

当初の予定より人・モノ・時間の制約をうける事もままある。しかし、それでも、ハッタリかましたロマンを実現させるために、ガチで本気出して取り組むという事が重要なのだ。

『肝』を鍛える事で、判断力、計画性、決断、勇気など様々な力が備わり、目標達成に大きく舵をきることができる。そのための『気功法』なのだ。

山下君の口癖が「大丈夫です!」というのは、個人的には男らしくて格好いいと思う。しかし、それだけではダメなんだよ山下君。大丈夫と言ったからには、そう思えるだけのデータ収集も資料作成も密にやらないと。

根拠のない自信を持つのはとっても重要だが、その後にはしっかりと動いて根拠をつくらないと。部下なり仲間に協力を仰いだっていい。ロマンというハッタリを回収する為に、モテる男には勢いと同時に丁寧さも求められるのだ。わかったかい山下君。

「大丈夫です!」・・そうだよね、うん。その通り。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

※内容はすべて、東洋医学の権威でもあられる、三賢者の一人グランドマスターの監修済みである。

・グランドマスター・先生(通称:グランドマスター)
禁忌レベルの学問「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」と「参の禁忌:覇王のための運命調整学」の鍵を握る「禁断の賢者」。四柱推命鑑定を元に体の問題を全て洗い出し、西洋医学の世界では難病とされている、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血、白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝硬変、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、がん、など、数々の難病を指先の気功施術と生薬の配合のみで治療してしまう天才的なTCMドクターであり。四柱推命をはじめとした世界各国の占術を極めたグランドマスターでもある。

・青木四郎
「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」の一つ『気功法』を使いこなす「勇者」。真田孔明と共にグランドマスターから「気功法」を直接伝授された。『気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかったが。『気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。現在は、『気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『気功法』の伝達に日々努めている。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

・「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ: http://on.fb.me/1nhjKLd


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】モテる男の幸福論

先日某テレビ番組で、ラテ欄を目にした瞬間に興味を引いた番組があった。文学、経済学、哲学、心理学の異なるジャンルの有識者が集まり

【帝】モテる男と恋愛ノウハウコレクターから「人の話を聞くルフィ」へ

数年前の話。 「熊本の人ってレディーファーストができてないよね~。」 帰国子女(ロンドン)で少しやつれた小雪似の女性と、帰国子

【帝】自分のこだわりよりも相手の喜びを重視するのがモテる男

目がぱっちり開き、生命力・行動力ともに抜群のチャッカさんは、37歳にして住居圏カフェをオープンした。 チャッカさんは海外で仕事

【帝】モテる男にとってコンビニの価値はトイレとATMだけ

インターネットバンクに入金するため、久しぶりに近所のセブンイレブンに向かった。 東洋医学(中医学)に出会うまでは、週3ビールと



dept