借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】モテる男の夜のスキルは『腎』の鍛錬に比例する

熊本には日本でも有数の夜のお店がある。かつては日本一位ともささやかれ、所属女性は芸能人Aクラス級ぞろい。元巨人の番長も訪れたと言われ、有名芸人も接待を受けたらしい。上流階級御用達の場所だ。

彼女達のミッションは、訪れたお客様を最低3回満足させる事。お代は90分で44,000円。オプションやら指名やらを加えれば、その金額はさらに跳ね上がる。入店はもちろん紹介制。

そのハードルの高さから、いつしか伝説的な存在になり、飲みの席でもその店に行ったと言うだけで周りの男から一目置かれることに・・・これは数年前の話。

活気盛んな坊主サーファーの谷村君と久しぶりに会い、あれやこれやの話をするうちに、いつの間にかピンク色の雰囲気が漂ってきた。

「そういえば○○って知ってる?熊本では超有名店で、紹介制でしか入れないんだけど、先輩が会員権持ってるらしいんだよね。」

「えーっ!マ、マジで!?それ行くしかないでしょ!!」

ビールに飲まれ、ピンク色の雰囲気に飲まれ、約1年前に聞いた先輩の話を思い出し、僕はついうっかりと、その事を口にしたのだ。活気盛んな坊主サーファーの変態谷村君は続ける。高額な金額と彼女達のノルマ。訪れた有名人、紹介でしか入店できない事。

高額な金額に少し怖気づきながらも、『人生一度しかない』『やりたい事は全部やれ』という開き直ったポジティブ志向にのっとり、会員権を持っている先輩と連絡し帰社時間もろもろ調整し、入念に貯金残高をチェックし、ついにその日がやってきた。

伝説の桃源郷へ足を踏み入れた夜

運命の日。湧き上がるテンションをどうにかごまかそうと、いつもより少しだけ無愛想に見える谷村君と合流し、先輩に連れられ歩くこと10分。ついに伝説のお店が見えてきた。

ダチョウ倶楽部のようにどうぞどうぞと繰り返しながら重厚な扉を開けた矢先、

「お待ちしておりました。」

見るからに高級ブランドスーツをまとった黒執事のようなボーイが声をかける。

「当店は初めてでいらっしゃいますでしょうか。」「ご指名あればお申し付けください。」

笑顔の裏には多額のお金が行き来しているのだろうなという思いは一切表に出さず、

「あ、はい、、」とだけ答える。実にもてない男らしい。

紹介を済ませ軽い会釈の後、先輩は颯爽と帰宅の途へ。金額が金額だ。無理に引き止める事はできない。無愛想っぷりが増した谷村君とともに、黒執事ボーイの言われるがまま待合室へ。

抜群の『腎』で幾戦の夜を駆け抜けたであろう余裕たっぷりのオーラを放つ、アラフォーらしきおにいちゃんと、メタボでガニ股の明らかに『肝』が弱っているもてなそうなおっちゃんを横目でみつつ、待つこと10分。ついにその時がやってきた。

「夜の蝶」に瞬殺された夜

「いらっしゃいませ、お客様。」

向かった部屋で待っていたのは土下座のように深々と礼をする夜の蝶。「お・も・て・な・し」の文化はこんなところにまで根付いているのか?

顔を上げれば確かに美人だ。芸能人トップクラスとは言わないまでも、売れっ子グラビアアイドルと言われても納得できる。年は21歳らしい。

こういうお店に来たのは人生でほぼ初だと正直に伝えると、相槌をうちながらするすると服が脱がされ、いつの間にか試合が始まっていた。クラウチングスタートから出鼻をくじかれたように、

「ヨーイ、スタート! あっ、ちょ、、えっっ・・あ、ファッ!?」

いつの間にか試合1ラウンド終了。その間わずか5分程度。

「へ、へたれすぎる・・・」

本場のプロと初めて一戦交えたとはいえ、その結果は惨敗、まさに瞬殺。ライトフライ級の防衛戦に挑みながら、開始10秒でノックアウトを食らったような気分だ。

蝶としてはあまりに楽な相手だったろう。その後も終始、蝶のペースで試合が終ってしまった。

モテる男は『腎』の力で「夜の蝶」にも完勝する

確かに緊張もあった。まだ見ぬ期待と不安もあった。それにしたってあまりに早すぎる敗北。ハツラツとした笑顔を浮かべる谷村君とは対照的に、僕の心は悶々として煮え切らない。

今ならわかる。当時の僕は明らかに『腎』が弱っていた。東洋医学(中医学)における『腎』には生殖器も含まれる。生命力と同時に精力も司る。『気功法』で愚直に『腎』を鍛えていれば、夜の問題はほぼほぼ解消する。

例えプロの蝶に出鼻をくじかれても、すぐに自分のペースに引き込み、華麗に女性をエスコートし、めくるめく夜をエンジョイできるのだ。

『気功法』の実践から4日後。愛しの彼女から聞いた台詞が物語る。

「青木さん・・いつもと違う・・」

その日からますます『気功法』に励み、ジョホールバルの先生より『絶倫気功』も教わり、モテる男としての夜のスキルを大幅にパワーアップする事に成功。今では2ラウンドを超えても、剣道で言うところの上段の構えは維持されたままだ。

伝説のお店ではかなく散った夜を思い出す度、あの時もし、『気功法』と出会っていたら・・と思わずにはいられない。今では愛しの彼女とお付き合いをしている関係上、伝説のお店に行くことはできないが、もし「○×$¥」の場合には、余裕たっぷりに再戦を挑むことだろう。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

※内容はすべて、東洋医学の権威でもあられる、三賢者の一人グランドマスターの監修済みである。

・グランドマスター・先生(通称:グランドマスター)
禁忌レベルの学問「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」と「参の禁忌:覇王のための運命調整学」の鍵を握る「禁断の賢者」。四柱推命鑑定を元に体の問題を全て洗い出し、西洋医学の世界では難病とされている、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血、白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝硬変、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、がん、など、数々の難病を指先の気功施術と生薬の配合のみで治療してしまう天才的なTCMドクターであり。四柱推命をはじめとした世界各国の占術を極めたグランドマスターでもある。

・青木四郎
「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」の一つ『気功法』を使いこなす「勇者」。真田孔明と共にグランドマスターから「気功法」を直接伝授された。『気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかったが。『気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。現在は、『気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『気功法』の伝達に日々努めている。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

・「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ: http://on.fb.me/1nhjKLd


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】自分が登りたい山を決める。これで人生の半分が決まる

思えば今年は本当に激動だった。週三回ビールとハイボールにつまみで、健康診断でメタボ予備軍と診断されながらも、だらだらとした生活

【帝】下げマン元カノから学ぶ。モテる男は焦って彼女をつくらないこと

24歳のクリスマスイブの事。なんとかクリスマスまでに彼女が欲しいと思い、意を決して出会い系パーティーに参加し、一人の女性と知り

【帝】モテる男はフードマイレージをちょっとだけ意識する

海外に行く度に毎回実感する事がある。それは、いかに日本で食べれる料理のバラエティが豊富かという事。インド、トルコ、イタリア、フ

【帝】モテる男の日常:沸き上がる情熱とKY(空気よめない)クン

『気功法』を習得して2ヶ月程経った時の事。 会社での付き合いで近くの焼肉食べ放題について行くハメに。会社補助がでるためか予算も



dept