借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】モテる男は世界を牛耳る「彼ら」には貢がない

【世界で最も裕福な85人は、世界人口の半分の資産合計に匹敵する】

『気功法』で内臓を鍛え、グググっと集中力を高め仕事をやっつけた後、内臓を暖める紅茶を飲みながら、気晴らしにネットを見ている時に見つけたニュース。

グローバリゼーション、キャピタリズム、の向かう先がありありとわかるニュースが飛び込んできた。世界で最も裕福な人達の具体名ははっきりしないが、当然の事ながら、「彼ら」とは、新・3大悪の帝国を操る影の大ボス達。

  • スイーツ帝国
  • コンビニ帝国
  • ドラッグ帝国

バラモスを操る本当の黒幕ゾーマのように、ルビカンテを操る黒幕ゴルベーザのように、ケフカでもヒソカでもどっちでもいいが、あらゆる糸(トラップ)を張り巡らせた知略の達人達だ。

「彼ら」とはつまるところユダヤ金融だが、最近仕入れた本によると、もっと幅が広い可能性もある。調査も必要なので、とりあえずしばらくは、「隠しボス達」という事にしておくことに。

資本主義の向かう先

例えリッチメンな85人が35億人分の資産を持っていようと、資本主義のルールとしては問題ない。資本主義とは、金こそ全ての評価価値であり、金こそ力、権力の証だからだ。

隠しボス達は、何百兆、あるいは京という単位でお金を持っていて、自在に大企業毎買収し、自在に遺伝子組み換え商品を開発し、

「いっせーのー、せ!」

で、何百億のお金を一気に為替につっこんで意図的に為替を操作し、初心者達のロスカットの嵐を気にする事無く億単位の利益をかっさらい、年利10%以上の金融商品にポーンと億単位を寝かせ、複利で増やしながらタックスヘイブンで節税していようと、資本主義のルール的にはまったく問題ないのだ。

お金というのは「価値」であって、隠しボス達は周到にもてない男達への「価値」を提供しているのだから。

隠しボス達は新・3大悪の帝国を巧みに操り、安くて甘いスイーツを世界中にばらまく事でもてない男達へ余りに短気的な快楽(価値)を与え、コンビニ帝国を操り、料理の時間を減らし電子レンジであっためるだけ「価値」という画期的な商品群をばらまき、ドラッグ帝国により配布された薬やワクチンで、徐々に訪れる身体の不調・違和感を一時的に健康に見せる(価値)ことで、もてない男たちにとってはなくてはならないアイテム郡を製造しているからだ。

それが己にどんな結果をもたらすか、当然の事ながら、もてない男達は知るよしもないが。

モテる男は「彼ら」には貢がない

リーマンショック以降資本主義に対する疑念は広まり、ウォール街デモなど各地で反抗は起こりつつも今のところ劇的なパラダイムシフトは起こりそうにない。

取るべき戦略としてモテる男がモテる男であり続けるために必要なことは、端的に言えば「彼ら」に貢がない・・・という事だ。

TPPに賛成すれば、遺伝子組換えやら農薬まみれの商品が大量に日本に届けられ、健全な農家の方々の仕事を奪う。モテる男として内臓を鍛えるためのピュアでハッピーな野菜や畜産物が徐々に目減りするのだ。

スイーツ、コンビニ、ドラッグを選択するという事は間接的にでも、「彼ら」の懐にチャリーンと小銭が入る。それが世界単位で行われているからこそ、たった、たった85人の資産が35億人分へと変貌をとげているのだ。

ロマンを掲げガチで本気出して取り組む為に内臓の衰えは是が非でも避けなければならない。モテる男でいるための必須条件、それは、モテる男は「彼ら」には貢がないという事だ。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

※内容はすべて、東洋医学の権威でもあられる、三賢者の一人グランドマスターの監修済みである。

・グランドマスター・先生(通称:グランドマスター)
禁忌レベルの学問「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」と「参の禁忌:覇王のための運命調整学」の鍵を握る「禁断の賢者」。四柱推命鑑定を元に体の問題を全て洗い出し、西洋医学の世界では難病とされている、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血、白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝硬変、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、がん、など、数々の難病を指先の気功施術と生薬の配合のみで治療してしまう天才的なTCMドクターであり。四柱推命をはじめとした世界各国の占術を極めたグランドマスターでもある。

・青木四郎
「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」の一つ『気功法』を使いこなす「勇者」。真田孔明と共にグランドマスターから「気功法」を直接伝授された。『気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかったが。『気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。現在は、『気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『気功法』の伝達に日々努めている。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

・「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ: http://on.fb.me/1nhjKLd


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】モテる男はロマン語りで終らせず実現させる

先日、友人の呼びかけで、全員同い年、たった4人の男だけの食事会に参加した。 参加者は僕と、 新婚子持ちの農業系個人事業主 独立

【帝】自分のこだわりよりも相手の喜びを重視するのがモテる男

目がぱっちり開き、生命力・行動力ともに抜群のチャッカさんは、37歳にして住居圏カフェをオープンした。 チャッカさんは海外で仕事

【帝】モテる男は新3大悪の帝国を回避し人生を最後までエンジョイする

眠れる獅子の目覚め以降、『気功法』の効果と、『新・3大悪の帝国』の情報を伝え続けてきたせいか、 スイーツ帝国 コンビニ帝国 ド

【帝】モテる男が取り組む医療ベースの気功法

ジョホールバル、シンガポール、中国、香港、マカオ、日本と、アジア中を飛び回る真田孔明さんの元には連日のように富裕層、経営者の方



dept