借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】モテる男のライフハック論と1.01の法則と0.99の法則

もてない男だった頃、僕の趣味は、自己啓発本を読む事だった。

「そうか!アウトプットが大事なんだ!」と思うも3日坊主で続かず、

「他にもっと効率的な方法があるはずだ!」と片っ端から自己啓発やら成功哲学を読みあさり、ゆうに100冊以上読みふけて気づいた事は、「どれも一緒だ」 という事だったが、東洋医学(中医学)を軸に様々な情報に触れるうち、ライフハックを含め、過去の経験が少しずつ結びついてきている。

  • インプットとアウトプット
  • 原因と結果の法則
  • 1.01の法則と0.99の法則

これらについて、モテる男流のライフハック論をお伝えしよう。

インプットとアウトプット

インプットというのは本を読む事だけではなくて、五感(六感?)を通り体内に入ってくる全ての事をいう。アウトプットというのは文書を書く事だけではなくて、自分がとる全ての行動の事をいう。

例えばコンビニに行き、鮮やかに彩られたカット野菜が目に入れば、それはインプット。カット野菜を手に取れば、それはアウトプット。カット野菜を食べるという行動はアウトプットで、カット野菜が体内に入る事はインプット、という具合だ。

例え添加物たっぷりだと知っていても、知らずとも、カット野菜を選んだ(自ら行動した)というアウトプットと、それを体内に入れたというインプットは揺るがない。

原因と結果の法則

物事には全てにおいて、原因と結果がある。もちろんそれは人間の体調にも当てはまる。

添加物や薬品だらけのカット野菜を選んだという原因が、各種病気の助長、やる気の低下という結果に繋がる。長年食べ続けた砂糖や添加物の影響(原因)で、内臓機能の低下(結果)を生み出しているのだ。

どれだけライフハックを読んでも行動に移せない人が多い(結果)のは、気づかぬうちに内臓機能が低下している(原因)からだ。

1.01の法則と0.99の法則

「ひとつひとつの小さな積み重ねが、とんでもない所に行けるたった1つの方法」とはイチローの名言で、1.01の法則もまた、コツコツ頑張ろうよ的な内容だが、これもまた、スイーツばかり食べていると、知らず知らずのうちに0.99側に回っている事になる。

砂糖を食べればすぐに体内に吸収され、血糖値が上昇。血糖値が上がれば気分が高揚、楽しくなるが、血糖値上昇はカラダにとってはNGなので膵臓からインシュリンが分泌され、血糖値を抑えようとする。

血糖値が下がるに伴い、気分が下がり、体温も下がり、ストレスを感じて攻撃的になったり、体内の栄養が低下し、頭がぼーっとして無気力になったり。そして気分を盛り上げるためにさらに砂糖・・この循環こそが、0.99側にいるという事。

何年も何年もかけて徐々に内臓が疲弊し、知っていても知らずとも、もてない男への道を着々と歩んでいるという事なのだ。

モテる男のライフハック論

昼も夜もアグレッシブに活躍できるモテる男になるための必須条件といえば内臓強化だ。

モテる男になるという結果を得る為に内臓を強化するという原因が必要で、内臓を強化するための行動(アウトプット)として、食生活の改善(インプット)や、『気功法』への取り組みが必要なのだ。(『気功法』に取り組むという行動はアウトプット。『気功法』で内臓が活性化する事はインプット。)

つまりは、ロマンを実現させるためにガチで本気だせるように(結果)、食生活改善と『気功法』で内臓強化に励めば(原因)、ぐんぐぐーんと内臓がパワーアップし(原因)、ロマン達成へと繋がる(結果)というわけだ。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

※内容はすべて、東洋医学の権威でもあられる、三賢者の一人グランドマスターの監修済みである。

・グランドマスター・先生(通称:グランドマスター)
禁忌レベルの学問「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」と「参の禁忌:覇王のための運命調整学」の鍵を握る「禁断の賢者」。四柱推命鑑定を元に体の問題を全て洗い出し、西洋医学の世界では難病とされている、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血、白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝硬変、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、がん、など、数々の難病を指先の気功施術と生薬の配合のみで治療してしまう天才的なTCMドクターであり。四柱推命をはじめとした世界各国の占術を極めたグランドマスターでもある。

・青木四郎
「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」の一つ『気功法』を使いこなす「勇者」。真田孔明と共にグランドマスターから「気功法」を直接伝授された。『気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかったが。『気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。現在は、『気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『気功法』の伝達に日々努めている。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

・「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ: http://on.fb.me/1nhjKLd


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】モテる男が見るスタジオジブリ作品高畑勲監督「かぐや姫の物語」

スクリーンで映画を見るのは宮﨑駿監督作品の「風立ちぬ」以来。 久しぶりにレイトショーで映画を見てきた。 スタジオジブリ作品高畑

【帝】出世昇進のコツ。モテる男はイエスマンではいられない

とってもいい人で優しい職場の加藤さんは、 いつも笑顔 いつも前向きな言葉使い 常に礼儀正しい いい人の常か、同僚からもよく相談

【帝】じいさん達の気功は、じいさんになってからやればいい

先日あるテレビ番組で、エセ気功師が気を放った場合に、一般の方がどういう反応をするのかという人間観察が行われていた。 まず、エセ

【帝】モテる男の勝ち組と負け組の新たな基準は病院にアリ

某人気番組でのエピソード。「俺なるべく薬飲まないようにしてるんですよ。自分の力で治してやる!って思ってる(笑)。」 と笑いなが



dept