借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】自分が登りたい山を決める。これで人生の半分が決まる

思えば今年は本当に激動だった。週三回ビールとハイボールにつまみで、健康診断でメタボ予備軍と診断されながらも、だらだらとした生活は変わらず、なんとか生活を変えようと新しい事に手を出すものの、長続きせず、次を探すという悪循環に入り、2013年前半は、知識は増えつつも煮え切らないという状態が続いた。

メタボになった事と、フェアトレードからの流れで、少しずつ健康に対する好奇心が生まれていた頃に目に入った、真田さんの激変の写真。

それから紆余曲折を経て、マレーシア・ジョホールバルに向かい、『気功法』を体得し、わずか4日で眠れる獅子の目覚めを実感し、モチベーションが湧かずにいた仕事へも、取り組む姿勢が変わり、効率が上がり、満足いく結果になるようになり、健康に関する情報にもアンテナが発達し、世を取り巻くあらゆる真実の発見と、『新・3大悪の帝国』の存在を把握した。

  • スイーツ帝国
  • コンビニ帝国
  • ドラッグ帝国

しばらく前に、ソフトバンク孫正義社長が、「自分が登りたい山を決める。これで人生の半分が決まる」目指すべき山を決めずに歩くのは、さまように等しい。自分は何をもって事を成したいのか?その1 点だけは決めてほしい。

と発言し、それはそうだよなぁと納得しつつも、結果的に数年の間、自分が登りたい山は決まらず、ずいぶんとさまよい続けた気がするが、この年になってようやく山が決まった、ロマンが固まったのだ。

以前と比べて今圧倒的に違う事があるとすれば、それは「人を巻き込む」という事。僕は今も昔も凡人だ。凡人なのにも関わらず、自分一人で全部できるとしょいこんで、勝手に試行錯誤し、勝手に空回りし、結局何年もの間、さまよい続けていた気がする。

偶然も重なりながらも、人を巻き込み、人に巻き込まれながら、共同作業で様々な事を進めてきた事で、結果的に登る山が見つかり、ようやく、少しずつ、前進できるようになったのだ。

つまる所モテる男というのは、自分が登る山が決まり、前進し続けている状態の事を言うのかも知れない。一度しかない人生、どう生きようが自分自身で決める事だが、『新・3大悪の帝国』の存在を知らなければ、ずるずると沼地にはまる事になってしまうだろう。

登る山が決まっても、馬力が足りなければ挫折するかもしれない。それを防ぎ、それぞれの山を登りきるために、新・3大悪の帝国の脅威を伝えながら、馬力をあげる『気功法』の伝達に全力を注ぐ。

昨年を登る山が決まった年。今年の目標を一言で言えば、どれだけ多くの人を巻き込めるか、という事。10人でも100人でも1000人でも多くの人に、真の健康とはなんぞやという事を伝えていきたい。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

※内容はすべて、東洋医学の権威でもあられる、三賢者の一人グランドマスターの監修済みである。

・グランドマスター・先生(通称:グランドマスター)
禁忌レベルの学問「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」と「参の禁忌:覇王のための運命調整学」の鍵を握る「禁断の賢者」。四柱推命鑑定を元に体の問題を全て洗い出し、西洋医学の世界では難病とされている、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血、白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝硬変、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、がん、など、数々の難病を指先の気功施術と生薬の配合のみで治療してしまう天才的なTCMドクターであり。四柱推命をはじめとした世界各国の占術を極めたグランドマスターでもある。

・青木四郎
「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」の一つ『気功法』を使いこなす「勇者」。真田孔明と共にグランドマスターから「気功法」を直接伝授された。『気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかったが。『気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。現在は、『気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『気功法』の伝達に日々努めている。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

・「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ: http://on.fb.me/1nhjKLd


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】なぜモテる男の目は歳を重ねてもキラッキラしているのか?

毎年恒例、消防の出初め式に参加し、コンパニオンをよんで打ち上げの最中、ゲストとしていらっしゃっていた地区代表の方(推定65歳)

【帝】モテる男が勢いだけで挑んだホノルルマラソン

数年前の話である。週三ビールとハイボール生活によって、メタボまっしぐらだった体型を変えるために、知人も巻き込んでジョギングを始

【帝】モテる男は嗅覚を研ぎ澄まさせ、医者と処方薬を混同しない

思えば物心ついた時から、たくさんの西洋の病院にお世話になっていた。 風邪をひいたら内科 アレルギー性鼻炎で耳鼻科 ジベルバラ色

【帝】出世昇進のコツ。モテる男はイエスマンではいられない

とってもいい人で優しい職場の加藤さんは、 いつも笑顔 いつも前向きな言葉使い 常に礼儀正しい いい人の常か、同僚からもよく相談



dept