借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】もてない男は経験に学び、モテる男は歴史に学ぶ

バブル時代をリアルに知らずに、すくすくと育ったもてない男だった僕は、中学生の頃に起きた「淡路阪神大震災」や「地下鉄サリン事件」を筆頭に、連日のように放送される、変われない政治、というニュースに翻弄され、日本はダメだ、停滞したままだ、変化が遅すぎるなどと思い込み、正直なところ、愛国心というものがないまま育った。日本を離れて海外に住もう、とも思っていた。

けれども「3.11」と韓国のイ・ミョンバク大統領の天皇侮辱発言から、急速に愛国心のようなものが生まれたのだが、もしあんなイベントがなかったら今でもずっと、日本に対する愛着が持てなかったかもしれない。つい最近までずっと、自分が経験、体験した事からだけしか物事を判断できなかったのだ。

もてない男は経験に学び、モテる男は歴史に学ぶ

『気功法』により『肝』と『腎』を鍛え、食生活を改善したからか、以前よりずっと物の見方が変わってきた。砂糖や牛乳など健康を害する情報や歴史を調べるうちに、

  • なぜ愛国心がないように育ったのか->GHQの思惑
  • なぜ日本に自信がなかったのか->GHQから始まるマスゴミの戦略
  • なぜ日本が変われない国だと思い込まされていたのか->グローバリゼーション・コーポラティズムを推進するユダヤ金融からの圧力
  • なぜ日本の格差が開いてきたのか->上記と同じく、ユダヤ金融からの圧力
  • なぜ日本は自殺者が多いのか->新・3大悪の帝国のトラップ

はっきりと見えるようになった。

健康に関する歴史を知るうちに、様々な事が見えてきて、今では本当に日本という国が好きになり、日本の農業を絶対に守らないといけないという事がわかり、(有事に備える意味もある)少子化をどうにかして食い止めなければいけないという事もわかり、(お金をばらまいてでも、日本人を増やさないといけない)もてない男だった頃より考える事は増えているが、何が問題でどうすればいいのか、歴史を知る事ではっきりと見えてきた。

教育とマスコミが日本バッシングするのも、給食で牛乳を飲むようになったのも全て、GHQ(ユダヤ金融)の思惑通りなのだ。

  • WGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)
  • 3S(スポーツ・セックス・スクリーン)政策 など。

もてない男のままでいたら、「ランチパック便利すぎ~」「コンビニ弁当便利すぎ~」などと戯言を言い続けていたかもしれない。

モテる男になり、そとの情報を集められるようになってから、例え砂糖や保存料などの害をすぐに体感できなくても、「体に悪いんだな、なら控えておこうか。」と思えるようになり、実際に控える事で、健康になっているのだ。

もてない男は経験に学ぶ。どれだけいったって、自分が病気になるまで食生活は変えられない。モテる男は歴史(情報)に学ぶ。健康に悪いと知っていたら、体が悪くなる前から、食生活を変えられるのだ。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

※内容はすべて、東洋医学の権威でもあられる、三賢者の一人グランドマスターの監修済みである。

・グランドマスター・先生(通称:グランドマスター)
禁忌レベルの学問「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」と「参の禁忌:覇王のための運命調整学」の鍵を握る「禁断の賢者」。四柱推命鑑定を元に体の問題を全て洗い出し、西洋医学の世界では難病とされている、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血、白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝硬変、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、がん、など、数々の難病を指先の気功施術と生薬の配合のみで治療してしまう天才的なTCMドクターであり。四柱推命をはじめとした世界各国の占術を極めたグランドマスターでもある。

・青木四郎
「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」の一つ『気功法』を使いこなす「勇者」。真田孔明と共にグランドマスターから「気功法」を直接伝授された。『気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかったが。『気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。現在は、『気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『気功法』の伝達に日々努めている。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

・「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ: http://on.fb.me/1nhjKLd


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】モテる男は「双龍門気功法」で運動不足も解消

先日、勤務している会社からの連絡で、健康に関する情報が届いた。死亡要因のランキングが記載されている。手元に資料がないので詳細な

【帝】モテる男はバレンタインデーにもらったチョコの数を気にしない

モテる男御用達の鶏ガラと蕎麦を購入するため、近所のショッピングモールへ向かい、エスカレーターではなく階段で1Fへ向かう途中、見

【帝】モテる男は陰陽のバランスがとれている

グランドマスターに初めて教わったのが陰陽五行説。「物事には全て光があり、影がある。」当たり前のように思えたその言葉が、時が経つ

【帝】モテる男の理想像はサウナで笑いながら語る老人

昼も夜も精力的に活動できるモテる男を増やすために、日々『気功法』で内臓を鍛えながら、食の知識や砂糖の危険性など調べていくうちに



dept