借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド > ヘッジファンドを創る側の人間になる学校

【帝】FC2家宅捜索で再び実感!「財門」が力を失い「官門」が「金融工学」で活躍する時代が到来

level004
【帝】FC2家宅捜索で再び実感!「財門」が力を失い「官門」が「金融工学」で活躍する時代が到来

2015年以降、どのような世の中になるのだろうか?華僑大富豪直伝の秘術、「門」を元に解説させて頂く。

これからの時代、「門」で言う「官門」の力を、フルに活用できた者が巨億の「富」を成せる。

大前提として、法律・コンプライアンスを遵守した上で、全ての道を完璧なまでに整地した上で、思いっきりアクセルを踏める者たちだけが、上に昇ることができる。

つまり、資本主義・民主主義という、ゼロサムのゲームを制し、「圧倒」に例えられる「富」を掴みとる。

そういう時代に求められる「力」が、「金融工学」と言われるものなのだ。

「財門」の力が弱まり「官門」が主流になった時代

「昭和の時代」の「実力者」たちは、「財門」の力をフルに活かせた者たちだった。

戦後の「創門」の時代に生まれた「商品(モノ・情報・サービス)」が、ドンドン姿形を変え、進化を遂げていく。

各「商品(モノ・情報・サービス)」の業界における、法律・コンプライアンスが固まっていない時代、その中で大活躍できたのは、自我を徹底的に消して陰に潜み。

いかなる手段を使ってでも、商品(モノ・情報・サービス)を、売れる者たちだった。売れるものなら、トコトン売る!!いかなる手段を使ったとしても!!

TVで売り込もうが、

家に押しかけようが、

郵送ではがきや封筒発送しようが、

電話しようが、

FAXしようが、

個室に監禁しようが、

「何してもいいんじゃい!!!」

「儲かるのが正義だ!!!」

・・・と言わんばかりに、法律・コンプライアンスに、多少ひっかかる方法でも、イレギュラーに強い、「財門」の成せる力で、押しきれる時代だった。

常識という常識を全て破壊し、すれすれのレベルでなんでもやったやつが、圧倒的に勝利を掴みとった。。。

「情報工学」の誕生と進化

「昭和の時代」が終わった後、大きなムーブメントが、起こり始めた。

その流れは、1995年の「ウィンドウズ95」の誕生と共に、闘いの舞台をを、現実世界から、仮想空間へと本格的にシフト。

単なる「財門」的な手法に対して、「情報工学」という要素が加わり、急速に進化成長を遂げた。

闘いの舞台は、「現実世界」から、パソコンを通じてアクセスできる「仮想空間」へ。。「仮想空間」でも、「昭和の時代」と同じような流れが起こった。

怪しく禍々しい、淀んでいる商品(モノ・情報・サービス)。

けれども、その商品(モノ・情報・サービス)を利用した者たちをワクワクドキドキさせることができれば「正義」。

イレギュラーでも、法律・コンプライアンスを無視してでも、

「財門」の力をフルに活用して、「情報工学」を活用することが、時代の主導を握ることに繋がった。。。

たとえば、1995年~今日までかけて僕が個人的に活用して来たWEBサイトを振り返ると・・・、

  • Yahoo!
     で世界中の様々なヤバイ情報にアクセス。

  • Yahoo!オークション
     で「パチスロセット打法」などのインチキまがいの情報を購入

  • 2ちゃんねる
     で世の中の人々が表に見せないドロドロでネチョネチョの心の内なる部分を知る

  • まぐまぐ!
     で言ってることが本当かどうか分からないけどおもしろそうなメルマガを購読

  • Amazon(アマゾン)
     でお店では絶対に買えないような恥ずかしすぎる商品をネット購入

  • mixi
     で日本中の異性と新規の出会い&交友関係を広げて行く

  • YouTube
     で世界中の無修正動画や違法アニメを無料で視聴

  • ニコニコ動画
     YouTubeの規制が強くなって来たし、ボロクソコメント見れるので、ニコニコ笑えないけどニコニコ動画。

  • FC2
     でエログロヤバイネタの動画・写真・記事を閲覧

 
– facebook
 並びに派生アプリでで世界中の異性と新規の出会い&交流を広げて行く

僕と各有名WEBサイトとの出会いと活用のキッカケはいつもドロドロ。。。

基本的に、カーテンを閉め切った部屋の中で、パソコン君&僕という、たった2人だけの空間での、秘密のアクティビティがスタートなのだから、これは致し方が無い。

あなたの場合はいかがだろうか?

孔明:「隠さないでください。実はあなたもそうですよね(ニヤリ)?」

・・・と、あなたに対して尋問することはしないけど、その答えは、今あなたがご自身の胸に手を添えて見ることで、思い当たる節というのは、沢山でてくるのではないだろうか?

インターネット=淀み。。。

たとえ、淀んでいたとしても、ワクワク、ドキドキ、僕たちが夢中になれるのならそれでいい。

僕たちが相対的に、人として強く格好良くあるために求める、マネー、異性、健康、スキル・・・その答えがあればそれでいい。。僕たちの願望や欲望を叶えてくれるのならそれでいい。。

僕たちはそれを望み、有名WEBサイトたちも、それに答えて来た。

各WEBを通して商品(モノ・情報・サービス)を提供している各社も、「財門」剥き出し。

「思いっきり確信犯」的に、僕たちの欲望・願望に応えうる、商品(モノ・情報・サービス)を僕たちに提供することで、

スタートダッシュを、図ることに成功して来た。

「現実世界」では、「後発組」・・・と言われる若造たちが、こうして、「仮想空間」での「情報工学」を武器に、「現実世界」での「先発組」を一気に追い越して行った。。。

最後の淀みの場「仮想空間」も「官門」の時代に・・・

1995年から本格的にスタートしたパソコンを通してアクセスできる「仮想空間」は、はじめの内は「昭和の時代」の延長で、「財門」剥き出しの、淀みまくりのままよかった・・・。

しかし、2014年・・・あれからもうすぐ20年間。

20年という時間の経過で、「仮想空間」は大きく様変わりを見せたようだ。

各社共に、過去の僕たちに対して行ってきた所業をもみ消し(まあ、実際は僕たちが能動的にアクセスして来たのだが・・・)、まるで何事もなかったかのように、「官門」にシフト。。。

「財門」的に、何でもやっていた過去を、洗いざらい綺麗に抹消して行った。。。

そしてちゃっかり、元々あった大企業の仲間入りをしたような涼し気な顔をして、大企業っぷりを、アピールしているのである。

今日、「Yahoo!オークション」を久しぶりに立ち上げた時、僕が散々騙されて、「Yahoo!オークション」を通して購入させて頂いた「パチスロセット打法」。あれらの類の商品が、一つも売られていないことに、違和感を感じてしまうのは僕だけだろうか?

よもや、僕たちを騙す形で、詐欺師たちの幇助をする形で、ボロく儲けていた時代のヤフー株式会社の「Yahoo!オークション」担当者さんたちが、時代の経過と共に、ヤフー株式会社の役員とかになってしまっていて。。。

ヤフー株式会社の若い社員たちに対して、「オレらが現場の時代はな・・・」なんて、武勇伝を語ってはいないかと、心配でしょうがないのは、果たして僕だけだろうか?

まあ、実際そうなっていたとしても、「運も実力のうち」。。。掴める時に掴めたから、めでたく上に昇れたということで、会社の中で若い社員たちに対してエバッていてもいいが、自分たちの、若くしての「飛び級出世」の陰には、沢山の僕たちの涙があったこと・・・部下が見ていないところでは、コッソリと僕たちに感謝してくれていれば幸いである。。。

という形で、各社共に・・・。

僕たちと共に20年間歩んできたWEB系企業の大部分は既に「財門」から「官門」にシフト・・・。大きく様変わりをして。。。

公正明大な、清く正しい企業のふりをして、今日「仮想空間」の中で君臨している。

けれども、いまだに「財門」から、「官門」にシフトできていないWEB系企業もあるのは事実。

そんな彼らが、「財門」のままでいるとどうなってしまうのか・・・・。

それを象徴する事件が、最近Yahoo!のヘッドラインにも掲載されていた。。。

WEBの淀みの象徴「FC2」の関連会社家宅捜索

【「FC2」関連会社家宅捜索 謎の会社のベールは剥がれるか?】

Yahoo!のヘッドラインに10月5日(日)20時51分配信で掲載されていたニュースである。

朝日系が不祥事を起こした時に、朝日を叩く読売・・・の図式を彷彿させる記事でもあるが。。。

「ヤフー株式会社さん、自分たちも昔、僕にYahoo!オークションを通して、詐欺系「パチスロセット打法」を売りまくって稼いでいたこと忘れないでね!」

 
・・・と言いたいが、2度も言うのは流石にしつこすぎるので、そこは改めてグッと抑えて本題に戻るが・・・

ヘッドラインに掲載されていた記事によると、僕たちもこれまで、ところどころで、個人的に大変お世話になって来た、「インターネット動画投稿サイト」として有名な、「FC2」に対し。。。。

日本のドラマなどの動画を違法投稿した疑いで、16名が著作権法違法で検挙された事件から関連付け。

京都府警が大阪にある、FC2の日本の実質運営会社と見られるFC2関連会社の家宅捜索を行ったと言う。

FC2は動画の他にも、FC2ブログサービスなどを行い、2000年代頃から急速にインターネット上でシェアを伸ばした会社。

けれども、他のI.T.系企業とは異なり、会社の実態や経営者の人物像が表沙汰になることはほぼ無く。「謎の会社」と言われていた。

FC2の動画サービスと言えば、知る人ぞ知る有名な動画サービスで。

実は、Googleの「YouTube」、カドカワドワンゴの「ニコニコ動画」に次いで、日本で利用会員の多い動画閲覧サービス。

昔はなんでもアリだった・・・けれども、アクセス(利用者)が増えて、「財門」から「官門」に体制をシフト。

著作権違法な動画に対して、素早く削除措置を行うようになった「YouTube」と「ニコニコ動画」とは異なり。FC2では、いまだに規制が緩く、ある種・・・日本で活用されている動画サービスの中でも、無法地帯的な位置づけだった。

今回摘発のキッカケとなった、ドラマなどの違法動画だけでなく、アダルト動画や、性行為のライブ動画の配信なども、いまだに平然と行われていたのである。

動画・ブログサービスの中で、1,000万ユーザーを抱えている状態での、「官門」シフトをせずに、「財門」のままの展開。。。

当然ながら、目をつぶる分けにはいかないだろう。。。

逆に、「そもそも、なんで今さらなの?」「なんで、もっと早く対処しなかったの?」・・・そちらの疑問の方が先によぎるのでは無いだろうか?

その理由は・・・

「FC2」は、日本人を中心とした、1,000万ユーザーを抱えている、マンモスサイトにも関わらず、今まで実態が解明されていなかった。

Yahoo!の記事の中にも、
「しかし多くのIT系企業と異なり、会社の実態や経営者の人物像が表に出ることがほとんど無く、「謎の会社」と噂されることもあった。」
と、記述されているように。。

謎多きマンモスWEB企業、FC2の実態を再確認してみる

FC2とは、日本人を向けた動画・ブログサービスの中で、1,000万ユーザーという圧倒的か訪問者数を誇るマンモスサイト。。。

  • 全会員数:1,000万人
  • 総ページビュー:約100億PV/月
  • ブログ開設者数:560万人
  • ブログ月間ページビュー約88億PV/月

実はこれ、ライブドアやサイバーエージェントを抑えての1位にランクされている。

日本におけるブログトップ5
1位:FC2ブログ
2位:ライブドアブログ
3位:アメーバブログ
4位:Seesaaブログ
5位:Yahoo!ブログ

ブログサービス、動画視聴など、グループで約40のサービスを提供していると言う。

それだけ大規模な事業を、「仮想空間」の中で展開している企業にも関わらず。

FC2経営陣などのインタビュー記事の類をマスメディアを通して、目にすることは無かった。

テレビ、新聞、雑誌、全く取り上げられて来なかった。

そんな中で、僕たちが分かっている「FC2」の情報は次のような部分である。

【FC2はアメリカが本社のアメリカン企業だった!?】

公開されている情報によると・・・FC2の本社所在地住所は、
101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109

なんと・・・FC2の本社は、日本国内ではなくアメリカラスベガスだった。。。

そして、代表者の名前は、
「Lance Wolff Kerness」
1999年7月に設立された企業とのことだ。

つまり、これまでFC2側の主張としては、「本社がアメリカなんだから、そもそも日本の法律の適用を受ける必要が無いでしょう!」というものだったのだ。

この時代の中で、「無修正エロ動画」などが、平然と並んでいたりするのも、改めて「納得?」だ。。

だって、「無修正」が州によっては合法的な、アメリカンだもの。。。

けれども、実はFC2の創業者自体は、日本人らしい。。。

実質の運営者も。。高橋理洋(兄)氏と高橋人文(弟)氏の2名が中心となり、ロサンジェルスを拠点に運営。

正社員は20名以下で、技術者ばかりの非常勤スタッフが30名という会社だという。

そして、現社長は、「Lance Wolff Kerness」というアメリカンだが、FC2の支配株主は高橋理洋(兄)氏。つまり、オーナーである。

「禁断の帝王学」の世界では、社長というのはある意味どうでもよくて、実質のオーナーが重要。

つまり、FC2は高橋理洋(兄)氏が、創立し、実質的な指導者として運営している会社と見られている。

【FC2の名前の由来は「ファンタスティッククピクピ】

「FC2」の名前の由来が、「Factastic・Cpi・Cpi(ファンタスティック・クピ・クピ)」。

「Cpi・Cpi(クピクピ)」とは、カジノのバカラに似たカードゲームで、バカラよりも一回あたりのゲームに時間がかかるということで、現在は各カジノであまり採用されていないテーブルゲームだが、FC2の由来は、創業者がラスベガスの「Cpi・Cpi(クピクピ)」によって得た利益を元手に会社を立ち上げた。。。

・・・と言う噂が飛び交い、一時期騒然となったが。

他にも、

  • 創業者の実家が大阪の花屋で、それを継いだから「Flower Company 2」

  • 父親の会社の会社の頭文字をとって2代目

など言われているが、実際のところは不明である。

以上のように、あまりにも情報が少な過ぎる。

いまだに謎多き会社なのだ。

この時代においても、「財門」を貫き通す、「FC2」の姿勢・・・。

これはこれで、「月財門」の僕としては、個人的には「尊敬の念」を持ってしまうが。

「財門」最後の牙城とも言える、FC2でさえも・・・。日本の法律を回避するために、米国を本社としているFC2でさえも・・・、

これからの時代、他の大手ウェブサービスのように「官門」にダイヤルシフトしない限り。。

「財門」の力で、押し通そうとしている限り。

今後も、国家権力モロモロからの、家宅捜索などの、プレシャーは続くことになるだろう。

「官門」の時代に最も重要な「力」が「金融工学」

「官門」の時代に必要な力。。

それは、ただ単に「財門」の力を用いて、稼いだり、儲けたりを優先して、行動をしてしまうことではない。

清く正しく、特に「法律・コンプライアンス」を、100%クリアした状態で、稼ぐ仕組みを構築することだ。

この鉄則を外した個人・法人は、たとえかつて・・・「昭和の時代」のルール下では、「財門」の力を持って稼ぎまくれたとしても、

これからは、同じようにはいかない。

「現実世界」

「仮想空間」

両方の世界共に、同じである。

既に訪れ、これから本格的に台頭する、「官門」の時代は違うのだ。

「財門」の力を、押し通そうとすればするほど、「ウワッ」と後から、「財門」の力で伸し上がろうとした者たちを、片っ端から倒しに来る。

まるで、中学校の時にやった対戦運動競技のひとつ「棒倒し」のように、「財門」の力だけで稼いだ者たちを、徹底的に倒しに来る。

その結果・・・自分がそれまで稼いだ以上の「財」を、全て失うことにもなる。

今日時点においても、その兆しはあちらこちらにあるのだが、これからは「官門」メインの時代は、更に加速して行く。。

その中で、僕たちが身につけなければならないのは、「官門」の時代の稼ぎ方。

その中でも、もっとも重要な戦略的兵器レベルの「官門」的な手法が、「金融工学」なのだ。

事実として、近年では「金融工学」をマスターした者たちだけが、大富豪の領域に辿り着いた後、一度も飛ばすこと無く、その地位を保ち続けることができる。

たとえば、「北の物販大富豪」が教えてくれた、「物販大富豪の戦略術」。。。。

これだって、僕が裏側から、「財門」フィルターを通してお話すると、むちゃくちゃアンダーグラウンドで、怪し過ぎるほど怪しいスキームに聞こえてしまうかもしれないが。

本来これこそまさに、「官門」に基づく「金融工学」の結晶。

【北の物販大富豪の戦略術】
(「官門」的に表向きから見ると次のようになる・・・)

  1. 日本国内を本拠地に清く正しく真っ当な物販ビジネスを行う。
  2. 毎月毎月、必ず黒字経営をする。
  3. ビジネスによる納税と社会保障をしっかり行う。
  4. 上場企業である銀行とパートナーとして取引をする条件を全て整える。
  5. 銀行からパートナーとして認められ融資を受け、銀行と一緒に、物販の規模を大きくして行く。
  6. 余っているお金があれば、先々のことを考え、怪しい「私募ファンド」ではなく 怪しい「海外の投資」ではなく日本の大手証券会社の、パフォーマンス優良な案件に投資をする。
  7. 日本の大手証券会社での運用で収益を上げて、源泉徴収で収益の20%を国に納税して、日本に貢献する。
  8. 収益が出たお金の一部は、日本の政治家に対して、個人口座から政治献金を合法的に行うことにより、日本の政治活動に貢献する。

いかがだろうか?

「財門」の僕のフィルターを通すと、超怪しく淀んで見える「物販大富豪の戦略術」も、「官門」的な見方をすればこのように、超・清く正しく世の中に貢献している、ビジネススキームとなる。

【「月財門」の真田孔明が語るとここまで淀むが。。。笑】
→ https://sanadakoumei.com/kindan-blog/

「官門」が主流の時代、必ず生き延び続けることができるビジネススキームであり。「北の物販大富豪」がメインの戦略術として活用されている「金融工学」。

銀行と一緒にお金を創造して行く、間接金融・・・と呼ばれる方の「金融工学」だ。

(※なぜか、銀行が「直接」ではなくて「間接」・・・。)

60を超える「北の物販大富豪」が、これまで一度も飛ばすこと無く、愚直に行い続け、今の、「日本の中枢」に影響をあたえる程の、お立場を手に入れるに至った。

もう一つの「直接金融」と呼ばれる「金融工学」

「金融工学」にはもう一種類存在する。

それは・・・銀行以外の、個人・法人から資金調達を行いレバレッジをかけながらビジネスを行っていく「直接金融」と呼ばれる方法である。

「直接金融」を主体とした、「金融工学」でも、清く正しく、法律・コンプライアンスに、100%遵守した形で、ビジネス・投資事業を行っていくことになる。

その仕組が、たとえ、日本と海外をまたにかける形で、「金融工学」に基づいたビジネスや投資事業を行うことになったとしても。

対象国全ての、法律・コンプライアンスを順守し、どこの国から突かれても、揺らぎないくらい鉄壁の整備をすることになる。

だからこそ、運転手である経営者が、思いっきりアクセルを踏める。既に法律・コンプライアンスの整備が行なわれた後の、先進国のハイウェイのような、広く綺麗で真っ直ぐな道を、途中ブレーキを踏むこと無く突き進むことができる。

「官門」が活躍できる時代・・・「直接金融」による「金融工学」を元に、ビジネス・投資事業を行った経営者は、短期間で「金融大富豪」へと上り詰めることができるのだ。

そして実は・・・「官門」の時代に大活躍できる、「直接金融」による「金融工学」を学べる「塾」が、日本の中でたった一つだけ存在する。

それが・・・僕も、塾生として、参加している「塾」である。

塾長ご自身が、四柱推命で言うところの、生まれながらにして「官門」の特別種であり、「官門」としての、「金融工学」を極められた御方。。

「官門」としての「金融工学の申し子」である御方である。

そして今回、2015年に向けた、新しいカリキュラムが公開された。

◆中期課題:【無利息資金で金融大富豪になる方法の実現】

2015年の学習項目:成功者の常識「リアルビジネス黄金律」

  1. ネオLTVマーケティングを知らないと長期繁栄は無い!
  2. 無利息資金調達で金融大富豪になる方法(資金調達効率物販の10倍)
  3. 現代の連金術その1、経費で巨大資産を造る方法
  4. 現代の錬金術その2、デフレでも巨大含み資産を造れる方法
  5. ネッティング(OA)の魔法と、金融黄金律
  6. 次世代の最大級ビッグビジネスに乗船できる人できない人

以上、6つの項目を実践形式で学びながら、「官門」の力をフルに活用し、法律・コンプライアンスを完璧なまでに遵守しながら、次世代の金融大富豪を目指して行くとのこと。。

これからの時代、「門」で言う「官門」の力を、フルに活用できたものだけが「富」を成せる。

大前提として、法律・コンプライアンスを遵守した上で、全ての道を完璧なまでに整地した上で、思いっきりアクセルを踏める者たちだけが、上に昇ることができる。

追伸

【「官門」の時代に通用する「金融工学」が学べる「塾」】
→ https://sanadakoumei.com/fujiwara.html

PDF版の資料
→ https://sanadakoumei.com/doc/fujiwara/detail.pdf

「財門」だの、「官門」だの、一体何のことを言っているのか分からない場合は、こちらから、「華僑大富豪」直伝の「門」を学んで頂きたい。
→ https://sanadakoumei.com/lp/shura/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド

【帝】真田孔明が神がかった「金融工学」を語れる理由を暴露

セミナー参加者Rさん:「孔明さん、今話題の、ビットコインやリップルなどの「仮想通貨」について、どうお考えでしょうか?」 孔明:

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】会社を上場させるな!上場企業はファンドで手中に収めるのだから

【帝】会社を上場させるな!上場企業はファンドで手中に収めるのだから

一から起業した会社を上場させる事無く、「金融工学」を活用して上場企業を手中に収める方法とは? ビジネスが上手く言った延長で、会

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】「地下集会」は精神世界を共有し、互いの成功を願える人たちだけの「閉鎖空間」

【帝】「地下集会」は精神世界を共有し、互いの成功を願える人たちだけの「閉鎖空間」

精神世界を共有できる人たちとだけ、ビジネスを行うこと。 互いの成功を願える人たち同士で、ビジネスを行うこと。 あの時僕は、決意

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】B級フランチャイズの加盟店オーナー投資が最も熱いと言っていた・・・

【帝】B級フランチャイズの加盟店オーナー投資が最も熱いと言っていた・・・

僕が大学生の頃・・・所属していた部活に、アクティビティボーイにとっての、憧れの車・・・トヨタのランドクルーザーの、新車が出る度



dept