借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド > ヘッジファンドを創る側の人間になる学校

【帝】「直営店」展開を決定した時点で99%を占める10年間以内に倒産する企業の仲間入りをする理由

level004
【帝】「直営店」展開を決定した時点で99%を占める10年間以内に倒産する企業の仲間入りをする理由

来る「地下集会」の中でお話することの一つに、「無利息資金調達で金融大富豪」というスキームがある。

これは一体、どういうものなのか?

例えば、店名『コップンカップ』という、タイ料理レストランを経営していたとする。

30代アジア好き女性向けヘルシータイ料理を、イケメンタイ人スタッフが提供する・・・という、ターゲットの絞り込みとコンセプトが大当たり。

都心でも経費のかからない路地裏系居抜き店舗にも関わらず、『コップンカップ』の売上・利益が絶好調。

そんな時に、『コップンカップ』の、2号店、3号店以降の、展開をすることになった。

しかし、ここで、『コップンカップ』の、2号店、3号店を、「直営店」として展開する判断をしてしまった場合・・・大きな落とし穴にハマってしまうことになるだろう。。。

『コップンカップ』の、「直営店」としての展開を決定した時点から、5年間で90%が倒産。10年間で99%が倒産。

この計算式の仲間入りをしてしまうことを意味。

99%近く10年間以内で失敗する確率が、予め予想できてしまうのだ。

なぜ、直営店としての展開を決定をした時点で、予め倒産が約束されるビジネスの仲間入りをしてしまうのか?

99%10年以内に失敗する「直営店」の惨劇

当初、タイ料理レストラン『コップンカップ』の2号店、3号店を、「直営店」として展開することを計画した背景には、

  • 売上規模が巨大で儲けが大きそうだ。

  • 全店舗を自分でコントロールしたい。

という「直営店」展開に対する妄想的なイメージがあった。

けれども実際に『コップンカップ』の、2号店、3号店を、「直営店」として展開してみたところ、店舗数を増やせば増やすほど、自らの首を締めてしまう事が判明。

その理由は、税務、財務、資産、従業員・・・の部分にあった。

まずは、『コップンカップ』の売上が上がれば上がる程、税務と財務のオペレーションが深刻化。

『コップンカップ』の店舗数が増える毎に、資産も増大してしまい。税務負担がドンドン増加して来た。

少しでもオペレーションをミスろうものなら、税務署も飛んできそうなものである。

さらに、「直営店」の従業員に関する問題も深刻化。

『コップンカップ』直営店1号店、2号店の店長の先の、従業員・・・正社員、パート、アルバイト・・・。

『コップンカップ』創業者でありオーナーである、自分の息のかかっていない従業員たち。。

「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。」

「労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものである。」

「使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。」

「使用者は、1週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を超えて、労働させてはならない。」

・・・などの、労働基準法に基づいた、法律・コンプラを遵守することだけを、優先して求めて来る意志の疎通が出来ない従業員が増えて来た。

「直営店」の店舗数増加によって、急速に従業員が増えることで、人にまつわる問題が急増。

『コップンカップ』直営店の店舗数を増やせば増やすほど、従業員の「労働基準法」を、真剣に考慮しなければならない。

しかもそのためには、「人件費」などの大きなコストが、毎月かかってしまう。。

仮にこのまま、『コップンカップ』の店舗数を、10号店、100号店・・・と増やして行ったとしたら。。

税務、財務、資産、従業員・・・想像を絶する恐ろしさ。

売上・・・という面で見た時にも、仮に市場環境が悪い方に、急速に変化を遂げてしまった場合、『コップンカップ』の「直営店」全店舗分の売上・利益が短期間で下がり一瞬にして、業績不振に陥ってしまう。

そうなってしまうと、短期間での回復は、不可能に近い。。

『コップンカップ』を、「直営店」として増やし続けることは、リスクだけが増加することにつながり、10年で99%倒産する側の仲間入りをしてしまうシミュレーションは、間違いなさそうだ。。。

それでは一体、『コップンカップ』を、どのように展開させれば、永続的に存続可能なビジネスへと進化成長を遂げることができるのだろうか?

それが、今回3月14日「大阪」、3月15日「東京」の「地下集会」の「第四楽章」として明かされる、「無利息資金調達で金融大富豪」という手法なのだ。

猪(イノシシ)を求めて、山に入り続けるような、狩猟民族的なビジネススタイルから脱して、農耕民族的な、ビジネススタイルを構築するための、究極のスキームの一つの正体を知るために。

5年、10年と、倒産しないビジネススタイルを構築するために・・・。

この「地下集会」は秘密裏に開催される。

「地下集会参加方法詳細」

https://www.facebook.com/events/798273896932358

追伸

全国に散らばり、水面下で暗躍している「秘密ソサエティ」のメンバーへ

同日、「北野会長のお告げ研究会」も秘密裏に開催。3月14日大阪、3月15日東京

  • 14時受付開始

  • 14時30分~18時: お告げ研究会

※午前中のイベントとは別会場なので留意!


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】FC2家宅捜索で再び実感!「財門」が力を失い「官門」が「金融工学」で活躍する時代が到来

【帝】FC2家宅捜索で再び実感!「財門」が力を失い「官門」が「金融工学」で活躍する時代が到来

2015年以降、どのような世の中になるのだろうか?華僑大富豪直伝の秘術、「門」を元に解説させて頂く。 これからの時代、「門」で

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】年金が詐欺みたいに消える時代に僕たちが切り開ける未来

【帝】年金が詐欺みたいに消える時代に僕たちが切り開ける未来

年金消え、穴埋め負担あと30年64歳「詐欺みたい」 朝日新聞デジタル 3月2日(月)3時48分配信 より抜粋 昨年12月に届い

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】「お金の重さの違い」を知ることが「金融大富豪」や「金利生活者」への近道

【帝】「お金の重さの違い」を知ることが「金融大富豪」や「金利生活者」への近道

「金融工学」を理解し、使いこなすための重要な要素の一つに、「お金の重さの違い」という概念がある。 実は、「お金」というのは、そ

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
354 【帝】香港金融の達人玉利将彦氏が語る「日本人の香港HSBC口座開設が急激に厳しくなって来た」

354 【帝】香港金融の達人玉利将彦氏が語る「日本人の香港HSBC口座開設が急激に厳しくなって来た」

テレビ・新聞など、マスコミから配信されるニュースを読み続けていたら、永久に今の危険極まりない状態から脱出できない。 その証拠の



dept