借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド > ヘッジファンドを創る側の人間になる学校

【帝】ユダヤ人迫害の原因が真田孔明地下集会に嫌悪感を持つ人達の理由とあまりにも酷似している

level004
【帝】ユダヤ人迫害の原因が真田孔明地下集会に嫌悪感を持つ人達の理由とあまりにも酷似している

「孔明は金(カネ)金(カネ)言う、金(カネ)のことばかりを考える金(カネ)の亡者だ!!(怒)」

「金融工学なんて悪魔の行う所業だ!金融工学を語る真田孔明なんて嫌いだ!!」

恐らくこれが、来る3月14日大阪、15日東京で開催する、地下集会に参加された大部分の方々が抱いてしまう感想であること、予想がついてしまっている。

予め申し上げておくが、「金融工学」というのは、世間一般的には忌み嫌われる類の「禁忌レベルの学問」。

「国民みんなで手を取り合って平等に仲良く生きていきましょう!」・・という類のお話ではなく。

ゲームマスター日本銀行が創り出し、全国民の参加が強制されている、「金融資本主義」のゼロサムゲームの中で、「血の結託」の下集った仲間たちが、チーム単位で常勝チームへと変貌を遂げて勝ち上がって行くための「禁断の帝王学」。

日本国内の法律・コンプライアンスを100%遵守しながらも、ゲームルールの中で圧倒的な勝利を掴みとってしまう「兵器」なのだ。

ただし、ここで問題が発生する。

よく考えて頂きたいのは、「実行すれば圧勝」してしまう・・・にも関わらず、なぜ大多数の気づかないし、実行しないのか?

その答えは単純明快で、「金融工学」というものは、人間がもともと持っている、常識や、感情の死角や真逆の部分に、存在しているモノだからだ。

ところがココに問題がある、多くの人間の考え方とは真逆のものというのは、危険極まり無いものとされる。

権力者や権力者の思想・宗教に従う民たちからは、人道に反しているとされる。

それは、歴史上の「魔女狩り」とか、「ユダヤ人迫害」とかでも、証明されていることである。

なぜ、僕の地下集会の内容が、多くの人たちにとって耳障りなのか?

それは、人類の性(さが)が産んだ惨劇の一つ「ユダヤ人迫害」の原因を冷静に見てみると見えてくる。

「ユダヤ人がなぜ迫害を受け続けたのか?」

歴史の中で、ユダヤ人が大部分の人類から、忌み嫌われて来た理由。

その背景と比べると見えてくる。

1、ユダヤ人の思想は権力者の影響を受けなかった
2、ユダヤ人は没収されない財産を大切にした
3、ユダヤ人は国土ではなくて財産を重視した

1、ユダヤ人の思想は権力者の影響を受けなかった

多くの宗教などの思想は、常に時の権力に利用され続けて来た。

思想・宗教というものは、常に時の権力者が、多くの民を統治する当事者である自分だけに都合のよいものに、捻じ曲げさせる形で進化を遂げて来た。

ところが、ユダヤ人の思想・宗教が、時の権力者への適応がされていたことはほぼ無い。

ユダヤ人という民族が、迫害されることが前提に、それでもユダヤの思想・宗教が滅び去らないように権力者の思想・宗教を修正し続けて来た。

当然権力者の思想・宗教に準じることのない思想・宗教は、時の権力者やその思想・宗教に従う大多数の民にとって目障りである。

今日でもそう。僕のお話している内容は、あまりにも普遍的なこと過ぎて。

人を支配したい権力者やその思想・宗教に従う多くの民にとって、都合の悪すぎることばかり。

たとえば、小さな組織であっても、組織を治める者にとって、僕のお話する内容は、その構成員に聞かれることが、非常に都合が悪いことだったりする。

そういう類のお話だから、僕が地下集会でお話する内容は、大多数の方々にとって、不快極まりないことに感じてしまうのだ。

2、ユダヤ人は没収されない財産を大切にした

ユダヤ人は離散と迫害の黒歴史の中で、時の権力者や周りの人達から、簡単に没収されてしまう目に見える財産よりも、目に見えない「叡智」そのものが重要であるということを理解した。

常に時の権力者たちは、ユダヤ人を差別した。

一般的な人たちとは隔離する形で追いやり、隔離内の中だけで共同生活をすることになったユダヤ人たちは、常にユダヤ人同士で勉強し、勉強した内容を共有することを思想・宗教の習慣とした。

ユダヤ人にとっての学習は、離散と迫害の黒歴史の中で、自分たちの思想・宗教を絶やさないためにも、命をかけたものだった。

経典や本は、幼い頃から暗唱できるまで暗記をし目に見える経典や本が燃やされても、いつでも別のユダヤ人に伝えることができていた。

つまり、これは逆に見ると、ユダヤ人の経典や本に書かれていた内容は、時の権力者や人々に見つかれば燃やされる内容だったということになる。

僕が地下集会でお話する内容も、これに酷似している。

仮に書籍という形で、セカン一般に公開されたとしても、あまりにも都合の悪い内容。

DNAに刻まれている本能レベルの反応で、迫害を受ける類の内容。間違いなく、出版社上層部や様々な人たちの圧力によって闇に葬り去られる。

ゆえに、確かに僕もこの訓えを教わる時、現代を生きる「叡智」を持ち、実践の中で活用されている方々から口頭で教わった。

ゆえに僕からも、口頭でしか伝えることができない類の危険極まりない類の「叡智」なのだ。

3、ユダヤ人は国土ではなくて財産を重視した

離散と迫害の黒歴史の中で、ユダヤ人の持つ目に見える財産・・・土地、金や宝石というものは、常に時の権力者たちから、没収され続けて来た。

だから、ユダヤ人は土地を大切にするよりも、財産を守ることを考えた。

しかも、見つかれば没収される金や宝石と言った財産を持つよりも、没収されない財産を持つことを重要視し進化生長を遂げて来た。

たとえばその一つが「会計学」であったり、「紙幣」だったりする。

離散と迫害を繰り返し、数世紀の間に北半球全域に広がって行ったユダヤ人は「紙幣」や「為替」を用いて、貿易を行うことを可能にした。

しかも、ユダヤ人は多くの人達が大切にする、土地や人間としての人間関係よりも、目に見えない財産を大切にする。

時の権力者たちの思想・宗教は、土地や他人との人間関係を民に大切にさせることをベースに構築されている。

けれども、ユダヤ人の思想・宗教は、土地や他人との人間関係を最も軽視し、「会計」「紙幣」「為替」などの目に見えない財産を重視するところを軸に進化生長を遂げて来た。

「日本銀行というゲームマスターが構築し、全国民に参加を強いている、「金融資本主義」というゼロサムゲームこのゲームの中で語る側の人間になろう!」

・・・という、僕が地下集会でお話している内容も、これに通ずるところがある。

ゆえに多くの権力者にとって都合が悪く、思想や宗教にに従っている一般的な人たちにとっても、不都合さが居心地の悪さに感じてしまうものなのだ。

以上、僕が地下集会でお話している内容は、多くの人達にとって、都合が悪いし、居心地が悪い理由は。大部分の人類VSユダヤ人の黒歴史が証明してくれている。

ある意味、

人間の本能 VS 真実の叡智

の思想戦争に発展するレベルのお話。

だから、誤って軽い気持ちで会場に訪れ、僕の地下集会のお話を聞いてしまった大部分の方々が、

「孔明は金(カネ)金(カネ)言う、金(カネ)のことばかりを考える金(カネ)の亡者だ!!(怒)」

「金融工学なんて悪魔の行う所業だ!金融工学を語る真田孔明なんて嫌いだ!」

・・・こう反応するのは、僕からすると「まあ、そう感じるだろうな。。。」という予め想定内の反応であり。

素直にそういう場合は、予め会場に来ることをやめて頂くか、今の時点では、僕とは精神世界を共有できないので、一度僕との距離を離れて頂き、頭を冷やして冷静になって、自らの感情をコントロールできるようになってから、それでも僕がお話していることが、「真実であること」を感じ、もう一度きちんと学びはじめよう!という決意を固めることができた場合のみ、再び僕の前に姿を表してもらいたい次第である。

僕はすでに重々承知をしている。

僕が地下集会の中でお話する内容は常に、権力者やその思想や宗教に従うだけの大多数の民とってあまりにも都合の悪すぎるお話。

ゆえに、仮に安易なノリで、今回の地下集会に参加をされてしまったとしたら、人間の持つ本能レベルのリアクションから、恨み、嫉み、怨嗟、憎悪、自棄、破壊衝動などが、次から次へと沸き起こってきてしまうかもしれない。

だから、僕がお話する内容は、予めそういう類のお話であると理解頂き、来る3月14日(大阪)、3月15日(東京)、それぞれの会場に駆けつけるかどうかを、冷静に、慎重に判断頂きたいのだ。

そして、今日記した人類VSユダヤ人の黒歴史のお話から、僕と「精神世界」を共有できないと、感じてしまった場合は・・・当日会場にお越しになるのは、ご遠慮頂きたいのである。

けれども、今日のお話を聞いてもなお、僕の語る「真実のお話」を聞きたい、僕と精神世界を共有できそうだ・・・と感じて頂いた場合は、会場費実費負担分として3,000円をお支払い頂き、運営事務局の案内に従う形で指定の会場に足をお運び頂きたい。

 

 

追伸

全国に散らばり、水面下で暗躍している「秘密ソサエティ」のメンバーへ

同日、「北野会長のお告げ研究会」も秘密裏に開催。3月14日大阪、3月15日東京

・14時受付開始
・14時30分~18時: お告げ研究会
※午前中のイベントとは別会場なので留意!


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】「地下集会」は精神世界を共有し、互いの成功を願える人たちだけの「閉鎖空間」

【帝】「地下集会」は精神世界を共有し、互いの成功を願える人たちだけの「閉鎖空間」

精神世界を共有できる人たちとだけ、ビジネスを行うこと。 互いの成功を願える人たち同士で、ビジネスを行うこと。 あの時僕は、決意

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド

【帝】真田孔明が神がかった「金融工学」を語れる理由を暴露

セミナー参加者Rさん:「孔明さん、今話題の、ビットコインやリップルなどの「仮想通貨」について、どうお考えでしょうか?」 孔明:

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】「お金の重さの違い」を知ることが「金融大富豪」や「金利生活者」への近道

【帝】「お金の重さの違い」を知ることが「金融大富豪」や「金利生活者」への近道

「金融工学」を理解し、使いこなすための重要な要素の一つに、「お金の重さの違い」という概念がある。 実は、「お金」というのは、そ

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】オフラインで行う「地下集会」は「閉鎖空間」の中で秘密裏に行う「気の交流会」

【帝】オフラインで行う「地下集会」は「閉鎖空間」の中で秘密裏に行う「気の交流会」

効率だけを考えてしまえば、たったの数十名しか入れない、会場内で集まってもらうよりも、メールシ配信ステムを通して、音声ダウンロー



dept