借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

【帝】シンガ-香港-日本-ハワイの旅DXフライトで往復9万3千円(+僕が「PRIORITY PASS」を入手した方法)

level001
【帝】シンガ-香港-日本-ハワイの旅DXフライトで往復9万3千円(+僕が「PRIORITY PASS」を入手した方法)

シンガポールチャンギ国際空港ターミナル3 シルバークリスラウンジでTWGのシンガポールブレックファーストティーをすすり飲みながら飛行機搭乗前の時間を活用して、MacBook Airに向かってパチパチ独り黙々会。

先月のロサンゼルス&ラスベガスの旅同様、シンガポールから香港までの片道3時間45分の道程を、Bクラスのフライトで移動。来月月初の香港からシンガポールの帰りのフライトも、Bクラスで移動予定。

アジア最高級ランクを誇るシンガポールエアをEクラスではなく、Bクラスで移動するだなんて・・・。ムリ・ムダ・ムラが多すぎるのではないか?

・・・と思われてしまうかもしれないが、このシンガポール-香港フライトには、往復分の空港税64.30SPD(約5,000円)しか僕は支払っていない。シンガポールエアのマイルでBクラスチケットを予約しているから・・・。

しかし、実のところ、僕はこれまでの人生で、ただの一度も、シンガポールエアの航空券を、実費で購入したことが無い(笑)。

シンガポールエアの  Bクラスは当然のこと、Eクラスでさえ、購入したことが無い。・・・にも関わらず、Bクラスに乗れるレベルの、マイルが一体どこから来るのか?

その秘密は、昔香港でつくった、Citibankのクレジットカード「PremierMiles Card by VISA」にある。

このクレジットカード、クレジットカードのデザインに、飛行機のマークが入っているのはハッタリではなく。マイレージが溜まるスピードが速いし、何よりも使い勝手が良い。
たとえば、香港国内で使用する場合は、8HKD(110円)使用につき1マイル溜まる。香港国外で使用する場合は、4HKD(55円)使用するにつき1マイル溜まる。

これは日本のANAのクレジットカードなどとも同じであるが。さらに重要なことは・・・このマイルを使える、航空会社があちこちにある。。

・ASA MILES系は全部OK
・BRITISH AIRWAYS
・DELTA
・EVA SIR
・ETIHAD
・AIR FRANCE
・GARUDA
・MALAYSIA
・QANTAS
・QATAR
・THAI

・・・そして、僕が拠点として住むジョホールバルの隣、シンガポール航空のマイルにもそのまま交換することができるのだ。

・・・ということで、仕事の経費から、プライベートまで、その大多数をこのクレジットカードを通して使用している。

すると、、特に意識しなくても、勝手にマイルが溜まっていってしまうのだ。支出・経費は香港で一元管理。

どこの国で使用する際にも、極力全てこのクレジットカードだけに集約しはじめてから。この流れが一気に加速。

定期的に、シンガポール航空の、Bクラスにでも乗って、マイルを消化しなければ、ドンドンと使わないマイルだけが溜まっていく。

シンガポール航空の良い所は、マイルがいくら沢山あっても、なかなか良い時期のフライトがマイルで予約できないANAなどとは違い。かなり直前で予約しても、マイルで席を確保することが可能。これはかなり使える!

以前はシンガポールから香港まで、往復2万円〜4万円かけて、ローコストキャリアのタイガーエアを使っていたのだが。最近では、空港税64.30SPD(約5,000円)だけを支払うマイルで席予約の方になっていったわけだ。

マイルが無くなっても、実費でシンガポール航空のチケットを予約することは皆無。タイガーエアに戻るだけなので、シンガポール-香港間の移動は、格安航空券のタイガーエアか?シンガポール航空のマイル予約か?このどちらかのオプションしか無い。

【帝】シンガ-香港-日本-ハワイの旅DXフライトで往復9万3千円(+僕が「PRIORITY PASS」を入手した方法)

香港-ハワイ往復ANAで88,000円

今回は、香港-マカオ(澳門)にて、平城寿@SOHOと共に、「命運の成幸フォト撮影会」を行った後。「地下ソサエティ」北野会長の謁見宴(ディナー)+米国武者修行と称した道楽の旅で、香港からハワイへと移動するのだが。香港から米国ハワイの移動は、全部ANAを使って移動。

香港-日本、日本-ハワイという形で、全部ANA便である。なぜかエクスペディア経由で予約すると。Eクラスではあるが、香港-ハワイの移動が、全部ANAにも関わらず、往復税込みでたったの88,000円しかかからないのである。

これはどういう原理になってるのか?僕にはよくわからないのだが。つまり今回の、シンガポール-香港-日本-ハワイ・・・の往復は、

  • シンガポール航空Bクラス
  • ANAEクラス

5,000円+88,000円格安航空券ローコストキャリアでも無いのに、累計たったの9万3,000円で収まっているのである。

ラウンジが無料で使える「PRIORITY PASS」

【帝】シンガ-香港-日本-ハワイの旅DXフライトで往復9万3千円(+僕が「PRIORITY PASS」を入手した方法)

後、仮にメンバーシップのない航空会社のEクラスをつかった時も、TigerairやAirasiaなどのローコストキャリアをつかった時も、「PRIORITY PASS」というものがあれば、空港ラウンジは無料で使うことができる。

どの国際空港で、どのラウンジが使えるのか?「PRIORITY PASS」の「iPhoneアプリ」で検索できる。

今のところ、僕が移動する範囲の国際空港ラウンジでは、「PRIORITY PASS」が使えている。当然ながら日本の空港でも使える。

この「PRIORITY PASS」は、シンガポールのCITIBANKにて、香港同様に「PremierMiles Card by VISA」を作った後でもらえた。

活動拠点に銀行口座を開設する、銀行口座と連動したATMカードと、クレジットカードを作る。

為替の様子を見ながら、自分にとって有利な国の銀行に資金を移動して現地通貨で預金。現地に訪れた時には、現地通貨で使う。

これも立派な分散投資・為替投資・・・ということで地道ではあるが、昔からチビチビとやっている。

「PRIORITY PASS」は一年間更新であるが、シンガポールCitibankの「PremierMiles Card by VISA」さえもっていれば自動的に更新される。更新の度にマレーシアの自宅に郵送してくれる。

5月も新しく更新された「PRIORITY PASS」を受け取ったばかりで、デザインが一新されていた。

MacやiPhone、iPadを活用して黙々会をする人間にとって、飛行機での移動時、搭乗前の空港ラウンジの活用は、電源も取れるし、集中もできるし、あるのとないのとでは、旅の質が大きく変わるので、非常に便利である。

・・・あ、ということは、僕は香港もシンガポールも活動拠点の一つということもあり、現地通貨で決済したいので、香港もシンガポールも、銀行口座&クレジットカードを有しているが。人によっては、シンガポールのCitibankに口座を開設して「PremierMiles Card by VISA」を使う。「PRIORITY PASS」を活用する形の方が良いかもしれない。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
You Tube動画連続投稿100日記念

You Tube動画連続投稿100日記念

You Tube動画連続投稿100日記念で動画編集担当のKさんがおナカマになった。 真田孔明の1日当たりの可処分時間が2時間増

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「レンブラント」の栄光と転落から学ぶ

オランダの巨匠「レンブラント」の栄光と転落から学ぶ

オランダがアジア地区の独占的貿易業によって最も栄えた「17世紀」。 今の僕たちの時代で言う、年俸何十億ももらえるスポーツ業界の

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
マレーシアジョホールバル移住人気の10の理由

マレーシアジョホールバル移住人気の10の理由

今日のお話の目次 ・ジョホールバルが移住先として人気上昇中 ・ジョホールバル移住人気の10の理由 ・生活費の安いジョホールバル

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
76おっさんずラブじゃなくて醜い争いの結果が発表

76おっさんずラブじゃなくて醜い争いの結果が発表

今晩日本時間21時から再び、76おっさんずラブじゃなくて醜い争いの結果が発表 誰でも再現できる方法ばかりこれからブロガー&am



dept