借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 大富豪の瞑想法!北のゴルフ倶楽部

250yrd超えの浮かれポンチからの海の底へ

level001
250yrd超えの浮かれポンチからの海の底へ

ファーザーとのゴルフ合宿初日、時間と場所の自由を持つ、プラチナ修羅たちと共に参戦。
 
12月、1月、2月・・・と3ヶ月間連続で、ファーザーと18ホールご一緒させて頂く贅沢な環境の中。
 
僕たちのプレースタイルには、徐々にファーザー流の型がインストールされていく。

シンガポール謁見ディナー後、日本に2週間、再びシンガポールに戻り、バンコク入りしたこともあり、僕にとっては実に約3週間ぶりのゴルフ。
 
シンガポール謁見直前、ジョホールバルでファーザーに教えて頂いた、「型」を思い出しながら、プレイしようとしたものの。ボールをゴルフクラブで打つ感覚そのものが、まったく分からなくなってしまった。
 
たかだか3週間程度空いてしまっただけで、なんという情けなさ。
 
ファーザーの立ち振舞を見ながら、感覚を取り戻すことに専念する。
  
途中売店が出現する度に、ファーザーがシンハビールをごちそうして下さった。
 
炎天下の中、汗をかきながらのシンハビールはのどこし爽快。
  
今、この瞬間そのものが、人生のシアワセである。
 
ちなみに、ここのキャディさん方は、ビール好きが多いようで、
 
ファーザー:「あなたたち、何飲みたい?」
 
キャディさんたち:「シンハビール!」
 
なんと、ほとんどのキャディさんが、ビールを選択。
 
サトシについてるキャディさんに至っては、はじめから魔法瓶の中に、氷とビールを入れて来ていた。
 
業務中にキャディさんがビールを飲んでる光景ははじめて見た。
 
シラチャのキャディさん方は、酒豪揃いなようだ。

深夜2時まで室内ゴルフレッスン

  
ディナー後に僕たちは、ファーザーのお部屋へ。
 
ウィスキー水割りをチビチビなめながら、ファーザーがそれぞれのゴルフプレーの修正点の「要」をご指摘される。
  
ファーザー:「孔明は、ここを曲げて、振ってみなさい!」
  
一日中アルコール漬けで酔っ払ってる状態であるが、スタンドアップ。
   
ファーザーの部屋の中で、各々が指摘を受けた箇所の修正を意識しながら、スイングの練習。
 
ファーザーはじめ、みんなが、こうしたほうが良い、ああした方が良いと指摘。
  
僕からすると、「え?このスイングで良いのですか?」
 
今までの僕の常識とは違うスイング方法だったこともあり、戸惑いながらも、ヒュン。ヒュン。スイングを繰り返す。
特別特訓は深夜2時半まで続いた。
  
部屋に戻った後も僕は、タオルを使って、100回ほどスイングをしておいた。

ボールが重く感じる、ボールが空を斬る

 
ファーザーとのゴルフ合宿2日目。
 
初日同様、ファーザー含め5人で臨む18ホール。
 
ファーザー:「孔明、これを使いなさい!」
 
ファーザーがカバンの中から取り出したのは、白いピューマのハンドグローブ。
 
ファーザー:「素手じゃ逆にグリップを強く握るだろう。」
    
・・・ということで、左手に白い手袋をはめることにした。
  
「こうめいは、おうじゃの手袋を手に入れた。おうじゃの手袋を装備した。こうげき力が30上がった。」
 
ドラクエで言うと、伝説の勇者ロトの防具を装備した感触があった。
 
ファーザー:「昨晩練習した通り降ってみられ!」
  
孔明:「は、はい。ありがとうございます!」
 
ファーザーから教わり、仲間たちにも確認してもらったスイング法でボールを打ってみた。
 
すると。。
  
バシュっ!
 
ゴルフクラブを握る手に、これまで体感したことの無い、感触がほとばしった。
  
ドラゴンクエストダイの大冒険、アバン流刀殺法のひとつ。
 
心の眼で敵を捕らえ、光のとお気でこれを切り裂く必殺技「空烈斬」を放ったイメージ。
  
孔明:「ク、クラブで打つボールが重く感じました!」
  
これは、僕が打ったのか?
 
ボールはなんと、前方遥か遠くに加速して行く。
  
なんと、軽くスイングしたにも関わらず、250ヤード超え。
 
サトシ:「孔明さん、フォームめちゃくちゃ綺麗でしたよ(ニヤリ)」
  
「地下」の中で、シングルプレイヤーに最も近いイケメン修羅のサトシが、キラリ光る白い歯を見せウィンクで、親指を立ててグーしてくれている。
     
その後も、快進撃は続いてしまう。
  
ドライバーで250ヤード超えの領域が当たり前になり、7番ウッドでも、220ヤード飛んでしまう。
 
次第に僕は、ファーザー流スイング法の威力に酔いはじめた。
 
もっと先へ、もっと遠くへ、
  
ファーザー:「なんだ孔明、今の、そりゃもうプロの音だぞ!教えちゃいかんやつに教えたかもしれん。」
   
ファーザーのヨイショのお言葉によって、アドレナリンのようなものが、全身を駆け巡り、士気が高まる。
  
次第に僕の目的が、ゴルフをプレイするというよりは、スイングして、ボールを飛ばしまくるゲームへと目的が変化を遂げていってしまった感もある。
  
キャディさんがカウントしていたスコアは108位だったが、それ以上に、両腕に、全身に、快感が残り続けている。
   
帰りの送迎車の中でも、
 
孔明:「ここでドヤらないように、気を静めて謙虚に!」
 
・・・と、自分で自分を戒めながら、右足の親指を見て、興奮を抑えようとするのだが、どうしても、口元のニヤケが止まらない。
  
ああ、僕はどうしてしまったのだろうか?
 
これがみなさんがゴルフにハマる理由なのだろうか?
  
ゴルファーになってから、1年と2ヶ月、僕はとうとう、奥義を体得してしまったのだろうか?
 
その日の夜の、シンハビールの味も格別だった。

海の底へ斜めにゆっくりと沈んで行く

 
定期ミーティングもろもろが入っていたこともあり、一日だけ中休みを取った後、ゴルフ合宿最終日。 
 
アクニンさんも参戦して、6名体制で18ホールスタート。
 
1チーム目:さとし、PZR、孔明
 
2チーム目:ファーザー、アクニン、マーベ
 
の2チーム体制で挑む。
 
「さて今日も、ファーザー直伝の「空烈斬」を炸裂させるか!」
 
・・・と意気込んで臨んだ、第一ホールティーショット。
 
・・・いきなりダフった。
  
飛ばそうとして、力んでしまったのだろうか?
 
ダフったものの、ボールはそれなりに飛んだ。
 
「まあまあ、初球だから次!次!」
  
しかし・・・
 
その後、「空烈斬」が発動するどころか、そもそもクラブが、まともにボールに当たらない。
  
ドライバーでのティーショットにも関わらず250yrdどころか、レディース以下の100yrd近辺に左前にゴロって行く。
   
あまり寝ていない状態からのゴルフ突入ということもあるが。それであれば、「空烈斬」を放てるようになった前夜も、遅くまでみんなで飲んでいて、そんなに寝ていない。
  
フト横を見ると、サトシもボールが飛ばない状態になっていた。
 
何かがおかしい。一体どうしたのだろう。
 
P.Z.R.:「孔明さん、今までで一番調子悪いですね!」
  
どんよりと暗い雰囲気が漂っている。
 
コースを進めていくと、その原因が分かった。
 
三人についてるキャディさんたちの雰囲気。。
  
クラブを持って歩く時はノソノソ・・・とゆっくりと。サトシがファインプレーをしても、全くの無反応。
 
逆に、バーディーパットを外すと、チッと舌打ちをして露骨に不機嫌そう。

(※プレイヤーがバーディーを取るとキャディさんはチップをもらえる業界の暗黙ルールアリ。) 
 
僕が2ndショット、3rdショットを打つ際、近くで、僕がダフって地面に穴を開けるのを予め待ち受ける形で、背後から砂を構えている。
 
すると、案の定僕のクラブヘッドは、地面を叩き地面に穴が。ボールは、ゴロで転がっていく。
 
「やれやれ。。」と言った様子で無言のままバサっバサっ。
 
まるで死体を穴の中に埋めるかの如く大量の砂をかけて行く。
  
近くにいない時には、アイアンやウッドが当たるのだが、後ろで砂をかけるべく待ち構えられると崩れる。
 
炎天下にも関わらず、身体全身が寒くて硬い。
 
貧すりゃ鈍する
貧すりゃ鈍する。
 
海の底に向かって、ゆっくりと斜めに沈んで行く感覚。
 
これはまるで、お金が儲かった!とはしゃいだ直後に、ゆっくりと沈んで行く、
 
「飛んでイスタンブール」を経験したものだけが知っているあの感覚と同じである。
 
いつもは、ノリノリでやっている、サトシ、PZR、孔明の、熱血の修羅が、どんよりと暗くなっている。
 
途中、現状の雰囲気を払拭しようと、売店でシンハビールを購入して「乾杯!」グビグビ。
 
3人:「よっしゃ!ナイスバーディ?!」
 
・・・と元気よく笑顔で叫んだものの、キャディのひとりに、「え?バーディどこが!(嘲笑)」  
 
のひとことに、唱えたバイキルトの呪文はあっさりとかき消された。
 
とうとう、僕は最終ホールまでただの一度も良いとこ無し状態で、18ホールが終わってしまった。。
  
孔明:「ファーザーがいないと僕は、どこまでも落ちていくことを改めて実感しました。。涙」
   
帰りの送迎車の中、右足の親指を無理やり見ようとしなくても、右足の親指ばかりを見てしまう僕がいた。
 
夜のディナーでは、反省会。
 
ビジネスでも、ゴルフでも、「貧すりゃ鈍する」の状態から、どうやれば抜け出すことができるのか?
 
ファーザーが訓えて下さる。
 
ファーザーの声が心の奥底に深く聞こえるに従い、再び元気を取り戻した。
  
そして改めて、

  • ファーザーが放つ覇王色の覇気にいかに鼓舞されるのか?

  • ファーザーの指摘する要がピンポイントなのか?

ホンモノの経営者たる御方が、どのような力を持っているのか?
  
ファーザーとピーナッツな僕との違いを肌で感じることができた。
 
誰と一緒に回ろうとも自分を崩さず、調子がよくても悪くても、平常の心を持ち、さらに、自分のことだけでなく、周りを鼓舞できるようになりたい!
 
ゴルフにおける、次の目標が明確になった出来事だった。
 
その時に、「空烈斬」は自分の元として放てるようになり。さらには、「アバンストラッシュ」へと進化成長を遂げるかもしれない。 

追伸

その後・・・

時間が無いので18ホールは回れなかったが。ひとりでトゥクトゥクによって、ゴルフのドライビングレンジへ。
 
スランプから立ち直るべく200球ほど打たせて頂いたが、再び「空烈斬」が、放てるようになった。
  
プチ復活。
 
これは、仕事でも、株式投資でも同じであるが、付け焼き刃的にならないように地道に日々の鍛錬を繰り返し、自分のモノにしていきたい。

250yrd超えの浮かれポンチからの海の底へ

250yrd超えの浮かれポンチからの海の底へ

250yrd超えの浮かれポンチからの海の底へ

250yrd超えの浮かれポンチからの海の底へ

250yrd超えの浮かれポンチからの海の底へ


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
ジムスナイパー真田VSフェニックス最強の修羅

ジムスナイパー真田VSフェニックス最強の修羅

ゴルフチェリーだった状態から1年3ヶ月が経過。 小さめのゴルフバッグ片手に世界各国のゴルフスポットを旅している。 訪れたのは台

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「一万時間の法則」byパンジロウ

「一万時間の法則」byパンジロウ

ロサンゼルスの夜は湿度が低く涼しい オープンテラス席で本場アメリカのドラフトビアで乾杯。   飲みの中で、パンジロウがかつて、

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

なぜ北のゴルフ強化合宿は「地獄」なのか?台北

7番アイアンだけで18ホールを回ることで有名な「7番アイアン真田」です。 台北にて、「北のゴルフ倶楽部」の春期強化合宿が開催。

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
絶望的な「枯渇」の状態を作り続けることを「生業」

絶望的な「枯渇」の状態を作り続けることを「生業」

時間と場所の自由があれば、「シアワセ」が手に入ると思っていた・・・。    ところが、実際に僕が好きな時に、好きな国と地域に、



dept