借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】一度ハマると抜け出しづらい蟻地獄、西洋医学の薬の罠

うつ病の治療といえば、やはり薬が代表的。

しかし、本当は、うつ病はセルフヘルプできるので基本的に薬は必要ない。じゃあ薬をすでに使っている人はどうすればいいか?

あなたは「薬を止めればいいだけでしょ」と思うかも知れない。しかし、現実はそんなに甘くない。

理由その1:薬を急に中止すると、離脱症状という恐ろしい副作用が出るから。ちょっと難しいかもしれないが大切なので説明させていただく。離脱症状とは聞きなれないと思うが、うつ病による本来の症状とは違って、中止したことにより新たに生じる症状なのだ。

しかもその症状は多彩で、「自律神経の嵐」と呼ばれる。例えば、動悸・発汗・震え・吐き気・しびれ・頭痛など挙げればキリがない。薬を中止しようと思ってもこの離脱症状がキツくてなかなか止められないのだ。

理由その2:薬を使っている人は症状が複雑になっているから。うつ病に対し薬を使っていると体に色んな影響が出る。

具体的な例をいくつか挙げてみよう。メタボは東洋医学的にはうつ病。その上、うつ病に対しある精神科の薬を使うとさらに太ってしまうことがある。薬という化学物質により体内の巡りをさらに悪くしてしまうからだ。

元の症状に加えて薬による副作用の症状が加わり、症状が複雑になってしまっている。

また別の例では、アトピーがひどい場合。もちろんアトピーも東洋医学的にはうつ病。皮膚科に行くとほぼ100%、ステロイドの塗り薬が出される。それを塗ったら・・・一時的には痒みがおさまる。

しかし、ステロイドは症状を抑えつけているに過ぎないので逆に体にダメージを与えている。もともとセルフヘルプできたはずなのにステロイドで症状を根深くしてしまっている。

こんな感じなので薬は簡単には止められない。木村隆先生やグランドマスターの手にかかれば、薬の安全な止め方も指導しているので、仮にすでに飲んでいても安心してほしい。

しかし、あなたには薬を使う前にちょっと待てよと思ってほしい。西洋医学の薬は即効性があるかもしれないが必ず罠が潜んでいる。

風邪だって頭痛だって東洋医学的にはうつ病。風邪のとき町医者が必ず出す薬、それが抗生物質。抗生物質は非常に強い薬、なので本格的な感染症以外ではまず不要だ。なのにほぼ100%の確率で処方される、それが抗生物質。

理解しやすいようにたとえで説明しよう。灰皿に吸いかけの煙草があり、ちゃんと消されていないとする。これを消すためには、少し水をかければ十分だ。でも徹底的に消したいと思い、消防車が出動して、灰皿を消火するとする。

確かに煙草の火は消えるだろう、しかしあたりは水浸しになり、被害は逆に大きくなってしまう。この消防車こそ抗生物質。おわかりいただけたであろうか?

西洋医学の薬は本来自分が治したかったところが少し良くなったとしても、

それ以上に他の部分が悪化しちゃうので、トータルで見ると、悪化している場合が多い。頭痛における痛み止めだってそう、一瞬痛みは消えるかもしれないが、体を冷やしトータルでは悪化する。

自分・家族・恋人がうつ病かなと思ったら、まずセルフヘルプ。間違ってもまず薬とはならないように。薬は即効性があり、一見良くなったように見えるかもしれない。

しかし、中長期的な視点では百害あって一利なしだ。例えば、膝を痛めているアスリート。

この人に痛み止めの注射をすれば今日の試合には出れるかもしれない。しかし、このアスリートの膝や選手寿命を考えると痛み止めの注射は良くないのは自明だ。

薬を使う前にまずはセルフヘルプ、これをぜひ合言葉にしてもらいたい。

 


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】うつ病セルフヘルプは土台作りから一歩ずつ

東洋医学におけるうつ病、これは飽食時代の現代社会において、およそほぼすべての人たちが何からの形で関わっている。 体調、ビジネス

【帝】うつ病セルフヘルプ上級編。東洋医学本流「ツボ押し」

うつ病を自分・家族・恋人が病院に行かず自ら克服する。これこそが東洋医学によるうつ病セルフヘルプの真髄だ。うつ病セルフヘルプのい

【帝】寒型うつ病地獄の実体が解明された

熱型うつ病ともう1種類のうつ病である寒型うつ病をとりあげたい。寒型うつ病は、その名前の通り「寒い」というイメージ。 他の人より

【帝】除湿機が寒型うつ病の生活習慣を改善する

「うつ病セルフヘルプ」の活動、スタートできているだろうか? 熱型うつ病の生活編に続き、寒型うつ病の生活編。生活編の場合は熱型と



dept