借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】西洋医学によるうつ病克服の嘘と罠

うつ病は克服が難しい病気とされる。

2013年11月現在、Googleで「うつ病 克服」と検索すると、実に1,840,000件もヒットする。

うつ病の克服で苦労している人がいかに多いかを表している数字だと思う。

じゃあ、①うつ病を克服するための王道は何だろうか?

そして、②何をもってうつ病を克服したというのだろうか?

これらについて考えたい。

まず①だが、西洋医学的には「抗うつ薬」と「休養」が代表的である。

「抗うつ薬」は確かに効くことがあるが、約半数の人は効かない。

「休養」は確かに効果的だが、休み明けには同様の症状になることが多い。

あれっ、これじゃあ克服できないじゃん。

あと有名なのが認知(行動)療法。

でもこれって宿題があり、柔軟な思考が求められるためうつ病でできる人が限られてくる。何よりも認知療法を施行できる医師は少ないし。

次に②に移ろう。

一般に皆さんがイメージする克服というのは、「薬を飲まず通院もせず元気な状態」のことを指すのではないだろうか。

しかし、西洋医学の精神科医は克服=症状の回復と考えている。普段は西洋医学のマントをかぶっている私が言うのだからまず間違いはない。

つまり、薬を飲みながらでも、うつ病発病前の生活に近ければ、それを克服と呼ぶのである。

でもうつ病の患者さんは望んでないよね、こんな状態を克服って呼ぶことを。

うーん、悩ましい問題だ、だからうつ病の克服は難しいのか、とこれまでの私は考えていた。

しかし、今の私は違う。

うつ病の克服は可能!しかも皆さんの望む状態に克服可能!!東洋医学があるからそう断言できるのだ。

陰陽五行説に基づく東洋医学においてうつ病は

  • 熱型うつ病
  • 寒型うつ病

の2種類に分けられる。

そしてそれぞれに

  • 食事
  • 生活習慣
  • 気功体操
  • 呼吸法
  • ツボ押し
  • 漢方

があり、セルフヘルプ可能である。

つまりうつ病の型にあったセルフヘルプ法をしっかりと実践すれば十分克服は可能である。

さらに皆さんの望む克服の状態、「薬も飲まず通院もせず元気な状態」という克服に持っていくことは可能である。

東洋医学にはうつ病のセルフヘルプだけでなく、再発予防のためのアフターヘルプもあるからである。

例えば、天然石・パワーストーン。これはうつ病の再発予防に手を貸してくれる。もちろん、これまでのセルフヘルプは日常的に実践しているのが前提となってくるが。

これからはもう悩む必要はない、東洋医学には真のうつ病克服法があるから。

・「うつ病はセルフヘルプで克服」精神科木村隆先生監修30日メール講座
「真田孔明もかつては「うつ病」だった、そして今ひとつやる気がでないあなたも実は・・・」
→ http://utsu-help.com/mail/

「真田十勇者」の一人木村隆先生への直メッセージはfacebook個人ページへ


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】医者の不養生かなのか?患者のうつ病がうつったのか?

精神科の専門医はうつ病のことは誰よりも良くわかっていると思っている。誰よりもわかっているから、自分はうつ病になるはずはないと当

【帝】抗うつ薬はどの位依存性があるのか?本当のところを明かしてみた

うつ病の治療と言えばお薬。 うつ病のお薬で代表的なものは、まず抗うつ薬である。抗うつ薬はうつ病の急性期治療には必須とされている

【帝】うつ病克服の秘技中国政府から医学として認められた気功体操

うつ病、西洋医学では深刻な社会問題と化している。そして東洋医学的には誰しもがうつ病と診断されうる現代社会。 陰陽五行説に基づく

【帝】うつ病改善・克服にお薬は必要?タバコの火を消防車出動で消火する活動

世間一般的には、うつ病の治療といえば、やはり薬が代表的だと思う。しかし、実は、うつ病はセルフヘルプできてしまうので基本的に薬は



dept