借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】モテる男の幸福論

先日某テレビ番組で、ラテ欄を目にした瞬間に興味を引いた番組があった。文学、経済学、哲学、心理学の異なるジャンルの有識者が集まり、互いに1冊紹介する本を持ち寄って、「幸せとはなんぞや?」と議論するという趣旨だ。

政治・経済・健康など、利権まみれのジャンルについては、テレビを見る価値はほぼゼロだと思っているが、こういった実験的な番組は純粋に面白いと感じる。

  • 文学は、伊原西鶴「好色一代男」
  • 経済学は、アダム・スミス「国富論」
  • 哲学は、ヘーゲル「精神現象学」
  • 心理学は、フロイト「精神分析入門」

1時間程議論し、それぞれが思う幸福について発表していた。

  • 自分の満足のために取り組む事
  • 他人から認められる事
  • 愛する人を思いやる事

など話題になっており、その番組を通じてモテる男がしっくりきた表現を紹介したい。

モテる男の幸福論

モテる男にとって幸せとはなんぞや?と問われれば、今のところはこう答えるだろう。

「ロマンを掲げてガチで本気出して取り組む中で、年齢、性別、仕事、趣味、国籍を超えてモテ続ける事。」

ここでいうモテる事とは、信頼、称賛、承認、評価、尊敬など多岐に渡り、モテ続ける事というのは、30代、40代、50代、60代、70代、ずーーーーーーっとモテ続ける事を言う。

やりたい事に没頭しながらも、誰からも相手にされない状態のままではやっぱりさびしいし、それではモテる男とは言えない。

モテる男の特徴として、新たな出会いにビビらないという事があるが、独りよがりではなく、いかに周りを巻き込んで進んでいけるかがカギなのだ。

ロマンを追求するにつれ、様々な経験を得、包容力もついてくる事で、相手を思いやる心の余裕も生まれてくる。モテ続けるという事はもれなく持久力が必要。『気功法』の一つ腎強化の『タントウコウ』を十分にこなして『腎』を鍛え、年齢を重ねる程に磨きがかかった粋なモテる男を目指し、心から幸せになるべく努力しようじゃないか。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎より。

青木四郎の秘技体験レポート(PDFファイル)


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】モテる男の水分摂取量。エステ嬢の通りにやっても肌は綺麗にならない

東京に住んでいた20代前半の頃の事。 当時知り合ったエステ嬢の影響か、目の下のクマや鼻の毛穴の黒ずみが少し気になり、たまたま目

【帝】モテる男の日常:沸き上がる情熱とKY(空気よめない)クン

『気功法』を習得して2ヶ月程経った時の事。 会社での付き合いで近くの焼肉食べ放題について行くハメに。会社補助がでるためか予算も

【帝】もてない男を量産するセブン-イレブンの学校給食進出

現役医者の木村隆先生による投稿に思わず目を疑った。恐れていた事が、本当に起こりそうな予感・・・ 【セブンイレブンが学校給食事業

【帝】「買うなら国産」がモテる男の合言葉になる日

『気功法』の一つ腎強化の『タントウコウ』に30分取り組み、内臓強化に努めた後の夕食時、いつものように納豆2パックを取りに冷蔵庫



dept