借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】モテる男は学歴コンプレックスを気にしない

数年ぶりの小学校時のプチ同窓会での一コマ。「俺マジで勉強してたら絶対もっといい高校行けたんよー」と酔いながら話す角田君。確かに彼は中学2年までは成績優秀で、近所の塾でもA,B,CクラスのうちAクラスだったが、中学3年頃から勉強嫌いグループに仲間入りし、ガチで勉強をしないままBクラスの真ん中あたりに落ち着き、それなりの難易度の高校に入った。

そこの高校では成績優秀を貫いたものの、彼の中では満足ができなかったらしい。

「俺絶対もっといい大学入れたはずなんよー。」うん、さっき聞いた。

「青木はええねー、俺ももっと真面目にやってればねー。」俺の方が勉強してなかったと思うよ。

「もっといい大学入ってたらいい仕事につけてたけどねー。」

若干面倒くさくなりつつも、一応解決案を伝えてみる。

「勉強しても上には上がいるからね。知り合いの慶応ボーイは京大の方がいいと言ってたし、知り合いの東大ボーイはスタンフォードとか言ってたし、ハーバードに言っても血統には勝てないらしいし。」

「いや、それはいい大学に行った人の意見でしょ、もっと勉強していたらー・・」さらに面倒臭くなった僕は、隣のぽっちゃり系女性に合コンの体験談を聞く事にした。

モテる男は学歴コンプレックスを気にしない

もてない男だった頃は、僕にも少なからず学歴コンプレックスがあった。

「あの時もっと頑張っていれば・・」
「もっと勉強していれば今頃は・・」
「恩人の言う事を聞いていれば・・」

わかるよ、わかる、うん。けれど、当たり前の事を言うが、過去は変える事ができないのだ。

中学生の時にガチで勉強していれば、

  • 違う高校に入って、
  • 違う友人ができて、
  • 違う将来を見据えて、
  • 違う企業を選んだ可能性

は十分にある。

世にも奇妙な物語で見たような気もするが、今とは違う世界、パラレルワールドの存在もあり得るかもしれない。とはいえ、その道が今より幸せかなんて誰にもわからないのだ。

タラレバを言い出したらきりがないし、変えられない事をわーわー言っても時間がもったいないだけ。1時間を超えてもループにはまる飲んだくれ角田君を遠目に見つつ、

ロマンに向かい自己満(自己実現)追求を目指すモテる男にとって大事な事は、学歴やら収入やらなんやらかんやらのコンプレックスをしょいこみつつも、変えられる未来だけに特化し、『気功法』で馬力を鍛え、毎日毎日を大切に、ロマンに向かってガチで取り組む事だけだと決意を新たにしながら、隣のぽっちゃり系女子との合コントークに華を咲かせた一夜だった。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

※内容はすべて、東洋医学の権威でもあられる、三賢者の一人グランドマスターの監修済みである。

・グランドマスター・先生(通称:グランドマスター)
禁忌レベルの学問「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」と「参の禁忌:覇王のための運命調整学」の鍵を握る「禁断の賢者」。四柱推命鑑定を元に体の問題を全て洗い出し、西洋医学の世界では難病とされている、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血、白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝硬変、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、がん、など、数々の難病を指先の気功施術と生薬の配合のみで治療してしまう天才的なTCMドクターであり。四柱推命をはじめとした世界各国の占術を極めたグランドマスターでもある。

・青木四郎
「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」の一つ『気功法』を使いこなす「勇者」。真田孔明と共にグランドマスターから「気功法」を直接伝授された。『気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかったが。『気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。現在は、『気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『気功法』の伝達に日々努めている。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

・「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ: http://on.fb.me/1nhjKLd


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】「英雄色を好む」モテる男の獅子はいつでもスタンバイ

2012年9月1日は、僕と彼女が付き合い始めた記念日だが、もてない男だった僕にとっては、なんとも言えない微妙な1日だった。 6

【帝】モテる男は新たな出会いをビビらない

共通のロマンを持ったコミュニティに参加した事で、 翻訳の会社を立ち上げたアメリカ人 餃子の王将を辞めて別の飲食店に勤めだした2

【帝】海外ノマドのモテる男から学ぶメリハリの基準

知人のハイパーノマドエンジニアは、世界中をまたにかけて旅をしながらビジネスをしているが、日本滞在中はあえてカプセルホテルに宿泊

【帝】モテる男はバレンタインデーにもらったチョコの数を気にしない

モテる男御用達の鶏ガラと蕎麦を購入するため、近所のショッピングモールへ向かい、エスカレーターではなく階段で1Fへ向かう途中、見



dept