借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

会社経営のビジネスの結果は「決算書」で判断される

level001
会社経営のビジネスの結果は「決算書」で判断される

「地下ソサエティ」では、「永遠の信用創造」から完全に逆算された、「決算書」についての勉強も行っています。「決算書」というのは、「会社経営」におけるありとあらゆるビジネス・投資活動の「結果」であり。

本来全ての「会社経営者」は、「結果」を出すために、「会社法人」という乗り物を使って自分なり、社長なり、社員なり、スタッフなりの人材を活用してビジネス・投資の活動をしています。

本来そのビジネス・投資が、良いか?悪いか?は、「決算書」でしか判断されません。そして、この良いか?悪いか?を判断するのは誰なのか?それは「銀行」です。

つまり、「銀行が良い」と思う基準の「決算書」の結果を出すこと。これが、「会社経営者」が「会社法人」を活用してビジネス・投資を行う目的であるという、お客様側には見えない、裏側の一面もあるのです。

これが分かっていない「経営者」は、あくまでも「自称経営者」であり、銀行からは「経営者」として、認められることはありません。イコール「会社経営」において、銀行からのフルサポートが受けられないということは。

永遠に「自己資金」だけで、ビジネスを営む必要があり、本来の「会社経営」における力を、活かしきることができません。

大富豪ファーザーから教わった僕たちは、この事実に気づき、それに伴う「考え方」「やり方」の両方を教わった結果。年月を経ることに、「会社法人」の銀行口座に「資金」が積み上がり続ける状態なのです。

88社の99.9%が間違った「銀行融資」

「会社経営者」が、「うちは無借金経営だから!」と、「自己資金」で「節税」をしながら「会社経営」をしている・・・などというのは、本来の「会社経営」のメリットをフルに活用できない勿体ない状態といえますが。

世の中では、約88万社も「銀行融資」を活用している会社法人があります。しかし、その大多数は、会社経営者・会社法人・銀行融資・決算書・銀行・・・使っている単語自体は僕たち「地下」の仲間たちと全く一緒なのに。起きている現象は、真逆の状態です。

「銀行融資」をどれだけ沢山獲得しても、会社法人名義の銀行口座に蓄積するものは皆無。2,000万獲得すれば、2,000万借金が増える。1億獲得すれば1億借金が増える。「決算書」から見た時にも、極めて危険な状態に陥ってしまっているのです。

確かに、こんなワケのわからないことをしていたら、「無借金経営の方が安全」と言うことができます。当然こういう「会社経営」をしている「会社経営者」は、銀行から見たら、「危ないやつ」以外の何者でもないので。

「追加融資」を渋られるのは当たり前ですし。「元本返済の要らない融資」など夢のまた夢。危ない「会社経営」をしている「会社経営者」に、大切なお金を貸そうとする「銀行マン」は誰もいません。

「銀行融資でお金を創る」
 ↓
「全額どこかに流れる」
 ↓
「詰んでしまう」

これでは、「会社法人」を活用した「会社経営」における、本来の力を発揮できません。世の99.9%以上の「銀行融資」を活用している「会社法人」がこのような状態になっているというのは、本当に驚きですが。

これに対する叡智を授けてくれる書籍も、情報も、世の中には一般的に一切出回っていないので、ある意味「まあ、そうなるよね」という一面もあります。

仮に僕たちも、ファーザーから教わっていなかったら、まさにコッチ側の「経営者」になっていたはずなので。知らない・・・無知って怖いなと改めて思う次第です。

大富豪直伝「会社経営」における「決算書」とは?

大富豪ファーザーが授けて下さった、本当の「会社経営」における「決算書」とは?これが理解できるだけで、「会社法人」と「会社経営者」が存在している限り、永遠に「資金」に困らなくなります。

こちらが「お金貸して下さい!」と「銀行」に懇願しなくても。年月の経過とともに、「銀行」からの信用・信頼が積み上がり続ける中で。逆に「銀行」から、「お金借りて下さい!」と懇願されるようになるからです。

後は、「資金」の一部を、ビジネス・投資で活用して、返済金利以上のお金を増やせば良いだけ。銀行返済金利は、1%〜2%前後なので、「資金」を活用することで年間1%〜2%以上の金額増やせたら、後は全部「勝ち」であり、「経営者」の懐に、合法的に入ることになります。

例えば、ビジネスでも、「ロイ式転売法」や「ケイタ式転売法」では、年間1%〜2%どころか、100%以上、「資金」を回すことができますし。逆に1%以上増やせないという方が難しいと思います。

さらに、「コロナ禍」においては、「0%金利」の「銀行融資」も出てきてしまっているので。これは、「資金」を活用したら、全額儲けになってしまう、もはや「笑いが止まらない」状態になるのは必須です。

重要なことは、「再現性」です。既存の「会社法人」もそうですが、これから新たに立ち上げる「会社法人」に関しても。何度でも、同じことを繰り返すことができます。

「会社法人」の「会社経営」における結果は「決算書」だけ。ここに焦点を絞って、「考え方」と「やり方」を理解するだけだからです。

人生の中で見たことも無い、触れたことも無い・・・というのは僕たち含めて同じなので、理解するまでは、ある程度の時間を要すかもしれませんが。

一度理解できてしまったら、こんなに簡単なことはありません。逆に、こんな簡単なこと、なんで理解できなかったんだろう?学び始めたばかりの過去の自分のことが、「バカすぎた」と感じるようになります。

「決算書」から「会社経営」状況を読めますか?

大富豪ファーザーの訓えを学びながら、「地下」の仲間たちは、「決算書」の結果に焦点を当てた「会社経営」に取り組んでいますが。今では僕たち自身が、「決算書」をひと目見ただけで、この「会社法人」の経営がどういう状態なのか?分かるようになっています。

  1. 貸借対照表
  2. 損益計算書

たった2枚のA4用紙を見ただけで分かります。またその中で、「最低限のルール」を守っているだけで。「決算書」の結果が、良い時も「銀行融資」を獲得できますし。「決算書」の結果が、悪い時も「銀行融資」を獲得できますし。

どんな状態になっても、「銀行融資」を獲得できる、「考え方」と「やり方」を知っていて、実行できる状態です。

つまり、僕たちの「会社法人」は、僕たちが船長として「会社経営」している限り、「資金」が積み上がり続け、潤沢な「兵站」がある状態であり続ける。どう転んでも、「失敗」しない状態になるわけです。

それが、僕たちとの対話を通して、「銀行側」も明らかに分かってしまうので。その状態そのものが、「信用・信頼」につながる。「お金は、お金があるところに集まる」真剣に学び、丁寧に取り組んで実行した仲間たち全員がこの状態を手に入れられます。

むしろ、最近では「決算書の読める銀行の担当者がいなくなっている。。。」ということなので、「銀行マン」を超える見地から、余裕のある状態で、お話を進められるようになります。

その状態そのものも、銀行から見たら「優れた経営者」という評価につながるので。「勝つ人が、さらに勝つ」「資本主義」の王道を突き進むことになります。

「無敗の株式投資」と「会社経営」の「決算書」

「決算書」を中心に、「会社経営」を学びながら実行しながら、「無敗の株式投資法」も学びながら実行しています。すると、ある時から、突然「電波がつながる」ことがあります。

「あれ、決算書が読めるようになると、「上がる会社=株」「ダメな会社=株」がも見えるようになる・・・」

当然です、僕たちが経営している零細な「会社法人」の「決算書」も、上場している大企業の「会社法人」の「決算書」も、数字の桁が違うだけで。必要とされる項目は、ほとんど同じだからです。

年商1億の会社。年商1,000億の会社。全く同じです。上場企業は、上場企業である限り、「決算書」は公開されています。さらには、過去の結果からミライにどうするのか?会社の方針も発表されています。

もう一つ重要な点があるのですが、ここは秘密です(笑)。

  • 数字で表現できるもの
  • 数字で表現しづらいもの

しかし、どれも結局は、僕たちの「会社法人」における結果を「決算書」に集約して行くまでの「考え方」と「やり方」、全く同じです。

この「数字の桁」に惑わされないようになると、極めてクリティカルな形で、その「会社法人」現状と行く末が見えてくるわけです。

「なるほど、だから「無敗の投資家」になるためには、「無敗の経営者」になった方が近道なのか・・・」

僕たちが共通して見えている部分ですね。「銀行融資」で増え続ける「資金」を、絶対に負けない「ビジネス」や「投資」で増やし続けられる状態。これを手に入れられるのが、「地下ソサエティ」の学びであり、一つの「登竜門」としての目標でもありますね。

どうして、僕たちがこういう「会社経営」ができるようになれるのか?その秘訣は、「経営・投資」の動画セミナーで、約3時間以上かけて丁寧に解説しています。

「無敗の会社経営者」になるための大切なお話が凝縮されていますので、時間を確保して、誰にも邪魔されない状態で、ジックリ視聴下さい。

「経営・投資」編
https://p.kitasociety.com/optin-469696491614646140345

追伸・・・
まずは高年収の登竜門となる「年収1,000万」をクリアするために基礎の部分を「毎日3分」から。
「LINE@5ポケッツ成功者の思考と習慣」
https://kitasociety.com/lp/5pockets_line2/


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
氷山の水面下部分を取っていく修羅の「LTVマーケティング」

氷山の水面下部分を取っていく修羅の「LTVマーケティング」

「物販」で稼げるようになれば、「サービス」や「情報」でのビジネスの概念を学び実行する必要が無いのか? 否(ノー)。そうではない

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
ファーザーJB再降臨!「一体いつお仕事されているのか?」

ファーザーJB再降臨!「一体いつお仕事されているのか?」

僕は分かっていなかった。   「個人事業主」から「経営者」になるにあたりもう一つの壁が存在することを・・・。   分かったつも

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
北野会長激アツ情報が則現金に化ける!年内の「納税」額を皮算用する会

【帝】北野会長激アツ情報が則現金に化ける!年内の「納税」額を皮算用する会

「地下ソサエティ」メンバーとしての、活動を開始するまでの僕たちは、「節税」をしたり、日本から脱出したりすることが、金(カネ)を

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
万年課長・・・でありながら実は裏では「億り人」。。

万年課長・・・でありながら実は裏では「億り人」。。

もしも僕がサラリーマン時代の頃、会社のみんなに副業ビジネスがバレていなかったとしたら・・・。   今日の僕は何をしているのだろ



dept