借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

ミスタケイタのコロナ禍でも「わくわくポイントライフ食編」

level001
ミスタケイタのコロナ禍でも「わくわくポイントライフ食編」

「ケイタ式転売法」は、ビジネスの活動に取り組みながらも、「ポイントライフ」を楽しめるのも特徴に一つですね。例えば・・・

ミスタケイタの最新実績
・年商約3億
・売上利益:3,600万
・消費税還付:1,600万
・ポイント還元:1,200万
・マイレージ:200万
★利益合計 :6,600万相当

利益の約3,600万ほどは、「課税対象」ですが、

  • ポイント:1,200万
  • マイレージ:200万

は、日本国内では、現金と同じように、買い物やサービスを受ける時に、活用できますね。今回はミスタケイタが、年間1,400万もの「ポイント」をどのように活用しているのか?「コロナ禍」における「ポイントライフ」を紹介します。

フランスの「パン屋」で「ポイントライフ」

ミスタケイタは、「修羅」の領域で稼げるようになったにも関わらず。相変わらず「現金」を使わない生活をしています。毎月の家賃は、現金で支払っていますが。それ以外の、大多数は「ケイタ式転売法」で貯まり続ける「現金」だけを使って生活をしているのです。

ミスタケイタの活動範囲は「渋谷」「新宿」が中心です。「コロナ禍」においては、一番の楽しみは「食べること」大好物は「パン」。「コロナ禍」においても、美味しい「パン」を買い求めるために、わざわざ「渋谷」「新宿」に繰り出すのです。

ミスタケイタが、「渋谷」でお気に入りのパン屋は「JEAN FRANCOIS(ジャン・フランソワ)」のパン。実は僕もこのお店は、「渋谷」では行きつけのパン屋です。

フランス最優秀料理人賞であるM.O.F受賞シェフのジャン・フランソワ ルメルシエ氏の技術と精神を受け継ぐベーカリーカフェ。

素材が持つ風味を最大限に活かすためにフランス産をはじめ、それぞれのパンに合う様々な産地の小麦や使用食材にもこだわったパンが食せるので。

「渋谷」で打ち合わせがある時には、コーヒーと一緒に堪能するためにイートインしたり、帰りがけに持ち帰りしたりしていたのですが。まさかミスタケイタとかぶっていたとは。。

けれども、僕は現金で支払ってますが、ミスタケイタは無料気分な「楽天ポイント」払いなのです。ミスタケイタが「新宿」で行きつけの「パン屋」は、京王百貨店一階にある、「PAUL」。

こちらも、フランス北部の都市、リールの老舗ベーカリー発のもので。僕も「コロナ禍」以前は、家族でシンガポールオーチャード高島屋の「PAUL」が好きで、頻繁に行っていたのですが。なぜか、ミスタケイタと好みの「パン屋」がドンピシャでかぶります(笑)。

しかし、ミスタケイタの場合は、常に「ケイタ式転売法」で貯められる「ポイント」が使える「パン屋」にしか行かないので、これらの「至高のパン」を全部「ポイント」で「無料気分」で堪能しているのです。

普通のパン屋よりも、少しお高い価格の高級パンも、全く値段を気にせず、「ポイント」で「無料気分」で買えてしまうことに、ささやかな喜びを感じているとのことです。

贅沢な「牛カツ」レストランで「ポイント」

ミスタケイタと言えば、「渋谷」の「牛カツ」です。

孔明:「良いところに目をつけますね!」

実は渋谷は、牛カツ専門店が集まった、「牛カツ」激戦区なのです。

「渋谷牛カツ四天王」
・「もと村」PAYPAY決済OK
・「京都勝牛」PAYPAY決済OK
・「牛かつあおな」PAYPAY決済OK
・「宮下」PAYPAY決済OK

全て、「ケイタ式転売法」でポイントを貯められる「PAYPAY決済」が可能なお店です。サクサクの衣で牛肉を包んで揚げる。肉汁のうまみを、少したりともこぼすことなく全て堪能できる。

ということで、「もと村」が火付け役となり、2015年頃、メディアがこぞって取り上げて、「牛カツブーム」が広がったようですが。1年も経たない間に、そのブームは終焉を迎えたようです。理由は単純明快です。みんな貧乏だからです。

「牛カツ」は、食べる人を選ぶ嗜好の食べ物です。お値段が高い割には、肉はトンカツ基準で考えると、小さく薄切りで提供されるからです。例えば、1,400円の「牛カツ麦飯とろろセット」では、お肉はたったの130グラム。

それを、2倍の260グラムにすると、価格が2,200円に跳ね上がります。昭和バブルが終焉し、平成、令和・・・と、ドンドン男の財布の紐が頑丈な守りを固めるようになり。

例え女性と一緒のランチでも、一円単位で割り勘をするようになったチキンボーイズたちがはびこる現在社会。庶民のサラリーマンの1回あたりの平均ランチ代600円ということを考えると。

「牛カツブーム記念」に行ってはみたけれど、チキンボーイズの内心「たった130グラムで、1,400円だなんて・・・(ドキドキ)」チキンボーイズどもには、ビビって注文もまともにできないし、食も進むわけがないのです。

こうして結局は、1,000円以下で「とんかつ定食」を食べれる元の庶民な世界に戻らざるをえなかったのです。そんな中、ミスタケイタは微塵たりとも恐れおののくことなく、堂々とした様子で「牛カツ」のお店の門をくぐるわけです。

当然、130グラムに甘んじることなく。堂々と、高くて大きい方を注文します。客ごとに配置される、焼き石の上に、惜しげもなく「牛カツ」をドンと乗せて、好みの焼き加減まで加熱してから、ひょいぱくと、口の中に放り込むわけです。ゴゴゴゴゴゴ

ミスタケイタの背中は、「牛カツ」から逃げ出してしまった、チキンボーイズから見ると、大きく見えたと都市伝説が残るほどです。なんでこんな贅沢なことが、当たり前の日常としてできるのか?

それはもちろん、「ケイタ式転売法」で勝手に貯まり続ける「ポイント」を使った、無料気分であることは、敗者たちには知る由もありません。

「成城石井」と「茅の舎」で「ポイント」

多くの庶民たちが、広告チラシを片手に、1円でも安い野菜食材を追い求め、店から店に忙しなくかけずりまわる中。ミスタケイタは、あの至高のスーパーマーケット「成城石井」に向かいます。

プラスαのこだわりを堪能するために、肉や野菜、牛乳やジュース、調味料や香辛料。その全てが、普通のスーパーと比べて2倍以上高い水準で、値段を見ることなく、大人買いをするわけです。

いちご一パック1,000円を手にしても、震えることもなく。普通のスーパーなら200円ほどで買えるレトルトカレーも、あえてこだわりの1,000円のものを選べるわけです。

お会計が、一万円を超えようとも、全て「ケイタ式転売法」で貯められる「ポイント」支払いなので、「無料気分」なので平常心を保ったままです。

とどめは、「茅の舎」の出汁。名物あごだしをはじめ、野菜だし、めんつゆなどに加え、鍋シリーズフルーツ酢に至るまで、手を出すことが可能です。

「成城石井」で1万以上のお会計を済ませた後、「茅の舎」で1万以上のお会計をする。一体、どれだけの方々が、このレベルの贅沢なことを、「特別」ではなく、「当たり前の日常」とすることが可能なのでしょうか?お会計の際、

「いくらになるんだろう・・・」

などと焦ったり、ソワソワすることなく、腹に力が入ったまま、さぞかし当然の如く、ゆったりと会計を済ますことが可能なのですから。それも全て「ケイタ式転売法」で貯められる「ポイント」支払いなので、「無料気分」だから実現可能なのことなのですが。

ミスタケイタの手にしたかごの中に積まれた商品を横目に、後ろで申し訳なさそうに、たった一袋の「あごだし」を手に怯えている人たちには、知るよしもないでしょう。

いかがでしょうか?ミスタケイタが実現した「ポイントライフ」の「食編」を紹介させて頂きました。一体どうすれば、こんな贅沢なことが、当たり前の日常になってしまうのか?

「ポイントライフ」が実現可能な秘密は、「ケイタ式転売法セミナー動画」の中で語られています。「ケイタ式転売法」で稼げるようになることで、ワンランク上のサイズの「牛カツ」を堂々と注文できるように成りましょう!

「ケイタ式転売法」で目指す「ポイントライフ」
https://p.kitasociety.com/keita-opt


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
これまで法人を全く活用できなかったのは痛恨の極み

これまで法人を全く活用できなかったのは痛恨の極み

知らないって怖いな・・・ 「会社法人」という「根幹」に サラリーマンでお金をもらう ビジネスでお金を稼ぐ 投資でお金を増やす

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【孔明の一人つぶやき富裕旅】

【孔明の一人つぶやき富裕旅】

※持て余す暇を楽しめる方向け動画 エアアジアに乗って、南国マレーシアジョホールバルから、首都クアラルンプールまでの移動編。 暇

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
何のための高校・大学か?根拠を明確に答えられますか?

何のための高校・大学か?根拠を明確に答えられますか?

「子どもたちを高い偏差値の高校・大学に行かせたい!」 と願い、学校に通学させる以外にも、塾や習い事に通わせるのは、 「子どもた

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「福岡の喧嘩番長」世界200カ国を手がける経営者へ

「福岡の喧嘩番長」世界200カ国を手がける経営者へ

シンガポールのオーチャード通り、息抜きに独りで出てみると、突然「孔明さん!」呼ぶ声がした。 振り向くと、福岡の喧嘩番長ミスター



dept