借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術 > 北野会長と共に歩む「地下ソサエティ」

「起業」から言い訳して逃げる意味を理解できてますか?

level001
「起業」から言い訳して逃げる意味を理解できてますか?

S君:「こんばんは。夜分遅くすみません。僕は高校二年生で4月から高3です。工業高校におり、進学ではなく就職の道を今は考えています。」

孔明:「まだ選択肢があるなら、大卒だけはなっておいたほうが良いです。大卒の資格は無いと損することは多いけど、あって損することはないです。生涯賃金が桁違いになりますよ。」

S君:「家庭の都合で大学に行ける費用はないですね…確かに大卒と高卒では生涯賃金がかなりの差なのはわかってますが、そこでやっぱり家庭の都合上、キツイので諦めてる感じですね…」

僕はオンラインゲームも遊んでいて、Twitterでゲームに関する情報発信を行っていますが。その中でゲームの高校生プレイヤーからのメッセージやりとりです。

未成年の学生に、このように発言させることは本当に悲しいことだと思います。子どもたちに進学する「選択肢」も与えられない両親は一体どのような状態なのでしょうか?色々と考えさせられますね。

さて、「独立」を前提とした「副業」としての「起業」に取り組もうと考えた際。「出来ない言い訳」ばかりをする人たちがいます。

そもそも論で、学び始めた段階から、逃亡してしまうとしたら、一体自分と大切な人たちの人生を誰が変えてくれると言うのでしょうか?

A〜Z全てに根拠があり、真剣に向かい合って、学んで取り組めば、学歴・職歴・年齢・性別・才能一切関係なく、誰もが共通して再現できることだというのに。

逃げてしまうのだとしたら、残りの人生何をやっても絶対何も身につかないし、結果も出ないと断言できます。例えば、「起業」としてまずは「ケイタ式転売法」に取組むとします。

「ケイタ式転売法」の難易度的には、単に売れる商品を効率的に並べるだけの「コンビニバイト」と同等のレベルと言えますし。真剣に取り組めば、必ず成果を約束されたA〜Z全てに根拠のある「設計図」も完備されたものなのですが。

その「ケイタ式転売法」でさえ、イザ、取り組もうとした時、中には逃げ出してしまう方々もいます。嫌いだから。苦手だから。大変だから。思った瞬間に、逃げる決断をしているのです。その後で自分を正当化する言い訳を考えて口にします。

「部署を移動したからできません。」
「会社の仕事が忙しくてできません。」

色々なもっともらしい言い訳を、自分自身に言い聞かせて納得させます。「部署異動」を言い訳をする人は、必ず「会社の仕事多忙」の言い訳もします。さらに続くのは、

「家族の手伝いがあって・・・」
「貯金がなくて・・・」
「引っ越しがあるから・・・」
「都会に住んでないから・・・」
「子供が、妻が病気で・・・」
「自分の体調が悪くて・・・」

一つの「逃げの決断」後の言い訳は、必ず無限に連鎖して行くわけです。その中でも圧倒的に多いのは、

  • 会社のお仕事が忙しくてできません

これは本来、出世・昇進が臨めない人が、いくら自己満足的に「サービス残業」したとしても、会社、部下・後輩、自分の将来全てにとって負の影響しかないものですが。「家族の問題」を挙げて逃げる人も次に多いです。

しかし実は「家族の問題」も、その原因をクリティカルに分析していくと、大多数は冒頭に挙げた高校生からのメッセージのように、「稼ぎ頭」の「年収が低い」ことで「選択肢」が持てないことによって、発生している場合が多いです。

「家族の問題」が、100%お金で解決できるとは言えませんが。95%程度は、お金で問題解決できることばかりです。

  • 自宅の問題
  • 車など移動手段の問題
  • 冒頭に挙げたような子どもたちの教育費の問題
  • 家事(掃除・洗濯・炊事・・etc)

自宅、車、教育費などは「お金で解決」のイメージ付きやすいと思いますが。例えば家事なんかも、お金があれば、今流行の「ネットで家事代行サービス」も併用して緩和させることもできます。

だから、「家族の問題」も、それを最短で解決しようとしたら。本来その解決方法は、どれだけ「サービス残業」しても絶対に出世・昇進も見えないし年収の上がらないし、誰も喜ばない、会社のお仕事に勤しむのではなく。

「副業」としての「起業」に勤しむことに集約されて行くわけです。何をどう分析しても、

「仕事が忙しいから・・・」
「家庭の問題で・・・」

というのは「起業」の活動から逃げることにはつながらないはずなのです。そうこう言い訳して逃げ続けたり、後回しし続けている内に、気がつけば5年、10年なんかは、あっという間に過ぎていって。

最後の言い訳

「もう、年とりすぎて・・・」

口にする頃には、目標の原動力となる、欲望も志も全てが薄れて行ってしまいます。人生の終末には、

「今世ではダメだったから、死んでから、来世でシアワセになろう・・・。」

死後の世界に、夢や希望を抱くようになるのでしょうかね?こういう末路を迎えることを、知っていて今の「逃げる決断」をしているのでしょうか?

実は、「本当の自分」が望む欲しいモノ、叶えたい願い、「成功=シアワセ」をの実現を考えて行った際。

例えば、頑張っても出世・昇進のパーツが揃っていないサラリーマンなど、今の状況次第では、「独立」を前提とした「起業」以外に、人生を逆転させる手段が無かったりします。

そういう意味では、まずは「3つのメッセージ動画」からも、「後にしよう・・・」と後回しにしたり、逃げたりした先に、本当に理想的なミライが待ち受けてくれているのか?

よくよく考えて向かい合った方が良いと思います。

あなたはどちらの道を歩みますか?
https://p.kitasociety.com/5pockets


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
【帝】お金の世界にある不思議な法則

【帝】お金の世界にある不思議な法則

お金の世界には不思議な法則がある。 それは、なけなしのお金・・・生活に必要なお金・・・などを、株や投資信託などをはじめ、投資し

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
2歳〜6歳の必要パーツを揃えると簡単に年収800万にはなれる

2歳〜6歳の必要パーツを揃えると簡単に年収800万にはなれる

欲しいモノを手に入れたり、願いを叶えたり。人生の、「選択肢」を広げるために、サラリーマンとしてのお仕事に励んだり、起業してビジ

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術
「愛し」が「悲し」に、「恋」は「孤悲」@プラチナ鑑定

「愛し」が「悲し」に、「恋」は「孤悲」@プラチナ鑑定

不思議なことに、サラリーマンとして組織の中に属している状態よりも、組織から独立起業した、経営者の状態の方が、「過去の年当て」が

日本の帝王学★物販大富豪の戦略術

【天才の弱点】凡人が天才に勝つ方法

孔明チャンネル登録はこちら https://www.youtube.com/channel/UCGKcz26ClWlyeulh



dept