借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド > 「藤原ヘッジファンド」最新活動報告

【帝】昭和の時代インカム重視の不動産投資を資産形成と言わなかった

level004

なぜ今僕たちは土地を追い求めるのか?日本ではなくて、日本の昭和40年代である、成長過程のアジアの国の不動産を・・・と探求して行く中で、回りまわって、改めて土地にたどりついたのか?

それは、過去の高度成長期の日本を見た場合、本当の意味での資産というのは、土地を舞台に行われていたことに気づいたからだ。

過去、不動産投資でボロ儲けした日本の先人たちは、毎月の収入が発生する、インカムゲインではなくて、売却益で利益を確定する、キャピタルゲインを狙い土地を所有していた。

今日本で不動産投資と言うと、インカムゲインが中心として、スキームが構成されている。日本では各不動産斡旋業者さんたちが、インカムゲインこそが全て。

「インカムゲインの成り立たない、海外不動産投資なんか辞めた方がいい!インカムゲインが成り立つ不動産投資は日本だけ!」と、海外へお金を持ちだそうとしている人たちに声をかけ、足止めさせて、日本のインカムゲインのあがる不動産しか、頭の中の選択肢として思い浮かばいように追い込んでいる。(そして、業者自身は儲けたお金を海外に逃している・・・。笑)

「インカムゲインの成り立たない、海外不動産投資なんか辞めた方がいい!インカムゲインが成り立つ不動産投資は日本だけ!」これは確かに一理ある。

この部分だけを抜粋してみると、確かに聞こえが良いし、それっぽい。

かくして、この言葉が脳の中を「こだま」してしまった人たちは、資金を海外に持ち出すことを諦め、銀行から自分の命を担保にフルローンを組んで、インカムゲインを狙った、日本の不動産の購入に落ち着くわけだ。

日本人として、日本人らしい投資ができて、それで幸せになれるのなら、それはそれで素晴らしいと思う。。。

けれども、一度現代の常識を棚においておいて、目を過去に向けてみると・・・。過去、不動産投資でボロ儲けして来た日本の先人たちが、一体何をどうやってボロ儲けして来たのか?

その黒歴史を紐解いていくと、面白いことが分かる。それは・・・インカムゲインの全く上がらない不動産だけに、好んで投資して、大きな資産形成をしていた!・・・ということだ。

ほぼ、キャピタルゲインのみで、大きな収益を上げていたことが分かる。昭和40年代~50年台代を思い返してみよう。。

日本のバブルの頃・・・実は一番好まれた不動産は「更地」だった。インカムゲインなど全く上がらない「更地」が、一番好まれていたのである。

金のあったり、銀行から融資を引っ張れるデベロッパーは、とにかくひたすら土地を購入した。

それに追随する形で、不動産業者も、とにかくひたすら土地を購入した。当時は土地を貸す・・・という観点などなかった。

その土地からは、インカムゲインなど上がらないはずなのに、なぜ先人たちは土地を買っていったのだろうか?

みんな揃いも揃って、キャピタルゲインだけを目当てに、土地を買っていたからだ。

当時は今の常識から見てしまえば、実に不思議なことに、インカムゲインが全く上がらない、キャピタルゲインしか上がらない、土地が一番好まれたのである。

インサイダーの立場の人間である、デベロッパー事業者が、不動産業者たちが、眼の色を変えて漁るように買って行った。。。

これには、メチャクチャ儲かる匂いがする。。。そして・・・日本の高度成長の波に乗って、みんなメチャクチャ儲かった。みんな値上がりしてメチャクチャ儲かった。

みんなキャピタルゲインでメチャクチャ儲かった。・・・その方法は大成功。キャピタルゲインで大きな資産形成をすることができたのだ。

インカムゲインの利回り1%時代

昭和の当時・・・土地を他人に貸して儲ける・・・という発想は無かった。なぜならば、その行為は儲からないからだ。

楽して儲からないから。。。苦労しても儲かる可能性が低いから。。。

仮に購入した土地を他人に貸しても、利回りに換算すると、、、1%、2%未満が当たり前だった。

「高利回り物件が出ました!」と聞いて行ってみると、「何、高利回り3%!!兆候利回りじゃん、凄い!!」。そういう時代だったのだ。

そんな不動産に、なんで多くの業者側の人間が飛びついていたのか?当時は、不動産投資にインカムゲインという発想は無かったからだ。

インカムゲインなんかではなく、キャピタルゲインが重要視されていたのだ。実はこれはある意味正しい。

実は、インカムゲイン重視の投資を、当時は資産形成と言わなかった。大幅な値上がりによる売却益、キャピタルゲイン重視のものを、資産形成と言っていた。キャピタルゲインを狙うものが、投資だったのだ。

短期間で売り抜く工夫をしたり。インカムゲインを極限まで上げるべく、必死に空室率を下げる努力をしたり。

数%の数字を追い求め、毎日のように帳簿を見ながら目を血眼にさせている。。

一生懸命「経営」に勤しんでいる。。。

こういう行為は、「資産形成」とは言わず、「ビジネス」と呼ばれる行為なのだ。

当時ボロ儲けした大人たちは、不動産でインカムゲインを狙う「ビジネス」は誰もやってなかった。

昔の大人たちは、今の時代を生きる人たちみたいに、そんなに賢く無かった(爆)。

「インカムゲインの成り立たない、海外不動産投資なんか辞めた方がいい!インカムゲインが成り立つ不動産投資は日本だけ!」・・・これは、

本来昭和の大人たちが言っていた、不動産投資で資産形成・・・ではなく。完全に、不動産事業、ビジネスなのだ。

「あれ、なんか最近、投資・資産形成じゃなくて、ビジネスしてない???」

「ハッ!」と気づいてしまった僕たちは今、「不動産事業・ビジネス」とも言える、インカムゲイン重視の不動産に目を向けることを、一時お休みして(こちらはいつでも再開できるので。)、

昭和の大人たちが楽しそうにやっていた、キャピタルゲイン重視の資産形成。この部分に着目しているのだ。

僕がコソボという新興国で、4,000平方米の土地を購入したり。今、フィリピン某リゾートアイランドに、頻繁に出入りしている理由でもある。

昭和の大人たちが、楽しそうにやっていた、本来の不動産投資・・・これを、タイムマシンに乗る形で、昭和の日本を彷彿させる国、地域に行き、同じことをやろうとしているわけだ。

でも、当時と全く同じじゃ脳が無いので、現代流の金融工学という要素を、隠れ兵器として持ち込む形で。。。

追伸

インカムゲイン再開型の、不動産「事業」なら、いつでも再開できる。。。

でも、昭和の大人たちが楽しそうにやっていた、本当の不動産投資で「資産形成」は、チャンスが無いとできない。。。そして、チャンスを見つけた・・・

だからいつでも再開できる、事業活動の手を休め。昭和の大人たち流+金融工学で、限られたチャンスを最大限に活かそうと、活動しているのである。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド

【帝】もしもフィリピンで外国人が戸建住宅を所有できたとしたら・・・

現在アジアを中心に、多くの外国人が、外国人でも買える不動産を探している。ここフィリピンでもそれは同じで、非常に沢山の外国人投資

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド

【帝】秘密結社「藤原ヘッジファンド」のカネと情報の流れを白昼の元に晒す

秘密結社ではどのような流れで表向きの綺麗な事業が立ちあげられるのか?カネの流れはどうなっているのか? 禁断の秘密結社「藤原ヘッ

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド

【帝】禁断の秘密結社「藤原ヘッジファンド」の役員会議形態を暴露する

秘密結社ではどのような流れでメンバー同士の情報が伝達されるのか? 禁断の秘密結社「藤原ヘッジファンド」のメンバー同士の情報の流

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド

【帝】リゾートホテル敷地内に土地付き不動産を所有すると狙えるトリプルゲイン

なぜ、世界のセレブリティ達はリゾート不動産を求めるのだろうか?ステイタス、成功の証、長期休暇の実需、ヤングリタイヤの準備?  



dept