借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】僕が投資をしたジョホールバル不動産の管理体制の裏側部分

1

その点、僕がジョホールバルで投資をしたコンドミニアムの場合は、ただでさえ、資本の力と集団の力が働いていることもありますが、その中で、仲介をしてくれる会社の方で一括管理システムを構築してくれているのです。

賃貸用に貸し出す場合は、この会社にお願いをする形で、一括管理をして家賃のあん分なんかの制度も全て代行してくれます。

また、ユニットはホテルコンドミニアムとして運営することも決まっています。ジョホールバルには1ヶ月、3ヶ月というような、ショートステイの人たちの貸し出し需要も高いことが分かっています。

今僕は持っていますが、MM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)というマレーシアのリタイアメントビザがあります。

仲介をしてくれた会社は、積極的にジョホールバルへの投資も積み重ねて、日系としては始めて政府公認のMM2H取得サロンにも認定されました。

つまり将来的に、日本からマレーシアジョホールバルの居住者が増えた時に、僕たちが投資をした不動産物件に、移住した日本人が住んでくれる。

日本人が住めるコンドミニアムということで、他の外国人駐在員の方々も集まってくる。結果として、安定して毎月の家賃収入が入って来るようになりますからね。

自分が現地に住んで密な管理が出来るわけでは無い、海外の不動産投資をする際には、この完成後、購入後の管理体制が、投資としては一番重要なわけなんですね。

現地日系業者さんたちと僕たちが投資している案件の根本的な違い

マレーシアジョホールバルは、僕たちインターネットマーケターたちが仲間内で2010年からジョホールバルに関しての記事を発信し続けたこともあり、日本人からの注目が集まっています。

それをビジネスチャンスと捉えた日系の業者さんたちが、続々とジョホールバル入りを果たしています。深センから進出した系、クアラルンプールから進出した系、シンガポールから進出した系、ネットワークビジネス系の個人ブロガー、沢山の業者さんたちが、日夜ブログやインターネットでの宣伝広告を投入したり、メールマガジンを配信したり頑張っていらっしゃいます。

その一貫として行き過ぎた方々が、目の上のたんこぶ的な存在である、僕の名前+ネガティブキーワードを抑えて、自作自演の僕たちを叩く目的のブログやWEBサイトを立ちあげていたり、アチコチに書き込みをしたりされてしまっていますが・・・(まあ、僕はインターネットマーケターなので、どこの日系業者さんが、僕たちを叩いているのか、よく分かっていますが。。僕達にはやましいことは一切無いので、聴いてくれれば具体的に答えられます。)。

今ジョホールバルでは、イスカンダルプロジェクトの波にのって、ジョホールバル現地のデベロッパーがあちこちでプロジェクトを立ち上げていますが、こういった日系業者さんは、各デベロッパーやその現地代理店と、エージェント契約をして、案件の資料をもらって、宣伝広告活動をしたり、現地ツアーを組んで紹介したりするわけですね。

そこで、物件一件の契約が決まったら、デベロッパーからコミッションが入ってくるわけなんです。

そして、一つの業者さんが、とにかく複数のデベロッパーや代理店と契約して、一つ当たりに誘導して、購入まで結び付けられる人数が圧倒的に少ないわけなんです。

そんな形で、購入後、完成後の管理サポート業務なんて、到底出来るわけがないんですよ。

せいぜいやれて、購入するまでの手続き的なこと。書類のこととか、やり取りに困った時に、問合せ対応に応じてしてくれる、管理サポートと言っても消極的なサポートしかしてくれないんです。

でも、僕たちが投資している不動産は、根本から異なります。契約のサポートは当たり前過ぎてお話にもでないですが、集団の力と資本の力を駆使して、デベロッパーの大元とガッチリ組んで、街づくりからやっているんです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】マレーシアジョホールバルの基礎を勉強してみる①

マレーシアジョホールバル。そこは僕が投資用として、資産運用目的として、合計3軒のコンドミニアムを購入してしまった地でもあります

【斬】マレーシアHSBCプレミアから銀行融資を受けて不動産購入してみた②

マレーシアジョホールバルで、プレビルドのコンドミニアムを3軒購入しました。この時、マレーシアリタイアメントビザMM2H、マレー

【斬】ジョホールバルで出てきた新案件、金融アビリティを現金化できるチャンス到来

僕が2011年1月1日から移住した町、マレーシアのジョホール・バルでは、2012年も着実な発展が進み、今年2013年も、さらに

【斬】ジョホールバルに購入した不動産は法律で固く守られている

マレーシアジョホールバルの不動産投資・・・というと、日本人にとってマレーシアはまだまだ新興国というイメージがあり、「購入するの



dept