借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】アメブロ発の商品(モノ・情報・サービス)を提供してみる

1対1の個人面談に始まり、5名規模オフ会、10名規模オフ会、20名規模セミナー、50名・100名・200名規模セミナー、そして10名から20名規模合宿やツアーの内容を収録・撮影したものを有効活用して、本格的なビジネスに活用します。その具体的な方法とは?

商品(モノ・情報・サービス)を提供する

アメブロ発のオフのイベント・・・これは全員が参加できるわけではありません。1対1の個人面談に始まり、5名規模オフ会、10名規模オフ会、20名規模セミナー、50名・100名・200名規模セミナー、そして10名から20名規模合宿やツアー、本当は参加したかったのに、時間的、場所的・・・様々な都合から参加できなかった読者さんたちがどうして出てきてしまいます。

さらには、オフイベントのレビュー投稿をアメブロで見て、そのオフイベントで語られた内容を自分も知りたい、聞いてみたい、観てみたいという読者さんたちも出てくると思います。写真・文章からのレビュー記事から見たイベントが、盛り上がってそうであればある程、楽しそうであればある程、そういう要望が高まって来るのです。

そんな時に満を持して発売するのが、オフイベントを収録した音声・映像、さらにはその書き起こしファイルを加工したもの、これらを情報コンテンツとして販売することです。

通称「情報販売ビジネス」です。

有料オフ会や有料セミナーの場合イベント代と同じ金額で販売することが可能です。さらには、追加の情報コンテンツや、専用SNSへのなどへの参加権利、個別メール相談などの各種情報やサービスを付加価値としてセットにすることで、実際のオフ会やセミナー代以上の価格設定をして商品提供することも可能です。

今あなたに読んで頂いているこの記事自体が「アメンバー限定」記事であるように、アメンバー限定という形で、音声や映像を投稿することにして、この「アメンバー」になる権利自体を別途販売することも可能です。

さらに年間開催される様々なオフの集いが開催される度に、必ずそのオフイベントに纏わる音声や映像を配布する約束をして、月額課金の塾のような形で運営することも可能ですね。

しかも情報コンテンツの場合は、物販用の商品と違い「現実世界」の在庫がいりません。専用スペースにアクセス可能な権利と、文章・音声・映像コンテンツのダウンロードできる権利自体を販売するだけですので、それを欲しいと思う読者さんがいる限り、上限なく販売し続けることが可能なのですね。

これによって、小資本の個人でも、着実に利益を叩き出しながら情報コンテンツの販売事業を継続し続けることができるのです。そしてこれは、通常のアメブロ記事コンテンツを継続的に・定期的に投稿し続けることで、信頼と評価を獲得すればする程、新しい読者が増えれば増える程、提示できる情報の量と質が上がれば上がるほど、大きな売り上げと利益を生むビジネスへと成長していくのです。

さらには、アイディアに基づく組み合わせや組み合わせ次第では、無限に商品を生み出し続けることも可能なのです。

【情報販売ビジネスにおいて商品化できるものアイディア例】

以下のように情報とサービスを複合化させることでより価値が高まります。

  • 1対1個人面談複数回の収録MP3音声ファイル+Skype個人面談権
  • セミナー収録動画+音声MP3ファイル+書き起こしまとめPDFファイル+SNSコミュニティ (SNSコミュニティにはセミナーに参加した方+商品購入頂いた方両方が参加可能)
  • 毎月一度定期開催オフ会音声MP3ファイル+書き起こしまとめPDFファイル+SNSコミュニティ  これを月額課金サービス化させる

もしくはこの融合・究極体で・・・【会員組織化】。年間定期的/臨時で開催される、5名規模オフ会、10名規模オフ会、20名規模セミナー、50名・100名・200名規模セミナー、そして10名から20名規模合宿やツアーに、必要最低限のコストだけ支払い何度でも参加可能。さらにそれらで収録した音声・映像を全て閲覧可能。加えて会員全員がコミュニケーション可能なSNSコミュニティを融合させた「会員組織化」も可能です。料金体系も、会員組織の開催期間やオフイベント、配布映像・音声などの頻度によって、一度に課金するか、月額課金するかを、ご自身の判断基準に基づいて決定頂くことが可能ですね。

ちなみに僕の場合は、他の2人のパートナーと一緒に「秘密倶楽部」的なものを主催しています。10年間の活動費が合計36万円で「少しでも納得いかない場合10年後に無条件で全額返金」という全額返金保証までつけています。2011年7月1日に正式スタート後、一年間経過した2012年7月時点で646名の会員がいます。

全額返金保証発動前ですが、2億3,256万円の売上があったことになりますね。WEB中心の活動なので経費もほとんどかかりません。この段階では副業という形ではなく、本業になってしまいますよね。

1

http://100okuyen.com/

2

3

会員限定のSNSのアクセスですがスタート一年後が経った今も、毎日5,000から10,000のページビューアクセスが来るほど盛り上がっています。

こういう形の会員組織が運営できるようになるまでには、当然のことながら「サーバー世界」の中での、それ相当の信頼と評価が必要になります。そのためにもとにかく「WEBメディア媒体」運営の基本に忠実に実行し続ける。

【「WEBメディア媒体」運営の基本】

  • 自分のライフスタイルを決める
  • ライフスタイルを元にしたタイトルの「WEBメディア媒体」を運営する
  • ライフスタイルに沿ったテーマの情報を定期的に継続的に発信し続ける
  • テーマに沿ったオンラインイベントを開催する
  • テーマに沿ったオフラインイベントを開催する
  • 十分な信頼と評価を勝ち取った後で、発生した価値をお金に交換する

この姿勢でアメブロを運営する必要があるのです。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】アメブロに理想な記事コンテンツの長さを考えてみる

アメブロの記事コンテンツの長さはどの位なのかを考えてみましょう。質問がチラリホラリとありましたのでこのトピックを立ちあげさせて

【斬】アメブロにFacebookなどのSNSガジェットを設置してみる

「アメブロの右側に表示されているFacebook、TwitterなどのSNSのガジェットはどうやって設置したんですか?」最近そ

【斬】動画をアメブロのメッセージボードに設置してみる

アメブロのメッセージボードに動画を設置してみます。YouTubeにアップした動画を使ってみましょう。アメブロに訪れてくれた読者

【斬】メディア運営初心者はアメブロから

Webメディア媒体運営の初心者はアメブロから始めた方が良い理由とは? それは開始してすぐに周りのユーザーや読者たちから反応・反



dept