借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
平城寿@SOHO式影響力の帝王学 > ソーシャルメディア活用して影響力構築

「妻に話かけるとめんどくさそう。くだらない話は無視される。」の末期状態から這い上がり男性が「財」で昇る「配役」を獲得する秘術

level006
「妻に話かけるとめんどくさそう。くだらない話は無視される。」の末期状態から這い上がり男性が「財」で昇る「配役」を獲得する秘術

これまで「鑑定」をはじめとした「相談事」の中で寄せられた、「既婚男性」から圧倒的に多いのは、

「妻に話かけるとめんどくさそう。くだらない話は無視される。SEXも避けられる。所得が低いので、ため息ばかりされる。」
   
・・・という不安や悩み。
 
一見サラッと流してしまいそうな、どこにでもありそうな「既婚男性」の日常であるが。

この状態から脱することができなければ、夫である男性が「所得」を上げることは困難。
 
「男女の陰陽太極図」的に見ると、かなり「末期」な状態。
 
「別居」「離婚」に至っていないのが、まだ「救い」・・・という糸数本でつながっている段階であることが分かる。

妻に話かけるとめんどくさそう。

 
まずは、
 
「妻に話かけるとめんどくさそう。くだらない話は無視される。」

という部分。
 
この状況の背景にあるものは、奥様である女性の方から積極的に「お話」して来ないという状態。
  
本来であれば、「女性」は一日に「約6,000語~1万語」はお話をしないと、寝れないと言われている。
 
「気」がある相手が、同じ部屋にいる時には、真っ先に「お話」をしたがるのが女性。
 
本来であれば、男性の方から女性に声かけた場合、それがキッカケとなって、1時間ほどは「お話」をしてくるはずである。
 
そうでなくても、忙しそうにしていればいるほど、積極的に声をかけてくるのが女性である。
  
にも関わらず、
 
「夫の方から声をかけても、妻が面倒くさそう・・・」
 
・・・ということは、その後に奥様のお話が続いていないことを意味している。
 
「男女の陰陽太極図」に基づけば、「女性」は「お話」をすればするほど、頭の中の整理ができると同時に、スッキリとして行く。
  
そして、「女性」としての「力」が、パワーアップして行くことになる。「お話」すればするほどに。
  
だからこの場合、奥様の方も夫である男性と一緒にいる状態は苦痛であり、時間を重ねれば重ねる程、「気」が減退して行き、同時に「女性としての力」も大幅に減退して行くことが想像できる。
 
つまり、奥様の顔つきがどのような状態になっているのか?

  • 旦那様を細めかつ横目で見る
  • 口元がへの字になっている
  • 鼻の穴が見える角度まで顔が上がっている
  • ため息ばかりが出て口が半開きになった状態

・・・などなど。

統計学的な見地から容易に算出することができる。
  
仮にこの状態にも関わらず、奥様が輝いていたり、生き生きとしていたりしたとしたら・・・。
 
おそらくは、他にお話を聴いてくれる「パートナー」が別にいることまで容易に推測することができる。

次に「SEXも避けられる」という部分

男性が闘う上で、唯一の「原動力」とも言っても過言ではない程、重要な位置づけを締める女性との「SEX」。
  
男性がもともと持っている生命力や年齢、食生活や生活習慣の問題から、「ED」になってしまっている状態であれば話はまた別角度であるが。
 
「SEXも避けられる」という状態は、この場合の男性はまだ「現役」であることが分かる。
  
男性が奥様に対して、「その気になる」ということは、奥様も生物的には「現役」である状態。
 
「現役」の男性の方から「現役」の奥様に対して、「SEX」を誘っているにも関わらず拒否をされ続けるということ。
 
仮にこの状態が、数ヶ月間、数年間単位で続いていたとしたら。男女が「恋人」としての相対関係が「破綻」していることになる。
 
もともと「陽の気」を持つ男性は、女性からもらえる「陰の気」によって、「男性」としての力を活性化させることができる。
 
「SEX」というものには、子孫繁栄以外にも、「男性の陽気」と「女性の陽気」を一巡させることで、男女共にその力を活性化させるという力がある。
 
(※この概念と原理原則が「房中術」へとつながっていく・・・)
  
「SEX」により、女性から「陰の気」をもらうことができない「現役」の男性は。外の世界で力強く闘うことができない。
  
1,000年以上前に原本が書かれたとされる古代華僑の教えに、次のように記されている(by「帝王学」)。
 
「天は左に動き、地は右に回っている。春夏が去ると、秋、冬と継承する。男性が女性を誘うと、女性は追随する。このことは決まった道理ともいえる。もし男性が誘いのサインを出しているのに、女性が受けず。女性にそれが現れているのに、男性が聞き入れなければ、まもなく男性は心身を損する。女性も心身を損したり傷を負ったりする。これは陰陽の運行の争いで、天と地が背いて離れたことに由るもの。」
 
常に心身に障害を負ったような状態になり、ビジネスの世界で致命的なディスアドバンテージとなる。心身の脆弱な男は、自ずと自分よりも屈強な男性に従い続けることを余儀なくされる。 
 
この状態では、サラリーマンの場合は出世することはできないし。経営者としては、ビジネスを立ち上げたり、ビジネスを拡大・継続することはできない。
 
生涯に渡り闘い続けることが宿命づけられた男性にとって仕事がうまくいかない状態が続いてしまうことは深刻。
 
当然ながら、サラリーマンにしても、経営者にしても、その状態で収入が上がるわけもなく、「所得が低いので、ため息ばかりされる。」状態が続く。
  
さらに、「お金」の問題を抱えてしまうと、奥様に対して十分な「りんご」を提供できないことで,
ますます奥様との人間関係が悪化。
 
「所得が低いので、ため息ばかりされる。」状態がさらに悪化する。
 
一度この状態に陥ると、なかなか立ち直れない。
 
それどころか・・・貧すれば鈍する。鈍すれば貧する。
 
負のスパイラルに突入してしまい、ますます夫婦・恋人間の関係は悪化し、夫婦間の交流は無くなり、それに伴い、ビジネスもますますうまくいかなくなる。
 
この状態での妻は夫男性にとって言わば「サゲマン」の状態になっている。
 
ただし・・・
 
男性:「ほれ見たことか!オレが調子わるいのは、妻が毎日エッチさせてくれないからだ!」
  
・・・と、「男性の情報時空」上では、考えてしまいがちになるが、実はこの問題の根源をつくってしまっているのは、「100%男性」であることを、僕たち男性は知る必要がある。
  
自分のパートナーである奥様を女性を「アゲマン」にできるか?「サゲマン」になるか?
 
これは男性が女性に対してどのように立ち振る舞うかによって大きく変わってくる。
 
よく、「男女の陰陽太極図」を元に、男女間の人間関係の問題を語る時。
  
「卵が先か、鶏が先か」
 
・・・という議論が、繰り広げられたりするが。
 
男女間においては、この答えは決まっている。
 
「100%男性が先に・・・」というのが正解である。
 
男女間の「エネルギーの法則」から見ると、「男性が女性に与えると、女性は追随する。」という作用が働くからだ。
 
また、男女それぞれの能力を相対的に見くらべた時。「知恵」という部分では、明らかに女性の方が上である。「知恵」において、男性は女性と比べ遥かに劣る。
 
男女間の関係性が崩壊していると、男女間の「気」の交流問題だけでなく、「知恵」というものを女性も働かなくなるし、男性に対してくれなくなる。
 
従って、男性は「知恵」の武装ができない状態に陥る。そして、大多数の夫婦の実態を調査して行くと・・・
 
女性の読者さんから、投稿されたメッセージが核心を貫かれていたので拝借させて頂くと・・。
 
I.H.さん:「女性は充分成熟してますよ。もう、これ以上努力しなくていいと感じます。」
 
I.H.さんのおっしゃることは確かである。
  
奥様である女性と対話をしてみると、明らかに夫である男性よりも俯瞰レベルは高く「聡明」であり、現状をよく把握されている。
 
特に日本において、また過去から現代において、「今日」ほど、女性の教育が進み、女性が思慮深い言動を持って男性に接してくれている時代は皆無。
 
つまり、多くの今日を生きる男性たちは、成熟した女性に対して、甘えているだけに過ぎない!(キッパリ)
 
・・・と、俯瞰レベルを上げて分析することができる。
 
・・・ということで、
  
「妻に話かけるとめんどくさそう。くだらない話は無視される。SEXも避けられる。所得が低いので、ため息ばかりされる。」
 
この問題を引き起こしているのは、「100%夫である男性」が問題の根源であると言語化することができる。
 
それならば・・・
 
問題を解消して、男女の相対関係を正常化するために、男性が外の世界で闘う力を得るために、男性から働きかけるためには、どうしたら良いのか?はじめの「一手」としては、何からはじめれば良いのだろうか?
 
それは・・・
 
現代社会において、最も影響力と効果がある一手は、女性である奥様との「対話術」である。
 
一度に全ての問題を、解消することは困難であるが、まだ「離婚」や「別居」に至っていない状態であれば、女性との「対話術」を習得するだけで、問題の50%以上は解消できると、過去の実績から分析できる。
 
女性の時空視点で・・・

  • 「会話」が合わない
  • 「気」が合わない
  • 「身体」が合わない

・・・という流れで、夫婦における男女間の問題が悪化するプロセスが多く確認されていることから。
 
女性の時空視点で・・・

  • 「会話」が合う
  • 「気」が合う
  • 「身体」が合う

・・・と、逆回転させることを試みた手法である。
 
夫婦それぞれの骨格や門によって、男女全員に通用する方法とは言えないかもしれないが。非常に多くの組み合わせにおいて、有効的な処方でもあるので。
 
完全女人禁制イベント『エデンの園(アダム)』では、まずは「対話術」について、参加された男性たちに習得頂くべく、参加者二組のペアになってもらいながら、徹底的に「鍛錬」をして行きたいと考えている。
  
最後にひとついうと、これはあくまでも「帝王学」に基づいたものであり。世の中全ての男性に、適用させる必要もない。大勢のダメな人間がいて、一部の人たちだけが「財」を手にする・・・という「矛盾」の相対関係が発生している中。
 
「財」の分野で、上に昇りたい「男性」だけが、習得すべき「秘術」であり。現状維持、もしくは、現状から堕ちていくことに甘んじている世の中の大多数の男性は、「知らなくてもよい」と、言い切ることができる。
 
・・・ということで、「財」の部分で上に昇る「配役」を獲得することが、人生の中での「やりたいこと」の1つになっている男性のみ、当日駆けつけて頂き。僕たち2人との熱い対話を繰り広げて欲しいのである。
  
完全女人禁制限定イベント『エデンの園(アダム)』で女性との「対話術」を習得しよう!
(※「独身」「既婚」両方に重要な「秘術」であるのでどちらの会も伝授させて頂く。)  
 
各回定員20名まで!お申込期限:2017/10/11(水)24時まで!
https://hirajoshiki.com/fukan/eden-tokyo/
 
 

追伸

 
今回は、「男性」限定のイベントだけでなく、

  • 「既婚女性」限定イベント
  • 「独身女性」限定イベント

も以下のスケジュールにて開催される。
 
ご自身に合った条件の「イベント」を選択頂きたい。

2017年10月14日(土)
10時~14時:エデンの園・アダム編(既婚男性限定)
15時~19時:エデンの園・イブ編(既婚女性限定)
懇親会:20時~22時
 
2017年10月15日(日)
10時~14時:エデンの園・アダム編(独身男性限定)
15時~19時:エデンの園・イブ編(独身女性限定)
懇親会:20時~22時

なお、各日共による20時~22時まで、「懇親会」を行う。
 
こちらは、男女混合のイベントとなる。

・10月14日(土)20時~22時
「既婚男女」懇親会
 
・10月15日(日)20時~22時
「独身男女」懇親会

banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】最後の合宿!平城寿が公開するfacebookビジネス構築法

【帝】最後の合宿!平城寿が公開するfacebookビジネス構築法

僕の盟友、平城寿氏のfacebookお友達5,000名に到達したのは、氏がfacebookをスタートして情報発信をしだしてから

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】ミスターKがハワイで授けてくださった教材は時空の兆し!?

【帝】ミスターKがハワイで授けてくださった教材は時空の兆し!?

ミスターK:「孔明クン、メルマガ見たんだけど、今ハワイに来てるの?」 孔明:「はい。今ハワイです!」 ミスターK:「俺もワイキ

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
3人の男の「愛の力」で構築されたパリの街

3人の男の「愛の力」で構築されたパリの街

フランスのパリで滞在し、現地を取材して行く中で、今のパリが造られた根底的な人物として、3人の偉大な英雄たちを欠かすことはできな

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】地獄の合宿!平城寿が公開したfacebookビジネス構築法2.0

【帝】地獄の合宿!平城寿が公開したfacebookビジネス構築法2.0

平城寿と真田孔明。 僕たちは、自分が持っている物を出し惜しみすることはない。 ````````````````````````



dept