借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
平城寿@SOHO式影響力の帝王学 > ソーシャルメディア活用して影響力構築

男たちに贈る詩『ミラボー橋』@パリ「失恋」とは男がすべきものだ・・・

level006
男たちに贈る詩『ミラボー橋』@パリ「失恋」とは男がすべきものだ・・・

フランス・パリに伝わる名詩『ミラボー橋』実際の「ミラボー橋」を見てきた。アポリネールというフランスの詩人。19歳の時、母と弟とともに、イタリアからパリに来た。
  
時を同じくして、パブロ・ピカソは、スペインからパリに出て来て「モンマルトル」の安アパートにアトリエを構えて制作活動を行っていた。

安アパートは、日本で言うところの手塚治虫らの「トキワ荘」のようになっていて。当時の若手芸術家たちが出入り。新しい芸術活動を創り上げようと熱気に包まれていた。
 
そんな1907年5月、アポリネールは、ピカソの個展で、画学生だった、ローランサンを紹介された。2人はたちまち恋に落ちた。アンリ・ルソーが、アポリネールとローランサンの肖像画をもとにした『詩人に霊感を与えるミューズ』という対策を展覧会に出品したことで、2人の恋愛は芸能関係者たちに広く知れ渡るところになった。
 
そんな中、2人の家の間にある、「ミラボー橋」は、デートを楽しんでいた思い出の橋だった。けれども、2人の恋は終わりを告げる。
 
ローランサンがアポリネールに対して、本当はアポリネールに関係無かった盗難事件で間違えて逮捕されてしまったことで。冷たくなったことがキッカケで。。。アポリネールは「失恋」した。
 
そんな時に唄った詩。。。
  
『ミラボー橋』
 
ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ
われ等の恋が流れる
わたしは思い出す
悩みのあとには楽しみが来ると
 
日が暮れて鐘が鳴る
月日は流れわたしは残る
 
手と手をつなぎ顔と顔を向け合おう
こうしていると
われらの腕の橋の下を
疲れた無窮の時が流れる
 
日が暮れて鐘が鳴る
月日は流れわたしは残る
 
流れる水のように恋もまた死んで逝く
恋もまた死んで逝く
生命ばかりが長く
希望ばかりが大きい
 
日が暮れて鐘が鳴る
月日は流れわたしは残る
 
日が去り月が行き
過ぎた時も
昔の恋も、ふたたびは帰らない
ミラボー橋の下をセーヌ河が流れる
 
日が暮れて鐘が鳴る
月日は流れわたしは残る
 

・・・僕たち男たちにとっては、とてもとても共感できる詩である。
  
・・・ということで、一度冷めてしまった「女の心」は、セーヌ川の流れ行く水の如く二度とは戻ることはないと。全ての僕たち男性は、認識する必要がある。
  
特に激しく燃え上がった恋愛ほど、時の経過と共に、女性は冷めてしまいがちであると。。
   
たとえば・・・  
 
男性:「今日はエッチしないの?(T_T)」
 
・・・とか、女性に聴いている時点で、もう「恋愛」は終わっているのだ。
 
だってそうでしょう?男女共に「恋愛」の最中は、お互い確認なんかしあわなくても夢中になって抱き合ってしまうものでしょう?
 
全ての男性は、この現実に直視する必要がある。そうじゃないと、生きている時間というものは、「永遠」の如くゆっくりと流れて感じてしまう。
 
ただし、「失恋」というものは、女性にさせるものではなく、僕たち男性だけがするべきもの。最愛の女性がドンドン冷たくなっていく・・・。

  • エッチが無くなり

  • ハグが無くなり

  • チューがなくなり

・・・そして、次第に「縁起」も薄れていく。
  
最終的に女性に「振られて」、僕たちは「失恋」する。僕たち男性の元から元気よくミライに向かって女性が旅立っていった時・・・
  
その後姿を見ながら、涙を流そう。そして、しっかりと送り出そう!けれども、そこからは、僕たちち男性も、再び両足で大地を踏みしめ、上を向いて歩こう。
 
・・・ということで、前回の『エデンの園』でも、「過去の失恋」がトラウマのようになり、新しい恋愛ができないという男性たちもかなりいた。
 
自虐的になって、男性としての生物活動を休止状態にしてしまわないためにも、「失恋」の対処法もしっかりと言語化して行きたいと思う。

『エデンの園』と『エデンの晩餐会』の開催詳細

『エデンの園』と『エデンの晩餐会』の開催当日のスケジュール・詳細は、以下のようになっている。

初日「独身男女」向け  
・ 9時~13時:独身男性の部(開場:8時45分)  
・14時~18時:独身女性の部(開場:13時45分)  
・19時~21時:命運のマッチングパーティー『エデンの晩餐会』
※パーティーは1時間延長の可能性あり
 
2日目「既婚男女」向け
・9時~13時:既婚男性の部(開場:8時45分)  
・14時~18時:既婚女性の部(開場:13時45分)  
・19時~21時:交流会『りんごの会』  
※交流会は1時間延長の可能性あり
 
会場
・昼の部:会議室・セミナー会場など  
・夜の部:会議室近くの懇親会場
 
☆定員 
・独身男女向け:男女ともに各回20名迄  
・既婚男女向け:男女ともに各回10名迄 
 
☆参加費用
・昼の部:9,800円  
・夜の部:5,000円(飲み放題付き)
 
※以下の「参考資料」の中に記載されている、URLをクリックして「事前申込」の登録を完了させて頂きたい。
 
日時・場所が確定した時点で、別途参加申し込み方法をご連絡させて頂く。
 
☆参考資料
・独身男女向け『エデンの晩餐会』資料  
 https://hirajoshiki.com/eden  
   
・既婚男女向け『りんごの会』資料  
 https://hirajoshiki.com/ringo

banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】「付加価値」を生み出せると収入の限界突破ができる

【帝】「付加価値」を生み出せると収入の限界突破ができる

すべての「仕事」は、「付加価値」を生みだすから「仕事」と認識される。自分が働くことで、物事に「付加価値」がつくから、「仕事」と

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
時間とお金の約束を守れると愛とお金に恵まれる法則

時間とお金の約束を守れると愛とお金に恵まれる法則

稼ぐのが得意だし、愛にも恵まれている系のビジネスマンと飲んでいる時に、話題に出てくることがある。    それは・・・   「や

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
男性脳と女性脳の違いが生む『スレ違い』

男性脳と女性脳の違いが生む『スレ違い』

平城寿@SOHOです。    エデンの園の参加特典として、私との60分間のオンラインでの個別相談の時間が設けられている。   

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
平城寿が公開する「情報工学」を駆使した「影響力の帝王学」を都内某五つ星ホテルのスイートルームで24時間かけて学ぶ

【帝】平城寿が公開する「情報工学」を駆使した「影響力の帝王学」を都内某五つ星ホテルのスイートルームで24時間かけて学ぶ

7月28日(火)から29日(水)、東京の夜景を一望できる、某五つ星ホテルのスイートルームにて。 キングJ(ジェイ)こと平城寿の



dept