借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術 > 投資MAPナビ/勝てる投資はココにあった

【帝】日本国内でフィリピン銀行口座開設フィリピンマカティの不動産「インハウスローン」

level002
【帝】日本国内でフィリピン銀行口座開設フィリピンマカティの不動産「インハウスローン」

銀行担当者:
「午前9時から午後2時まで来た頂ければ幸いです。
 ご準備して頂きたいもの物:
 1、パスポート(原本)
 2、運転か保険書(原本)
 3、写真 (2枚 証明サイズ30mmX24mm)
 4、不動産開発の紹介状、購入申込書もしくは 売買契約書
 5、当初預け入れ額;送金手数料;送料(役30,000円~)
 ご不明な点がありましたら、ご気軽に連絡お願い致します。宜しくお願い致します。」
・・・フィリピン某銀行の担当者の方より、少しカタコト感のあるメールを受け取った僕は、家族と共に、東京某所の某フィリピン銀行まで赴いた。フィリピン某銀行の銀行口座を開設するためである。

【帝】日本国内でフィリピン銀行口座開設フィリピンマカティの不動産「インハウスローン」

しかも、日本国内にいながら・・・。フィリピンではすでに、HSBC銀行の口座を所有しチョビチョビと活用している。

なぜいまさら新たに、フィリピン国内銀行の口座を開設する必要があるのか?

理由は、フィリピン特有のしくみ「インハウスローン」を活用させて頂くためである。

フィリピンセブのシャングリラホテル隣の、コンドミニアム最上階を2部屋ぶち抜きスタイルで購入した不動産物件は、完成後支払う50%の残金を、今年、現金一撃で支払ってしまった。

そして、次はフィリピン首都マニラのマカティで購入したコンドミニアムの残金約50%を現金で支払うことになる。

しかし、よくよく考えてみれば、まだ売却できるタイミングでもないし、だらだらとやっていた方がいいな。。

「そうだ、フィリピンのインハウスローンを活用しよう!」

・・・と考えたのだ。少し調べてみると、実は「インハウスローン」を活用するといろいろ利点があると思えてきた。

まず、仮に「インハウスローン」を活用している間に転売が決まったりすると、名義を変えないで転売可能なので、フィリピン国内で転売にまつわる税金が節約できたりするらしい。。

「インハウスローン」の金利は、フィリピンのリタイアメントビザ、SRRVビザ無しの場合年利12%。(ビザアリだと9%)

しかしこれは、残金に対してなので、物件価格から比較すれば、約5%位の金利と同じとも考えられる。

「地下ソサエティ」メンバーの一人に、マカティ物件の賃貸業を営んでいらっしゃる方に、お願いすることを決めていることもあり。マカティの不動産物件は、賃貸で貸し出すことを計画しているため、うまくいけば、「インハウスローン」と行って来いができるかもしれない。

あくまでも投資なので、確実に賃貸で回せる・・・ということは無いが、不動産物件の価格が、購入価格以上に上がるまで、ダラダラと先延ばしにできればそれでいい・・・。

30階以上の階数と、部屋の向きには、かなり自信があるので・・・。という安易感極まりない発想である。

2010年にフィリピン不動産に目をつけはじめた

ちなみに、フィリピン首都マニラ最大のビジネスエリアマカティのコンドミニアムを購入したのは2010年。

【帝】日本国内でフィリピン銀行口座開設フィリピンマカティの不動産「インハウスローン」

僕がサラリーマンとして、中国駐在をしていた時のこと。なぜ、フィリピンマカティの
コンドミニアムを購入したのか?

当時を振り返ってみると・・・。

※情報は2010年当時時点のもの

「不動産投資」を行う上で最も重要なもの。それはその国の人口分布図。年齢ごとの男女に分けて、10年後、30年後、50年後の未来まで、一体どのような人口統計でその国の人口が形成されるのか?綺麗なピラミッドが成り立つ国は、若い世代の人口が多く、豊富な労働力を背景に、確実に大きく経済成長する。

大きく経済成長する国は、堅実に不動産価格が上昇する。かつての日本がそうだったように・・・。

ここに注目して各国を見渡してみると、とある国が浮かび上がって来る。

それはフィリピン。

2050年までの未来を見据えた時、世界でも有数の綺麗な人口統計図を見せてくれている。

2040年までには1億4,000万人まで増加すると予想。人口が増加する国は、必ず将来不動産に対して大きな需要があり、不動産価格は堅実に上昇していくと考え、まず不動産を購入するターゲットをフィリピンに絞ってみた。

2010年に考察したフィリピンの伸びしろ

フィリピンに注目すべきもう一つのポイント。それは、世界で最も低所得な英語圏であること。

フィリピン人のしゃべる英語。アジア各国の中で唯一と言っても過言ではないほど、非常に流暢で綺麗。

この点から期待できること。それは、今後世界中で「人材」のグローバル化が進み、コスト削減、合理化が進んで行けば。かつて世界中の「生産部門」が「中国本土」に移動していったように、「英語を話せる格安の人材」という視点で、ビジネスがドンドンフィリピンにシフトしていくことが予測できる。

「英語が話せる格安の人材」。たとえば世界中のグローバル大手企業の、

  • コールセンター
  • テレフォンオペレーションセンター
  • ホテルの予約センター
  • チケット等の予約センター

・・・顧客と直接対面しなくてよい属性の業務を中心に、続々とフィリピンへと拠点をシフトさせて行く。

たとえば、フィリピン人を雇用・管理・教育するために、各国から続々と、ホワイトカラー層の本社スタッフたちが、移り住んでくることになる。

これによって、たとえ高級不動産物件であっても、多くの需要が増すことになる。

さらには、海外への「人材輸出」。

香港の公園を訪れると、毎週土日には数百人、数千人。現地で「アマさん」と言われるフィリピン人の「住み込み型の家政婦さん」たちがごった返している。

これまでは、

  • 住み込み型家政婦
  • 医療の現場職
  • 介護の現場職
  • 建築の現場職

このようなブルーカラー層の人材輸出が中心だったが、経済が成長するに従って、次第にシステムエンジニア、プログラマーなど、ホワイトカラー系の人たちも、世界で活躍し出している。

たとえば、フィリピン国内では月給4万円のフィリピン人のSE職の人が、アメリカに行って働けば、その10倍以上の年収を稼ぎ出す。

数年間アメリカでお金を稼いだ後、フィリピンに戻って来る。彼らや彼らの家族は、高級不動産物件を購入して、住まいを構える。

今日現在でも、人口の約10%が世界中に出稼ぎという形で、「人材の輸出」がされ、お金を稼いでいる。

「英語の人材」を軸にしたフィリピンの可能性

  • 海外からのビジネス誘致
  • 海外への人材輸出

この2つのモデルは、将来的にますます加速的に増加。それに伴い、不動産物件の需要も、従来以上に増加していくことが予測できる。

2010年時点で、「最も低所得な英語圏」ゆえに、人口増加と合わさった、「人材」を軸にした未来の可能性は大きい。

さらに・・・

1、安定した不動産成長
2010年時点で平均9%から13%程度の上昇を見せていた不動産市場。2008年のリーマンショックの影響下であっても、不動産価格は下落しなかった。インフレ・GDPの成長に合わせて、不動産価格の上昇が期待できる。

特に都市部の住宅・コンドミニアム賃貸料の上昇を見ると、

  • 2004年 9.3%
  • 2005年 12.97%
  • 2006年 17.3%
  • 2007年 21.83%

・・・4年間合計60%以上の上昇。

2、高い賃貸利回り
2010年までの、過去20年間平均すると、6%程度のインフレ率。都市部の高級コンドミニアムの賃貸利回りは、9%~11%程度(ネット利回り)。

3、為替メリットへの期待
2010年時点では、歴史的な円高水準。魅力あふれる労働力を軸に安定的な成長が期待できるフィリピン。当時の円高と比べて、先々フィリピンペソという通貨が、値上がりする可能性は高かった。

以上も考慮し、2010年時点の僕は、フィリピンを中国に次ぐ不動産投資対象国と、定めたのである。

2010年に首都マニラマカティ不動産を購入

未来への展望を背景に、2010年の僕はフィリピンでの不動産投資をすることを決意した。

購入したのは、日本で言う東京丸の内に当たる、フィリピンのNO.1ビジネス街マカティにある、コンドミニアム。

僕がフィリピンの中でも、該当物件を購入決断したポイント。

もともとサラリーマンとしての業務が、アジア各国の営業&マーケティング担当。フィリピンの商圏にも多少理解が深かったこともあり、何の抵抗も無かったのだが、あえて挙げさせて頂くと、

1、建築予定地が超一等地
フィリピンのマカティ・・・日本で言う東京丸の内。そのさらにNO.1オフィスビルのすぐ隣の立地。

不動産投資で行う上では、どこの国で会っても立地が一番重要。超一等地に立つ物件の勝ちは、世界中どこでも永続的に上昇をしていく。たとえ不況であったとしても下落しずらいのが特徴。僕が購入した物件は、まさにフィリピンの超一等地だったのだ。

2、信頼のおけるデベロッパーが建設

僕がフィリピンに購入した物件を建築を受け持つデベロッパーは、成長性・安定性・財務指標などの面からは、高水準の会社だった。

3、値上がり益が着実に期待できる
フィリピンの高級コンドミニアムの場合、プレビルドで売りだされる価格に比べて、完成時には大体の物件が30%程度の値上がりをしているとのことだった。

この理由は非常に単純で、年間約6%前後のインフレが起きているから。プレビルドの時に投資をしておけば、物件が完成する5年間で、合計して30%の値上がりを予測。

4、高い家賃利回り
フィリピンの不動産物件は、完成した時に賃貸で人に貸した場合、非常に高い家賃収入をとれることが最も大きな魅力。投資額に対して、年間9%から11%程度の家賃を見込むことが可能。

こと、フィリピンマカティ地区は、比較的安定して不動産価格が上昇しており、年間8%程度の値上がりが予測可能。

同様に家賃についても、年間8%程度の上昇が見込めた。仮に5年間8%ずつの家賃上昇があれば、当初の投資額に対して17%を超える利回りも期待できた。

5、所有権
2010年時点のフィリピンでは、外国人が土地を所有することは認められていなかった。

けれども、コンドミニアムに関しては、そのコンドミニアム全体の外国人比率が40%以下の条件で、所有が認められていた。

新興国の投資ではこの「所有権」があるかどうかが鍵、その点対象コンドミニアムではこの条件が考慮されていた。

6、内装付き
マカティで購入したコンドミニアムの場合、完成時には家具・電化製品なども全て完備した状態で、引渡しがされる。

通常のフィリピンのコンドミニアムのように、後から内装を自分で手配して仕上げる必要が無い。実際はフィリピンに居住していない僕にとって、内装・家具を仕上げること、これは非常に手間がかかる。

最初から家具・電化製品付きで購入できることは、コストの面だけでなく、手間の面でも、非常に大きなメリットがある。

2010年時点のフィリピン不動産物件日記inマカティ
→ http://www.5oku.com/php.html

・・・といった具合である。

先日、中国珠海のコンドミニアムを、+500万円位で、「成行き」利確を決断したばかり。

マカティ不動産も、近い将来的に、少しでもプラスが見込めれば、直ちに利確する予定。

その前に・・・物件購入価格の約50%に当たる部分を、約5年間かけて60回分割で、タラタラと支払い続けよう・・・。。

今回フィリピンの銀行口座を開設して、「インハウスローン」を活用する準備を整えたのである。

マカティのコンドミニアム・・・将来的にどうなることやら。。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
AYACCA(アヤカ)渡邉隆吾氏と行くボホール島(Bohol Island)ツアーに参加

【帝】AYACCA(アヤカ)渡邉隆吾氏と行くボホール島(Bohol Island)ツアーに参加

AYACCA(アヤカ)リゾート土地付き高級戸建住宅 日本総代理店ワールドネット合同会社代表 渡邉隆吾氏と行くボホール島(Boh

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
【帝】個別相談会・100万円で土地付き高級戸建住宅の物件オーナーになる特別な案件

【帝】個別相談会・100万円で土地付き高級戸建住宅の物件オーナーになる特別な案件

まとまったお金が無くとも「海外大家さん」 「孔明さんが羨ましいです。ある程度のまとまった資金があって。私には今、まとまった資金

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
深夜便フィリピンセブに向かう理由@ジョホールバルからチャンギ国際空港へ陸路移動

【帝】深夜便フィリピンセブに向かう理由@ジョホールバルからチャンギ国際空港へ陸路移動

ジョホールバル時間20時、自宅コンドミニアムの前に、一台の車がとまった。リュックサック一つ背中に抱えて乗り込んだ僕。 向かった

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術

【帝】「ヒルトンタイムシェア」の購入体験があまりにもシュール過ぎる

ハワイのリゾートホテル「タイムシェア」の代表格「ヒルトングランドバケーションクラブ(Hilton Grand Vacation



dept