借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】モテる男は結果的にラッキーボーイ

2011年2月。偶然街のイベントで、フェアトレードのボランティアが熊本にある事を知り、当時もてない男らしく暇を持て余していた僕は、ネットを辿り人を辿り、フェアトレードのボランティアに参加する事になった。

当時かかげた僕のロマンは、フェアトレードを通じて貧困層の手助けをする事。

ボランティアに参加していた約20名の顔と名前がようやく一致し、リーダーからの無茶ぶりにも、これは貧困層を助けるためだと言い聞かせ、仕事終わりにミーティングに向かい、資料作ったり台本つくったり、寝る間を惜しんで作業に没頭した。

次第に仕事にも影響がでて、リーダーからの無茶ぶりはさらに勢いをまし、結局、市長や市議会議員、現役アナウンサーも巻き込んだ、6月の大イベントを最後に、ボランティアの限界を感じ、距離をおくことになった。

ガチで本気出せば結果的にラッキーボーイ

ボランティアとはいえ、リーダーの無茶ぶりに対応しただけだとはいえ、フェアトレードを通じて沢山の事を体験する事ができた。

  • 年齢、性別、能力、職業が違う人達との連携
  • 一人だけでは何もできないという事(一人でできる作業量をはるかに超えていた)
  • コミュニケーションの難しさと大切さ
  • 会社がどれだけ組織化されて動いていたかという事

はかないロマンではあったが、それに向かって全力で取り組んだ結果だ。

ボランティアを抜けた後も、当時の仲間とFacebookを通じて交流する機会があり、その中の一人は、地産地消をモットーに素材にこだわったカフェを開き、ボランティア後も何度もお世話になっている。

そのカフェには沖縄や天草の塩など、天然素材の調味料が多数そろえてあり、徐々に健康について興味がでて、その2年後、真田さんに出会い、双龍門第76代継承者グランドマスターに出会い、『気功法』を修得頂く事ができた。当時のロマンと形は違えど、結果的にラッキーな方向に進んでいるのだ。

モテる男が取り組む道はたった一つ

思えば当時、仕事とボランティアに時間をとられ、結果的にほとんどお酒の飲んでいなかった事で、肝臓の負担もあまりなかったのだろう。

肝臓は運気を司る臓器。

もしあの頃、暇を持て余し一人部屋にこもりビールを飲みながら一日中過ごしていたら、肝臓が弱り運気もさがり、意欲も集中力も弱まり、双龍門第76代継承者グランドマスターに出会う事も、東洋医学に興味が湧く事も、モテる男になる事もなかったかもしれない。改めて思えばすごくラッキーな状態じゃないかと思う。

世の中にはセレンディピティやひきよせの法則やらいろいろあるが、モテる男が取り組む道はたった一つ。

『気功法』で内臓を鍛え、ロマンを掲げてガチで本気出して取り組めば、結果的にラッキーな方向に向かうという事だ。

参考元:成功を引き寄せる「セレンディピティ」を起こりやすくするための9の行動原則

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

※内容はすべて、東洋医学の権威でもあられる、三賢者の一人グランドマスターの監修済みである。

・グランドマスター・先生(通称:グランドマスター)
禁忌レベルの学問「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」と「参の禁忌:覇王のための運命調整学」の鍵を握る「禁断の賢者」。四柱推命鑑定を元に体の問題を全て洗い出し、西洋医学の世界では難病とされている、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血、白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝硬変、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、がん、など、数々の難病を指先の気功施術と生薬の配合のみで治療してしまう天才的なTCMドクターであり。四柱推命をはじめとした世界各国の占術を極めたグランドマスターでもある。

・青木四郎
「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」の一つ『気功法』を使いこなす「勇者」。真田孔明と共にグランドマスターから「気功法」を直接伝授された。『気功法』に出会うまでは、天然ボケ、物忘れが多い、遅刻が多い、仕事中も集中力が続かない、事ある毎に上司に注意されうつ気味、夜のスタミナに自信がない、好奇心が薄れ何をしても冷めている・・・と誰が見てももてない男の一員だった。仕事で失敗しても上司に口ごたえすることもできずに、帰宅後発泡酒とハイボールを飲んでストレス解消しなまけもののような日々を送り、健康診断ではメタボ予備軍と言われダイエットに取り組むものの1週間と続いた試しがなかったが。『気功法』に取り組んでわずか4日後・・・明らかに下半身が今までと違う感覚を覚えた。眠れる獅子が悠久の時を待っていたかのように熱く燃え上がるかのように、仕事でも集中力の違いを感じるように。現在は、『気功法』の鍛練を通じ昼も夜も余裕たっぷりにアグレッシブに活動できている実体験を元に、女性はもちろん、年齢、性別、趣味、職業、国籍を超えた「モテる男」の育成のため『モテる男の肝腎気功強化部』を立ち上げ、『気功法』の伝達に日々努めている。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】もてない男は経験に学び、モテる男は歴史に学ぶ

バブル時代をリアルに知らずに、すくすくと育ったもてない男だった僕は、中学生の頃に起きた「淡路阪神大震災」や「地下鉄サリン事件」

【帝】チャンスに飛び込める力量。モテる男は未知の世界を楽しめる

ひょんな事からブラック企業に勤め、月の残業80時間越えで、過労と軽いうつで退社した同級生の近藤君は、仕事を辞め暇な時間を埋める

【帝】海外ノマドのモテる男から学ぶメリハリの基準

知人のハイパーノマドエンジニアは、世界中をまたにかけて旅をしながらビジネスをしているが、日本滞在中はあえてカプセルホテルに宿泊

【帝】「英雄色を好む」モテる男の獅子はいつでもスタンバイ

2012年9月1日は、僕と彼女が付き合い始めた記念日だが、もてない男だった僕にとっては、なんとも言えない微妙な1日だった。 6



dept