借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】出世昇進のコツ。モテる男はイエスマンではいられない

とってもいい人で優しい職場の加藤さんは、

  • いつも笑顔
  • いつも前向きな言葉使い
  • 常に礼儀正しい

いい人の常か、同僚からもよく相談されやすく、お願いされれば断らない。

同僚:「ちょっとこのマニュアルつくってもらえる?」

加藤:「わかりました。」

同僚:「ちょっと勉強会開いてくれない?」

加藤:「わかりました。」

加藤さんはとてもいい人だと、周りの評判も上々。しかし気づけば、彼の帰社時間は23時を超えるようになっていた。明らかにオーバーワークになっているのだ。

いい人のままでは昇進はできない

どんなビジネスでも、何かに取り組む時には常に、人・時間・お金の制約がつきまとう。同じ部署に10人いるとして、9時~18時を定時とするなら、9時間×10人で、1日あたり90時間のリソースしかない。

仮に加藤さんが10人の長になったとして、10人分のリソースが把握できず、他部署や顧客からの要求を全て鵜呑みにしていては、いずれパンクしてしまう。

さらに、余計な案件に時間をさいた事で、会社から求められる業績に届かなければ、どれだけいい人でも評価は下がってしまうのだ。実際に僕の会社でも、いい人なのにリストラにあった人を数名知っている。

モテる男はイエスマンではいられない

会社の中で成果をあげ昇進をしている人間は、例外なく自分の意見を通す。例え上司からの依頼であっても、「断る。」できないものはできないとはっきり伝える。

もちろんできない理由や背景もしっかり伝え、相手を納得させる。

「それじゃあ仕方ないね。」と上司がおれるのだ。これは会社でも個人でも同様。

ロマンを掲げ、実現させるためには、人・時間・お金の制約がついてまわる。他人の依頼を断れないイエスマンのままでは、ロマンに使える時間がなくなってしまう。モテる男はイエスマンではいられない。ロマンを実現させる為、時には断る勇気が必要だ。

もし断る勇気がでない、本音で語る自信がない、できない理由を伝えきれないと思うなら、『気功法』で『肝』『腎』を鍛え、勇気、決断力、思考力を手に入れよう。

=========
『肝』・・判断力、計画性、ストレス耐性、決断、勇気
『腎』・・継続力、生命力、思考力、記憶力、ボケ防止

(あわせて行動力やポジティブ思考)

昇進にもロマン達成にも一挙両得の方法だ。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】海外ノマドのモテる男から学ぶメリハリの基準

知人のハイパーノマドエンジニアは、世界中をまたにかけて旅をしながらビジネスをしているが、日本滞在中はあえてカプセルホテルに宿泊

【帝】お正月にも気は抜けないモテる男は甘酒でモテる男を見極める

元旦8時から毎年恒例、近所のお参りスポットの運営に参加。参拝に来る方にお神酒(おみき)を注いだり、お守りやおみくじをお渡しした

【帝】モテる男が取り組む医療ベースの気功法

ジョホールバル、シンガポール、中国、香港、マカオ、日本と、アジア中を飛び回る真田孔明さんの元には連日のように富裕層、経営者の方

【帝】モテる男はハッタリをガチで本気を出して回収する

新人の山下君の口癖は「大丈夫です!」だ。会議に使う為のデータ収集を山下君に依頼した時の事。数時間後でてきた書類はどうも要素が足



dept