借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける > 真田孔明の肝臓腎臓強化部

【帝】東洋医学(中国伝統医学)を使いこなす神医者との出会いが僕の人生を変えた

level008

メンズ陣はみな、夜のみなぎる力と、天に向かってそびえ立つモノに憧れる。女子たちはみな、メンズが近づくだけで興奮してしまう程の躰の妖艶さとも言える美しさに憧れる。

これは僕たち人類に脈々と受け継がれて来た本能から来る願望。

僕たち人類が今、こうして地球上で繁栄している理由そのものでもあるのだから、願望を秘め持つことは、恥ずべきことでは無いのである。

強ければ強い人間になれるほど、生存競争に打ち勝ち、自分が生きた証を未来へと残すことができる。こうして僕たち人類は、長い進化の中で、合理化されて来たのだ。

だから、メンズ陣が望む力。女子たちが望む力。男女それぞれ身体機能に合わせて異なる部分があるにせよ、こういう力は、肝臓と腎臓をはじめとした内臓の状態が良ければ良いほど、結果として強くなる。そういう類のものだったのである。

内臓が健康だと外観も強く美しくなるプログラム

肝臓・腎臓が弱っている場合は、どういう目つき、体つき、歩き方になるのか?

肝臓・腎臓が強く健康な場合は、どういう目つき、体つき、歩き方になるのか?

内臓が元気になると、心身が健康になるし、目つき、体つき、歩き方が、異性から見て魅力的になる。

内臓が元気な人ほど、健全な子孫を次の世代に残すべく、異性を魅了する人体の中に秘め持っているプログラムが全て働き、結果として夜の営みの力が強くなる。

すべては生物としての、人類としての、生存競争の中で生まれたプログラミング。20万年以上もの、長い年月をかけた進化の過程の中で、僕たち人体に脈々と受け継がれて来たプログラミングだったのだ。

プログラミングの力。これまで生きて来た人生の中で、思い当たる節は沢山ある。

20代の頃の僕。高校、大学とずっと体育会レベルの運動をこなして、強靭な体を創りあげた後。社会人になってから、一度の流産を経験しながらも、その苦しみを乗り越えて、2人の娘たちを授かることができた頃の僕。

幼い頃から花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息と、体が弱いながらも、なんとか子孫繁栄プログラミングの条件をクリアして、夜の営みを滞り無く行う力が発動していた。

けれども、僕が30代になった後、副業ビジネスの活動で急激に大金が舞い込んで来たことによる豪遊生活。油と砂糖と炭水化物にまみれた、飽食時代の産物の美味しい食べ物。さらにはトドメを指すかのような高い酒を、過剰なレベルで摂取するようになってしまった。肝臓を急激に酷使し続けて来たわけだ。

その結果、35歳をすぎる頃には、体重は96kg~105kgの間をウロウロすると共に、つらくて開かなくなる目、飛び出し膨らんでくるお腹、歩く時に広がっていく両足のつま先。

この段階では、子孫繁栄プログラミングの条件をクリアすることができなくなり、「嫁さんになじられる程」、夜の営みの力を失ってしまったわけなのである。

なるほど。すべて納得である。約20万年以上の人類の進化成長の中で、超合理的にプログラミングされた僕たち人類の体。

その重要な機能の一つ子孫繁栄のための子づくり。この機能を最大限に活用できるのは、体の内側含めた健康を維持する力を持てた者たちだけなのだ。

本来、難しいことは一つもなかったわけである。僕たちをイチ生物という視点で見た時に、誰でも簡単に理解できる類のことだったのだ。

神医者とのたった一つの出会いが僕の人生の全てを変えた

正直ずっとこのまま、ただ老いを迎えるのを待つだけなのだろうと諦めていた。

アトピー性皮膚炎、花粉症、喘息、肩首の痛みは、一生引きずるものなのだと思っていた。夜の力は35歳を過ぎたから駄目になったのだろうと思っていた。

けれども、僕が37歳になろうとしていた年、2013年頭。突然ジョホールバルに移住して来られた「神医者」との出会い。

首肩が痛いということで、マッサージ屋に行く気分で訪れたのがキッカケで、僕の人生は激変を遂げた。

僕の本当の問題のありかが、暴飲暴食の結果悪化した、肝臓部分にあったことが最初の施術時点で判明。

肝臓に集中する形で、経穴を通した気功治療と、漢方薬、そして食事療法の3点によって、たったの3ヶ月間で、肝臓の働きを大幅に改善。

運動もせずに20kg落ちた体重。引き締まる体。見開いて来る目。歩く時に真っ直ぐになってくる足のつま先。

消えていくアトピー性皮膚炎と湿疹。日本に一時帰国しても大丈夫だった花粉症に喘息。朝になればしばらく忘れていた熱いものを股間の方に感じることが増えた。

肝臓腎臓が強化されて行くことで、見える景色の全てが激変を遂げたのだ。

東洋医学(中国伝統医学)に基づく理論と戦略術

実は、「肝臓腎臓強化部」の活動の根拠は、東洋医学(中国伝統医学)が元になって構築されている。「肝臓腎臓強化部」の中での戦略と戦略術の元になっている部分だ。

東洋医学(中国伝統医学)は、中国の漢民族によって約4,000年に渡り、研究が続けられてきた伝統医学の総称で、英語では「Traditional Chinese Medicine=TCM」と呼ばれています。

WHO(世界保健機関)のTCM条約に加盟していない日本国内では、東洋医学(中国伝統医学)専門のドクターとしての医療活動に従事することができないことから、TCM条約加盟国であるマレーシアのジョホールバルに移住。

中国伝統医療を用いた東洋医学(中医学)専門病院を開業し、治療活動に日夜従事している。

噂が噂を呼び日本から連日のように患者が先生の下に訪れる。

【主な治療実績】
癌(がん)、脳出血後の半身不随、肝硬変、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、緑内障、再生不良性貧血、白血病、重症筋無力症、線維筋痛症、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、他

僕は、その東洋医学(中国伝統医学)をマスターした先生に、約4ヶ月間、直々に治療を受けて来たというわけだ。

  • 気功治療を受ける
  • 漢方薬を飲む
  • 食事の内容を変える
  • 生活習慣を改める

これらを同時に行なって来たことで、僕はたったの4ヶ月間で、激変を遂げることができたというわけなのだ。

幼い頃から苦しみ続けて来た、アトピー性皮膚炎、湿疹、花粉症、喘息を解消することができた。

35歳を過ぎて100kg前後をウロウロしてしまっていた体重が73kgになった。

首と肩のコリ、腰の痛みに悩まされ続けていたのも。嫁さんになじられるほど夜の機能が駄目になってしまったのも。すべて解消されたのである。

東洋医学(中国伝統医学)では西洋の医学とは異なり、複数ある症状をもって「証」という概念で治療方針を決めて、人間の心身がもともと持ち合わせている、自然治癒力を高めることと、生薬でのサポートによって治癒に導くと言われていますが、まさに中国伝統医学そのものの力によって、すべての根深い問題が解消してしまったというわけなのだ。

僕の実体験を元に、東洋医学の先生の知識サポートのもと、誰でも自分自身の力で再現できるようにスキーム化させたのが、僕がボランティアとして創設した「肝臓腎臓強化部」としてお伝えしている内容というわけなのだ。

東洋医学(中国伝統医学)の力に魅了され続ける孔明

マレーシアジョホールバルで東洋医学の先生と出会ったのをキッカケに「肝臓腎臓強化部」としての活動を開始し、その力に魅了されてしまった。

先生がマレーシアジョホールバルで運営している医院で治療を受ける際、さらに色々と質問を重ねて行った。

さすがは東洋医学(中国伝統医学)。西洋医学がたった150年の歴史しかないのに対して、中国伝統医学は約4,000年の歴史があるのは伊達ではない。

およそ人体にまつわるすべての問題はすでに解明されてしまっている。

日本国内では、金融の世界の金融商品取引法や保険法などの法律によって、海外の案件の情報をブロックされているように。

医療の世界でも、西洋医学の既得権益を守るために、法律によって完全にブロックされているので、日本国内では東洋医学(中国伝統医学)に基いて正式な治療活動をすることはできないし、言うこともできないのだが。

たとえば、東洋医学(中国伝統医学)は僕たちの住むマレーシアでは、ガンも治せてしまう。そして、この理論だけなら僕でも理解できた程簡単なものである。

ガン・・・僕のおじいちゃんが、10年以上前に余命6か月間宣告をされてから、仕事をすべて捨てて、突然絵を描き出したことによって、ガンがすべてなくなってしまい、いまだに元気に生きてくれてくれる理由。

ガン・・・僕の父が今、つい先日まで、入退院ならびに手術を繰り返してしまっていた理由。

それぞれの理由も理論上は分かるようになった。

日本国内では治せると絶対に言えないが、法律上、東洋医学(中国伝統医学)による治療活動が、切開手術以外認められているマレーシアでは堂々と言える。中国伝統医学では難病と言われる病気も治せてしまうのだ。

(ガン・・・日本では法律上治せない。マレーシアでは治せる。・・・変な表現だが。)

当然ながら、僕が背負ってきたような、飽食社会の代償とも言える問題のほとんどを解消できてしまう。

衝撃を受けると同時に、中国伝統医学の存在を知ってしまった僕。僕にでも新たな流れを作れるのではないかと思った。

  • 東洋医学(中国伝統医学)によって僕と同じように飽食社会の犠牲者たちに解消してもらう。
  • 自分と同じように悩んでいる方々のために、東洋医学(中国伝統医学)を使いこなせる人たちが増えてくれること。

「肝臓腎臓強化部」は、国際中医師(TCMドクター)の指導の下、東洋医学(中国伝統医学)という太古から脈々と水面下に続いてきた禁忌レベルの学問を元に、日々の精進の積み重ねによって、「帝王学」を使いこなす側になるための秘密サークルである。

facebook非公開グループ「肝臓腎臓強化部」

完全なるボランティアで行っている。

※「肝臓腎臓強化部」への参加は完全無料であるが、「業者」さんと思われる方は、運営事務局によって承認されない。また部活動の中で許可の無い営業活動をした場合も、運営事務局によって即効退部になる。予めご了承頂きたい。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける

【帝】「鳴門の渦潮」で発生している「水の気」を体内に吸収して来た

「鳴門の渦潮(なるとのうずしお)」は僕にとって、人生の中で一度は行きたいと思っていたパワースポット系観光名所。 生まれてはじめ

肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける
【帝】風邪早く治す方法!孔明家は病院いらずの磁石棒で25分間!39度の熱も

【帝】風邪早く治す方法!孔明家は病院いらずの磁石棒で25分間!39度の熱も

風邪早く治す方法は磁石棒で25分間ツボから熱抜きをするだけ。真田孔明家は9歳の次女でさえ39度の高熱を治すことができる。

肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける
香港「名家」韓国料理レストランでアワビ入り鶏ガラスープ

【帝】香港「名家」韓国料理レストランでアワビ入り鶏ガラスープ

本物の鶏がらスープを飲むと、身体の中に溜まっているものが、ぐるぐると稼働してくれるようで、お腹がすかなくなって来る。。 また、

肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける

【帝】帝王学は内臓から『肝臓腎臓強化部』で最強の経営者を目指す!

禁断の帝王学を構成する3つの禁忌レベルの学問の一つ「皇帝のための東洋医学」。この真理を知り、自らのために使いこなせるかどうかが



dept