借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける > 真田孔明の肝臓腎臓強化部

【帝】肝臓と腎臓の強弱が心身にもたらす本当のメカニズムが明らかになった

level008

肝臓の強弱が僕の心身にもたらすメカニズム

なるほど、だんだんと、肝臓と心身の連動具合を理解して来た。

「言われて見れば・・・」これまでの人生の中で出会った方々を、思い出して見ると、確かに全てドンピシャである。

僕自身の成功と失敗両方の体験に重ね合わせてみても、全て合致する。

マレーシアジョホールバルに突然引っ越して来られた、東洋医学の先生に施術をしてもらいながら教わったこと。その全てが腑に落ちる形で頭の中に入ってきた。

肝臓の強さと弱さが心身にもたらす影響

肝臓が強くて健康になると・・・プロジェクト(仕事)を立ち上げる時なんかに、やる気が出て来くる。

何をやるにも度胸がつくし、決断力も出てくる。アルコールがもたらす影響にも耐久性が出てくる。

確かに日本でも昔から、ビジネスの世界では『宴(うたげ)』の席での酒の強さなどが、ビジネスの相手の度量を図る時の基準になっていた。

いや、これは日本国内だけではない。特に僕が2003年から手がけていた中国本土のビジネスでは、酒の強さというものが、ビジネスパートナーとしての器を判断するのに、特に重要視されていた。

中国本土ほどひどくは無かったですが、これは台湾、香港も同じだった。

中国本土での「酒の飲み比べ」は、日本よりもシビアであることを、この身を持って体感してしまった。

中国本土では、こと大きな規模での取引が絡むビジネスだと、そのプロジェクトを手がける両方の長や責任者を中心に、酒を通しての担当者同士の計り合いが行われる。

特に最初の商談の後は、『宴(うたげ)』が一席用意されていて、アルコール度数50度を超える白酒(ばいじょう)や、ワイン、ウィスキーで、「乾杯」とか「ボトムズUP」とか言われる一気飲みが、ひたすら繰り返されるのだ。

その時に、そもそもお酒を飲めないような人、泣き崩れたり暴れたりするお酒に飲まれる人。この場合はすぐに「信頼に値しない者」と判断されてしまう。ダウンして寝てしまうのもアウトである。

逆に、お酒を何杯飲んでも、お話する内容がしっかりとする人。平然と笑っていられる人は、信頼と信用に値する「漢(おとこ)」として、本当の仲間として受け入れられるようになる。

トイレに吐きに行っても、すぐに帰ってきて、戦線に復活できる人も、称賛に値されていた。

こんな飲み比べを僕は、サラリーマンとして中国本土で営業&マーケティングの仕事をしていた2003年から2010年までの間、幾度と無く体験。

確かに、酒の飲み比べも、酒を通して、お互いの肝臓の強さを確認している・・・そう、中国本土の方々から聴いたことがあった。

だから僕は小学生時代から苦しんでいたわけだ

良くも悪くも、肝臓が僕の心身に与え続けた影響とその理論・・・知れば知るほど面白い。

肝臓が悪くなると・・・・喘息を起こしたり、アトピー性皮膚炎を起こしたりもする。短気になったり、イライラしたり・・・・体の先々が赤くなり熱を感じる。

アルコールによる症状もモロに食らうようになる。

何かと冷たい飲み物や酒をすぐに飲みたくなる。冷たい物を飲むと体が冷える。体が冷えると内臓が体温を上げようとする。

その時、肝臓が弱ってしまっていると、すぐに肝臓がオーバーヒートしてしまうのだ。

肝臓がオーバーヒートしてしまうと、熱が体の頭の中を駆け巡って、手、足・・・先端部分から逃げたがる。

熱が頭の方に逃げて行くと、さらに喉が渇き、冷たい物を飲みたくなり、ループする形で肝臓が弱くなる。

熱が手の先に行ってしまうと、ささくれや手あれ、爪の変形変色が起こす。

熱が足の方に行ってしまうと、水虫、爪の変形変色、布団から足を出して寝てしまい、朝冷えて疲れたまま目を覚ましてしまう。水虫なんかもモロにこの症状の延長上にある。

足に向かう熱の通り道に、生殖器がある。生殖器に行ってしまうと、嫁さんに「だらしない・・・」といわれる程の機能不全に陥ってしまうのだ。

熱が頭に行くときの通り道、手に行く時の通り道、足に行く時の通り道、その通り道にある、間接や腱にも症状が出やすくなるというわけだ。肩や首、腰なんかに激痛が走ったりするのも、これが原因だというわけだ。

全てがなるほど!なるほど!なるほど!である。

結局、小学生時代から始まり、僕の人生の中で抱え続けて来た問題・・・アトピー性皮膚炎、花粉症、喘息・・・それは全て肝臓から来てしまっていたわけだ。

思い返してみれば、小学校の頃、両親が共働きなのを良いことに、両親の財布からお金を盗んでは、駄菓子やカップ焼きそば(「ペヤングソース焼きそば」)を、買っては食べまくっていた。

誰からも怒られることなく、束縛されることも無く、自分の欲が赴くままに、お金を使って暴飲暴食を繰り返していた。

当然のことながら、体中が、糖分と油分、化学薬品で満たされてしまうことになった。

こうして僕は、すでに小学生にして、肝臓の働きを自ら悪くしてしまっていたわけなのだ。

そして・・・病院で全身麻酔をしてアデノイドの摘出手術をする程、花粉症と喘息に悩まされ続け。年中体が痒くなっていた。

けれども、東洋医学の先生の治療を受けてからは、食事と生活習慣を変えてからは、日を追う毎に綺麗になっていく僕の肌、逆に嫁さんに心配される程、急激なスピードで減っていく体重。

実感すればする程、さらに興味を持って、積極的に質問を繰り返して行くことで、僕も先生の言う東洋医学(中医学)というものの、理解を深めることになったのだ。

「肝臓腎臓強化部」は、国際中医師(TCMドクター)の指導の下、日々の精進の積み重ねによって、「帝王学」を使いこなす側になるための秘密サークルである。

腎臓がプロジェクトの継続力を左右

2

なるほど、ビジネスを立上げようとする時、やる気が沸き起こってくるのは肝臓の力。でも、それだけでは足りないのだ。

東洋医学の先生から学んで驚いた。立ち上げたビジネスを継続するためには、腎臓の力もそれほどまでに重要だとは・・・。

肝臓の件も同じだが、今まで生きてきた36年間・・・ただの一度も意識したことは無かった。

肝臓が強いか弱いかも重要だが、腎臓の強さも伴っていないと、本物の漢(おとこ)に成り上がることができないと知った。

東洋医学の先生の気功治療を受けながらの問答の中で、腎臓のお話もまた思い当たることばかりだった。

僕の場合、やる気が沸き起こって来た時、ビジネスを立ち上げるまでは良いのだが、継続力が今ひとつ・・・。

確かに小学校高学年くらいから、すでに物覚えが悪かったような気がする。

僕の体の機能の中で、自覚症状としてリアルに感じるほど、ダメダメなものの一つに、記憶力の弱さがあるので、僕の腎臓は普通の人よりも弱いのだ。

まあ、なんとか髪の毛はしっかりと生えてくれているが、喘息とアトピー性皮膚炎は、肝臓だけでなく、腎臓からも来ていた症状なのだろう。

つまり、僕は人生の中で、できる限りの努力をし続けて来たが、それでも今ひとつ思うような結果を叩き出すことができない。

輝ける奇跡の偉業を、一瞬だけ成し遂げることはできたとしても、その状態を維持・継続することができない。

さらには、人前で堂々と出て闘うことを幼い頃から本能的に避けてしまっている。

こういう僕の漢(おとこ)としての数々の弱点は、僕の肝臓と腎臓が、英雄と呼ばれる人たちの、ソレらとは程遠い、非常に弱いレベルのモノだったからなのだ。

肝臓と腎臓の持つ本当の力の意味を知って、自分の本当の器というものを、ようやく自覚できた。

【肝臓と腎臓の本当のメカニズム】
『肝』は肝臓だけを表すのではなく、筋肉、神経、筋膜、靭帯、腱、爪、目 なども『肝』に含まれる。
『肝』が弱ると、

  • 精神 ・・ 思考活動の低下、ぼんやり、無気力
  • 血液 ・・ 生理不順、視力障害、手足のしびれ、痙攣、めまい、吐血
  • 筋肉 ・・ しびれ感、痙攣、ひきつけ、爪の変形
  • 目  ・・  目の充血、目のかすみ、目の乾燥、めまい
  • 疏泄(そせつ) ・・ 下痢、生理痛、おう吐、情緒不安定感、イライラ、怒りっぽい、抑うつ

などの症状が発生する。

『肝』が強くなると、

  • 精神 ・・集中力、判断力、計画性、ストレス耐性、決断、勇気
  • 血液 ・・血を全身へ供給し活性化
  • 筋肉 ・・関節運動が円滑に行える
  • 目  ・・ 視力の調整
  • 疏泄(そせつ) ・・体内のエネルギーや血の循環を促進

といった効果につながる。

『腎』も腎臓だけではなく、骨、軟骨、骨の中の髄、脳、生殖器、耳、一部ではすい臓も含まれる。
『腎』が弱ると、

  • 精神・・飽きっぽい。ネガティブ思考。ストレスに弱くなる
  • 精 ・・ 不妊症、発育不良、精液減少、インポ、早漏、冷え性、生理不順、性欲減衰
  • 脳と骨髄・・ めまい、物忘れ、動作緩慢(どうさかんまん)、倦怠感
  • 耳 ・・ 耳鳴り、大小便の異常

などの症状につながる。

『腎』が強くなると、

  • 精神 ・・ モチベーションアップ、根気、忍耐力、持続力、生命力
  • 精 ・・ 夜の生活改善
  • 脳と骨髄・・ 思考力向上、ボケ防止
  • 耳 ・・ 聴力向上

といった効果につながる。

以上、肝臓と腎臓の本当のメカニズムでもある。

でも、僕は思った。人は自分の弱さを認識して、向かい合う覚悟を固めて、始めて本当に強くなれるのだと。

僕の弱点の根本にあったのは肝臓と腎臓。真の漢(おとこ)には程遠いレベルの弱き器(うつわ)。

僕はその真実の姿にようやく向き合うことができたのだから・・・。具体的にどこをどう改善すれば良いのか?その解決策を知ることになったのだから。僕はまだまだこれから強くたくましく、真の漢(おとこ)に向けて歩み始めることができる。

そして、大局に立ち向かえる、真の兵法家の道を歩むことができるようになる。そう考えることができるようになれたのだ。

こんなにすごいことを、僕の中だけにとどめておいてはいけない。多くの仲間達に知ってもらいたい。そうリアルに考え立ち上げたのが「肝臓腎臓強化部」である。

僕とともに、食事、生活習慣、特殊な呼吸法などによって、肝臓と腎臓を鍛えまくり、外観ではなく、内面の部分から真の漢(おとこ)を目指すための秘密のアクティビティなのだ。

※「肝臓腎臓強化部」は、国際中医師(TCMドクター)の指導の下、日々の精進の積み重ねによって、「帝王学」を使いこなす側になるための秘密サークルである。

facebook非公開グループ「肝臓腎臓強化部」

※「肝臓腎臓強化部」は、運営事務局判断によって「業者」の人間と思われる方々の入部をお断りしている。また、入部後も発覚次第無条件で退部頂いている。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける
【帝】スティーブ・ジョブズの本当の死因はマクロビオティックだった

【帝】スティーブ・ジョブズの本当の死因はマクロビオティックだった

孔明:「先生、スティーブ・ジョブズ(Steven Jobs)の本当の死因ですが、あれは、やはり、医学と陰陽五行の両方の観点から

肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける

【帝】30キロ痩せて健康になった僕の4ヶ月間の食生活を全公開

「肝臓」と「腎臓」の健康並びに強化を極めるために「肝臓腎臓強化部」を自ら立ち上げた僕。 実質4ヶ月間で、体重30キログラム減を

肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける
【帝】「肝臓腎臓強化部」立ち上げのキッカケ「真田孔明の4ヶ月間の奇跡」

【帝】「肝臓腎臓強化部」立ち上げのキッカケ「真田孔明の4ヶ月間の奇跡」

現代の秘密倶楽部「肝臓腎臓強化部」も2,000名を超えるメンバーになって来た。

肝臓腎臓強化が経営の陰陽を分ける

【帝】フィリピンボホール島のチョコレートヒルズで気功法!天地から気を取込む

フィリピンボホール島の「チョコレートヒルズ」で天地から気を取込むために「気功法」を行った。 「フィリピン修羅の会」の同志と共に



dept