借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】モテる男と甘味料入り青汁との出会いと別れ

いつものように腎強化の気功法『タントウコウ』を30分こなし、じんわりかいた汗と湧き上がるエネルギーをなだめるため、収功で気を落ち着かせた後、喉の渇きを感じたので台所に向かうと、なにやら見慣れない青汁があった。

「えがおの青汁コラーゲン

コラーゲンとヒアルロン酸配合で、鮮やかな緑カラーとピンクの使い方が特徴的。

ターゲットは40代女性あたりか。美と健康に配慮するマダムにぴったりのパッケージ。好奇心旺盛なモテる男にとって、未知のアイテムは見るだけで興奮するのだ。

さっそく開封、の前に、パッケージ裏の原材料をチェック。モテる男たる者。己の身に入るもの全てを、入念にチェックするのは当然の責務だ。

原材料に目をやるとすぐに視線が止まる。

“甘味料(アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物)”

「くっ・・や、やはりこいつもか・・・!」

モテる男にとって甘味料と名のつくものは蚊やGやクモやムカデやなんらやかんやらと匹敵するほどの大敵。

左ポケットからiPhone5をさっと取り出し、Google Chromeを開いてさっそくググると、体に毒だという記事が溢れかえる。

「このまま捨てさるべきか。いや、しかし、未知なる味を知るのもまた一興。」

封を開け鮮やかな緑のスティックから粉末状の青汁をコップに入れ、浄水器を通した天然の地下水を注ぎ、マドラーでかき混ぜ意を決して飲む。

ゴクッ・・

ゴクッ・・

ゴクッ・・

「甘い!」

「甘すぎるぞハート!」

「燃え尽きるほどヒート!」

例えコラーゲンやヒアルロン酸がお肌をプルプルにしてくれようとも、甘味料が入った瞬間にそれは敵と化すのだ。

コップの中身はすぐさま排水溝へ。残り19スティックは全てゴミ箱へ。出会いがあれば必ず別れがある。それを身をもって体験した瞬間だった。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

・「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ: http://on.fb.me/1nhjKLd


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】もてない男を量産するセブン-イレブンの学校給食進出

現役医者の木村隆先生による投稿に思わず目を疑った。恐れていた事が、本当に起こりそうな予感・・・ 【セブンイレブンが学校給食事業

【帝】じいさん達の気功は、じいさんになってからやればいい

先日あるテレビ番組で、エセ気功師が気を放った場合に、一般の方がどういう反応をするのかという人間観察が行われていた。 まず、エセ

【帝】モテる男は『新・3大悪の帝国』には絶対に屈しない

昼も夜も精力的に活動し、女性だけでなく、年齢、性別、職業、趣味を越えた、「人間にモテる男」にとって、脳みそだけでなく、内臓、筋

【帝】モテる男は学歴コンプレックスを気にしない

数年ぶりの小学校時のプチ同窓会での一コマ。「俺マジで勉強してたら絶対もっといい高校行けたんよー」と酔いながら話す角田君。確かに



dept