借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【帝】モテる男の自信は内臓から形成されている

『気功法』を修得して3か月程経った頃。

体重が72kg→68kgと減量に成功し、身体の内側から燃え上がるやる気に感化され、約半年ぶりに会社のミニバレーボール大会に参加する事に。

ストレッチをすませチーム決め。4つのチームに分かれて対戦。試合中は随分と身体が軽くなっている事を実感し、試合の合間にはさりげなく腎強化の気功法『タントウコウ』をしてエネルギー充電。

顔見知りが約20名。和気あいあいとした雰囲気の中で、なにやら見慣れない若手が2人。1人は見るからにリア充。やや茶髪で軽めのトーン。初見の先輩とも臆せずコミュニケーションがとれている。

問題はもう1人。

カラテカ矢部のように細い身体で、終始オドオドしている。

「おはようございまーす。」

と声をかけると カラダ全身が”ビクッ!!”と反応した後、

「あ、お、ぉ、おはょぅ・・」

・・声が小さくて聞き取れない。緊張しているのかと思いつつ様子を見る事に。

その後も誰かの、「そういえばさー。」

という言葉に”ビクッ!!”

「川野さんまだ来てないねー。」

という言葉に”ビクッ!!”

体育館のカーテンが風で揺れると”ビクッ!!”

少し強めのサーブがきたら”ビクッ!!”

・・大丈夫かいこのコは・・

モテる男として心配になってしまった。

自信の大元にあるのは内臓

カラテカ矢部似の後輩は誰が見ても覇気がない。

覇気というのはつまるところ自信。

自信というのは達成感の連続でつくられるが、『肝』や『腎』が弱るほどに、決断・勇気・生命力・行動力が不足し、奥手になってしまい、達成感を得る回数が減り、自信もつかないまま大人になる。

家庭環境などで『肝』『腎』が弱い子供であるほどに、その傾向は強くなってしまう。

年を重ねる毎に自信がなくなっていく

カラテカ矢部似の後輩に限らず、付き合いでビールを何杯も飲み、油ものやジャンクフード、コンビニ食を食べ続けるような生活を続けると、歳を重ねるにつれ『肝』や『腎』が弱まる。結果的に行動力が衰え、自信喪失にもつながっていく。

歳を重ねるにつれ、「昔は良かった」という声を耳にする知人が増えている気がするが、それは『肝』『腎』が衰え、やる気や好奇心、行動力が衰えてしまった証拠だ。

「いやいやいや。今が一番楽しいでしょ。」本心でそう思いつつも、その気持ちを表に出すとKY状態になり、いつも不思議な感覚になってしまうのだ。

自信をつけるには内臓の強化から

改めてカラテカ矢部似の後輩に視線を戻すと、

  • 隣のおばちゃんたちの卓球ボールが飛んできたら”ビクッ!!”
  • 子供がはしゃいで脇を通ると”ビクッ!!”
  • 会計に参加費100円を渡す時にも”ビクッ!!”

・・これはかなりの重症だ。

自信をつけるとしたら、食生活を改善し、『気功法』で『肝』『腎』を鍛えつつ、やりたい事、行きたい場所、食べたい物などなんやかんやを聞き、少しずつ挑戦し、達成感を感じてもらう事をコツコツ続けるしかなさそうだ。

PS.
バレーから数週間後に、実は28歳、実は彼女持ち、趣味はSKE48と聞き、さらに心の距離が開いてしまったが、次に会う時はもう少し堂々としていてほしいと強く願う。

以上、真田孔明が認めた10名の勇者、「真田十勇士者」の一人青木四郎執筆。当サイトの「弐の禁忌:皇帝のための東洋医学」を学ぶための教材として投稿。

【気功法】による毎日の実施気功例(真田孔明・作のPDFファイル)

青木四郎の【気功法】レポート(PDFファイル)

・「真田十勇者」の一人青木四郎への直メッセージはfacebook個人ページへ: http://on.fb.me/1nhjKLd


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【帝】モテる男の勝ち組と負け組の新たな基準は病院にアリ

某人気番組でのエピソード。「俺なるべく薬飲まないようにしてるんですよ。自分の力で治してやる!って思ってる(笑)。」 と笑いなが

【帝】モテる男はバレンタインデーにもらったチョコの数を気にしない

モテる男御用達の鶏ガラと蕎麦を購入するため、近所のショッピングモールへ向かい、エスカレーターではなく階段で1Fへ向かう途中、見

【帝】モテる男は嗅覚を研ぎ澄まさせ、医者と処方薬を混同しない

思えば物心ついた時から、たくさんの西洋の病院にお世話になっていた。 風邪をひいたら内科 アレルギー性鼻炎で耳鼻科 ジベルバラ色

【帝】モテる男にバイアグラは不要。双龍門気功法で腎を鍛えるから

モテる男の気功強化部が目指すのは、昼も夜も精力あふれ活躍できる、男の中の男。モテる男にとって、夜が強いというのは必然なのだ。



dept