借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術 > 投資MAPナビ/勝てる投資はココにあった

【帝】香港金融の玉利将彦氏&真田孔明の『タバコ部屋のつづき』

level002
【帝】香港金融の玉利将彦氏&真田孔明の『タバコ部屋のつづき』

僕が香港で拠点としている銅鑼灣(トンローワン)。

ばり馬ラーメン、三田製麺所、博多一幸舎、金田屋、豚王・・・日本の味そのままのラーメン店が左右ズラリ立ち並ぶ湾登街を意思を強くして突き進む。

【帝】香港金融の玉利将彦氏&真田孔明の『タバコ部屋のつづき』

目移りしながらも心を強くして裏通りを進んで行く。金朝陽中心二期MIDTOWNの建物をエレベーターで5階に登って行く。

到着した場所は、学生時代や社会人日本勤務時代、池袋などで訪れた時にお世話になった「大戸屋」である。

香港の「大戸屋」は、日本のチープな定食屋という「大戸屋」のイメージとは少し違い。どちらかと言うと、少しハイソな「日本料理レストラン」へと、バージョンアップしている感があるが。それでも、香港の中では、良質な日本料理をアクセプタブルな値段で楽しめるということで。僕たちもルーチンで通う食事処という感じで活用している。

香港金融の達人玉利将彦氏と、そして、香港で3社会社を営んでいる経営者G氏を交えて、香港金融とビジネスや社会情勢について語る会『タバコ部屋のつづき』を秘密裏に開催した。

僕は肝臓腎臓強化部の活動を意識して、酒なし、とろろ蕎麦を注文した。

無事お酒を飲むこと無く、一次会が終了後は、G氏は帰宅され、玉利将彦氏と僕共に2人で二次会へ。

二次会は、一見さんでは恐らく分からないであろう、銅鑼灣の僕たちのヒミツアジト。晴れの日限定であるが、完全オープンテラスで、銅鑼灣の街並みを眺めながら、バーボンや焼酎を舐めることができる。

【帝】香港金融の玉利将彦氏&真田孔明の『タバコ部屋のつづき』 

この日は二人で、『残波』をボトルで入れて、ビジネス・投資について熱く語りながらチビチビと舐めていた。おつまみの類の注文は無し。無料のスナックだけがテーブルの上に置いてあった。

【帝】香港金融の玉利将彦氏&真田孔明の『タバコ部屋のつづき』

しかし、ここで問題が。。気がつけばいつの間にか午前2時半過ぎになっていた。。。

僕たち2人しか飲んでいないはずなのに、なぜかボトルでいれたばかりの『残波』が空になっているではないか・・・。

「あれ、誰が飲んだの?」

さらに、この頃には頭の中のスイッチのようなものがぶっ壊れていたようで、気がつけば、2人で酔っ払ったまま、近くの24時間やっている「一蘭」のラーメンを啜っていた。

ゴゴゴゴゴゴゴ。

【帝】香港金融の玉利将彦氏&真田孔明の『タバコ部屋のつづき』

「一蘭、なんで24時間やってんだ!」と空に向かって吠えていた。

結果床についたのは朝の4時近くだった。これはかなりの懺悔投稿である。

十二支が一周した会『タバコ部屋のつづき』 

ディナーを中心とした会『タバコ部屋のつづき』は、玉利将彦氏と僕、真田孔明が集まる時に開催される、プライベートな食事会。

発足はなんと、今から12年前の2004年に遡る。

今年と同じくあの時も、申(さる-陽の金-)年だった。2016年の今年も申(さる-陽の金-)年。発足から干支を一回りしたことになる。

当時僕たちは共に、同じメーカーに働くサラリーマンという立場の人間だったが。

かつてスモーカーだった僕が、当時は香港は建物の中でもタバコが吸えたこともあり、「タバコ部屋」兼「倉庫」のようなものがあり、僕が「タバコ部屋」に入ると、一人、また一人と人が集まって来た。

そして、いつも、「タバコ部屋」メンバーが揃うと、会社のしごとのこととは違うお話に話題がトリップしたりしてしまうのである。

その発端を作ったのは、月財門の僕だったのかもしれないが。。その中に、唯一スモーカーではないのに、「タバコ部屋」に入って来られる方がいた。それが僕の上司・先輩でもあった玉利将彦氏だった。

陽立門の玉利将彦氏にとっては、会社の中は非常に息苦しかったようで、煙いタバコ部屋の中での語りの方が、居心地が良いのだと当時を振り返りおっしゃっていた。

「タバコ部屋」の中で語られることは、決してオフィスの外では語ることのできないお話。たとえば、グループ会社の中でどこが、給料とボーナス水準が高い上に、リストラされる確率が低いかの分析?

対象グループ会社や部署に異動するにはどうしたらよいかのシミュレーション?

さらには、「将来的に自分たちの道は自分たちで切り開かなくてはならない!」と、ビジネス・投資・・・金(カネ)の話。

本業のサラリーマンとしての、売上・利益計画の大幅達成は、早い段階から見えていて、後は「いかに売上の達成が困難かの演技」をし続けるだけなので、ムダな時間はタップリあった。

その時間を利用して、僕たちは「タバコ部屋」の中で熱く語り合っていた。

今振り返れば、あの「タバコ部屋」で語り合っていた、4人中3人(1人不明)が、

  • 玉利将彦氏=香港金融の達人
  • G氏=不動産投資で夫婦合計数十億円
  • 僕=真田孔明

ビジネス、投資の道で自力で稼げるようになってしまったのだが・・・。熱く話が盛り上がった後は・・・。

孔明:「それでは、今日の『タバコ部屋のつづき』は、◯◯の◯◯で。。。」

会社業務時間の終了を待ってから、『タバコ部屋のつづき』として夜の街に繰り出して再集合。夜遅くまで、熱く語り合っていた。

『タバコ部屋のつづき』・・・では、香港銅鑼灣、九龍近辺に繰り出し、行きつけのレストランで再集合することもあったが。時として、深セン、東莞、マカオなどまだ見ぬ世界へ、ショートトリップしてしまうこともあった。

場所を変え、環境を変え脳を普段とは別の場所にシフトした状態でザックバランに語りある。

すると、様々なアイディアが浮かんで来るのである。

こうして僕たちは、香港にいたままできるビジネス・投資の発想を次から次へと妄想していたのである。

しかし、しばらくすると、玉利将彦氏が、一抜けする形で、独立起業。上海に行ってしまった・・・。そこからしばらくして、『タバコ部屋のつづき』は非常に寂しいことになってしまった。香港の法改正によって、建物の中での喫煙も禁止になってしまったし。。

しかし、玉利将彦氏と僕の縁は、それだけで終わらなかった。

僕的には、永住権が取れるまで、ずっと香港拠点にして働き続けたかったのだが。中国本土では、異常値を叩きだしてしまっていたのが、悪かったようだ。。。

やりようによっては儲かることが分かってしまったので。なんと突然、担当だった僕が、中国本土に飛ばされてしまった・・・。

広州に新しい支社を立ち上げて、中国本土のビジネスを拡大させるとのこと・・・。

しかし、 その前に上海に転勤することになった。上海の会社をたたんで、広州にオフィスを創るということで。結果として僕は、再び玉利将彦氏のいる場所に行くことになった。。

そして、毎週土曜日になると、玉利将彦氏と僕は、僕が住んでいた高級サービスアパートメントの遊び場のようなところに集まったり。カフェで集まったりして、語り合っていた。

その様子をmixiなどを通して、発信していたところ・・・。

なんと、上海在住の日本人が、10名近く入れ替わり立ち替わり集まり。玉利将彦氏と僕の語り合いの会『タバコ部屋のつづき』に集まって来た。

そして・・・ここでも奇跡が起こった。証人は玉利将彦氏なのだが、なんと集まって、僕たちと一緒にだべっていた人たちが、その殆どが現役サラリーマンや あ、上海に留学中の学生さんんもいた。。

片っ端から、稼げるようになってしまったのだ。。別名『上海札束の会』とかの名前がついたりしたが。。。

その後、僕は今度は中国広州に転勤となり。玉利将彦氏と真田孔明の語り合いの会『タバコ部屋のつづき』の開催頻度が極端に減ってしまったが。。今もこうして、顔を合わせるタイミングで、玉利将彦氏&真田孔明の『タバコ部屋のつづき』を集まる人がいようがいまいが、チビチビと開催しているのである。

それにしても、『タバコ部屋のつづき』に参加された方。。。本当にみんな稼げるようになってしまうようで凄いジンクスが沢山ある。

今度玉利将彦氏と僕が、日本で合流できるタイミングがあれば、日本でも玉利将彦氏と僕とのディナー会、『タバコ部屋のつづき』を開催してみよう!・・・と玉利将彦氏が語っていた。

でも、なるべく肝臓腎臓強化部の活動に基づく健康志向で!

玉利将彦氏&真田孔明のディナー会『タバコ部屋のつづき』参加十か条
一、直感、ひらめき、クリエイティブな感性で臨む
一、気持よく楽しいと感じる環境で
一、困っている仲間や悩んでいる仲間は放おっておかない。
一、悩みある場合は愚痴は聴いてあげる(金銭的なサポートはしない)
一、酷したり戒めたりのことばは一つもいらない
一、自分の好きなことにはトコトンのめりこんでよし。
一、心は中国大陸のように広く大らかなに
一、シュガーズ(砂糖・甘味料・はちみつ
 ・フルーツ・チョコレート・ケーキ・缶コーヒー・ジュース他)は禁止
一、上下左右の人間関係を気にすること無く好きな時間に帰って良い
一、既存の常識にとらわれず、古きを学ぶよりも、新しきを知る
+ 一、『タバコ部屋のつづき』・・・と言うが、玉利将彦氏は当然のこと、今は僕もノンスモーカー。

なので『タバコの会』ではないよ。当然ながら、香港金融の達人玉利将彦氏が何をやっている御方なのか、事前によく知っておくことが必須。

香港金融の達人玉利将彦氏の無料メール講座(玉利将彦氏は香港の金融の正式な免許保持者)
http://www.borderless-investment.com/mailkouza100.html


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
【帝】「新ダイス式」毎月の収益20%シェアのパートナーアルバイト急募

【帝】「新ダイス式」毎月の収益20%シェアのパートナーアルバイト急募

まずは、昨日ダイスさんとのSkypeチャットの中での生のやり取りを収録した音声を視聴頂きたい。 途中、僕が興奮しすぎて、何を話

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術

【帝】マイリタイアメント先を今の内に確保するために購入した物件

僕が日本の本社勤務時代のことだ。ある日突然、上司のKさんに飲みに誘われた。そして衝撃の話を聞かされる事になる。 Kさん:「孔明

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
AYACCA(アヤカ)渡邉隆吾氏と行くボホール島(Bohol Island)ツアーに参加

【帝】AYACCA(アヤカ)渡邉隆吾氏と行くボホール島(Bohol Island)ツアーに参加

AYACCA(アヤカ)リゾート土地付き高級戸建住宅 日本総代理店ワールドネット合同会社代表 渡邉隆吾氏と行くボホール島(Boh

華僑の帝王学★香港大富豪の戦略術
平城寿@SOHO&真田孔明の常夏リゾートセブ旅行記(後編)

平城寿@SOHO&真田孔明の常夏リゾートセブ旅行記(後編)

フィリピンセブの朝、ホテルのクラブラウンジで朝食を食べる平城寿@SOHOと僕。 ゆで卵とパン一切れ、ソーセージやベーコンだけの



dept