借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド > ヘッジファンドを創る側の人間になる学校

【帝】オフラインで行う「地下集会」は「閉鎖空間」の中で秘密裏に行う「気の交流会」

level004
【帝】オフラインで行う「地下集会」は「閉鎖空間」の中で秘密裏に行う「気の交流会」

効率だけを考えてしまえば、たったの数十名しか入れない、会場内で集まってもらうよりも、メールシ配信ステムを通して、音声ダウンロード方法だけが記載された、メールを送付させて頂いただけの方が良いはず。

約1時間かけてメールで文章を書いて、メール配信システムに貼り付けて、「ポチッと」一斉配信ボタンをクリックするだけ。

それだけで、100名、200名、500名・・・沢山の方々に、僕の音声を「配布」できてしまうのだから。

たとえば、今この瞬間に、僕のMacBook Air11インチの中に入っている、録音ソフトMP3 Sound Recorderと、画面収録のQuickTime Playerを立ち上げて、MindNode Proを使って、指先2本でマインドマップを動かしながら、誰もいない部屋の中、独りMacBook Airの画面に向かって、一方的にお話をする。

1時間、2時間、3時間・・・収録した音声と動画を保存して、配布するだけで、同じような目的は達成できてしまうのだから。

わざわざ多くの時間、労力、お金をかけて、東京・大阪の一等地の会場を借りて、会場誘導・受付スタッフを手配して、日本に一時帰国をして時間帯を合わせて、少しばかり普段とは違う身だしなみを整え。オフの世界で「セミナー」という形を実施する必要などないはず。

けれども僕が、来る3月14日(土)、3月15日(日)のように、こうしてわざわざオフの世界で「地下集会」を開催しようとしているのには、当然ながら理由がある。

それは・・・僕はこのオフの世界で、閉鎖空間を構築してのアクティビティを、「気の交流会」だと思っているからだ。

オンラインの世界のやり取りだけで、お互い一方的に、音声・動画ファイルというデータをやり取りし、データを通して「情報」を渡すのではなく、お互いの「気」を直接交流させるための、アクティビティだと思っている。

実際、僕は個人的に、単なるデータ上の「情報」をやり取りしただけでは、そこから得た「情報」を、自分の人生には活かせないと、僕自身の過去の実体験から考えている。

だから僕は、「会いたい!」「この方から学びたい!」そう思った時には、たとえその相手が、地球の反対側にいようとも、現場・実物・本人のオンサイトのマインドセットで、会いに行く。

そして、相手と直接対面する形で、相手の生の声を通して、相手と「気を交流」させる形で、学ぶのだ。

すると不思議なことに、音声・動画などの、無機質なデータ上の「情報」のやり取りだけでは、決して得られなかった多くの学びが、次から次へと入って来たり、自分の中で「やる気」がふつふつと沸き起こって来たりするのである。

学んだ「情報」を、「机上の空論」や「妄想レベル」に留めることなく、現実世界において、実現化するための、遂行するための、エンジンを動かす燃料のような、位置付けで、原動力になっているのだ。

僕は自分自身の健康状態を維持強化するために、「気功法」という健康法を、毎日の日課として行っている。

「気功法」には、独りだけでやるものもあるし、二人でやるものも、複数でやるものもある。

当然ながら独りだけでやる「気功法」でも、気というのは溜まっていく。30分、1時間、2時間かけて、ようやく気が溜まっていくような感じである。

ところが、2人以上、複数でやる「気功法」では、一瞬にして沢山の「気」が溜まってしまうことがある。

「気功法」の禁忌レベルの秘術の一つに、夫婦、恋人など、「気の合う男女2人」だけで密室の中で行う「房中術」というものがありますが、これを理解し使いこなせるようになると、独りで行う「気功法」では、5時間一生懸命やっても溜まらないであろう莫大な量の「気」が、ものの数十分間の「気の交流」だけで、房中術を行ったお互いに溜まってしまう。

「房中術」は、気の「鍛錬法」に特化させたものではないので、「気」の絶対量そのものを、増大させる方法ではないが、「気」が溜まるという部分では、独りで行う「気功法」の比では無い。

このように、僕たちが健康法の一貫として行っている「気功法」で、「気」の原理原則を考察する時に・・・音声・動画など、無機質なデータ上の「情報」から学ぶのではなく、現場・実物・本人・・・オンサイトで、直接学んで「情報」を得た方が良いという理由がよく理解る。

「情報」という、文字・数字・記号・シンボルを無機質なデータ化されたものから学ぼうとするよりも、直接閉鎖空間の中で、「気」という、人類生命活動にいて、もっとも重要な「原動力」を、交流させながら、併せて「情報」を交流させる。

学んだことを実現化させるために必要な「原動力」・・・「やる気」「元気」を含めた「気」を交流させる。

この方が、実際に学んだ戦略術を、再現できる可能性が高まるはずなのだ。

だから僕は再び、来る3月14日(土)大阪、15日(日)東京で、時間・労力・お金を費やして、「地下集会」を開催することにした。

前回1月10日に、既に会場に駆けつけてくれていた場合、今回のタイミングで再び参加する必要は薄いかもしれないが、まだ一度も僕と、「閉鎖空間」の中で、「気を交流」させたことがない場合、実は今日時点ではまだ、前回入手した「音声」「動画」から学んだ「情報」が「生きた情報」や「活かせる情報」になっていない場合、それではせっかく獲得した、本物の「情報」も、「宝の持ち腐れ」になってしまうかもしれない。

だから、今日僕がお話した事に、何かピンと来るものがあった場合・・・再び「facebookイベントページ」からお知らせ頂き、大阪・東京どちらかの会場に駆けつけて頂きたい。閉鎖空間の中、共に「情報」と「気」を一緒に、「交流」させよう!

「地下集会」

https://www.facebook.com/events/798273896932358


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
354 【帝】香港金融の達人玉利将彦氏が語る「日本人の香港HSBC口座開設が急激に厳しくなって来た」

354 【帝】香港金融の達人玉利将彦氏が語る「日本人の香港HSBC口座開設が急激に厳しくなって来た」

テレビ・新聞など、マスコミから配信されるニュースを読み続けていたら、永久に今の危険極まりない状態から脱出できない。 その証拠の

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】年金が詐欺みたいに消える時代に僕たちが切り開ける未来

【帝】年金が詐欺みたいに消える時代に僕たちが切り開ける未来

年金消え、穴埋め負担あと30年64歳「詐欺みたい」 朝日新聞デジタル 3月2日(月)3時48分配信 より抜粋 昨年12月に届い

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】金持ちの正体は「悪」ではなく信用・信頼・約束事を守れる人たちだった

【帝】金持ちの正体は「悪」ではなく信用・信頼・約束事を守れる人たちだった

世の中には、金(カネ)沢山持っている人のことを、 「卑しい!」とか、 「汚い!」とか、 悪いイメージを持っている人たちがいる。

禁断の秘密結社藤原ヘッジファンド
【帝】ユダヤ人迫害の原因が真田孔明地下集会に嫌悪感を持つ人達の理由とあまりにも酷似している

【帝】ユダヤ人迫害の原因が真田孔明地下集会に嫌悪感を持つ人達の理由とあまりにも酷似している

「孔明は金(カネ)金(カネ)言う、金(カネ)のことばかりを考える金(カネ)の亡者だ!!(怒)」 「金融工学なんて悪魔の行う所業



dept