借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
平城寿@SOHO式影響力の帝王学 > ソーシャルメディア活用して影響力構築

平城@SOHOの「ジーコ祭り」の裏にある「闇」

level006
平城@SOHOの「ジーコ祭り」の裏にある「闇」

平城@SOHOと、しばらくオフの世界で会えていない・・・。
  
なぜなら、彼は最近ずっとオーストラリアのメルボルンにいるからだ。
 
昨晩も4時間に渡り一緒に「ZOOMセミナー」を行っていたり。
 
今朝も、平城@SOHOと、毎週恒例のSkypeミーティングを行っていたり。
 
オーストラリア~マレーシア間の約4,700kmを隔てての、やり取りはしてる。

僕は行ったこと無いので良くわからないが、メルボルンには「何かがある」ようで、メルボルンのカフェで、現地のビジネスマンとミーティングをしたり。
 
Macに向かって、パチパチエンジニアしたり。文章を書いたり、「ZOOMセミナー」を行ったりしている。

けれども、平城@SOHOの相変わらずメールボックスには

  • 購入完了
  • 代金受領通知

のお知らせが止まらず、「ジーコ祭り」状態のようだ。
 
こういうお話を聴くと、「それは平城さんだからできるんでしょう?」
 
今日時点の平城@SOHOだけを見ると、「当たり前」のように思われるかもしれないが。昔から彼を知っている僕からすると、実は驚くべき進化成長だと思っている。
  
最近、Facebookの方でも、平城@SOHOが、ご自身の「過去」のお話を赤裸々につづっているので。それに、便乗する形で、平城@SOHOの「恥ずかしい過去」を「暴露」してしまおうと思うが・・・。
  
今でこそ、平城@SOHOは、ブログやSMS、メルマガでも、文章を流暢に書き。セミナーでも、大勢の人の前で熱いスピーチができるようになっているが。
 
実は、2010年・・・

僕が平城@SOHOと出会った頃は、
  
「日本語をまともに書けないし、日本語をまともに話せない状態だった!」
 
ドドン!
 
あなた:「またまた、大げさな、そんなことあるわけないでしょう?あの歌って踊ってなんでもできるスーパースター平城@SOHOさんですよ?」
 
・・・と、今の平城@SOHOを見れば、誰一人として僕の言葉を信じてくれないかもしれないが。これは紛れもない、めちゃくちゃ事実である。

ここまでの「コミュ障」はじめて見た!

  
2010年、出会った当時の平城@SOHOは、僕のオフ会に出席しても、基本人前でただの一言もしゃべらない。
 
他の方とも、アイサツ程度しかしない。
 
僕と2人キリの時だけ、唯一日本語を話してくれる。
 
とにかく「寡黙」だった。
  
Facebookも、平城@SOHOは2011年秋からはじめたのだが。
 
基本何も投稿してない。。。
  
ごくごくたまに、投稿したとしても、「一枚の写真+一言」だけだった。
 
そして、セミナーとかがある時も、「講師」ではなく、ビデオを回して収録したり、プロジェクターの調整をしたり、単なる「機械係さん」だった。
 
僕は、サラリーマンとしてずっと、「営業畑」だったこともあり、
 
孔明:「えええ?ここまでしゃべれない、書けない社会人をはじめて見た!I.T.エンジニアって凄い!!」
 
・・・と、驚いてしまっていた程だ。
 
平城@SOHOがなぜ、そうなってしまったのか?
 
過去を伺っていくと、「闇」ばかり・・・。
  
まず、平城@SOHOのやっていたお仕事は、「ITエンジニア」一筋だったこともあり。
 
毎日ただひたすらパソコンで、黒い画面を立ち上げて、アルファベットと数字だけの「プログラミング言語」しか使わない状態が続く。
 
もはや日本語を全く喋らない。書かない。
 
暗闇の中で、パソコン画面と、メガネだけが光続けている。
 
そんな状態が、一つのプロジェクトを完成させるために、一ヶ月自宅に籠もり続けて、行い続けてしまう。
 
すると、一ヶ月後に外に出てみると、「日本語」が一言も口から出てこなくなるようだ。
  
また、かつての平城寿@SOHは、「コミュ障」だったこともあり、次から次へと「賢い大人たち」に騙され続けている。
 
「時給500円でタダ働きを続ける・・・」とか。  
  
なんてことは、今の平城@SOHOだけを見ると、絶対に信じられないことだと思われるかもしれないが。
  
2010年当時の平城@SOHOを知ってれば、「納得!キッパリ」というのが、正直なところ。 
  
毎日「プログラミング言語」だけを使っていると、日本語から乖離してしまうので、日本語を話せない、書けなくなる。
 
平城@SOHOが、「コミュ障」へと陥ってしまうのは、当然のことだったのだ。

2006年「情報商材」の販売に挑戦したらしい・・・

 
そんな平城@SOHOも、2006年、当時大ブームとなっていた、「情報商材」の販売に一度挑戦してみたようだ。
 
当時、平城@SOHOが作成して販売したのは「3,000円のEブック」。
 
けれども、1年間で販売できたのは、ゼロだったようだ。
 
「3,000円のEブックをゼロ個販売」
 
ゴゴゴゴゴゴ
  
けれども、平城@SOHOに、転機が訪れた。
 
それが、ちょうど@SOHOに登録した僕と出会ったこと。
 
すぐ後に、メールでやり取りして意気投合したことによって。
 
僕はまず、平城@SOHOから僕のWEB回りをサポート頂くことと引き換えに、平城@SOHOに「文章で稼がせる」ことに集中してSkypeでアドバイスを続けた。
 
・・・すると、オフの世界での「コミュ障」自体は全く改善していない状態だが。なんと、「プチジーコ状態」が発生してしまった。
 
平城@SOHOが販売する「情報」に対して、注文がメールボックスに入ってくる。
 
「「文章」を使ってネットで自分の商品を販売できる!」
 
これが、自信につながったのだろうか?
  
2012年時点には、Facebookにも、「写真+一言」だけではなくて。「写真+文章」を投稿するようになった。
 
さらに、なんと平城@SOHOが、人前で講師としてお話できるようになってしまったのだ!
 
ゴゴゴゴゴゴ
 
あの瞬間の時のことを今でも覚えているが、僕個人的には、物凄く感動!
 
セミナールーム最高部に座っていた僕は、頬に熱いものが伝っては流れ、それを隠すためにうつむくことしかできなかった。

コミュニケーション能力が大切な時代

 
A.I.やロボが台頭する中、人と人とのコミュニケーション能力が、ますます大切だと言われている。
 
文章と言葉を通した人と人とのコミュニケーション。
 
コミュニケーション能力が、あるかないかが、将来的にお仕事があるかないかに直結する部分だし。
 
コミュニケーション能力の質によって、収入が決まると言っても過言ではない。
 
どれだけ優れたスキルを持っていたとしても、コミュニケーション能力がなければ。かつての平城@SOHOのように、時給500円に甘んじなければならなくなってしまう。
 
そんな時代が、ますます本格的に到来してしまう。
 
なぜなら、コミュニケーション能力がない方々のお仕事は、全部、A.I.とロボット君たちに、取って代わられてしまうからだ。
 
だから今、今一度胸に手を当てて考えてもらいたいことは。
 
「自分は今ひとに、伝えたいことを伝えられていますか?」というところ。
 
もし、この部分にいまひとつ自信がもてないとしたら、今こそ学びのチャンスかもしれない。
 
ものごとの本質をつかみ、言葉で印象的に伝える力。基礎力を固めるのだ。
 
文章とお話を通して、ことばを使う、コミュニケーション力を磨けば、日常が代わり、ミライも変わる。
 
「私はコミュニケーションが苦手です!」という方ほど、かつての平城@SOHOが短期間で変貌を遂げ、一気に駆け上がったかの如く。
  
「爆発力」を秘め持っているかもしれない。
 
Facebook投稿 平城@SOHO時給500円の「ご奉仕活動」時代
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10212220679141442

追伸

 
「平城@SOHO」の「ジーコ祭り」・・・
 
今どきのご時世、こんなふうに「ジーコ祭り」を続けることができるプレイヤーは。本当に少なくなって来ている。
 
でも、僕の回りには多い(キッパリ)!
  
たとえば、平城@SOHOが「ジーコ祭り」を起こし続けられるのは、枝葉のテクニック的なものではなく、「本質的な部分」の「基礎力」を構築することができたからである。


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
平城寿@SOHO式影響力の帝王学
「モナリザ」別れた後に未練が残る男「レオナルド・ダ・ヴィンチ」も?

「モナリザ」別れた後に未練が残る男「レオナルド・ダ・ヴィンチ」も?

フランス・パリ「ルーブル美術館」に飾られているフランスで最も多くの人々を魅了しているレオナルド・ダ・ヴィンチ作の「モナリザ」。

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】真田孔明のMacBook Air君の最後・・・

【帝】真田孔明のMacBook Air君の最後・・・

Mac君:「ごめんね。。。もっと孔明のメッセージをみんなに 運んであげたかった・・・。    ごめんねずっと一緒に冒険したかっ

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】邊博史の『最終意見陳述』を読んだ僕が素直に思うこと

【帝】邊博史の『最終意見陳述』を読んだ僕が素直に思うこと

認識を新たに自分の人生を改めて振り返ってみて、自分の事件とは何だったのかを改めて考え直しました。 説明を始める前に自分が用いる

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
2月の『命運の成幸フォト撮影会in東京』は23万円のスイートルームにて!

2月の『命運の成幸フォト撮影会in東京』は23万円のスイートルームにて!

平城寿@SOHOです。 2月3日(土)~4日(日)は、東京のHOTEL椿山荘にて命運の成幸フォト撮影会が開催されます。   



dept