借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
平城寿@SOHO式影響力の帝王学 > ソーシャルメディア活用して影響力構築

「既婚男性」の悩みの90%以上は「セックスレス」問題・・・

level006
「既婚男性」の悩みの90%以上は「セックスレス」問題・・・

「既婚男性」のための『エデンの園(アダム)』
※女性の方は閲覧注意(生々しすぎるので・・)
 
僕たち2人のところに続々と「メッセージ」が届いている。
  
禁断のメール講座『命運のパートナーズ』「愛とお金に恵まれた成幸体質を手に入れる方法」を通して届いたメッセージ。

匿名投稿にこだわったことが功を奏したのだろうか?皆様、普段は絶対にお話しないであろう、リアルな本音をぶちまけて下さった。
  
まずは、頂戴したメッセージの中から、「既婚男性」からのものだけを、ピックアップして掲載させて頂く。
  
「既婚男性」の「リアル」をその目で、一つ一つ確認頂きたい。

以下「既婚男性」から寄せられた「リアル」

「妻に話かけるとめんどくさそう。くだらない話は無視される。SEXも避けられる。所得が低いので、ため息ばかりされる。」

「結婚して21年ですが、話す内容が二人の子供のことばかりになってしまっています。」
 
「結婚していますが、だんだん夜の夫婦生活がマンネリになってやりづらくなっています。」
 
「結婚して35年経って妻とは平穏に暮らしていますが、セックスレス歴は何年になるでしょうか。他の女性に本心から関心が起きる訳でもなく、このままで老いて行くと思うと、妻が可愛いと感じるたびに辛くなります。」
 
「結婚18年 非常に良い関係ですが、ここ1年セックスレスです。じっくり話し合いましたが、現在まったくセックスに興味なしとのことです。金銭的に苦労をかけていることも大きな原因ですが、男性としての魅力も低下しているのかと思います。自分磨きに注力しながら、あまり相手を干渉せず、今はじっと状況をみながら耐えている状況です。運気的に流れが悪いことも承知しているため、今年は我慢の年で日々過ごしております。」
 
「嫁とのセックスがなくなってからおかしくなりました。子供が出来ると変わる!新しい恋が出来るかと言う不安もあるし、今の子供はどうなるとかが不安です。」
 
「妻との夜の生活がかなり少ないのが不安。子供がいることもあるが、ふれあいがかなり減ったので不安&不満。質問があるのですが、妻を愛する一方で、もう一人女性がいて、両方がうまくいっている男性の場合は統計的に仕事がうまくいっているか教えて頂けると幸いです。」
 
「いろいろな話をする方だと思うのですが、共同作業の役割分担がうまくいくことが稀で、門などの個性を活かした役割分担をうまく配役し合えるようにしていこうと心がけていますが、なかなか進歩していかない感を受ける。
 
でも、ふたりで取り組めていることは幸せなことと思っている。コツコツいこう(´ω`)」
 
「既婚ですが別居中です。もう配偶者との男女関係は望んでいませんが、新しい彼女がほしいです。」
「おおむね夫婦円満なのですが、 夜の営みを妻から求めてくることは結婚して11年 1度もない。 ということが不安です。 要は、自分は下手なのか? という不安。 です。」
 
「今現在パートナーはいます(妻)。 関係は良くもないし、悪くもないです。 子どもが生まれてから11年夜の関係は無し。副業はまさに向かい風の中を走っている感じです。 パートナーは副業に関しては口出しする事も手伝うこともないです。 しかし、本業の収入では不満らしいです。 こちらから手伝って欲しい旨を伝えて手伝ってもらったこともありましたが、すぐに辞めてしまいます。このことに関しては自分で始めた副業ですので、余り問題とは思っていませんが、妻との付き合い方にもっといい方法があるならばお聞きしたいと言うのが本音です。 よろしくお願いします。」
 
「現在、結婚して11年になります。 二人の子供にも恵まれて、 夫婦仲も決して悪いわけではないのですが、 いまだにどこか、遠慮しあう夫婦関係です。お互いを気遣い合う、心配しあうというのとはまた違い、 本音を出せないというか、素の自分を見せられないというか…。 夫婦関係が心の拠り所としてきちんと機能していないせいもあってか、 ついついほかの女性に心惹かれてしまうことがあります。 離婚したいというほどの積極的なものではなく、妻を大切に思う気持ちも間違いなくあるのですが、 どうしても、ほかの女性のことも気になってしまいます。」
 
「平城さん、孔明さん お世話になります。 いつも楽しく拝見させて頂いております。ありがとうございます。男女関係に関する不安や悩みということですが、正直言うと現状不安や悩みはありません。笑妻とは結婚して早3年が経ちましたが、関係は良好ですし、仲は良いです。お出かけも一緒にしますし。 子供ができてからはセック◯スの回数は減りましたが。笑 ただ、妻との関係は上手くいってますが、僕個人としてはビジネスの方面でもう少し稼げるようにしたいなぁと言うのが悩みです。 (男女関係の悩みじゃなくて申し訳御座いません。) いずれにせよ家庭が上手く行っているので、今後はビジネスの方でも上手く行きそうな気はしているのですが、もう少し時間がかかりそうです。 タイミングをみてお二人に「門鑑定」及び「写真撮影」もお願いしたいと思っております。 その折には何卒宜しくお願い致します。 引き続き投稿を楽しみにしております!」
 
「子供が中学になり自然とレスになってから仕事関係がうまくいかなくなりなかなか収入が上がりません」
 
「結婚9年目ですが,夫婦での会話がほとんどありません。」
 
「家内との二人暮らしで子供はいません。この半年くらいセックスレスで私が求めても拒まれる状況で欲求不満な状態が続いています。女性の性欲を刺激する良い方法はあるのでしょうか?」
 
「曖昧な状態が一番男女関係が上手くいくというのを聞いたことがありますが、私の妻は何でも白黒をつけたがるし人の意見を聞きません。より良い夫婦間の関係に興味があります。」
 
「真意から一緒にいたいと考えているのは、夫婦の(あるいは夫または妻の)どのくらいの割合でしょうか、と時々思います。 」
 
「結婚してから妻を女性として見れません。長いこと、どうしたら良いのか悩んでいます。」
 
「無くなってしまった愛情を取り戻す方法なんて、あるのでしょうか??」
 
「「現在あなたが抱えている、男女関係の不安や悩みについて」・・・メルマガに書かれていたとおり「交接レス」の解消法があれば知りたいです。でもDNAに刻まれているので無理なのでしょうか?ということは子どもができたら妻が望むなら離婚して、それぞれ再婚するのがベストな選択なのでしょうか?」
 
「今のパートナーを幸せにして、しっかりと稼ぐに為にも、学ばせて頂きたいと思いました!」
 
「結婚をして15年。拒否され続けています。どうしたらよいか悩んでいます。」
 
「結婚して、10年、会話、スキンシップもほぼなし」
 
「レスなので、身につまされます。あとは別離しない方法があったら知りたいな。」
 
「子供を作らなかったためか、自宅で仕事をしようとしても家のことや具合が悪い等と何かと話しかけられて自分の時間が持てません。 楽をさせようとやっているのに、いま構って欲しいみたいです。このままでは破綻します。」
 
「結婚して10年経過しましたが、子供が出来てからのほうが、二人の時よりも上手くやれていると感じています。下の子が、2歳なので手がかからなくなり、夫婦が再度向き合うときが問題かなと思います。熟年離婚が多いようなので…」
 
「第一子出産後、妻に拒否されることが増え極端に接触が少なくなりました。 また娘がいる前で否定的な態度をとるようになったり、 一切の家事、育児を放棄したりして精神的に非常に疲れます。 もちろんあちら側にも言い分はあるのでしょうが。 最近ではいつ機嫌が悪くなるかわからずビクビクしながら生活し、余計なことを言って地雷を踏みたくないので、会話も少なくなる一方です。」
 
「子供が出来た、子供を作らないと決めてから、妻との関係やお互いの興味が離れていく気がしています。 それが悪いのか、もしくは自然にそうなる、すべき、戻っていく?のか良くわかりません。」
 
「自分の仕事に誇りを持っているものの、現状の収入では妻の希望をかなえきれていないのでは?別の収入源も確保して心と財布に余裕をもって接することができればと思っています。」
 
「全て私のせいだとは思いますが、やはり若い頃からのセックスレスが原因で不仲が続いているんだと思います。そういう目線で見れなくなっている自分はおかしいのかと思い、周りに聞いてみましたが約半数が結婚後、セックスレスです。 今更、復活したいとは思いませんが、夫婦仲がよくなるにはどうしたらいいのかわかりません。」
  
「子供が生まれたら、男と女の関係じゃなくなったのがつらい。どうしたら戻れるんだろう。」
  
「夫婦ではなくパパ・ママになっている。 仲が悪いわけではないけれど、夫婦ではなく家族。 男と女の部分が皆無なのが辛いですね・・・」
  
「嫁との会話で何を話すか、教えてください。 あなたの話はつまらない。 結婚当初から言われ続け、相談事も「何それ、わかんない、バカだから、勝手にして、はぁ~ばっかじゃないの、つまんんない」今では自分から話しかけるのを止めて8年になります。そんな両親の姿をみる息子、娘もわたしとの会話を避けることに専念している状況です。 結婚当初からわたしの話を聞かず、ぞんざいな扱いをしてくる嫁に対し、どういう会話なら成り立つのか、そういう事例を多々視られていると思うので、よろしくお願いします。」
 
「結婚して32年夫婦仲は悪くはないが、家内は体調不良の為、セックスレスが常態化。かといって外に愛人を作る甲斐性も無く、雄としての本能が低下していく自分を認めるのが寂しい。」
 
「多少の波風はありますが、夫婦関係はだいたい円満で妻とのセックスにも満足しているのですが、他の女性と恋愛をしたりセックスをしたい欲望が強いのです。たまに風俗を活用しておりますが、収入が低いため質の悪いサービスしか受けられずモヤモヤしています。。」
 
「結婚10年、セックスレスです。完全に拒否されるのでかなりショックです。」
 
「妻は自分の思う通りになっていない事がちょっとでもあると、全否定する言動をするので子供達に良くないと思っています。」
 
「数年前にはなりますが、奥さんに絶対に言ってはいけない事を言われ、それ以来奥さんに心の中から本音を言えなくなったことですね。 ヒョンな事から本心が出たのだと確信しています。」
 
「結婚生活は15年目に突入してました。今の一番の悩みは、やはりセックスレスです。妻が一度胎児を堕ろしてからはセックスしたがらなくなり、そのままセックスレスとなってしまってます。夫婦仲は悪く無い方だと思いますし、最近はテロ的に怒られる事もなくなりましたのでなんとかその点だけ解決したいなと思ってます。」
 
「夫婦仲は良いと思う。しかし、セックスレス歴3年です。 性欲をどう抑えるかが課題です。」
 
「妻が不機嫌なとき、たまらなく残念な気持ちになる。そういうときは大抵妻が、1時間もしないうちにキレ、それなりに時間がすぎると落ち着くが… 子育て起因なので協力しているが、子どもも母親を求めるときは私にはどうしようもない」
 
「結婚して6年、子供が5歳です。妻が妊娠してからというもの、ずっとセックスレスです。とくに中が悪いわけではないですが、妻にはその気はないようです。かなりさびしいです。」
 
「結婚24年、子供人、子育ても終わり定年を迎え独立、自由気ままな生活ができている中で、若いシングルマザーとの友達以上恋人未満の付き合いを今後も続けていくべきか、ちょっとぜいたくな悩みかもしれません。」
 
「現在、家庭内別居状態中です。嫁との関係は改善しそうにもないです。 経済的な余裕を得るためには新たなパートナーが必要となるかと思いますが、男女間のコミュニケーション能力に自信がないので少しでも勉強できればと思います。」
 
「結婚して15年…。つきあいたての初々しさは遠い過去。 子供はいますが、これからの人生を、どのように新鮮さを保つような心構えを継続出来るのかが深い悩みです。40代男性です。」
 
「結婚3年目で共働きで子供なしになります。私の所得の低さからくる口論(将来子供をつくるか?)は良くあります。男として女性を不安なく生活させてあげたいですが、できない自分を不甲斐なく思います。 妻とのSEXはマンネリ気味ですが、いなくなれば寂しく、頑張って働いてくれて感謝してます。 30台半ばですが、まだまだ性欲旺盛で、他の女性ともチャンスがあれば体の関係を持ちたいと思っていますが、所得の低さや行動力のなさから、ネットでアダルトコンテンツを見て、妄想に耽ってます。異性、お金に関する悩みは生きている限り悩む気がしますが、成長の糧でもあると思っています。漢になりたい…」
 
「25年になりますが、会話があまりなくギクシャクしている感があります。 正直子供がいるので維持できている。」
  
・・・以上、「メール講座」を通して、僕たち2人の元に届いた、「既婚男性」からの「リアル」。大多数が「奥様とのセックスレス」の問題に関する不安と悩みの気持ちを抱えていることが分かる。
 
確かにこれまでも、「鑑定」の中で、「既婚男性」から寄せられる相談の大多数がここで寄せられたお話と類似したもの。
 
けれども、ご安心頂きたい。平城寿@SOHOと真田孔明の2人が持つ膨大なデーターの中では、ここで寄せられた「既婚男性」の「問題解決手法」というものは、既に体系化されている。
 
さらには、体系化された「問題解決手法」を学び、遂行することで、非常に「再現性の高い」形で「成果」も出ている。
 
ただし・・・
 
正直に告白させて頂く。
 
残念ながら、先日公開を開始した「メール講座」の中では、平城寿@SOHOと僕たち2人が知っていること、お話できることの、10%もお話できていない。せっかく登録してくれたにも関わらず、本当に申し訳無いと思っている。
 
理由は、「男女間の情報時空」の違い。
 
よく、女性の方で、「私は「お前の中身は男性だな!」と言われるので大丈夫ですよ!何でも話して下さい!」・・・とおっしゃる方々もいるが、そう言う方ほど、「女性側の情報時空の力」が強く。本音の「ボーイズトーク」を耳にしてしまうと、怪訝そうな顔をしてしまう。
 
なぜ、僕たち人類は、このように男女全く異なる「情報時空」になるよう生まれて育っていくのか?その理由は僕には分からないが、よほど修行を積み、「俯瞰レベル」の高い人間でなければ、互いの「情報時空」の中にある「真実」を知ってしまうと、「感情」的に怒り出してしまう恐れもある。
 
だから、不特定多数の方々がご覧になっている状態で、動画・音声・文章を通して、「本当のこと」を、全て明かすことはできなかった。
 
今回「既婚男性」たちから、寄せられた「問題」に対する、「解決手法」も同じである。不特定多数の方々が、視聴している状態では、公開することはできない。
 
そこで今回、完全女人禁制のイベント、「既婚男性」たちが集う形で、オフラインイベント、『エデンの園(アダム)』を開催することが決定したので、案内させて頂く。

・イベント名
『完全女人禁制『エデンの園(アダム)』で「ボーイズトーク」に華を咲かせよう』

・日時:2017年10月14日(土)10時~14時

・場所:東京某所の会議室

・対象:既婚男性
-配偶者との関係に不安と悩みを抱えている
-配偶者との性生活の問題を抱えている

・条件:
-原則匿名参加
-秘密厳守
-デリケートな話題のため、男女別々に開催
-手元に「生年月日」情報を置いた状態でピンポイントにアドバイス

・定員:最大30名まで

・・・「既婚男性」だけが集結する閉鎖空間にて、現状抱えている、不安と悩みの胸の内を明かし合う。そして、「問題解決手法」を学んで、実戦に移していこうという企画である。
 
この中では、メール講座の中では公開できなかった、平城寿@SOHOと真田孔明の残りの「90%」も全公開する形で臨ませて頂く。ただし、今回は「秘密厳守」の内容がかなり含まれる形になるので、当日の音声収録と配布は一切不可。
 
よって、あくまでも、当日参加した「既婚男性」だけが、共有できる内容となるので、この部分は予めご了承頂きたい。

完全女人禁制「既婚男性」限定イベント『エデンの園(アダム)』で「ボーイズトーク」に華を咲かせよう
https://hirajoshiki.com/eden-tokyo

追伸

今回は、「既婚男性」限定のイベントだけでなく、

  • 「既婚女性」限定イベント
  • 「独身男性」限定イベント
  • 「独身女性」限定イベント

も以下のスケジュールにて開催される。

ご自身に合った条件の「イベント」を選択頂きたい。

2017年10月14日(土)
10時~14時:エデンの園・アダム編(既婚男性限定)
15時~19時:エデンの園・イブ編(既婚女性限定) 
懇親会:20時~22時

2017年10月15日(日)
10時~14時:エデンの園・アダム編(独身男性限定)
15時~19時:エデンの園・イブ編(独身女性限定)
懇親会:20時~22時

なお、各日共による20時~22時まで、「懇親会」を行う。

こちらは、男女混合のイベントとなる。

・10月14日(土)20時~22時
「既婚男女」懇親会

・10月15日(日)20時~22時
「独身男女」懇親会


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…

北の物販大富豪が明かした禁断の戦略術
右肩上がりの売上を追い求めてはいけない!その先に光はないのだから。
物販大富豪から伝授された社会の仕組みを活用した「本当の戦略術」。
30日後にあなたは「大富豪への道」を完全に理解することになる。

このカテゴリーの関連記事
平城寿@SOHO式影響力の帝王学
「独身男性」のための『エデンの園(アダム)』「独身男性」の悩みと不安の解消は「既婚男性」より容易!?

「独身男性」のための『エデンの園(アダム)』「独身男性」の悩みと不安の解消は「既婚男性」より容易!?

僕たち2人のところに続々と「メッセージ」が届いている。   禁断のメール講座『命運のパートナーズ』「愛とお金に恵まれた成幸体質

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
帝】24時東京真っ暗闇に光るMac画面と平城寿@SOHOの眼鏡。

【帝】24時東京真っ暗闇に光るMac画面と平城寿@SOHOの眼鏡。

孔明:「んにゃ?平城さん、まだ起きてやってるんですか?」 平城寿@SOHO:「もう少しやります。」 香港のホテルの部屋真っ暗闇

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
「モナリザ」別れた後に未練が残る男「レオナルド・ダ・ヴィンチ」も?

「モナリザ」別れた後に未練が残る男「レオナルド・ダ・ヴィンチ」も?

フランス・パリ「ルーブル美術館」に飾られているフランスで最も多くの人々を魅了しているレオナルド・ダ・ヴィンチ作の「モナリザ」。

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】拡大する情報時空のシェアが物理時空における貧富の格差を生む

【帝】拡大する情報時空のシェアが物理時空における貧富の格差を生む

1995年の「Windows95」降臨以降、サーバー世界に代表される、情報時空が占めるシェアというものが、急加速的に拡大してい



dept