借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。
平城寿@SOHO式影響力の帝王学 > ソーシャルメディア活用して影響力構築

「人は誰しも潜在的に「愛」と「涙」を求めている

level006
「人は誰しも潜在的に「愛」と「涙」を求めている

僕がサラリーマン時代、日本で販売していた商品の一つに、魔女系アニメの関連玩具があった。
  
『お◯ャ魔女ど◯み』
 
体育会アメフトあがりの僕が、都内百貨店の玩具売り場で、女児たちに向けて店頭実演販売したことが何度も何度もある。
  
高校、大学と7年間血と汗にまみれた、武闘に明け暮れていた日々とは一転、闘いとは無縁の平和な日常。

子供たちに囲まれることを余儀なくされたのだ。 僕は今でこそ、2人の娘たちを持つパパであるが。当時、既に結婚はしていたが、子供はまだいなかった。
 
親戚一同、男ばかりだったこともあり、

  • 音と光が鳴り響く魔法のステッキ
  • ビーズアクセサリーを作る機械
  • 簡易ゲームが楽しめたり文字入力ができるパソコン

『お◯ャ魔女ど◯み』の関連商品の店頭販売活動を通して。女児たち・・・という未知の生物と直接対話をして、怖い思いを沢山したものだ。
  
面白い物があれば、すぐに飛びついてくる、超分かりやすい男児たち。。男児向けの玩具の店頭実演は大好きだったが、女児たちの、あのなんとも言えないウネウネした感じは、当時の僕にとってもはやトラウマレベルだったのを記憶。
 
今でも、思い出すだけで、胃の奥の当たりがキューッと閉まる気がする。
 
途中で、女児向けの店頭実演のやり方のコツを掴み、盛り上げることができるようになれたが、それでも僕にとって、無理をし続けなければならない環境であるには変わらず、女児向け玩具の実演・・・の日は気がとても重かった。
  
そんな僕も、入社4年が経過後、日本を脱出して、海外の販社に転勤することになった。もう、あんな店頭実演とは、「おさらばだ!」と背中に羽が生えた気分を味わったが。そこで僕を待ち構えていたのは、再び『お◯ャ魔女ど◯み』だった。
  
僕が配属された、香港支社では、日本で販売されていたアニメ&玩具を、数年遅れる形でアニメを輸入して、商品を再び生産して、香港を中心にアニメを放映して玩具を販売する・・・というビジネススキームがあった。
 
つまり、丁度僕が日本で取り扱っていた商品を、数年間遅れる形で、テレビ放映して販売するということで。再びあの『お◯ャ魔女ど◯み』シリーズとも再会することになったのだ。
 
香港支社の営業&マーケティングでは、日本の営業のように、店頭に出て直接実演販売するのは、現地販売代理店の役割なので、直接僕が、店頭実演販売をする・・・ということはなかったが。
 
すでに日本では、全話放映された後ということで。放映するアニメを全話視聴し、何話目にどのキャラクターと、どの関連商品が登場するのか?
 
エクセルファイルで、表を作ったものを、販売代理店に渡す・・・という業務プロセスがあった。「エピソードリスト」と言われるものを、商品オファーのタイミングで、各国の販売代理店に配布するのである。
 
そんな中で今度は、『お◯ャ魔女ど◯み』を一話残らず、ワンシーンさえ逃すこと無く全話視聴することになってしまったのだ。日本で勤務していた時は、たまにサラッと視聴することはあったが、ここまでしっかりと視聴したことは無い。
 
パソコンにDVDを入れて、「一キャラクターたりとも、一アイテムたりとも、逃すこと無くチェックするぞ!」・・・という意気込みで、頭にハチマキを巻いて、画面半分にアニメ、画面半分にエクセルファイル、を立ち上げた状態で・・・。

10話目、

  • ◯◯キャラ登場・・・エクセルに「◯」
  • ステッキ登場・・・エクセルに「◯」
  • パソコン登場・・・エクセルに「◯」

超地道な作業を、永遠とも感じられる時間続けて行くのである。それもそのはず・・・『お◯ャ魔女ど◯み』アニメは、1シリーズ分で、約30分間のアニメが、51話分ある。単純計算でも、30分間x51話=1,530分間もある。
 
僕が微塵たりとも興味も何もない、「女児向けのアニメ」をずっと視聴し続ける。日本の店頭実演販売とは、また別の苦しみを体感することになった・・・。

・・・・・・はずだった。
 
はじめは、先入観で嫌悪感を抱きながら、斜に構える形で視聴していた『お◯ャ魔女ど◯み』。ところが、途中で僕は、別の苦しみを味わうことになる。
 
それは・・・
 
なぜだか良くわからないけど、目に熱いものが込み上げて来ると思ったら、勝手に涙が頬をつたい続けてしまうのだ。
 
孔明:「一体何なんだこれは・・・」
 
正義超人の友情に触れて、涙を流した「ファイティングコンピューター」「ウォーズマン」よろしく(by『キン肉マン』)。流れ出た涙が止まらなくなってしまうのだ。
 
主人公のど◯みちゃんたちが、魔法玉がなくなってしまったことで、魔女界に行って、
女王様のお城でアルバイト。膨大な量の薪割りをすることになり、三人で協力しながら 慣れない薪割りをして、クタクタ、ボロボロになりながら、協力して頑張るシーン。
 
孔明:「おまえら、頑張れー!」
 
最後の一本を三人で斧を持って振り下ろす。ストン!と薪が割れた瞬間、
 
孔明:「おまえら、よく頑張ったー!( TДT)」
 
・・・など、文字化してみると、「何でそんなので泣けるの?」と思われるかもしれないが、こういうシーンだけでなく、51話の中で、泣きに泣きまくった。
 
当時、僕は香港に移動したばかりで、嫁さんは日本。無表情なタイ人、天然ヤ◯ザ顔と甲高い声を併せ持つ、ミスターウィッシェンと一緒に香港太古のマンションに住んでいたが。僕が号泣した直後なのを悟られることなく、顔を背けながらトイレに行った。
 
・・・結局、この後僕は、女児向けアニメに覚醒めることになる。その年の商売に必要な該当一作品にとどまらず、
 
『お◯ャ魔女ど◯み』
第一シリーズ:51話
第二シリーズ:49話
第三シリーズ:50話
第四シリーズ:51話
 
全話の完全制覇を成し遂げ。以降も、業務としてではなく、半ば「号泣」を楽しむかの如く、進んで女児向けアニメの世界へとシンクロして行くようになった・・・。

人は誰しも潜在的に「愛」と「涙」を求めている

『お◯ャ魔女ど◯み』をはじめとした、女児向けアニメを、散々視聴しまくった僕が学んだこと。
 
それは・・・
 
「人は誰しも潜在的に「愛」と「涙」を求めている」

・・・ということだ。
 
孔明:「ボクが涙なんか、流すわけネーだろ!バーカ!」
 
かつては鼻をほじりながら、ベロを出していた僕が、アニメを視聴し、架空のキャラクターたちの、「愛」と「友情」に触れただけで、顔を天上の方に向け、手のひらをまぶたにギュッと押し付け、次から次へと溢れ出てくる、涙を押さえつけることしかできなくなってしまうのだから。。
 
そして、僕たちの生きる、リアルの世界で体感できる「愛」と「友情」も、とても甘美なものである。だから今、仮に、

「愛とか友情とか、そういうものいらないんですよね!」
 
「愛とか友情とか、そういうの疲れるだけなんだけど!」
 
・・・と、ドライな顔して、言っている方々も、実際に自分が、「愛」とか「友情」とかに触れてしまった時。果たして同じことを、同じ表情のまま言えるのだろうか?

そう思うと、僕は、かつての自分を棚に上げる形で、口に手のひらを当てて、クスクスと笑ってしまう。

一つ、今の僕が言えることは、「愛」と「友情」をリアルに知ると、人生の色が変わるということ。人生がより楽しく豊かに感じるようになると言うこと。

確かに、

  • 「愛」はすぐに「憎しみ」に転落する

  • 「友情」はすぐに「裏切り」に転落する

・・・という危険性も同時に秘めているが。そういう危ういし、儚いものだからこそなおさら、「愛」や「友情」が「成就」している「状態」は美しいし心地よい。感情にダイレクトに働きかけてくる。それをリアルに「認識」できた時、僕たちの人生を豊かにしてくれる。

人生の楽しみを知れる。何か「愛」と「友情」を元にした、「問題」が起こったとしても、その「問題」が解決した後に得られる喜びを想像することで。どんな人間関係の「問題」にも、真っ向から立ち向かう、「勇気・行動・実行力」というものが沸き起こって来るのである。
  
「もっと多くの仲間たちに、「愛」と「友情」の喜びを知ってもらいたい!」
 
そんな想いを込めて、今回「盟友」平城寿@SOHOの協力を得ながら「メール講座」を、公開させて頂くに至ったのである。

「愛と友情の喜びを知る方法」
https://hirajoshiki.com/fukan/k


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事
平城寿@SOHO式影響力の帝王学
「熱い想い」をそのまま相手に伝えられる「システム」

「熱い想い」をそのまま相手に伝えられる「システム」

愛に恵まれない人、お金に恵まれない人。両者間には、・・・沢山の共通点が見られる。   「共通点」によって、 愛に恵まれない人は

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
クリスマスになると勝手に曲が・・・

クリスマスになると勝手に曲が・・・

平城寿@SOHOです。 ワムの『ラスト・クリスマス』  山下達郎の『クリスマス・イブ』  松任谷由美の『恋人がサンタクロース』

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】地獄の合宿!平城寿が公開したfacebookビジネス構築法2.0

【帝】地獄の合宿!平城寿が公開したfacebookビジネス構築法2.0

平城寿と真田孔明。 僕たちは、自分が持っている物を出し惜しみすることはない。 ````````````````````````

平城寿@SOHO式影響力の帝王学
【帝】邊博史の『最終意見陳述』を読んだ僕が素直に思うこと

【帝】邊博史の『最終意見陳述』を読んだ僕が素直に思うこと

認識を新たに自分の人生を改めて振り返ってみて、自分の事件とは何だったのかを改めて考え直しました。 説明を始める前に自分が用いる



dept