借金は怖いですか?私はむしろ・・・○○なのですが。

【斬】金融工学における最大の発見を自らの資産構築に活かすと凄いことになる

20世紀の金融工学における最大の発見は「複利」だと言われています。「複利」とは利益がまた利益を稼いでくれることだといわれています。

medium_4091625321

長い時間をかけて、この「複利」という機能を十分に活用することで、自らの資産を大きく築き上げることができるのです。

この大いなる発見を僕たち自身の資産構築に役立てない理由はありません。

たとえば毎月3万円の積立投資を30年間続ける形で、年間9%の利回りを複利で運用したら、30年後には投資総額1,080万円に対して運用実績が5,349万円に。4,269万円の運用益を獲得できてしまうことになるという、有塚さんと霧切さんの例。

運用年数  有塚年齢   投資金額     運用実績     運用益

————————————————————————————————————————

10年    40歳     360万円     596万円     236万円

20年    50歳     720万円   2,008万円   1,288万円

25年    55歳     900万円   3,324万円   2,424万円

————————————————————————————————————————

30年    60歳   1,080万円   5,349万円   4,269万円

————————————————————————————————————————

それは数字上は分かった!と。でも、そもそも論で、このように、「年間9%で運用することなど」できるのか?日本国内の国債、銀行預金、保険、ファンドなど・・・低金利の金融商品にドップリ浸かっていれば浸かっている程、疑問に思う人も沢山いると思います。

でも、2003年から海外居住者である僕からしてみれば、「海外に出れば、この程度の数字での運用は当たり前!」と言うことができます。

たとえば僕が実際にやっている長期積立ファンド。過去5年間の平均の運用利回りは15%を超えています。

実際に例えば香港でこのようなファンドと契約する場合にはファンド会社からは「5%」で運用した場合、「9%」で運用した場合の試算表をもらえるのです。

香港の法律では「9%」まで謳って良いことになっているのです。これってすごいことだと思いますよね?日本から来られて書面を見た仲間などは、「これって数字が間違ってるんですか?」「超ハイリスクハイリターンの投資ですか?」と普通に僕にも聞いてきます。

だってそうですよね。シミュレーション通りにやったら、1,000万円が放ったらかしで25年間で5,000万円以上に・・・なんて、今の日本国内で言ったら「詐欺系」だと思われてしまいますよね。

案件自体は海外には本当に沢山存在します。でも、大切なのは自分の中に「時間とは自分に与えられた最良の資源である」という考え方を根付かせることだと思っています。

まずは全く考えていない取り組んでいないゼロから、考え行動を始めることで、ゼロを一にすることだと思います。

僕たちそれぞれが、僕たちなりに何から実践できるのか考える必要があります。

スタートは小さな一歩でかまいませんが、「時間を味方につける」ためには、なるべく早く一歩を踏み出すことが大切なのだと僕は思うのです。

あなたはどう考え、どう実行しますか?


banner-iki
あなたは借金が怖いですか?
私は死ぬまでに<1,000兆円>の借金をすることが夢なのですが…
このカテゴリーの関連記事

【斬】時間を見方につけるとマイホームと子供の学費が手に入る

時間を味方につけると楽してマイホームと現金が手に入ってしまう 「時間を味方につける」長期積立投資の活用次第では、効率的にマイホ

【斬】●●●●●●●●●のダイレクトと●●●●●●●●●●のミラーを比較してみる

●●●●●●●●●●「Harvest 101」の「ダイレクトファンド」と、●●●●●●●●●●「Premier」の「ミラーファ

【斬】●●●●●●●●●オフショア長期積立ファンドをやってみた

●●●●●●●●●という長期積立ファンドをやってみました。これは毎月積立する資金を複数のファンドで運用することにより、リスクを

【斬】現代版アリとキリギリス30年間で5倍も差がでる資産

「時間を味方につける」ことが、どの位の僕たちの力になり得るのか? なぜ僕も2010年からこの部分を強化するに至ったのか?この部



dept